セレクションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > セレクションの意味・解説 

セレクション【selection】

読み方:せれくしょん

選ぶこと。選択選抜また、えりすぐったもの。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 09:00 UTC 版)

セレクション (selection)




「セレクション」の続きの解説一覧

セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 23:38 UTC 版)

サブクローニング」の記事における「セレクション」の解説

形質転換された細菌回収した所望プラスミドを持つ細菌)のみを確実に増殖させるために、マーカー遺伝子をセレクション(選択)のため目的ベクター導入する典型的なマーカー遺伝子は、抗生物質耐性または栄養素生合成に関するものであるそのため、たとえば「マーカー遺伝子」は、抗生物質アンピシリンに対する耐性を示すものとすることができる。もし、所望プラスミド導入するはずの細菌が所望の遺伝子導入していれば、それらには「マーカー遺伝子」も含まれているはずである。これで、そのプラスミド導入した細菌アンピシリン増殖できるようになる一方所望プラスミド導入しなかった細菌アンピシリン破壊を受けやすくなる。それによって正常に形質転換された細菌は「セレクト」されることになる。

※この「セレクション」の解説は、「サブクローニング」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「サブクローニング」の記事については、「サブクローニング」の概要を参照ください。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 18:37 UTC 版)

AKB0048」の記事における「セレクション」の解説

研究生メンバー選出するための審査で、主に一次選考二次選考により行われる

※この「セレクション」の解説は、「AKB0048」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「AKB0048」の記事については、「AKB0048」の概要を参照ください。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 05:34 UTC 版)

アヤックス・アカデミー」の記事における「セレクション」の解説

セレクションはシーズンごとに2回、5 - 13歳の、オランダ国全土から家族一緒に居住する者を対象実施しており、国籍性別問わずテストを受けることが可能。現在アマチュアチームには女性複数在籍している。毎年3000 - 5000人の中から30人程が選ばれる。そしてこの中からトップチーム上がれるのはほんの一握りである。 カテゴリー19分かれている。ジュニアユース&ユースF-1, E-3, E-2, E-1, D-3, D-2, D-1, C-3, C-2, C-1, B-2, B-1, A-2, A-1)、リザーブチーム(Jong)はいわゆるプロ予備軍のことである。U8U20までの10チーム構成されている。目標は「世界に通用する選手の育成技術戦術身体能力社会適性力、ルール健康管理規律の向上などのさまざまな項目が設定されサッカーだけに限定しない基本的な教育されている

※この「セレクション」の解説は、「アヤックス・アカデミー」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「アヤックス・アカデミー」の記事については、「アヤックス・アカデミー」の概要を参照ください。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 00:48 UTC 版)

クレールフォンテーヌ国立研究所」の記事における「セレクション」の解説

対象者INFの約200km以内イル=ド=フランス地域圏居住する1315歳の育成年代(プレフォルマシオン)の子どもである(INF含め15ポール対象者それぞれのポールの約200km以内居住する1315歳のプレフォルマシオン)。1年間育成する生徒数は、INF(クレールフォンテーヌ)が23人、INFの各ポールそれぞれ15程度INF(クレールフォンテーヌ本部)のセレクションには、約2000人が集まり合格率は約1%程度14のINFの各ポールに約1万1100人が集まり、各ポール合格率は約1.8程度。 セレクションでは「足元のテクニック」、「フィジカル」、「メンタル学業面」などをテストする。より重視されるのは「足元のテクニック」である。「フィジカル」はより大きければいいという訳ではなく、将来成長後の姿を考え参考材料である。例えば、「敏捷性欠けると評価低くなる」。「メンタル学業面」では、筆記テスト面接課され、さらに学業成績見られるあまりにこの面が悪いと才能があっても不合格となる。一見サッカーには関係なさそうに見えるが、頭の良し悪しは特にキャリア選択関わるまた、将来サッカー生計立てられなかった場合引退後の場合のセカンドキャリアの心配をなくすため、この面でも選考する。11月始めテクニックフィジカルメンタルなどを半年かけてテストし4月最終選考23人に絞る。長く時間をかける理由は、スポーツ面だけでなく、人格的に適しているかを入念に観察するためで、学校から内申書を取り寄せ成績ではなく素行面について注意深く吟味する。セレクション中の姿でなく、4年後の姿を念頭に見る。ポテンシャルがあり、モチベーション状況分析判断能力集中力といったメンタル面備え、さらにサッカー才能がある子どもを選ぶ。半年かけてテストされる。セレクションでのポジションについては、「最低限バランスは取るが、基本的には自由」というのが基本方針この年代でポジション固定はしないめである傾向的に毎年MF多くなりがちだという。

※この「セレクション」の解説は、「クレールフォンテーヌ国立研究所」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「クレールフォンテーヌ国立研究所」の記事については、「クレールフォンテーヌ国立研究所」の概要を参照ください。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 05:43 UTC 版)

宇井純」の記事における「セレクション」の解説

宇井純 著、藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編 編 『原点としての水俣病新泉社〈宇井純セレクション1〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1401-5。 宇井純 著、藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編 編 『公害第三者はない』新泉社〈宇井純セレクション2〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1402-2。 宇井純 著、藤林泰、宮内泰介、友澤悠季 編 編 『加害者からの出発新泉社〈宇井純セレクション3〉、2014年7月ISBN 978-4-7877-1403-9。

※この「セレクション」の解説は、「宇井純」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「宇井純」の記事については、「宇井純」の概要を参照ください。


セレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:04 UTC 版)

FC東京の下部組織」の記事における「セレクション」の解説

U-18U-15 ともに高校生中学生途中加入原則受け付けておらず、中学3年生小学6年生に限ってセレクションを開催している。参加費傷害保険料を含め3,100円U-15のセレクションは4次セレクションまで行われるU-15深川U-15むさし両方のセレクションを受ける場合は、それぞれに申し込むことが必要(両方のセレクションを一度行ったこともある)。 サッカースクール アドバンスクラス 小学3年生から5年生まで受け付けている。コースによっては、スクール以外の一般参加認められており、その場合1,000円の参加費が必要(スクール生は無料)。

※この「セレクション」の解説は、「FC東京の下部組織」の解説の一部です。
「セレクション」を含む「FC東京の下部組織」の記事については、「FC東京の下部組織」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「セレクション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「セレクション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セレクション」の関連用語

セレクションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セレクションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセレクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサブクローニング (改訂履歴)、AKB0048 (改訂履歴)、アヤックス・アカデミー (改訂履歴)、クレールフォンテーヌ国立研究所 (改訂履歴)、宇井純 (改訂履歴)、FC東京の下部組織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS