超音速旅客機とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 超音速旅客機の意味・解説 

超音速旅客機

読み方:ちょうおんそくりょかくき

音速を超えてマッハ単位飛行可能な旅客機のこと。1969年就航2003年退役したコンコルドが知られている。2012年現在は新型の超音速旅客機の開発各国で進められている。

ちょう おんそくりょかくき てう- [9] 【超音速旅客機】 〔supersonic transport〕


【超音速旅客機】(ちょうおんそくりょかくき)

Supersonic Transport (SST)
マッハ1以上で巡航することのできる旅客機のこと。

1960~1970年代、「将来航空輸送は更に高速化するであろう」という思想のもと、各国多数開発計画立案された。
しかし、燃費悪さペイロードの低さなどで極めて採算性が悪い上に、音速を超えた際の衝撃波地上への被害をもたらす危険性があったため、その需要小さく実用化できた機体コンコルド英国フランス共同開発)とTu-144旧ソ連)のみである。

このうちTu-144早々現役退きコンコルド2003年10月24日退役したため、現在、このタイプ機体存在しない
また、現在でも各国で超音速旅客機の研究は進められているものの、上記問題点クリアーすることが極めて困難で、実現のめどは未だ立っていない

関連:極超音速旅客機 QSST


超音速輸送機

(超音速旅客機 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 19:29 UTC 版)

超音速輸送機(ちょうおんそくゆそうき、: Supersonic transport, SST)は、超音速の速度で飛行し、旅客貨物を輸送する航空機のことである。超音速旅客機とも。現在は、商業飛行を行っている超音速輸送機はない。かつては、ツポレフTu-144コンコルドが商業飛行を行っていたが、Tu-144は1978年6月までに、コンコルドは2003年10月24日に商業飛行を取りやめている。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「超音速旅客機」の関連用語

超音速旅客機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



超音速旅客機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超音速輸送機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS