旋風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 強い風 > 旋風の意味・解説 

せん‐ぷう【旋風】

渦巻き状の風。直径50メートル以下で、竜巻より小規模ものをいうつむじ風。つじ風。

社会反響を呼ぶような突発的出来事また、それによる反響。「文壇旋風を巻き起こす


つむじ‐かぜ【旋風】

渦を巻いて吹き上がる風。局地的空気渦巻き辻風。つむじ。せんぷう


つじ‐かぜ【旋風/×辻風】

つむじかぜせんぷう

「俄(にはか)に—の吹きまつひて」〈大鏡道長下〉


つむじ【旋風/×飄】

《「旋毛(つむじ)」と同語源》「つむじかぜ」に同じ。

彼の頭には不安の—が吹き込んだ」〈漱石・それから〉


せん‐ぷう【旋風】

〔名〕 渦巻状の空気流れをいう。トルネード龍巻台風など。狭義では直径数十メートル以下の小規模ものをいうまた、比喩的に、すばやく激し動き様子社会揺り動かす突発的事件などの形容用いる。つむじかぜつじかぜ。〔撮壌集(1454)〕

経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「敵の馬車側面を突かんと旋風の如く突進せり」〔高適‐画馬篇〕


つじ‐かぜ【旋風・辻風】

〔名〕 =つむじかぜ(旋風)

書紀720神功摂政前(北野本訓)「時(とき)に飄風(ツシカセ)忽(にはか)に起(を)こりて、御笠(みかさ)堕風(ふけおと)されぬ」


つむじ【旋風・飄】

〔名〕 (「つむじ(旋毛)」と同語源) =つむじかぜ(旋風)

万葉(8C後)二・一九九「み雪降冬の林に 飃(つむじ)かも い巻き渡ると」


つむじ‐かぜ【旋風・飄】

〔名〕 うずまくように吹き起こる強い風渦巻状に回転して上る強い風。右まわりのものも左まわりのものもある。せんぷう。つみしかぜ。つじむかぜ。つじかぜ。つむじ。しまき。まきかぜ。まいかぜ

霊異記810‐824)上「倐(たちまち)に猛風(ツムジカセ)来りて〈興福寺訓釈 猛風 川牟之加世〉」


旋風

読み方:ツムジ(tsumuji)

激しく渦巻状に吹く風


旋風

作者青木智彦

収載図書ザ・キング・オブ・ファイターズ'96アンソロジー
出版社芸文社
刊行年月1997.2


旋風(つむじかぜ)

作者吉原理恵子

収載図書恋花―ルビー・アンソロジー 2
出版社角川書店
刊行年月1995.8


塵旋風

(旋風 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 17:45 UTC 版)

塵旋風(じんせんぷう)とは、地表付近の大気渦巻状に立ち上る突風の一種である。一般的には旋風(せんぷう、つむじかぜ)や辻風(つじかぜ)と呼ばれ、英語ではダストデビルDust devil)と呼ばれる。竜巻と誤認されることがあるが、塵旋風と竜巻は根本的に異なる気象現象である。




  1. ^ 一般風が弱いきに発生しやすいという指摘や、風速15mの場合には渦があまり強くならないという指摘もある。「塵旋風に関する数値的研究」伊藤純至「塵旋風の構造と強化・維持過程に関する数値的研究」大野洋,竹見 哲也PDF資料より。2013年5月17日閲覧。
  2. ^ a b インターネット百科事典ジャパンナレッジ」より、「デジタル大辞泉」(小学館・1998年)や「ランダムハウス英和大辞典 第2版」(小学館・1994年)などの該当項目から。2011年7月14日閲覧。
  3. ^ 図書「気象科学事典」の項目「塵旋風」および項目「竜巻」より。編纂:日本気象学会、出版:東京書籍、発行:1998年、ISBN 4487731372, ISBN 978-4487731374
  4. ^ 気象庁「予報用語・風」 の項目「竜巻」より。2011年7月14日閲覧。
  5. ^ [www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/tebiki.pdf 『気象観測の手引き』] (PDF) 気象庁、1998年(平成10年)9月、2011年11月30日閲覧。
  6. ^ 気象庁・竜巻シンポジウム「わが国における竜巻の発生状況とこれまでの研究の取り組みについて」 2007年1月23日付 (PDF)  東京大学大気海洋研究所教授および日本気象学会理事長の新野宏による資料。2011年7月14日閲覧。
  7. ^ 対流により励起される渦という説が有力である。
  8. ^ 日本風工学会風災害研究会「風災害 No.7 / 日本風工学会風災害研究会2009年次報告」 2010年3月15日付より。PDF資料。2011年7月14日閲覧。
  9. ^ 宮崎地方気象台「平成23年3月17日に宮崎市で発生した突風について / 気象庁機動調査班による現地調査の報告」 2011年3月18日付より。PDF資料。2011年10月23日閲覧。
  10. ^ a b NASA / JPL Press Release Images : Spirit "Spirit's Wind-Driven Traveler on Mars (Spirit Sol 486)" 27-May-2005 (2005年5月27日付、英語)より。本項目の画像として添付した、スピリットが火星で撮影した塵旋風についてのプレスリリース。文中ではダストデビル(Dust devil)が用いられている。なお、火星探査で用いられるソル(Sol)という単位は、火星の1日(地球と近い約24時間39分)を指し、その後に続く数字は滞在日数を指す。従って、Spirit Sol 486 とは「スピリット火星時間滞在486日目」という意味である。2011年7月14日閲覧。
  11. ^ NASA / NASA / JPL Press Release Images : Spirit "Dust Devils at Gusev, Sol 525" 19-Aug-2005 (2005年8月19日付、英語)より。2005年6月25日(地球時間)にスピリットが火星で撮影した塵旋風についてのプレスリリース。2011年7月14日閲覧。
  12. ^ NASA / NASA / JPL Press Release Images : Spirit "Dust Devils Whip By Spirit, Sol 1120" 12-April-2007 (2007年4月12日付、英語)より。2007年2月26日(地球時間)にスピリットが火星で撮影した塵旋風についてのプレスリリース。2011年7月14日閲覧。
  13. ^ ヴァーチャル展示「和書のさまざま『第一部・本を形づくるもの』」 より。国文学研究資料館の整理閲覧部参考室による、旋風葉の解説。2011年7月14日閲覧。


「塵旋風」の続きの解説一覧

旋風

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:10 UTC 版)

名詞

つむじつむじかぜつじかぜせんぷう

  1. 直径50メートル以下の竜巻より小規模渦巻き状の風。
  2. 比喩社会からの反響を呼ぶ出来事。その反響



旋風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「旋風」の関連用語

旋風のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



旋風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塵旋風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの旋風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS