誘拐とは? わかりやすく解説

ゆう‐かい〔イウ‐〕【誘拐】

読み方:ゆうかい

[名](スル)だまして、人を連れ去ること。かどわかし。「幼児を—する」「営利—」→略取誘拐罪


誘拐

読み方:ユウカイ(yuukai)

人をだまして連れ去ること


誘拐

作者和久峻三

収載図書許された殺意
出版社角川書店
刊行年月1986.6
シリーズ名角川文庫

収載図書許された殺意
出版社広済堂出版
刊行年月1991.12
シリーズ名広済堂文庫


誘拐

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 11 ピーターパンの島
出版社理論社
刊行年月2003.7


誘拐

作者日影丈吉

収載図書日影丈吉全集 8
出版社国書刊行会
刊行年月2004.10


誘拐


誘拐

作者押川国秋

収載図書中山道の雨臨時廻り同心日下兵衛
出版社講談社
刊行年月2006.6
シリーズ名講談社文庫


誘拐

作者い原智治

収載図書天使のデータファイル
出版社文芸社
刊行年月2007.3


誘拐

作者斎藤栄

収載図書日本旅行殺人事件
出版社天山出版
刊行年月1989.3
シリーズ名天山ノベルス

収載図書日本旅行殺人事件
出版社天山出版
刊行年月1991.2
シリーズ名天山文庫


誘拐

作者池波正太郎

収載図書誘拐―新鬼平犯科帳
出版社文芸春秋
刊行年月1990.7

収載図書鬼平犯科帳 24 誘拐
出版社文芸春秋
刊行年月1994.1
シリーズ名文春文庫

収載図書完本 池波正太郎大成 第7巻 鬼平犯科帳
出版社講談社
刊行年月1998.9

収載図書鬼平犯科帳 24 特別長篇 誘拐 新装版
出版社文芸春秋
刊行年月2001.2
シリーズ名文春文庫


誘拐

作者赤川次郎

収載図書輪舞―恋と死のゲーム
出版社角川書店
刊行年月1994.7
シリーズ名角川文庫


誘拐

作者大藪春彦

収載図書名の無い男
出版社双葉社
刊行年月1996.12

収載図書名のない男
出版社光文社
刊行年月2007.1
シリーズ名光文社文庫


誘拐

作者ブライアン・フリーマントル

収載図書屍泥棒―プロファイリング・シリーズ
出版社新潮社
刊行年月1999.1
シリーズ名新潮文庫


誘拐

作者グレッグ・イーガン

収載図書祈りの海
出版社早川書房
刊行年月2000.12
シリーズ名ハヤカワ文庫SF

収載図書ロボット・オペラ
出版社光文社
刊行年月2004.6


誘拐

作者本田靖春

収載図書本田靖春集 1 誘拐・村が消えた
出版社旬報社
刊行年月2001.12


誘拐

作者藤沢周平

収載図書孤剣用心棒日月抄
出版社新潮社
刊行年月2002.12


誘拐?

作者伊園旬

収載図書ソリューション・ゲーム―日常業務の謎
出版社宝島社
刊行年月2008.7


誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:13 UTC 版)

誘拐(ゆうかい、英語: kidnapping)とは、他人を騙して誘い出して連れ去ること[1]。「かどわかし」[2]とも言う。


  1. ^ 日本語の文学上も辞書的な意味でも「誘拐」と「略取」の意味と使い分けは、法律用語とほぼ同様である。
  1. ^ 広辞苑
  2. ^ 大辞泉「誘拐」
  3. ^ 井田良(2016)『講義刑法学・各論』130頁
  4. ^ 焦点:「ハイチ社会は地獄に落ちた」、誘拐激増でおびえる市民”. ロイター (2021年5月2日). 2021年5月2日閲覧。
  5. ^ 『朝日新聞』1982年3月30日東京夕刊第4版第二社会面12頁「山梨の司ちゃん誘拐殺人 Kに死刑判決 甲府地裁 心神喪失認めず」(朝日新聞東京本社)
  6. ^ 『朝日新聞』1985年3月20日東京夕刊第4版第一社会面19頁「山梨の園児誘拐犯K 死刑破棄し無期 東京高裁判決」(朝日新聞東京本社)
  7. ^ YBSワイドニュース カメラが追った県内の40年の出来事 1975年(昭和50年)4月1日スタート” (日本語). YBSワイドニュース. 山梨放送 (YBS) (2015年). 2021年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月16日閲覧。
  8. ^ 山崎輝史「未解決のまま…父2人、傷つき30年 2日続け誘拐殺人」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2017年9月15日。2021年2月16日閲覧。オリジナルの2021年2月16日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 山本知佳「なくせぬ命失い30年 捜査1課、受け継ぐ「常山之蛇」」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年10月29日。2021年2月16日閲覧。オリジナルの2021年2月16日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ 平成12年国家公安委員会への報告事項等” (日本語). 国家公安委員会 (2000年4月27日). 2021年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月16日閲覧。
  11. ^ 誘拐犯人の逮捕”. 埼玉県警察 (2016年3月31日). 2016年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月1日閲覧。
  12. ^ “行方不明児20万人”の衝撃 ~中国 多発する誘拐~ NHKクローズアップ現代(2015年4月21日)2017年12月9日閲覧
  13. ^ 一日280人が誘拐され、年間2万7000人が殺される! 止まらぬメキシコの犯罪被害 HARBOR BUSINESS Online(2016年9月28日)2017年12月9日閲覧
  14. ^ 誘拐結婚をやめさせよう!エチオピアにおけるユニセフの支援UNICEF(2004年11月12日)2017年12月9日閲覧
  15. ^ テロ・誘拐情勢 日本国外務省海外安全ホームページ(2016年1月26日)2017年12月9日閲覧
  16. ^ 盗難車ワースト1位が ハイエース から プリウス に…日本損害保険協会 出版者:雑誌レスポンス 更新日:2015年4月1日
  17. ^ Preventing Abductions
  18. ^ もし拉致・誘拐されたら?米国式実践マニュアルを公開! 出版者:ダイヤモンドオンライン


「誘拐」の続きの解説一覧

誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 10:01 UTC 版)

アルド・モーロ」の記事における「誘拐」の解説

1978年3月16日に、ローマ自宅から車下院に向かう途中市内中心部のマリオ・ファーニ通りで2台の車で乗り付け左翼テロリスト集団赤い旅団誘拐された。この時、5人のボディガードがいたがすべて射殺されている。 ローマ教皇イタリア政界上層部赤い旅団との間で数度にわたる交渉が行われたものの、モーロ当時対立関係にあったジュリオ・アンドレオッティ首相率い当時内閣が、赤い旅団からの逮捕者釈放要求拒否した為にモーロ殺害され5月9日ローマ市内に停めたルノー・4荷台の中で死体となって発見された。遺体毛布かけられたうえ、10発の弾丸撃ち込まれていた。当局によれば殺害の実行犯はマリオ・モレッティ(イタリア語版)だとされている。 なお、モーロ元首相当時イタリア共産党連立政権への復活画策していたことからモーロが解放されることにより、冷戦下イタリアにおいて「ユーロコミュニズム」を標榜し大きな支持を受けていた共産党勢力がさらに勢いをつける当時イタリアにおいて共産党2番目の支持率誇っていた)ことを嫌ったCIAが、アンドレオッティ首相に圧力をかけた疑い取りざたされた。 モーロ元首相は、「赤い旅団」に監禁されていた時に書いた手紙で「アンドレオッティ悪事を行うために生まれてきた男」と指摘した

※この「誘拐」の解説は、「アルド・モーロ」の解説の一部です。
「誘拐」を含む「アルド・モーロ」の記事については、「アルド・モーロ」の概要を参照ください。


誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 09:57 UTC 版)

犯罪に関する都市伝説」の記事における「誘拐」の解説

赤マント 赤いマント誘拐犯少女暴行して殺す、というもの。明治39年福井県実際に起こり、現在も未解決である青ゲットの男事件発端とされている。 尚、「青ゲットの男事件とは誘い出され暴行殺害された点では一致しているが、実際に殺されたのは男とその妻男の母親3人であり少女殺されていない (男には2人の娘がいたが長女事件当夜は家に居らず、次女は妻が連れ出された際に隣家預けられ為に共に無事だった) など相違点も多い。 更にこの赤マント都市伝説流布したのは諸説あるが概ね昭和10年代初めから半ばであること一致している。これは「青ゲットの男事件の発生から30年上後ということもあり、当時の子供達の間で流行っていた紙芝居演目である「赤マント」 (この演目都市伝説内容とは全く関係がない) と東京実際に発生した少女暴行事件組み合わさって発展したものであるとする説もある。 詳細は「赤マントを参照 消えた我が子 遊園地迷子になった子供探していると、トイレから子供出てきた。その子自分の子と同じ靴を履いていることに気づき逃げる男捕まえてみたら、その子供は髪を切られた(あるいはカツラ被せられた、染髪された)我が子であった。男は臓器密売人で違う服を着せて誘拐し臓器売ろうとしていたのである、というもの。野沢尚小説リミット』に、同様の手口犯行重ね臓器密売目的誘拐犯登場する。「東京ディズニーランドの都市伝説#子供臓器売買のために誘拐されそうになったが、トイレ発見され表沙汰にならなかった」も参照 夜道の少女 真夜中山道で、およそその場には似つかわしくない少女走り去る姿をドライバー目撃する不審に思っていると、続けて一人の男が現れここら辺少女見なかったですか?」と声掛けてくる。父親迷子の娘を探していると思ったドライバーは、少女走り去った方向を男に教えそのまま帰宅する後日件の山道殺人事件があり、その犯人少女探していた男だったことを知ったドライバーは、猟奇殺人犯の元から逃げ出した少女行き先教えてしまったことに気付き驚愕した、というもの。 少女行き先尋ねた男が、宮崎勤で、少女事件最後の被害者とされる派生系もある。同事件と関連付けられる都市伝説は、他にも怖い道路標識などがある。 怖い道路標識歩行者専用」の道路標識は、子供誘拐する犯人の姿を元にデザインされた、というもの。 忽然と客の消えるブティック ブティック試着室入った客が、次々と行方不明になるというもの。その後行方には諸説あるが、「だるま女」などの人身売買話につながる場合が多い。 フランス1969年発生したオルレアンの噂」と呼ばれる事件元になった。 漫画『シティーハンター』第1巻同様の話がある。詳細は「忽然と客の消えるブティックを参照 中国奥地の達者だるま女中国奥地訪れた旅行者が、両手両足切断され人間を「達者」と称して見世物にする奇怪な店に立ち寄り、その「達者」は行方不明になっていた日本人分かるというもの。数多くバリエーションがあり、他の都市伝説組み入れられ形で語られることも多い。 類似の話に「だるま女」と呼ばれる都市伝説があり、こちらは拉致され女性四肢切断されたうえ、人身売買対象されているという内容である。前述の中国奥地の達者に比べると、こちらは非合法な闇市場存在とその異常性伝え傾向が強い。 「外国(特にアジア)は未開野蛮」という差別的なイメージ基づものであるとの説もある。詳細は「だるま女」および「中国奥地の達者を参照

※この「誘拐」の解説は、「犯罪に関する都市伝説」の解説の一部です。
「誘拐」を含む「犯罪に関する都市伝説」の記事については、「犯罪に関する都市伝説」の概要を参照ください。


誘拐(ゆうかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 09:28 UTC 版)

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の記事における「誘拐(ゆうかい)」の解説

人を強制的に連れ去る罪。

※この「誘拐(ゆうかい)」の解説は、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の解説の一部です。
「誘拐(ゆうかい)」を含む「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の記事については、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」の概要を参照ください。


誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 03:42 UTC 版)

パンツァーファウスト作戦」の記事における「誘拐」の解説

15日午前8時ホルティ息子スコルツェニー親衛隊少佐指示を受けハンガリー人諜報員訪問を受けた諜報員は「ユーゴスラビアパルチザンの指導者ヨシップ・ブロズ・チトー使者が『ダニューブ港湾局ビル』で午前10時待っている」と伝えた息子気乗りしなかったが、父のホルティ重要な連絡があるかも知れないして行くことを促した午前10時少し前ホルティ息子港湾局ビル到着した彼は3人護衛連れていたが、護衛外に待たせて一人でビル入った。その途端に10数人の男が彼に襲いかかり、暴行した血まみれになった息子絨毯巻かれ担ぎ出された。異変に気づいた護衛男達の間で銃撃戦起こり双方に1名ずつの死者出た息子自動車運び込まれ飛行機ミュンヘン移送された後、マウトハウゼン強制収容所運び込まれた。

※この「誘拐」の解説は、「パンツァーファウスト作戦」の解説の一部です。
「誘拐」を含む「パンツァーファウスト作戦」の記事については、「パンツァーファウスト作戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「誘拐」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

誘拐

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 06:33 UTC 版)

名詞

ゆうかい

  1. 正当理由なく、移動自由い、その者保護者など関係者ることのない場所に連れ去ること
  2. 法律1.のうち、詐欺又は誘惑の手段により行うもののこと。この場合暴行又は脅迫の手段により行うものは略取呼ばれる

類義語

翻訳


「誘拐」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誘拐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誘拐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルド・モーロ (改訂履歴)、犯罪に関する都市伝説 (改訂履歴)、ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 (改訂履歴)、パンツァーファウスト作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誘拐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS