妖怪とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 妖怪の意味・解説 

よう‐かい〔エウクワイ〕【妖怪】


妖怪

読み方:ヨウカイ(youkai)

日常経験理解を超えた不思議な存在現象


妖怪

作者ラーオ・カムホーム

収載図書タイ人たち
出版社めこん
刊行年月1988.11
シリーズ名アジア現代文学


妖怪

作者星新一

収載図書凶夢など30
出版社新潮社
刊行年月1991.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書星新一ちょっと長めショートショート 2 恋がいっぱい
出版社理論社
刊行年月2005.10


妖怪

作者高見順

収載図書戦後短篇小説選―「世界」1946-1999 1
出版社岩波書店
刊行年月2000.1


妖怪

作者佐伯海夫

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2001.6

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2006.11


妖怪

作者小野

収載図書幻の時間五十一夜物語
出版社文芸社
刊行年月2006.6


妖怪

作者堀口育男

収載図書ねこだぞォ!へびだぞォ!妖怪だぞォ!
出版社新風舎
刊行年月2007.2


妖怪

作者い原智治

収載図書天使のデータファイル
出版社文芸社
刊行年月2007.3


妖怪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:20 UTC 版)

妖怪(ようかい)は、日本伝承される民間信仰において、人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的・非科学的な存在のこと。(あやかし)または物の怪(もののけ)、魔物(まもの)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 草双紙の分類の一つ。安永から文化にかけての約30年間に出版された。それまでの青本などに洒落本などの影響が加わり大人向けの言語遊戯などを取り入れた作品が多く見られた。
  2. ^ 古語では神留まる(かんづまる)
  3. ^ 磐境の境は境界や坂を意味し、このときの坂も神域との境界の意味を持つ。
  4. ^ 神籬の籬も垣の意味で、同様に神域との境界を意味する。
  5. ^ 結界としての神祭具でもある。
  6. ^ ヨーロッパやその他の大陸は、城壁の中に居住していることが多く、集落と自然環境が隔絶されている。
  7. ^ 町奉行が管轄した町場()に設けられた、時間制限で閉じられてしまう集落の出入り口にある門。門限の語源となっている。
  8. ^ 配置や間取りや構造が、自然と居住空間の境が曖昧な作りになっている。

出典

  1. ^ 宮田登 2002, p. 24、小松和彦 2015, p. 53
  2. ^ 宮田登 2002, p. 24、小松和彦 2015, p. 48-49
  3. ^ 近藤瑞木・佐伯 孝弘 2007
  4. ^ 小松和彦 2015, p. 24
  5. ^ 小松和彦 2011, p. 16
  6. ^ 小松和彦 2011, p. 16-18
  7. ^ 宮田登 2002, p. 14、小松和彦 2015, p. 201-204
  8. ^ 宮田登 2002, p. 12-14、小松和彦 2015, p. 205-207
  9. ^ a b c 小松和彦 2011, p. 21-22
  10. ^ 小松和彦 2011, p. 188-189
  11. ^ 民俗学研究所『綜合日本民俗語彙』第5巻 平凡社 1956年 403-407頁 索引では「霊怪」という部門の中に「霊怪」「妖怪」「憑物」が小部門として存在している。
  12. ^ a b 小松和彦 2011, p. 20
  13. ^ 『今昔物語集』巻14の42「尊勝陀羅尼の験力によりて鬼の難を遁るる事」
  14. ^ 小松和彦 2011, p. 78
  15. ^ 小松和彦 2011, p. 21
  16. ^ 小松和彦 2015, p. 46
  17. ^ 小松和彦 2015, p. 213
  18. ^ 宮田登 2002, p. 12、小松和彦 2015, p. 200
  19. ^ a b 太刀川清 『百物語怪談集成』国書刊行会、1987年、365-367頁。 
  20. ^ 世説故事苑 3巻”. 2015年12月16日閲覧。
  21. ^ 『江戸化物草紙』、アダム・カバット校注・編小学館、1999年2月、29頁。ISBN 978-4-09-362111-3 
  22. ^ 『『江戸怪談集 上』』、高田衛岩波書店、1989年、369-397頁。ISBN 4-00-302571-7 
  23. ^ 尾崎久弥 編著 『大江戸怪奇画帖 完本・怪奇草双紙画譜』国書刊行会、2001年、5頁。 
  24. ^ 石川純一郎 『新版 河童の世界』時事通信社、1985年、27-34頁。ISBN 4-7887-8515-3 
  25. ^ 兵庫県立歴史博物館,京都国際マンガミュージアム 『妖怪画の系譜』河出書房新社、2009年、58-59頁。ISBN 978-4-309-76125-1 
  26. ^ 石上敏 『森島中良集』国書刊行会、1994年、372-373頁。 
  27. ^ 多田克己 2008, p. 272-273
  28. ^ 湯本豪一 2008, p. 30-31
  29. ^ 湯本豪一 『今昔妖怪大鑑』パイインターナショナル、2013年、158頁。ISBN 978-4-7562-4337-9 
  30. ^ 渋谷保 訳補 『西洋妖怪奇談』博文館、1891年。"凡例"。 
  31. ^ 竹柴金作 『日本戯曲全集 河竹新七及竹柴其水集』春陽堂、1929年、716頁。 
  32. ^ 西本晃二『落語『死神』の世界』 青蛙房 2002年 289-290頁 ISBN 4-7905-0305-4
  33. ^ 泉鏡花 『夜叉ヶ池・天守物語』 岩波書店<岩波文庫> 134頁 1984年 ISBN 4-00-310273-8 澁澤龍彦「解説」
  34. ^ a b 山口敏太郎 2007, p. 9
  35. ^ 湯本豪一 2008, p. 2
  36. ^ a b c と学会 2007, p. 226-231
  37. ^ a b c 妖怪王(山口敏太郎)グループ 2003, p. 16-19
  38. ^ 水木しげる 1974, p. 17
  39. ^ 諸橋轍次 『大漢和辞典 巻三』大修館書店、1956年、645-647頁。 
  40. ^ 朝鮮総督府 編 『朝鮮の鬼神』国書刊行会、1972年、87-98頁。 



妖怪(ようかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/16 19:42 UTC 版)

ちょっと江戸まで」の記事における「妖怪(ようかい)」の解説

第十話に出てきた妖怪(多分)。そうび達の通う学校いつの間に影の無い人間の姿で現れた。腹の空いた聖に片腕を「食べるように」と差し出したりした。その後も時々学校にいる様子

※この「妖怪(ようかい)」の解説は、「ちょっと江戸まで」の解説の一部です。
「妖怪(ようかい)」を含む「ちょっと江戸まで」の記事については、「ちょっと江戸まで」の概要を参照ください。


妖怪(ラルウァ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 02:40 UTC 版)

バッカーノ! (1930年代)」の記事における「妖怪(ラルウァ)」の解説

幽霊」とは異なりヒューイ実験遂行することを目的にした組織ティム 「妖怪」のリーダースキンヘッドバンダナ眼鏡をかけている。本名は「タック・ジェファーソン」で、チック実弟にあたる家庭恵まれない天才として幼少期過ごし過去捨てるべく心身全て作り替えたが、チックには看破された。慎重か理性的な性格で、「吸血鬼」の面々に手を焼く。アデルとは組んで長くそれなりの信頼関係ある様子。彼女共々、ジャグジー達に気をかけている。

※この「妖怪(ラルウァ)」の解説は、「バッカーノ! (1930年代)」の解説の一部です。
「妖怪(ラルウァ)」を含む「バッカーノ! (1930年代)」の記事については、「バッカーノ! (1930年代)」の概要を参照ください。


妖怪(ようかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 10:10 UTC 版)

妖怪番長」の記事における「妖怪(ようかい)」の解説

本作における妖怪は、現実一般社会通念上の妖怪とほぼ同じ存在である。人間に近い見目の妖怪もいれば、全く異形の妖怪も存在する。妖怪にはある一定の種族があり、同じ種の妖怪が多数存在するそれ以外でも、人間何らかのきっかけで妖怪化することもあるし、無生物意思持ち妖怪となる場合もある。妖怪の多く人間にはない超能力的なを持っているが、烏天狗雑兵のように何も能力持たない妖怪もいる。妖怪のほぼ全て人間の目につかないように生活をしていたが、そのことに対する理不尽さを許容できなくなり人間絶滅させ、世界を妖怪のものにしようと画策している。しかし中には人間側につく妖怪もいる。

※この「妖怪(ようかい)」の解説は、「妖怪番長」の解説の一部です。
「妖怪(ようかい)」を含む「妖怪番長」の記事については、「妖怪番長」の概要を参照ください。


妖怪(ようかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 05:53 UTC 版)

犬夜叉」の記事における「妖怪(ようかい)」の解説

戦国時代存在し人間たち脅か存在太古から存在し平安時代には既に存在していた模様珊瑚談)。現代でも、ごく少数存在している。多く基本的に凶暴で人間喰らうことから人間たち対立している人間襲い掛からない妖怪も多く存在しごく稀に人間との間に子供を成す妖怪も存在する人間に近い姿や人間変身できる妖怪ほど、知能格が高い

※この「妖怪(ようかい)」の解説は、「犬夜叉」の解説の一部です。
「妖怪(ようかい)」を含む「犬夜叉」の記事については、「犬夜叉」の概要を参照ください。


妖怪(ようかい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:07 UTC 版)

夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜」の記事における「妖怪(ようかい)」の解説

本来、人間暮ら次元である「この世」とは別の次元、「あの世」に暮ら生き物

※この「妖怪(ようかい)」の解説は、「夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜」の解説の一部です。
「妖怪(ようかい)」を含む「夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜」の記事については、「夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜」の概要を参照ください。


妖怪(狭義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:20 UTC 版)

幻想郷」の記事における「妖怪(狭義)」の解説

一人一種族の単独の妖怪や、分類できるまとまった特徴持たない妖怪は、「種族としての妖怪」に分類される。妖怪の数は「種族としての妖怪」が1番多い。

※この「妖怪(狭義)」の解説は、「幻想郷」の解説の一部です。
「妖怪(狭義)」を含む「幻想郷」の記事については、「幻想郷」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「妖怪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

妖怪

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:50 UTC 版)

名詞

ようかい

  1. 民間信仰において伝えられる、人知越えた現象引き起こす超自然的な存在

発音(?)

よ↗ーかい

類義語

関連語


「妖怪」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



妖怪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

妖怪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妖怪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妖怪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのちょっと江戸まで (改訂履歴)、バッカーノ! (1930年代) (改訂履歴)、妖怪番長 (改訂履歴)、犬夜叉 (改訂履歴)、夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜 (改訂履歴)、幻想郷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの妖怪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS