技術的特異点とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 技術的特異点の意味・解説 

技術的特異点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 08:25 UTC 版)

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つ。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、人工知能ポストヒューマン文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。




出典

  1. ^ Singularity hypotheses: A Scientific and Philosophical Assessment. Dordrecht: Springer. (2012). pp. 1–2. ISBN 9783642325601. 
  2. ^ シンギュラリティで人類はどうなるのか nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
  3. ^ SFに学ぶAI「シンギュラリティ」の超え方(上) ダイヤモンド・オンライン(Diamond Online)
  4. ^ 汎用人工知能が技術的特異点を巻き起こす(電子情報通信学芸誌) 山川 宏 市瀬 龍太郎 井上 智洋 Vol.98 No.3pp.238-243 発行日:2015/03/01 Online ISSN 2188-2355 Print ISSN 0913-5693 種別:オピニオン 専門分野: キーワード:
  5. ^ 人工知能が経済格差と貧困を激化する”. NewsWeek日本版 田中秀臣 街角経済学 (2016年10月26日(水)17時40分). 2017年11月23日(木)閲覧。
  6. ^ 赤門マネジメント・レビュー16巻3号(2017年6月) シンギュラリティは近い ―世界の課題をテクノロジで克服するには― 牧野司”. 赤門マネジメント・レビュー 〔研究会報告〕コンピュータ産業研究会 2017年1月13日 (2016年6月20日). 2017年11月23日(木)閲覧。
  7. ^ http://ja.catalyst.red/articles/saito-watanabe-talk-9/
  8. ^ a b https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/fjm4/001.html
  9. ^ レイ・カーツワイル, ポスト・ヒューマン誕生 - コンピュータが人類の知性を超えるとき, NHK出版, pp156, 2007.
  10. ^ a b レイ・カーツワイル, ポスト・ヒューマン誕生 - コンピュータが人類の知性を超えるとき, NHK出版, pp33, 2007.
  11. ^ a b カーツワイル p.151
  12. ^ https://www.youtube.com/watch?v=ok-3jrUftK0
  13. ^ a b c 映画『トランセンデンス』公開記念 WIREDスペシャルページ「2045年、人類はトランセンデンスする?」, http://wired.jp/special/transcendence/ 
  14. ^ Thornton, Richard (1847), The Expounder of Primitive Christianity, 4, Ann Arbor, Michigan, p. 281, http://books.google.com/?id=ZM_hAAAAMAAJ&dq=%22Primitive%20Expounder%22%20thornton%201847&pg=PA281#v=onepage&q=thinking%20machine&f=false 
  15. ^ A M Turing, Intelligent Machinery, A Heretical Theory, 1951, reprinted Philosophia Mathematica (1996) 4(3): 256-260 doi:10.1093/philmat/4.3.256 [1]
  16. ^ Ulam, S., Tribute to John von Neumann, Bulletin of the American Mathematical Society, vol 64, nr 3, part 2, May, 1958, p1-49.
  17. ^ https://www-rohan.sdsu.edu/faculty/vinge/misc/singularity.html
  18. ^ リストはカール・セーガン、ポール・D・ボイヤー、ブリタニカ百科事典、アメリカ自然史博物館、アリゾナ大学他。レイ・カーツワイル編集。
  19. ^ レイ・カーツワイル, ポスト・ヒューマン誕生 - コンピュータが人類の知性を超えるとき, NHK出版, pp28, 2007.
  20. ^ エクサスケールの衝撃 次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く 齊藤元章
  21. ^ http://ja.catalyst.red/articles/saito-watanabe-talk-9/
  22. ^ https://seminar.jp.fujitsu.com/public/seminar/view/5426
  23. ^ http://jp.wsj.com/articles/SB11885338817628184768404583049302022843788
  24. ^ http://www.nira.or.jp/pdf/201708report.pdf
  25. ^ 齊藤元章 『エクサスケールの衝撃』 PHP研究所、2014年、506-518頁。
  26. ^ 2045年問題 松田卓也 (著)
  27. ^ http://memo7.sblo.jp/article/16576836.html
  28. ^ http://wba-initiative.org/1653/
  29. ^ https://www.slideshare.net/HiroshiYamakawa/2013-1219ss, 全脳アーキテクチャ勉強会 第1回(山川)
  30. ^ Tech Luminaries Address Singularity – IEEE Spectrum”. Spectrum.ieee.org. 2011年9月9日閲覧。
  31. ^ http://longbets.org/1/
  32. ^ 武田修三郎 (2011). 崩壊するエネルギー文明:再点検. 宣伝会議. p. 21-29. ISBN 978-4-88335-255-5. 
  33. ^ John Michael Greer, John (2015). After Progress: Reason and Religion at the End of the Industrial Age. New Society Publishers. p. 128-130. 
  34. ^ http://memo7.sblo.jp/article/20584487.html
  35. ^ Ford, Martin, The Lights in the Tunnel: Automation, Accelerating Technology and the Economy of the Future, Acculant Publishing, 2009, ISBN 978-1-4486-5981-4
  36. ^ Markoff, John (2011年3月4日). “Armies of Expensive Lawyers, Replaced by Cheaper Software”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/03/05/science/05legal.html 
  37. ^ Joseph.A.Tainterの『崩壊』に関する考察”. 2016年4月10日閲覧。
  38. ^ Tainter, Joseph (1988) "The Collapse of Complex Societies Archived 2015年6月7日, at the Wayback Machine." (Cambridge University Press)
  39. ^ 『純粋人工知能批判--コンピュータは思考を獲得できるか』
  40. ^ Clocksin, William (Aug 2003), “Artificial intelligence and the future”, Philosophical Transactions of the Royal Society A 361 (1809): 1721–1748, doi:10.1098/rsta.2003.1232, PMID 12952683. 
  41. ^ http://scienceblogs.com/pharyngula/2010/08/17/ray-kurzweil-does-not-understa/
  42. ^ a b c http://memo7.sblo.jp/article/34660929.html
  43. ^ Horgan, John (2008). The Consciousness Conundrum. http://spectrum.ieee.org/biomedical/imaging/the-consciousness-conundrum/0 2008年12月17日閲覧。. 
  44. ^ John Michael Greer, John (2012). Apocalypse. quercusbooks. p. 171-3,179. ISBN 978-1-78087-040-3. 
  45. ^ 2014年12月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙
  46. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80435640T01C14A2000000/ 日本経済新聞
  47. ^ http://gizmodo.com/experts-warn-un-panel-about-the-dangers-of-artificial-s-1736932856
  48. ^ https://www.youtube.com/watch?v=W9N_Fsbngh8
  49. ^ http://gizmodo.com/experts-warn-un-panel-about-the-dangers-of-artificial-s-1736932856
  50. ^ https://www.youtube.com/watch?v=W9N_Fsbngh8
  51. ^ http://www.techtimes.com/articles/53180/20150514/robots-will-overtake-human-intelligence-within-100-years-warns-stephen-hawking.htm TECH TIMES
  52. ^ http://www.huffingtonpost.com/stephen-hawking/artificial-intelligence_b_5174265.html Transcending Complacency on Superintelligent Machines(ハフィントンポスト)
  53. ^ http://gizmodo.com/experts-warn-un-panel-about-the-dangers-of-artificial-s-1736932856
  54. ^ http://www.techtimes.com/articles/53180/20150514/robots-will-overtake-human-intelligence-within-100-years-warns-stephen-hawking.htm TECH TIMES
  55. ^ a b http://synodos.jp/economy/11503 機械が人間の知性を超える日をどのように迎えるべきか?――AIとBI 井上 智洋/早稲田大学政治経済学部助教
  56. ^ バラク・オバマが伊藤穰一に語った未来への希望と懸念すべきいくつかのこと « WIRED.jp

注釈

  1. ^ カーツワイルが想定する2045年の技術的特異点を「コンピューターの知性が人間を超えること」とする報道が一部メディアで見られるが、カーツワイルはコンピューターの知性が人間を超える時期を2020年代と予想しており、誤解である。「人間の知能を模倣するために必要なハードウェアが、スーパーコンピューターでは10年以内に、パーソナル・コンピュータ程度のサイズの装置ではその次の10年以内に得られる。2020年代半ばまでに、人間の知能をモデル化した有効なソフトウェアが開発される。」「ハードとソフトの両方が人間の知能を完全に模倣できるようになれば、2020年代の終わりまでには、コンピューターがチューリングテストに合格できるようになり、コンピュータの知能が生物としての人間の知能と区別がつかなくなるまでになる。」(ポスト・ヒューマン誕生 P.40、レイ・カーツワイル著、2005年)。カーツワイルが想定する2045年の世界のシナリオは端的に言えば「1000ドルのコンピューターの演算能力がおよそ10ペタFLOPSの人間の脳の100億倍にもなり、技術的特異点に至る知能の土台が十分に生まれているだろう」というもので、コンピューター1台が人間一人あるいは人類全体の知能(100億人分の知能)を超えた瞬間に激変が起きることを意味していない。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「技術的特異点」の関連用語

技術的特異点のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コバルト華

こうせい ずり

長野オリンピック記念 第3次 5,000円銀貨幣

カカオ

記念式

シンブル

デリカビーズ

男木島灯台





技術的特異点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの技術的特異点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS