宮本武蔵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 宮本武蔵の意味・解説 

みやもと‐むさし【宮本武蔵】

読み方:みやもとむさし

[一][1584ころ〜1645]江戸初期剣術家播磨(はりま)あるいは美作(みまさか)の人。名は玄信。号、二天。剣の修行のため諸国巡り二刀流編み出し二天流称した佐々木巌流との試合に勝ち、晩年一時熊本藩主細川家仕えた水墨画にも長じた。著「五輪書」。

[二]吉川英治時代小説武者修行出た[一]成長を描く。昭和1014年(1935〜1939)に「朝日新聞」で連載された。昭和29年(1954)、稲垣浩監督により映画化され第28回アカデミー賞にて外国語映画賞名誉賞受賞

[三]川村晃による[一]評伝昭和59年1984)、成美堂出版の「物語史蹟たずねてシリーズの1作として刊行


宮本武蔵

作者直木三十五

収載図書極め付き時代小説選 1 約束
出版社日本経済新聞社
刊行年月1991.5

収載図書約束極め付き時代小説選 1
出版社中央公論新社
刊行年月2004.9
シリーズ名中公文庫


宮本武蔵

作者鷲尾雨工

収載図書日本剣豪
出版社富士見書房
刊行年月1992.11
シリーズ名時代小説文庫


宮本武蔵

作者藤原審爾

収載図書日本剣豪列伝 2
出版社福武書店
刊行年月1995.2
シリーズ名福武文庫

収載図書人物日本剣豪伝 2 小野次郎右衛門・宮本武蔵ほか
出版社学陽書房
刊行年月2001.4
シリーズ名人物文庫


宮本武蔵

作者津本陽

収載図書薩摩夜叉雛・宮本武蔵
出版社角川書店
刊行年月1999.10
シリーズ名津本陽歴史長篇全集

収載図書七人武蔵
出版社角川書店
刊行年月2002.10
シリーズ名角川文庫


宮本武蔵

作者武者小路実篤

収載図書七人武蔵
出版社角川書店
刊行年月2002.10
シリーズ名角川文庫


宮本武蔵

作者宮下幻一郎

収載図書宮本武蔵伝奇
出版社勉誠出版
刊行年月2002.12
シリーズ名べんせいライブラリー時代小説セレクション


宮本武蔵―巌流島

作者津本陽

収載図書剣豪血風録
出版社PHP研究所
刊行年月2007.7
シリーズ名津本陽武芸小説集


宮本武蔵―狂悖の人

作者澤田ふじ子

収載図書風浪の海
出版社広済堂出版
刊行年月2001.11
シリーズ名広済堂文庫


宮本武蔵


宮本武蔵


宮本武蔵

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

宮本武蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:07 UTC 版)

宮本 武蔵(みやもと むさし、天正12年〈1584年〉? - 正保2年5月19日1645年6月13日)〉)は、江戸時代初期の剣術家大名家に仕えた兵法家芸術家二刀を用いる二天一流兵法の開祖。京都の兵法家・吉岡一門との戦いや巌流島での佐々木小次郎との決闘が有名である。


注釈

  1. ^ ただし60余戦全ての詳細な経緯・戦績は記録に残っておらず2戦の簡易な記載に留まる。
  2. ^ 新免氏には藤原実孝を祖とする説(『徳大寺家系図』)、赤松氏家臣の衣笠氏、平田氏の支流の説(『中興系図』)もある。
  3. ^ 弁助、弁之助とも。
  4. ^ 弘化3年(1846年)以前に養子伊織の子孫作成。
  5. ^ 実父説と養父説がある。
  6. ^ 『東作誌』等で、武蔵の父親を「平田武仁」とする説があるが武蔵の誕生(天正8年(1580年))以前に死んでいる。また、それらの史料では、他の武蔵関係の記述も他史料との整合性が全く無く、武蔵に関しての史料価値はほとんど否定されている。
  7. ^ 如水の息子の長政に従い関ヶ原の本戦場で黒田勢の一員として戦っていたとする説もある。
  8. ^ 新免氏が宇喜多秀家配下であったことから、それに従って西軍に参加したとの説があった。
  9. ^ 黒田家臣・立花峯均執筆の『兵法大祖武州玄信公伝来』(『丹治峯均筆記』『武州伝来記』とも呼ばれる)では、黒田如水の軍に属して豊後国の石垣原(現在の大分県別府市)で西軍の大友義統軍との合戦に出陣し、出陣前の逸話や冨来城攻めでの奮戦振りの物語が語られている。
  10. ^ a b 天正12年(1584年)に武蔵が生まれたと考えると慶長9年(1604年)のことになる。
  11. ^ a b 岩流には俗に佐々木小次郎の呼称があるが後年の芝居で名づけられ定着したもので根拠がない。また巖流は岩流の異字表現で、史料によっては他に岸流・岸柳・岩龍という呼称がある。
  12. ^ 従来、豊臣方として参戦したと通説の如く語られるが、根拠のない俗説である。
  13. ^ この試合は『海上物語』では明石で、『二天記』では江戸で行われたと伝えられる。ただし『二天記』の原史料である『武公伝』にはこの内容は記載されていない。
  14. ^ 伊織は寛永8年(1631年)20歳で小笠原家の家老となっている。
  15. ^ 当時は日本橋人形町近辺、元吉原とも。
  16. ^ 新町の置屋にいる遊女・雲井と馴染みで島原の乱の直前に雲居に指物の袋を依頼しこれを受け取り騎馬で出陣したとある。
  17. ^ 一般には家老以上の身分でなければ許可されなかった。
  18. ^ 染物業者となった吉岡一族は商業的に成功し、現代にもその名を継ぐ染色業者が残る。直綱が広めたと伝えられる憲法染は江戸時代を通じて著名となり「憲法染の掻取」が公家の正装としても扱われるようになった。
  19. ^ a b c 正確には吉岡亦七郎のほか、武装した門人数百名も加わっていたことになっている。
  20. ^ 宝暦元年(1751年)日出藩家老・菅沼政常が記録した平姓杉原氏御系図附言の木下延俊の項にも「剣術は宮本無二斎の流派を伝たまふ」と記載されている。
  21. ^ 細川家家老だった沼田延元の記録を編集。
  22. ^ 現物は巖流島の決闘の後に紛失した。
  23. ^ 二天一流で二刀を使う理由について、武蔵は『五輪書』の地の巻で、「太刀を片手で振ることを覚えさせるため」と記している。
  24. ^ 実名は渡辺茂。通称は久三郎。天正10年(1582年摂津国(現在の大阪府北中部等)生まれ。天竺巡礼したと称し、宝永8年(1711年)に130歳で死去したという。
  25. ^ 武蔵の円明流の弟子・竹村与右衛門との姓を混同したという説と、一時、竹村姓を名乗り、与右衛門は養子であったという説がある。
  26. ^ 沐浴は宗教的行為である。また、「入浴」項にあるとおり、庶民が風呂に入るようになるのは江戸時代になってからである。
  27. ^ 敵役である荒神(加藤雅也)が宮本武蔵を名乗る。

出典

  1. ^ a b いま鑑賞できる宮本武蔵 島田美術館(2021年4月21日閲覧)
  2. ^ a b 読売新聞』よみほっと(日曜別刷り)2021年4月18日1面【ニッポン絵ものがたり】「宮本武蔵肖像」剣聖の脱力とゆる体操
  3. ^ https://www.memorial-heiho-niten-ichi-ryu.com”. 平法新天一流記念館 - 平和と愛の記念碑。閲覧。
  4. ^ 慶長7年・同9年『黒田藩分限帖』
  5. ^ a b c d e 内田吐夢監督・中村錦之助(萬屋錦之介)主演の全五部作。
  6. ^ a b c d 同枠では1980年に同じ原作の中村錦之助(萬屋錦之介)主演映画五部作品も放送している。
  7. ^ 歌舞伎座テレビ映画部・関西テレビ製作



宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 23:40 UTC 版)

猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

宗矩に対して立ち合い申し込んだ

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「猛き黄金の国 柳生宗矩」の記事については、「猛き黄金の国 柳生宗矩」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:53 UTC 版)

バガボンド」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

新免無二斎息子作州宮本村浪人第一章三章における主人公

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「バガボンド」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「バガボンド」の記事については、「バガボンド」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもとむさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 08:54 UTC 版)

GANTZ:E」の記事における「宮本武蔵(みやもとむさし)」の解説

般若の面のような顔立剣豪巨人既刊2巻時点で直接宮本武蔵との言及はないが、小次郎らしき剣豪死に際武蔵が来る」と発言している。

※この「宮本武蔵(みやもとむさし)」の解説は、「GANTZ:E」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもとむさし)」を含む「GANTZ:E」の記事については、「GANTZ:E」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:34 UTC 版)

「あずみ」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

作州宮本村生まれ実在した高名な剣士武者修行中にたまたまあずみの剣技目撃して驚き、あずみとの手合わせ希望してあずみを追い回すうになるが、あずみの方は武蔵関心がなく、最初に言葉を交わした時には名前さえ覚えていなかった。それを見た武蔵あれだけの剣の腕に達するには大変な剣の修行積んだはずなのに自分にさして関心もないのかと驚愕していた。

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「あずみ」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「あずみ」の記事については、「あずみ」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:47 UTC 版)

十 〜忍法魔界転生〜」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

熊本にて享年624番目の転生者

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「十 〜忍法魔界転生〜」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「十 〜忍法魔界転生〜」の記事については、「十 〜忍法魔界転生〜」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:18 UTC 版)

山風短」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

その生涯において、闘い敗れたことが無いとされる剣豪佐々木小次郎との決闘終えた後、挑戦してきた与五郎二刀遣って退ける

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「山風短」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「山風短」の記事については、「山風短」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 09:22 UTC 版)

衛府の七忍」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

魔剣豪鬼譚』「宮本武蔵編」の主人公作州浪人二天一流剣豪誰にも出来ぬ難題聞けば、ならば己が挑戦する男。人を斬り続けてきたことで、死者の念などは無く己の剣こそを信じているが、それらを超え超常未知の存在「鬼」が現実にいることを知る。

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「衛府の七忍」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「衛府の七忍」の記事については、「衛府の七忍」の概要を参照ください。


宮本武蔵(登場シリーズ:『2』『3』『ZERO』)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:07 UTC 版)

剣豪 (元気のゲームソフト)」の記事における「宮本武蔵(登場シリーズ『2』『3』『ZERO』)」の解説

二天一流開祖『2』では御前試合優勝後、『3』では最強の剣豪編のラストに戦う。『2』以降のシリーズ看板役。

※この「宮本武蔵(登場シリーズ:『2』『3』『ZERO』)」の解説は、「剣豪 (元気のゲームソフト)」の解説の一部です。
「宮本武蔵(登場シリーズ:『2』『3』『ZERO』)」を含む「剣豪 (元気のゲームソフト)」の記事については、「剣豪 (元気のゲームソフト)」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 00:25 UTC 版)

テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事における「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説

当理辨助流の使い手異名は「無双兵法者」。新免無二斎息子痩躯ながらも本多忠勝凌ぐ上背秘めた才能を持った年若武芸者得物当初は木刀、のちに父親から借り受けた金重の太刀と脇差後援者長宗我部元親

※この「宮本武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもと むさし)」を含む「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の記事については、「テンカイチ 日本最強武芸者決定戦」の概要を参照ください。


宮本武蔵(みやもとむさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 17:00 UTC 版)

むちゃのねこ丸」の記事における「宮本武蔵(みやもとむさし)」の解説

宇留虎剣術大会決勝相手術に類ずる技を駆使し終始一貫猫丸圧倒した

※この「宮本武蔵(みやもとむさし)」の解説は、「むちゃのねこ丸」の解説の一部です。
「宮本武蔵(みやもとむさし)」を含む「むちゃのねこ丸」の記事については、「むちゃのねこ丸」の概要を参照ください。


宮本武蔵(完全版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 19:25 UTC 版)

Dステ」の記事における「宮本武蔵(完全版)」の解説

五反田団初の時代劇として2012年上演され作品で、この公演にあたり新たに加筆され「完全版」として上演された。五反田団主宰前田司郎ワークショップ山田裕貴参加したことがきっかけで、前田とのコラボレーション至った。「Dステ 18th」として上演されることが発表されたが、この作品公演タイトルに「Dステ」と付いていない。出演者の中で現役のD-BOYSメンバー主演の山田のみである。 脚本・演出前田司郎 上演期間・会場2016年8月19日 - 29日東京芸術劇場 シアターイースト 出演山田裕貴★ / 内田慈遠藤雄弥志賀廣太郎矢崎広 ほか

※この「宮本武蔵(完全版)」の解説は、「Dステ」の解説の一部です。
「宮本武蔵(完全版)」を含む「Dステ」の記事については、「Dステ」の概要を参照ください。


宮本 武蔵 (みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 03:37 UTC 版)

腕 -駿河城御前試合-」の記事における「宮本 武蔵 (みやもと むさし)」の解説

天下に名を知られた剣豪にして、円明流遣い手

※この「宮本 武蔵 (みやもと むさし)」の解説は、「腕 -駿河城御前試合-」の解説の一部です。
「宮本 武蔵 (みやもと むさし)」を含む「腕 -駿河城御前試合-」の記事については、「腕 -駿河城御前試合-」の概要を参照ください。


宮本 武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 09:47 UTC 版)

実況パワフルプロ野球2013」の記事における「宮本 武蔵(みやもと むさし)」の解説

戦国工業では剣道部として登場作中最高のミートSを誇る。

※この「宮本 武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「実況パワフルプロ野球2013」の解説の一部です。
「宮本 武蔵(みやもと むさし)」を含む「実況パワフルプロ野球2013」の記事については、「実況パワフルプロ野球2013」の概要を参照ください。


宮本 武蔵(みやもと むさし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 00:03 UTC 版)

キャンディポップナイトメア」の記事における「宮本 武蔵(みやもと むさし)」の解説

飼育委員2年1組所属同名剣豪とは全く対照肥満体男子生徒で、煽り文は「日本一名前負け」。

※この「宮本 武蔵(みやもと むさし)」の解説は、「キャンディポップナイトメア」の解説の一部です。
「宮本 武蔵(みやもと むさし)」を含む「キャンディポップナイトメア」の記事については、「キャンディポップナイトメア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宮本武蔵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「宮本武蔵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宮本武蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮本武蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの猛き黄金の国 柳生宗矩 (改訂履歴)、バガボンド (改訂履歴)、GANTZ:E (改訂履歴)、あずみ (改訂履歴)、十 〜忍法魔界転生〜 (改訂履歴)、山風短 (改訂履歴)、衛府の七忍 (改訂履歴)、剣豪 (元気のゲームソフト) (改訂履歴)、テンカイチ 日本最強武芸者決定戦 (改訂履歴)、むちゃのねこ丸 (改訂履歴)、Dステ (改訂履歴)、腕 -駿河城御前試合- (改訂履歴)、実況パワフルプロ野球2013 (改訂履歴)、キャンディポップナイトメア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS