ノーベル物理学賞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > イベント > > 物理学の賞 > ノーベル物理学賞の意味・解説 

ノーベル物理学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 15:08 UTC 版)

ノーベル物理学賞(ノーベルぶつりがくしょう、スウェーデン語: Nobelpriset i fysik)は、ノーベル賞の一部門。アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された6部門のうちの一つ。物理学の分野において重要な発見を行った人物に授与される。




  1. ^ ノーベル賞のメダル”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Nobel Web AB 2011. “All Nobel Laureates” (英語). ノーベル財団. 2011年10月4日閲覧。
  3. ^ X線の別名として「レントゲン線」(Röntgen ray) というものがある。
  4. ^ ゼーマン効果として知られている。
  5. ^ 実際にはラジウムの研究に対して授与された。
  6. ^ 即ち陰極線である。
  7. ^ マイケルソン・モーリーの実験にも用いられた。
  8. ^ カラー写真を世界で初めて実現し、これに対しノーベル賞が授与されている。
  9. ^ ファンデルワールスの状態方程式が彼に帰せられる。
  10. ^ ヴィーンの変位則ヴィーンの放射法則が彼に帰せられる。
  11. ^ 特に水銀において超伝導を発見している。
  12. ^ ブラッグの法則が彼らに帰せられる。
  13. ^ この現象はシュタルク効果として知られている。
  14. ^ ミリカンの油滴実験にて電気素量を決定した。
  15. ^ これによりプランク定数を決定した。
  16. ^ 原子のエネルギー準位が離散的であることを示したフランク=ヘルツの実験による授与である。
  17. ^ 3種の異なる手法で求めたアヴォガドロ数が一致することを示し、分子が実在であることを確立した。
  18. ^ これは物質波またはド・ブロイ波として知られている。
  19. ^ ハイゼンベルクの運動方程式は彼に帰せられる。
  20. ^ オルト水素・パラ水素として知られている。
  21. ^ シュレーディンガー方程式ディラック方程式は彼らに帰せられる。
  22. ^ これによりシュテルン=ゲルラッハの実験が行われた。
  23. ^ 実際には磁気モーメントである。
  24. ^ この方法はNMRに応用される。
  25. ^ 湯川ポテンシャルは彼に帰せられる。
  26. ^ これに用いた回路がコッククロフト・ウォルトン回路として知られている。
  27. ^ 核磁気共鳴として知られている。
  28. ^ ボルンの確率解釈と呼ばれている。
  29. ^ ラムシフトと呼ばれている。
  30. ^ パリティ対称性の破れについてである。
  31. ^ 線形加速器が用いられた。
  32. ^ 殻模型と呼ばれている。
  33. ^ 朝永・シュウィンガー方程式ファインマンダイアグラムは彼らに帰せられる。
  34. ^ 光ポンピング法を開発した。
  35. ^ クォーク模型を提唱した。
  36. ^ アルヴェーン波が彼に帰せられる。
  37. ^ ネール温度が彼に帰せられる。
  38. ^ 受賞者3人の頭文字である。特にクーパーにはクーパー対が帰せられる。
  39. ^ 集団運動模型を提唱した。
  40. ^ ジェイプサイ中間子である。
  41. ^ アンダーソン局在モット絶縁体、ヴァン・ヴレック常磁性などがそれぞれ彼らに帰せられる。
  42. ^ ヘリウム4超流動を発見した。
  43. ^ この放射は約3ケルビンに相当するため、検出するには相当の低温技術が必要となる。
  44. ^ ワインバーグ・サラム理論として知られている。
  45. ^ ウィルソンのくりこみ群として知られている。
  46. ^ チャンドラセカール限界が彼に帰せられる。
  47. ^ フォン・クリッツィング定数が彼に帰せられる。
  48. ^ LBCOとして知られる高温超伝導体である。
  49. ^ ラムゼー共鳴法として知られている。
  50. ^ 陽子および中性子が内部構造をもつことを示唆する実験結果を得た。
  51. ^ ノーベル賞受賞講演の論文タイトルが"Soft Matter"であったことから、これらの研究分野がソフトマターと呼ばれるようになった。
  52. ^ 荷電粒子に対する優れた位置敏感型検出器である多線式比例計数管を開発、これと電算機とを組み合わせることにより素粒子反応の検出から解析までを極めて迅速にかつ一挙に行えるシステムを構築した。
  53. ^ ハルス・テイラー連星パルサーと呼ばれるこの連星系は公転周期が少しずつ減少しており、周期の減少率は一般相対性理論が予言する重力波の放射を支持している。
  54. ^ フェルミ粒子であるヘリウム3の超流動状態を実験的に確認した。
  55. ^ レーザー冷却として知られる。
  56. ^ 磁気光学トラップとして知られる。
  57. ^ 分数量子ホール効果として知られる。
  58. ^ ヤン=ミルズ理論繰り込み可能であることを数学的に証明した。
  59. ^ クレーマーはヘテロ接合を採用した半導体の優位性を初めて指摘し、アルフョーロフはヘテロ接合に基づく半導体レーザーの作成に成功した。
  60. ^ コーネルとワイマンはルビジウムを、ケターレはナトリウムを用いた。
  61. ^ デービスは太陽ニュートリノの観測により太陽ニュートリノ問題を提起し、小柴は超新星SN 1987Aから飛来したニュートリノの観測により恒星重力崩壊の機構を明らかにした。
  62. ^ さそり座X-1を指す。
  63. ^ ギンツブルグ-ランダウ理論がギンツブルグ(および1962年受賞のランダウ)に帰せられる。アブリコソフはこれを出発点に第二種超伝導体の挙動を理論的に説明した。レゲットはヘリウム3の超流動に理論的説明を与えている。
  64. ^ コヒーレント状態にある光の一例としてレーザーが挙げられる。
  65. ^ 量子光学においてこの業績が広く用いられている。
  66. ^ を規定する原子時計の周波数帯と光の周波数帯とを測定精度を損なわずに直接リンクすることを可能にし、レーザーの周波数測定精度を飛躍的に向上させた。
  67. ^ これはビッグバンを支持する強い観測的証拠である。
  68. ^ スピントロニクスの端緒を開いた発見である。この業績がハードディスクの容量増加に大きく貢献している。
  69. ^ ここではCP対称性の破れを指している。
  70. ^ 小林・益川理論が彼らに帰せられる。
  71. ^ 単層のグラフェンを初めて作成した。
  72. ^ この技術の応用による量子コンピュータの実現が期待される。
  73. ^ Serge Haroche, Jean-Michel Raimond & Michel Brune ; Le chat de Schrödinger se prête à l'expérience - Voir en direct le passage du monde quantique au monde classique, La Recherche 301 (Septembre 1997) 50 (disponible en ligne)
  74. ^ Serge Haroche ; Une exploration au cœur du monde quantique, dans : Qu'est-ce que l'Univers ?, Vol. 4 de l'Université de Tous les Savoirs (sous la direction d'Yves Michaux), Odile Jacob (2001) 571.
  75. ^ Christopher R. Monroe en David J. Wineland. "Quantum Computing with Ions." Scientific American, 11 augustus 2008.
  76. ^ The Nobel Prize in Physics 2012”. Nobel Foundation. 2012年10月9日閲覧。
  77. ^ The Nobel Prize in Physics 2013”. Nobel Foundation. 2013年10月11日閲覧。
  78. ^ The Nobel Prize in Physics 2014”. Nobel Foundation. 2014年10月7日閲覧。
  79. ^ The Nobel Prize in Physics 2015”. Nobel Foundation. 2015年10月6日閲覧。
  80. ^ Kosterlitz, J. M.; Thouless, D. J. (1973年). “Ordering, metastability and phase transitions in two-dimensional systems”. Journal of Physics C: Solid State Physics 6 (7): 1181–1181. http://stacks.iop.org/0022-3719/6/i=7/a=010. 
  81. ^ Haldane, F.D.M. (1983年). “Continuum dynamics of the 1-D Heisenberg antiferromagnet: Identification with the O(3) nonlinear sigma model”. Physics Letters A 93 (9): 464–468. doi:10.1016/0375-9601(83)90631-X. ISSN 0375-9601. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/037596018390631X. 


「ノーベル物理学賞」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノーベル物理学賞」の関連用語

ノーベル物理学賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノーベル物理学賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル物理学賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS