怪異とは? わかりやすく解説

かい‐い〔クワイ‐〕【怪異】

読み方:かいい

[名・形動

現実にはありえないような、不思議な事実また、そのさま。「世にも—な事件

化け物変化(へんげ)。妖怪(ようかい)。


け‐い【怪異】

読み方:けい

[名・形動ナリ怪しいこと。不思議なこと。また、そのものやさま。怪奇。かいい。

重き—なりとて、牛を陰陽師(おんみゃうじ)のもとへ遣はすべき由」〈徒然二〇六〉


怪異

作者南伸坊

収載図書チャイナ・ファンタジー
出版社潮出版社
刊行年月1990.6


怪異

作者浦島駄朗

収載図書怪奇八百八町
出版社彩図社
刊行年月2005.4
シリーズ名ぶんりき文庫


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 23:50 UTC 版)

ダンダダン」の記事における「怪異」の解説

セルポ星人 第1話登場最初に出会った宇宙人モデルプロジェクト・セルポ記述みられる宇宙人。種が雄しかおらず、クローン技術によって固体増やしている。その結果生物として進化止まってしまっており、地球人生殖機能研究するために誘拐解剖試みる。「セルポ式測量法」なる構え相手捉え、「六根」の掛け声で壁にクレーターができるほどの念能力放つことができる。 ターボババア 第1話登場。健が最初に出会った妖怪モデル同名都市伝説100キロババアなどの異称も持つ「近代妖怪」であり、非常に強力な妖怪かけっこ負けた呪われると言われており、動転して走って逃げてしまった健のイチモツ奪って呪った。 名前の通り驚異的なスピードが一番の特徴だが、強力な妖怪らしく膂力自身変化させる力も備えている。また、上述通り呪いにも長けており、呪ったを介してさらに呪い振りまくことができる非常に危険な存在挑発されイチモツ取り戻すための勝負乗り市内地縛霊浮遊霊使役しと健を追い詰めるが、電車道連れたちの居住市まで引きずり出され星子結界術によって撃退される消滅したかに思われたが、すんでのところで健に憑りついて永らえており、星子によって力のみ健の中に残して意識だけ招き猫封じられる先の勝負の際に健の「タマ」を落としてしまっており、自身の力と交換する条件たちと共同歩調をとることになる。ターボババアとしての力は失ったが、今度招き猫としてたちに有利な状況作り出す力を得るフラッドウッズモンスター 第2話登場モデルフラットウッズ・モンスター。「3メートル宇宙人」としても知られている。セルポ星人仲間とみられ、健の性器狙っての家まで襲いに来る。相撲取りのような恰好をしており、圧倒的な膂力二人追い詰めるが、機転によって結界術にかかり、撃破された。 トンネルの地縛霊 第3話登場。なにか強い執着持ってその場所に居続ける霊を総称して地縛霊呼び自分テリトリーの中では最強ともいえる力を誇る。ターボババアがいたトンネルの地縛霊ターボババア慕っており、のような姿を取ってターボババア合体し襲いかかるアクロバティックさらさら 第13話登場モデル同名都市伝説通称アクさら。赤いワンピース着た異常に大柄な女の妖怪。なぜか愛羅目を付けている。 生前貧しシングルマザーだったが借金取りに娘を攫われ、取り戻そうとするも叶わず自殺した死後生前記憶失い幽霊となって彷徨っていたところ、母親亡くしたばかりの幼い愛羅から母親間違えられ愛羅自分の娘と思いむようになるネッシー 第19話登場セルポ星人仲間であるUMAギグワーカー 第21話登場セルポ星人雇われ宇宙人走る人体模型 第28話登場

※この「怪異」の解説は、「ダンダダン」の解説の一部です。
「怪異」を含む「ダンダダン」の記事については、「ダンダダン」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:26 UTC 版)

〈物語〉シリーズ」の記事における「怪異」の解説

一般に言う生物とは違うカテゴリー属す存在であり、都市伝説街談巷説道聴塗説、即ち人間信仰畏怖・噂によって生まれ、そこにい続ける存在。ゆえに人間がいない所では存在希薄になるまた、いるからと言って誰でも視えるわけではなく、視える者は何らかの理由をもっている。そして怪異は世界繋がっている、いわば世界そのものであるため、近くにいる人間の影響受けてその存在変化生じる(忍、余接などのキャラクター好み変化など)。姿かたちもさまざまで実体として存在するタイプや人を媒介顕現したり、毒など特性だけ存在する、など多様。また名前から連想される姿をとるとも限らない。怪異が起こした出来事結果は怪異現象とよばれ、その大抵は病気体調異常、体質催眠効果などとして現実的に処理されている。 吸血鬼きゅうけつき作中では主に鬼と呼ばれるキスショット(忍)、初代怪異殺しドラマツルギー春休みの暦、スーサイドマスター、トロピカレスク、ハイウエストローライズこれにあたる生まれながら吸血鬼と、吸血によって眷属となった吸血鬼二通り存在する。 「怪異の王」(ノーライフキング、キングオブアウトサイダー)と称される上級の怪異。高い再生力不死性と身体能力持ち変身能力によって全身もしくは体の一部武器や翼、などに変化させられる。また体液血液唾液)を患部垂らすことで他者回復促すともできる弱点日光ニンニク銀の十字架聖水、毒。また呼吸器系内臓器官攻められること。また泳げない。 文字通り吸血を行う怪異だが、それにはエナジードレイン(=食事としてのものと眷族作る目的のものがある。吸血をされた普通の人間眷属化する可能性低く、ただ死ぬだけでなく生きながら死んでいるゾンビとなる可能性もあるため通常吸血後、肉体を残すことなく喰らうランクが高い吸血鬼は体の一部手首から先のみでも)だろうと吸血することで眷属作ることができる。 忍によると、頭や胸を撫でることは眷属吸血鬼対す服従の証である。 再生力が高い種族上記弱点責められることには弱いものの、完全に死ぬことはなく、灰の状態で生き延び、エナジードレインを駆使して再び肉体組成することができる。 おもし蟹(おもしかに) 作中では主に呼ばれるメメ曰く九州山間部民間伝承で、重いし、おもいし神、重石とも呼ばれるであったウサギであったり、美女の姿をとることもある(アニメ版では無数の「」の漢字構成されタカアシガニのような姿で表現されている)。行き遭った人の願い聞き入れ思いとともに重さ(=体重)」を引き受け支える神。体重奪われる精神的な苦痛感じなくなるが、代わりに無感情になる。メメは「存在」を奪うとも称していた。 迷い牛(まよいうし) 作中では主に蝸牛呼ばれる目的地に「帰る」ことができず永遠に迷い続ける怪異。「家に帰りたくない」と思う者の前に現れついてくる者を永遠に迷わせ帰路阻害する。しかし、迷い牛から離れれば迷うことはなくなる。また、道を歩かないことでも回避可能。 レイニー・デヴィル 作中では主に呼ばれる雨降り悪魔泣き虫悪魔メメによると、階級にさえ入らない低級悪魔古くからヨーロッパに伝わる雨合羽着た悪魔であり、親と喧嘩した子供雨の日に家を飛び出しサル群れ食い殺されたことが起源とされる契約行使する願った人間同化するのが特徴で、人間ネガティブな感情暗黒面好んでエネルギー源とし、願ったの裏願い読んで暴力的な叶え方をする。願いは魂と引き換えで、叶える毎に成長し3つ全て叶える願った者は生命肉体奪われ悪魔そのものとなる。その為、願いを叶える度に悪魔肉体増え続けていく。 劇中に登場したもの厳密にいえばレイニー・デヴィル」ではない。遠江幼いころ生み出した正体不明の怪異であり、もう一人遠江ともいえる存在遠江によって「レイニー・デヴィル」と定義づけられてミイラ化し、以後駿河に「猿の手」として受け継がれることとなる。 蛇切縄(じゃぎりなわ) 作中では主に呼ばれる。へびきり縄、切(へびきり)、蛇縄(じゃなわ)、へびなわ、くちなわ)とも呼ばれる死に至らしめる怪異でなく人を殺す怪異。 悪意によって遣わされる怪異であり、呪われたもの見えないに足から徐々に巻きつかれ、顔に到達した時点殺される。触ることができれば巻きついた蛇切縄引き剥がすことはできるが、そのとき引き剥がした当人蛇切縄襲い掛かり、それをやり過ごして今度呪いをかけた本人を襲う(呪い返し)。 障り猫(さわりねこ) 作中では主に呼ばれる。尾なし白銀しろがねこ)とも呼ばれる馬車現代では車)に轢かれた尾のない白い埋葬した善良な者に取りつき性格豹変させるという。人に化けるではなく、人をにする怪異。恩を仇で返す怪異であり、招き猫対極存在である。特性常時発動型エナジードレインであり、触れた者は精も根も吸い尽くされその度合いによっては死に至る。 ブラック羽川ぶらっくはねかわ) 障り猫元に翼が創り出した新種の怪異。命名メメ詳しく登場人物参照囲い火蜂(かこいひばち) 作中では主に呼ばれる。『東方図鑑』に記載され曰く触れないハチ刺され全身が火で包まれたよう」。室町時代流行った原因不明感染病が起源とされるが、泥舟が言うには感染病は作り話であり、囲い火蜂存在しない怪異。実際瞬間催眠によるプラシーボ効果であり、身動き困難になるほどの高熱を伴うが2・3日程度治る風邪とのことしでの鳥(しでのとり) 作中では主にホトトギス呼ばれる不死鳥とも。 怪異としての特性は「不死」であり、その不死性は吸血鬼をも凌駕するホトトギス生態同じく人間母体に「托卵憑依)」し、その子供として転生する。生まれたしでの鳥人間擬態し、親の子供として自然に、そして完璧に振舞う。怪異であることがバレないように、命に関わるほどでない傷はゆっくりと直すが、致命傷一瞬再生する。これは「心の傷」、いわゆるトラウマにも及んでおり、生きていくのに問題になるようなトラウマ生じた場合、その原因となる記憶含めて消去される原因まで忘れるため、同様の行動繰り返す場合もある)。また新陳代謝良く、爪や髪が常人よりも速いスピード伸びる不老ではなく寿命人間と同じで、寿命迎えたらまた托卵をして転生繰り返す。この擬態無意識かつ無自覚なため、本人も自らが怪異であることに気がつかない。なお、怪異として人間に害を与えることは無い。 苛虎(かこ) 声 - 斎賀みつき 作中では主に虎と呼ばれる巨大な体躯をした喋る虎で、専門家寄せ付けなかったブラック羽川圧倒する強力な怪異。 嫉妬燃料「火」そのもの化して嫉妬された者の家・住処を完全に燃やし尽くす。また、燃やそうとする物の前に一瞬移動する能力も持つ。翼が己の中の嫉妬感情切り離した結果生まれた怪異(本人によると嫉妬だけでなくあらゆる心の闇形成されいるらしい)。翼は苛虎を『礼記』にある「苛政は虎よりも猛し」という故事ベースとした新種の怪異と推理したが、忍は「火車」という怪異を基盤とした完全なオリジナルの怪異ではない、と推測している。 憑藻神つくもがみ100年経った器物が怪異となった存在また、反魂の術によって人間死体を怪異として蘇らせることで、憑藻神にする方法もある。 式神しきがみ陰陽師によって作られる術者代理人として働く存在主従格付けなされず術者式神成りわられる例も少なくないキョンシー 作中では主にゾンビ呼ばれる厳密には、吸血鬼眷属とされたものの血が定着せず暴走したことで生まれた怪異。メメによると失敗した眷族劣化した吸血鬼自我意思もなく、与えられ本能忠実に行動する日光と米を弱点とする。 沼地 蠟花(ぬまち ろうか) 花が死した後に怪異となった存在。だが自身には、怪異となったことはおろか自分死んだ自覚さえもなく、作中自身自分来歴語ったが、それが真実かどうか不明悪魔様や沼神様どの様々な名を使い分け各地で人の悩み聞き入れ、それを「絶対」解決するとされる相談屋。ただし行き過ぎた悩み警察などの然るべき機関にまわす。その実、人の不幸話を蒐集することを目的としている。また、相談事と並行して悪魔レイニー・デヴィル)のパーツ蒐集行っている。悪魔パーツを持つ者の近辺現れ根を張り所有者相談訪れると、それを奪う。泥舟は「回収屋」と称していた。 「くらやみ」 暦が便宜上こう称しただけで、実際には名前はない。また、怪異、更には存在でもない非存在」。人によっては「神隠し」「中立者」「バランサー」「イレイザー」とも呼ぶらしいブラックホール思わせる「黒いなにか」であり、サイズや距離などを掴むことは難しい。人であっても怪異であってもであっても呑み込まれたものを存在を完全に消し去る伊豆湖によると、怪異に対して反物質様に対消滅起こす反怪異であり、世界運命修正そのもの。 怪異の道から外れた怪異、または自分偽った怪異の存在消し去り、その怪異を認識した人間をも全て消し去って何もなかったことにする物質として存在する物を消滅させるだけでなく、暦と忍のリンクすら切断したこの世界法則のようなのであるため、狙われ場合倒したり逃れたりすることは不可能であり、せいぜい一時的に距離を取るぐらいしか対処法は無い。 クチナワ 声 - 上田燿司 撫子は「クチナワさん」と呼んでいた。北白蛇神社祀られている神であり、白い蛇の姿をしている。忍の来訪によって神社溜まったエネルギーによって復活するも「まよいキョンシー」でそのエネルギー使いきってしまったことで瀕死になり、撫子惨殺償いとして自分神体死体)を探すよう要求してきた。普段撫子右腕シュシュとして巻きついている性格口調はかなり凶暴かつ乱暴で「しゃしゃ」といった笑い方をし、何かにつけて「ああん?」とすごむ。あらゆる結界無効化できる能力を持つ。撫子知識共有しており、暦に代わって作中における撫子突飛な行動対し突っ込み入れる。 もとはひたぎに嫉妬し、神に祈った撫子の「神の声聞いている」という妄想であった蛇神へびがみ忍野扇誘導によって千石撫子が怪異になった姿。封印されていたクチナワ神体伊豆湖が暦に渡したもの)を撫子取り込んだことで神として完全復活を果たす。 神となった撫子は髪の一本一本すべてが白蛇となり、髪から毒牙形成して攻撃する前述通り毒に弱い吸血鬼特性あり物語中では暦と忍を圧倒し何度も殺し続けたまた、そこかしこから無数の白い蛇呼び出す能力も持つ。呼び出され現実質量持ち大人一人圧殺されかかるほどの量を呼び出すこともできる。しかし吸血鬼のように単純に身体能力強化されるわけではないらしく、下手な殴り方をして拳が傷つくなどそこまで元の体からは変化していない。 蛞蝓豆腐なめくじどうふ) 作中蛞蝓呼ばれる泥舟が神となった撫子植えつけた、曰く偽者低級の怪異。三竦み理屈蛇神である撫子から引き剥がし人間に戻すのに利用した植えつけられた本人蛞蝓のようにぬらりと生きる気がない効果発揮せず、3日ほどで取れるらしい。 「つきひアンドゥ」にて撫子描いたイラスト通して残渣から復元される。十メートルほどの巨体持ち体表から炎を放射し蛞蝓線香で炙る駆除方法または焼き豆腐由来ではないか推測されている。粉々になっても元通り再生する相性悪さから泥舟余接退治する為に作った可能性示唆されている。 「よくないもの」 怪異になる前段階の、怪異の材料となるエネルギー北白蛇神社など特定の場所に集まり濃度が高まると怪異と行き遭う確率や怪異現象発生しやすくなる。怪異の王である吸血鬼は、無自覚にこれを集めてしまう。 「しのぶメイル」において、初代怪異殺しによって、過去に暦と関わった怪異のもどきとして再現される。また初代怪異殺し敗れた際に、その体内から溢れた無数の怪異が混ざり合い「よくないもの」へと回帰した。 「じゅんビルド」では、キスショット死なないことへの遺志のみの残留思念が、暦の血液あるいは哀川潤来訪によって活性化されたことで、姿の見えないキスショットとして形成された。 「正体不明」 化け物作り専門家である遠江生み出した怪異現象遠江自制心が形となった「くらやみ」もどき』であり「必要でないけど欲しいもの」、「やるべきことの邪魔となるもの」を消し去っていた。正体分からないので基本的に対処しようがないが、その正体、この場合生み出した人間誰かを暴けば、本物「くらやみ」によって飲まれ消滅する。ただし、正体を「何か」に定義づければ「それ」として実体化させ、存在固着させられる忍野 扇(おしの おうぎ) 暦が生み出した「正体不明」。暦の自身対す負い目引け目罪悪感欺瞞といったものに対す自己批判具現化した「阿良々木暦自身」とも呼べ存在伊豆湖は「ダークこよみん」と呼び、翼のブラック羽川撫子クチナワに近い存在称した初代怪異殺し駿河左手をエナジードレインし、その初代怪異殺しを忍が喰らい、忍とペアリングしている暦に猿の手の内にある「正体不明」因子流れ込んだことで誕生した誕生経緯から鎧武者内包していた「よくないもの」能力や、そして忍の物質創造スキル身に付けており、それらを駆使して専門家らを町から追放したり、かつての直江津高校教室火事消失した学習塾跡の廃ビル生み出したりした。 その出自ゆえ、"忍野扇"の「忍野」は本来"忍野メメ"由来のものではなく、"忍野忍"由来である事が伊豆湖から語られている(同時に自身8月メメの妹を名乗ってしまった事が悪い宣伝になったのだろうと推理している)。 彼女が作り出した学習塾跡の廃ビルにおける最終局面にて他ならない暦に自らの正体看破され「くらやみ」によって消滅しそうになるが、彼女を見捨てる事の出来なかった暦によって助けられる。 さらに、翼に連れられ間一髪駆け付けた忍野メメ本人によって「僕の可愛姪っ子」として定義づけられたことで、「怪異〈忍野扇〉」ではなく忍野メメの姪」としての存在確定し「くらやみ」排除対象から外れ九死に一生得た人魚 ゴーレム 人狼

※この「怪異」の解説は、「〈物語〉シリーズ」の解説の一部です。
「怪異」を含む「〈物語〉シリーズ」の記事については、「〈物語〉シリーズ」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 14:03 UTC 版)

NG (ゲーム)」の記事における「怪異」の解説

人間とは違う異形の存在。強い憎悪無念を抱く死者の霊が、形をとったもの。生きている人間強く憎んでおり、恐怖を糧にする。

※この「怪異」の解説は、「NG (ゲーム)」の解説の一部です。
「怪異」を含む「NG (ゲーム)」の記事については、「NG (ゲーム)」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:09 UTC 版)

あしたのファミリア」の記事における「怪異」の解説

瀬戸大将(セトタイショウ) 灼物の怪異。打ち捨てられ瀬戸物に力を与え怪異化させた付喪神自我もなくただ破壊衝動のみで動く。日月館現れたがノイ瞬殺された。四十九院により送り込まれた。 土蜘蛛ツチグモ) 壷毒の怪異。八握脛(やつかはぎ)とも呼ばれる壷毒が怪異化したもの。日月館現れたがノイ瞬殺された。 鎌鼬カマイタチ太刀風の怪異。両腕に「刃」を持ち、刃の厚さは最薄部で僅か数ミクロン分子分子の間に刃を「入れる」ことで相手切り裂くノイと呼乃花の共闘により倒された。刃は嘲が持ち帰って包丁にしたらしい脛擦スネコスリ) 黒の怪異。元は夜道歩く人の足の間にまとわりつき転ばすだけの怪異だったが四十九院眷属となってから人を襲うようになった複数日月館現れたが千疋瞬殺された。四十九院により送り込まれた。 白畝(シロウネリ) 古布の怪異。あらゆるものに自身侵食させ「潜る」ことができる白きノイと呼乃花の共闘により倒された。四十九院により送り込まれた。 鬼髪(キホツ) 執心の怪異。ノイ変装使用した鬘に、日月館帰りたいという想い篭もり怪異化したノイ化けた影鰐により倒された。 病佗ヤミダ必殺の怪異。病だの毒に因る怪異にのみ発症する”鬼撃病”をもたらす恋神業火が嘲を手に入れるために使用した旧鼠キュウソ) 夜走の怪異。明日の力を試すために虎けしかけた。虎眷属震々ブルブル結氷の怪異。大気中の水蒸気凍らせる怪異。千疋倒した猿ノ経立(サルノフッタチ) 豪腕の怪異。四十九院四十九柱一柱高強度コンクリートをも砕く金剛力を持つ。國府神に能力吸収され倒された。 赤鱏アカエイ) 海の怪異。 大魚悪桜(タイギョアクル) 島喰いの怪異。四十九院四十九柱一柱。島を喰い荒しそれを糧にさらに巨大化する。 陰摩羅鬼オンモラキ四十九院さえ従わせることができなかったという伝説級怪異。北京出現したが、会と國府神がふたりで殲滅した。 牛御前(ウシゴゼン) 大角の怪異。 鎚蛇(ツチヘビ) 四十九院四十九柱一柱。明寿に対して四十九院仕掛けたが、明寿が日月の剣で倒した笈化物(オイノバケモノ) 文箱の怪異。明寿の時代日月館現れた。 手長足長(テナガアシナガ) 偽装の怪異。1体擬態し、獲物が懐に入ったところで分離して挟撃する。ノイ曇天連携により倒された。 青鷺火(アオサギノヒ) 龍灯の怪異。呼乃花により倒された。 骨女(ホネオンナ) 牡丹灯籠の怪異。放課後学校現れたが呼乃花により倒された。

※この「怪異」の解説は、「あしたのファミリア」の解説の一部です。
「怪異」を含む「あしたのファミリア」の記事については、「あしたのファミリア」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 11:58 UTC 版)

沃沮」の記事における「怪異」の解説

『三国志』東夷伝東沃沮の条に以下の記述がある。 玄菟太守王頎毌丘倹命令高句麗王追撃し北沃沮東方境界まで至った際、そこの老人に「この海の東にも人は住んでいるだろうか」と尋ねると、「昔、ここの者が漁にでたまま暴風雨にあい、10日間も漂流し東方のある島に漂着したことがあります。その島には人がいましたが、言葉通じません。その地の風俗では毎年7月童女選んで海に沈めます」と答えたまた、海の彼方に、女ばかりで男のいない国もあります」や、「一枚布製着物が海から流れ着いたことがあります。その身ごろは普通の人と変わりませんが、両袖は三丈もの長さありましたまた、難破船海岸流れ着いたことがあり、その船にはうなじのところにもう一つの顔のある人間がいて、生け捕りされました。しかし、話しかけても言葉通じず、食物をとらぬまま死にました」などとも答えた

※この「怪異」の解説は、「沃沮」の解説の一部です。
「怪異」を含む「沃沮」の記事については、「沃沮」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 15:24 UTC 版)

死印」の記事における「怪異」の解説

花彦くん 誰もいないはずの学校で鏡を見ると現れる異様な少年。「ぼく、きれい?」と質問し、「はい」と答えると「赤いのちょうだい」と言い残して消える。 また、大人が嫌いで、質問相手大人だった場合体中血液抜かれ殺される死体の傍には、一輪の血に濡れた真っ赤な薔薇残されている。 森のシミ男 自殺死体遺棄などの噂が絶えないH城樹海出現する身体中に黒いシミがある大男出会ったものに「が好きか?」と問い、「はい」と答えた者を笑いながら襲う。 くちゃら花嫁 H市内のとある電話ボックス現れる花嫁姿の幽霊電話に出ると「くちゃくちゃ」という不気味な音を鳴らし、「あなた見たの?」と聞いてくる。 「見てない」と答えた者は見たいものを聞かれ探し物在り処等を教えてくれる。 ずう先生研究員であり、H小学校の元教員てもある白衣着た女幽霊教員時代理科室多く実験動物飼っていたため、生徒からはずう(Zoo先生呼ばれていた。 観音兵 第二次世界大戦末期シルシらしき痣の付いた者たちが陸軍秘密研究所集められ開発していた何か。 雨の赤ずきん 雨の日、K市内ホテル街出現する赤いレインコート着た少女客引きだと勘違いして一緒にホテル入った者は行方不明になる。 行方不明になった者たちは、しばらくして正気失った姿で発見され自殺遂げるなど悲惨な最期迎える。 シルシの怪異とは別の、「マスカレード事件」を引き起こした怪異。 祟りメリイ 九条家に伝わる人形が、その見に宿す祟や怨念によって怪異化した姿。主人公シルシ刻んだ張本人であり、H市のシルシの怪異も全て彼女が生み出したのだった本来の性質目的は、無差別かつ無制限に死を振りまくことであるが、長い時の中でその作法過程様々な趣向盛り込まれ、それを遊び感覚で楽しむようになっていった倒錯的ではあるが、恋する乙女心さえ持っている節がある一説によれば19世紀末にある人形師魔術的な方法作ったものだと言われており、また別の説では、非業の死遂げた少女の霊人形乗り移ったものだと言われている。 百鬼夜行 雨の赤ずきんに関するマスカレード事件」の後に、真下が八敷の前で言及したもの。一般的な言葉としてではなく、何か具体的な事象示している模様。 『NGでも、この事に関する言及があり、もう少し深堀されている。 『死印 青き終焉』では、ムーラン・ロゼが「この国の室町期伝承に、異形人形たちが、百を超える怪異を従え集落滅ぼして回ったとあり、百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)と呼ばれていた。」と発言している。(本編との関連性不明)

※この「怪異」の解説は、「死印」の解説の一部です。
「怪異」を含む「死印」の記事については、「死印」の概要を参照ください。


怪異(ファンタズマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/28 01:54 UTC 版)

グロリアスハーツ」の記事における「怪異(ファンタズマ)」の解説

怪異の能力持った生物。死潮(グラニカ)を越えてやってくる

※この「怪異(ファンタズマ)」の解説は、「グロリアスハーツ」の解説の一部です。
「怪異(ファンタズマ)」を含む「グロリアスハーツ」の記事については、「グロリアスハーツ」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:09 UTC 版)

あしたのファミリア」の記事における「怪異」の解説

妖怪怪物総称賢人機関では怪異を以下の3段階に分類している。

※この「怪異」の解説は、「あしたのファミリア」の解説の一部です。
「怪異」を含む「あしたのファミリア」の記事については、「あしたのファミリア」の概要を参照ください。


怪異(グリード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:23 UTC 版)

東亰ザナドゥ」の記事における「怪異(グリード)」の解説

異界住まう化け物。強い感情引き寄せられ出現することが多く半分異世界属しながらも現実世界存在に目をつけて干渉する場合がある。度々人間を襲うが、その理由不明。強い想いこもった物品を奪うこともある。

※この「怪異(グリード)」の解説は、「東亰ザナドゥ」の解説の一部です。
「怪異(グリード)」を含む「東亰ザナドゥ」の記事については、「東亰ザナドゥ」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 17:16 UTC 版)

キツネの入った言葉一覧」の記事における「怪異」の解説

狐憑き きつねの霊が人間のりうつること。精神錯乱のような状態。 狐火狐の提灯狐の嫁入りいわゆる鬼火。きつねが口から吐く火らしい。「狐の嫁入り」は狐火複数並んで嫁入り行列提灯のようにみえるもの。空は晴れているのに雨が降ることも「狐の嫁入り」という。 九尾狐きゅうびこ) 尾が9本に分かれた日本語風に九尾の狐きゅうびのきつね)」とも。本来は中国の伝説霊獣であったが、日本にも妖怪のようなものとして伝説残っている。 天狗あまつきつね) 火球、すなわち、流星大きなもの。天狗(てんぐ)のルーツ1つ。「日本書紀」巻23舒明天皇の条の9年637年)に記載がある。九年の春二月丙辰の朔にして戊寅に、大きなる星、東より西に流る。すなわち音ありて似たり時の人曰く、「流星の音なり」といふ。また曰く、「地雷(つちいかずち)なり」といふ。ここに僧旻僧(そうみんほふし)が曰く、「流星非ず。こは天狗あまつきつね/あまつととね)なり。その吠いる聲、似たらくのみ」といふ。 (舒明天皇9年2月23日戊寅637年3月24日)、大きな星が東から西流れた。すぐにのような音がして、人々流れ星の音だと言い、またと言った渡来人の子孫で当時一級知識人であった僧旻法師によれば、「これは流れ星ではなく天狗あまつきつね)というもので、雷鳴のような声で鳴くとのことであった僧旻言葉は、おそらく「史記」の「漢書」、あるいは「五雑爼」の説をふまえたものであろう。「漢書」には、「流れ星のうち音がするものを天狗というが、これは流れ星落ちたところにのような生き物いるからである」とあり、「五雑爼」も同様の説をなしている(同じ「史記」でも「天官書」には「天狗星」について少し違った記述がある)。

※この「怪異」の解説は、「キツネの入った言葉一覧」の解説の一部です。
「怪異」を含む「キツネの入った言葉一覧」の記事については、「キツネの入った言葉一覧」の概要を参照ください。


怪異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 19:55 UTC 版)

妖怪の飼育員さん」の記事における「怪異」の解説

それ事態妖怪ではない、不可思議な出来事のこと。だが、原因となっているものが妖怪場合はある。一例歩く二宮金次郎像化け灯篭迷い家など。

※この「怪異」の解説は、「妖怪の飼育員さん」の解説の一部です。
「怪異」を含む「妖怪の飼育員さん」の記事については、「妖怪の飼育員さん」の概要を参照ください。


怪異(かいい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 07:13 UTC 版)

足洗邸の住人たち。」の記事における「怪異(かいい)」の解説

中央によって怪異認定受けた人民世界に危険を及ぼす存在

※この「怪異(かいい)」の解説は、「足洗邸の住人たち。」の解説の一部です。
「怪異(かいい)」を含む「足洗邸の住人たち。」の記事については、「足洗邸の住人たち。」の概要を参照ください。


怪異(メタ・クリッター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 21:23 UTC 版)

漆黒のシャルノス」の記事における「怪異(メタ・クリッター)」の解説

ロンドンの闇に潜む幻想怪物黄金瞳を求めており、シャルノスを駆けメアリ執拗に付け狙う

※この「怪異(メタ・クリッター)」の解説は、「漆黒のシャルノス」の解説の一部です。
「怪異(メタ・クリッター)」を含む「漆黒のシャルノス」の記事については、「漆黒のシャルノス」の概要を参照ください。


怪異(かいい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:41 UTC 版)

境界線上のホライゾン」の記事における「怪異(かいい)」の解説

流体変調生じ現象基本的に有害。程度もあるが、怪異を解決発生させる技術もある。

※この「怪異(かいい)」の解説は、「境界線上のホライゾン」の解説の一部です。
「怪異(かいい)」を含む「境界線上のホライゾン」の記事については、「境界線上のホライゾン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「怪異」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪異」の関連用語

1
怪異に 活用形辞書
100% |||||

2
かいいに 活用形辞書
98% |||||

3
怪異さ 活用形辞書
98% |||||

4
怪異な 活用形辞書
98% |||||

5
怪異なら 活用形辞書
98% |||||

6
怪異なり 活用形辞書
98% |||||

7
怪異なる 活用形辞書
98% |||||

8
怪異なれ 活用形辞書
98% |||||

9
かいいになる 活用形辞書
96% |||||

10
怪異だった 活用形辞書
96% |||||

怪異のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怪異のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダンダダン (改訂履歴)、〈物語〉シリーズ (改訂履歴)、NG (ゲーム) (改訂履歴)、あしたのファミリア (改訂履歴)、沃沮 (改訂履歴)、死印 (改訂履歴)、グロリアスハーツ (改訂履歴)、東亰ザナドゥ (改訂履歴)、キツネの入った言葉一覧 (改訂履歴)、妖怪の飼育員さん (改訂履歴)、足洗邸の住人たち。 (改訂履歴)、漆黒のシャルノス (改訂履歴)、境界線上のホライゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS