百鬼夜行とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 百鬼夜行の意味・解説 

ひゃっき やぎょう ひやくきやぎやう [1]百鬼夜行

ひゃっきやこうとも
妖怪が列をなして、夜中に歩くこと。中古から中世迷信夜行やぎよう)。

百鬼夜行

作者串田孫一

収載図書串田孫一集 1 惜春賦
出版社筑摩書房
刊行年月1998.3


百鬼夜行

作者柄沢斉

収載図書稲生モノノケ大全 陰之巻
出版社毎日新聞社
刊行年月2003.9


百鬼夜行

作者田中洋

収載図書百鬼座談会
出版社日本文学館
刊行年月2006.4


百鬼夜行

読み方:ヒャッキヤギョウ(hyakkiyagyou)

分野 絵本

年代 江戸中期

作者 鳥山石燕〔画〕


百鬼夜行

読み方:ヒャッキヤギョウ(hyakkiyagyou)

分野 艶本

年代 江戸後期

作者 猿猴坊月成〔作〕、歌川国貞(〔三世歌川豊国)〔画〕


百鬼夜行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/01 08:27 UTC 版)

百鬼夜行(ひゃっきやぎょう、ひゃっきやこう)とは、日本の説話などに登場する深夜に徘徊をする妖怪の群れ、および、彼らの行進である。


  1. ^ 田中貴子 『百鬼夜行の見える都市』 新曜社、1994年、43-53頁。ISBN 4-7885-0480-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、288-289頁。ISBN 4-620-31428-5
  3. ^ 田中貴子 『百鬼夜行の見える都市』 新曜社、1994年、100-104頁。ISBN 4-7885-0480-4
  4. ^ 『続群書類従』 第32輯上 雑部 続群書類従完成会 1926年 63頁(夜行途中歌)75頁(百鬼夜行日)
  5. ^ 【江談抄】”. 国文学研究資料館. 2017年8月5日閲覧。
  6. ^ 渡辺綱也 校訂『宇治拾遺物語』上 岩波文庫 1951年 21-25頁 「鬼に癭(こぶ)とらるる事」


「百鬼夜行」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「百鬼夜行」の関連用語

百鬼夜行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



百鬼夜行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百鬼夜行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS