怪獣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > けもの > 怪獣の意味・解説 

かい じゅう くわいじう [0] 【怪獣】

太古栄え恐竜などをモデル創作された、超能力をもつ動物。 「 -映画


怪獣

作者岡本綺堂

収載図書
出版社光文社
刊行年月1990.8
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書怪談コレクション 新装
出版社光文社
刊行年月2006.7
シリーズ名光文社時代小説文庫


怪獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 21:37 UTC 版)

怪獣(かいじゅう)とは、正体不明の生物、怪物のことを指す言葉。ネッシーのような未確認動物 (UMA)を指す場合もある。類似ジャンルに「怪人」がある。


注釈

  1. ^ 上記のように当時既に洋邦多数の映画題名に「怪獣」が用いられている中、『ウルトラQ』放映開始時の子供雑誌『まんが王』の特集ですべて「怪物」という語が使われており、唐沢なをきはツイッターおよびブログで「記者さんのボキャブラリーになかったのか、怪獣」と述べて、記者が単にこの分野に無関心だった可能性を指摘している。
  2. ^ カネゴンは、明らかに動物とは異質な怪物(あるいは怪人とも言える)として、また、怪奇色と社会風刺の色濃い物語の主人公怪獣として登場するが、コメディー性と可愛さも当初から多分に具えており、子供達の支持を受けて、怪獣キャラクターとして一定の地位を獲得することになった。
  3. ^ アロンは、第1話で恐竜(「大恐竜」「古代恐竜」)として登場したが、再登場時(第13話-第16話)には「怪獣アロン」という扱いに変わっていた。本作品で最初から「怪獣」と呼ばれているのは、第2話から登場したモグネスである。cf. マグマ大使 (テレビドラマ)#登場怪獣・宇宙人

出典

  1. ^ 阿部正信編 『駿國雜志 自卷之廿四上至卷之三十』 吉見書店、1910年8月31日、102頁。NDLJP:765117 
  2. ^ 阿部正信編 『駿國雜志 附圖第二卷』 吉見書店、1912年1月25日、133頁。NDLJP:765121 (想像図)
  3. ^ 一番好きなウルトラ怪獣は? 3位バルタン星人、2位ゼットン、1位は…”. アニメ! アニメ!. 2019年5月10日閲覧。


「怪獣」の続きの解説一覧

怪獣

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:57 UTC 版)

名詞

かいじゅう

  1. 正体不明不思議生物
  2. 恐竜からヒント得て創作された、特別持つ生物

発音

  • カ↗イジュー



怪獣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪獣」の関連用語

怪獣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



怪獣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怪獣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの怪獣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS