怨霊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > 怨霊の意味・解説 

おん‐りょう〔ヲンリヤウ〕【怨霊】

読み方:おんりょう

受けた仕打ちにうらみを抱いて、たたりをする死霊または生き霊


怨霊

読み方:オンリョウ(onryou)

うらみをいだいて、たたりをなす霊


怨霊

作者田中貢太郎

収載図書日本の怪談 2
出版社河出書房新社
刊行年月1986.12
シリーズ名河出文庫


怨霊

作者小林力

収載図書旋風喜平捕物捌き
出版社学習研究社
刊行年月2007.10
シリーズ名学研M文庫


怨霊

読み方:おんりょおんりょうおんりよう

  1. 物品収受。〔第四類 言語動作
  2. 負債
  3. 〔楽・的〕負債のこと、借金出来ることをいふ。
  4. 借金
  5. 拝借富良野
  6. 人に物を借りる。若桜 犯罪者仲間
  7. 負債借金用例ちょうくら、おんりょうしてくる」(一寸借金してくる)。〔香具師不良
  8. 借りること。〔香〕
  9. 隠語旅回り芸人が、不入りの為、食費煙草銭寄席借り出来る、次の興行場から先借りをして金を返す場合もあるが、それが出来ず出立をする時に小屋主奉公人一人附けてやる。此の男は、次の土地はもとより、その次の場所など、金の入るまでは附いて回るから、是を「おんりょう」と云う

分類 ルンペン大阪寄席、楽/的、犯罪者仲間芸能露店商、香、香具師香具師不良


怨霊

読み方:おんりょう

  1. 借金取のこと。芝居隠語也。

分類 東京芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 06:02 UTC 版)

怨霊(おんりょう)とは、自分が受けた仕打ちに恨みを持ち、たたりをしたりする、死霊または生霊のことである[1]


  1. ^ 大辞林
  2. ^ a b c d e f g h 井之口章次 (2011年1月29日). “怨霊(おんりょう)”. 2011年1月29日閲覧。


「怨霊」の続きの解説一覧

怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 23:42 UTC 版)

神の時空シリーズ」の記事における「怨霊」の解説

源頼朝みなもと の よりとも) 「鎌倉地龍」に登場鎌倉幕府初代将軍鶴岡八幡宮境内白旗神社祀られる北条氏の手暗殺され鎌倉一の大怨霊と化す磯笛の手八幡宮一の鳥居から三の鳥居までが破壊されたことにより、冤罪殺害された範頼や息子たち、その他北条氏の手により産み出された怨霊たちを伴い復活しようと巳憑依したが、陽一必死の説得を受け鎮まった。 ただし、火地によればこの時復活しかけたのは頼朝本人ではなかったらしい。 弟橘媛おとたちばなひめ) 「倭の水霊」に登場日本武尊の妾。走水神社祀られている。海神たちを怒らせた日本武尊生贄として捧げられたことで怨霊となる。 高村一派の手日本武尊の怨霊とぶつけるため走水復活しかけるが、巳や紗也が魂鎮め行ったことで鎮められた。 魔王尊(まおうそん) 「貴船の沢鬼」に登場鞍馬寺奥の院魔王殿に祀られる金星の神で、素戔嗚尊牛頭天王)や饒速日命大己貴命大物主神)と同一視される存在。妻である玉依姫引き離された怨霊。 鞍馬山訪れたに、苦しんでいる妻を助けるように願った玉依姫たまよりひめ) 「貴船の沢鬼」に登場賀茂御祖神社祭神で、貴船神社高龗神橋姫神社祀られる祓戸大神一柱瀬織津姫とも同一視される神。夫と引き離され閉じ込められたうえで会えないように呪をかけられ貴族たちの罪をかぶせられた怨霊。 川を毒で穢されたことに激怒し貴船神社神職の娘に憑依し復活。巳陽一説得を受けて夫の想い知り実行犯である猿太の命のみを奪い大雨で川が清められたことに喜びながら闇に帰っていった。 鐃速日命にぎはやひのみこと) 「三輪山祇」に登場大山神社祭神である大物主神同一の存在で、禁足地である三輪山閉じ込められ祀り上げられた怨霊神。 磯笛鳴石が行った工作山中磐座などが破壊されたことで復活しかけるが、陽一説得し彩音が「日」の形で要石配置し封じたことで鎮められた。 市杵嶋姫命いちきしまひめのみこと) 「嚴島烈風」に登場嚴島神社祭神一柱宮島閉じ込められ神武からは遊女如く扱われ怨霊となる。 宮島を守る結界作る複数神社破壊されたことで解き放たれようとするが、綾音古くから島に住む鬼の家にあたる栞により鎮魂された。 龍頭太りゅうとうた) 「伏見稲荷轟雷」に登場稲荷山山神である龍雷神本来の稲荷神伏見稲荷大社末社長者社」内の石に封じられている。 磯笛達の破壊工作結果他の踏鞴神々と共に復活しそうになった玉依姫助け受けた謝罪鎮魂行ったことで鎮まった実際に目にした巳によれば優しげ老人だったらしい。巳達の目的知り十種神宝一つ八握剣」を一時的に貸し与えた

※この「怨霊」の解説は、「神の時空シリーズ」の解説の一部です。
「怨霊」を含む「神の時空シリーズ」の記事については、「神の時空シリーズ」の概要を参照ください。


怨霊(おんりょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 16:35 UTC 版)

かくりよものがたり」の記事における「怨霊(おんりょう)」の解説

怨みを含む未練感情によって汚れた霊の総称虚数エネルギーの塊。

※この「怨霊(おんりょう)」の解説は、「かくりよものがたり」の解説の一部です。
「怨霊(おんりょう)」を含む「かくりよものがたり」の記事については、「かくりよものがたり」の概要を参照ください。


怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 02:34 UTC 版)

東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.」の記事における「怨霊」の解説

第2話から登場。本来は旧地獄に存在する地上には出てこられない筈の咎人の霊。人間精神を蝕み、欲望増幅し怠惰の毒に侵され死後人間地獄落とし、更に地獄落ちた人間は自らも怨霊となってしまう危険な性質を持つ。

※この「怨霊」の解説は、「東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.」の解説の一部です。
「怨霊」を含む「東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.」の記事については、「東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit.」の概要を参照ください。


怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 08:30 UTC 版)

どすこい!女雪相撲 胸がドキドキ初場所体験」の記事における「怨霊」の解説

恐山女学館女相撲部所属

※この「怨霊」の解説は、「どすこい!女雪相撲 胸がドキドキ初場所体験」の解説の一部です。
「怨霊」を含む「どすこい!女雪相撲 胸がドキドキ初場所体験」の記事については、「どすこい!女雪相撲 胸がドキドキ初場所体験」の概要を参照ください。


怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 18:57 UTC 版)

龍が如く OF THE END」の記事における「怨霊」の解説

亜門 羅刹(あもん らせつ) 条件を満たすことで登場する桐生復讐を誓う亜門一族」の祖先に当たる人物で、ゾンビではなく怨霊というべき存在。ただし、肌と目の色から分かるようにタナトスの力で復活しているため実体有しており、物理的な攻撃が有効となっている。強力な攻撃に加えて透明化体力吸収能力を持つ。神室町アンダーグラウンド深い関係があり、後に亜門一族の一也や次朗、三吾をゾンビ化させ、桐生及びその場居合わせた丈に襲い掛かる敗北し最後桐生神器収めたことで成仏し消えて行った

※この「怨霊」の解説は、「龍が如く OF THE END」の解説の一部です。
「怨霊」を含む「龍が如く OF THE END」の記事については、「龍が如く OF THE END」の概要を参照ください。


怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 09:43 UTC 版)

腐女子除霊師オサム」の記事における「怨霊」の解説

カイカ部屋棲み付く怨霊。前の住人の怨霊だとみられ『撃叩メンカーバン』ではバンヒス派。部屋にある物のデザイン配置からしてカイカのことをヒスバン派だと思い込んでいた数時間殴り合い末に成仏した。

※この「怨霊」の解説は、「腐女子除霊師オサム」の解説の一部です。
「怨霊」を含む「腐女子除霊師オサム」の記事については、「腐女子除霊師オサム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「怨霊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

怨霊

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:33 UTC 版)

名詞

  (おんりょう)

  1. 受けた仕打ち恨み抱いてたたりをする死霊または生き霊

発音(?)

お↗んりょー

「怨霊」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



怨霊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怨霊」の関連用語

怨霊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怨霊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怨霊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神の時空シリーズ (改訂履歴)、かくりよものがたり (改訂履歴)、東方茨歌仙 〜 Wild and Horned Hermit. (改訂履歴)、どすこい!女雪相撲 胸がドキドキ初場所体験 (改訂履歴)、龍が如く OF THE END (改訂履歴)、腐女子除霊師オサム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの怨霊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS