スピントロニクスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > スピントロニクスの意味・解説 

スピントロニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/24 13:07 UTC 版)

スピントロニクス: spintronics)とは、固体中の電子が持つ電荷スピンの両方を工学的に利用、応用する分野のこと。 スピンとエレクトロニクス(電子工学)から生まれた造語である。マグネットエレクトロニクス: magnetoelectronics)とも呼ばれるが、スピントロニクスの呼称の方が一般的である。


  1. ^ Johnson, M.; Silsbee, R. H. (1985). “Interfacial charge-spin coupling: Injection and detection of spin magnetization in metals”. Physical Review Letters 55 (17): 1790–1793. doi:10.1103/PhysRevLett.55.1790. PMID 10031924.  編集
  2. ^ : spin-polarized electron injection
  3. ^ Baibich, M. N.; Broto, J. M.; Fert, A.; Van Dau, F. N.; Petroff, F.; Etienne, P.; Creuzet, G.; Friederich, A. et al. (1988). “Giant Magnetoresistance of (001)Fe/(001)Cr Magnetic Superlattices”. Physical Review Letters 61 (21): 2472–2475. doi:10.1103/PhysRevLett.61.2472. PMID 10039127.  編集
  4. ^ Binasch, G.; Grünberg, P.; Saurenbach, F.; Zinn, W. (1989). “Enhanced magnetoresistance in layered magnetic structures with antiferromagnetic interlayer exchange”. Physical Review B 39 (7): 4828. doi:10.1103/PhysRevB.39.4828.  編集
  5. ^ PII: 0370-1573(94)90105-8
  6. ^ Julliere, M. (1975). “Tunneling between ferromagnetic films”. Physics Letters A 54 (3): 225–201. doi:10.1016/0375-9601(75)90174-7.  編集
  7. ^ S. Datta and B. Das (1990). “Electronic analog of the electrooptic modulator”. Applied Physics Letters 56 (7): 665–667. Bibcode 1990ApPhL..56..665D. doi:10.1063/1.102730. 
  8. ^ : persistent spin helix
  9. ^ M. Walser, C. Reichl, W. Wegscheider, and G. Salis. “Direct mapping of the formation of a persistent spin helix”. Nature Physics. doi:10.1038/nphys2383. http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/full/nphys2383.html. 


「スピントロニクス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スピントロニクス」の関連用語

スピントロニクスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スピントロニクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスピントロニクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS