採択とは? わかりやすく解説

さい‐たく【採択】

読み方:さいたく

[名](スル)いくつかあるもの中から選んで取り上げること。「動議が―された」


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 14:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「採択」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「採択」を含むページの一覧/「採択」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「採択」が役に立つかも知れません。

関連項目



採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 14:39 UTC 版)

欧州の歌」の記事における「採択」の解説

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー#フリーメイソンリー」も参照 1971年欧州評議会議員会議は、1955年リヒャルト・N. "栄次郎" クーデンホーフ=カレルギー伯爵提言していた意見取り上げベートーヴェンの交響曲第9番から「歓喜の歌」への序曲欧州の歌として採択するよう提案することを決定した。これを受けて閣僚委員会1972年1月19日ストラスブールにおいてルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン交響曲第9番第4楽章歓喜の歌」の前奏部分を欧州の歌とすることを公式に発表したクーデンホーフ=カレルギー伯爵政敵アドルフ・ヒトラーワグネリアン)が率いナチス躍進ナチ党の権力掌握し始め1929年、既に「歓喜の歌」を欧州讃歌として構想していた。第二次世界大戦中淑女を守る紳士理想説く著書『自由と人生』(1937年)など、言論用いてヒトラー戦った伯爵1972年7月27日死去自殺)し、翌日ヨーロッパでデヴィッド・ボウイモット・ザ・フープル提供したグラムロック時代讃歌ゲイ讃歌)「すべての若き野郎ども」がリリース日迎えこの頃デヴィッド・ボウイ各地公演ベートーヴェン歓喜の歌」をオープニング曲にした。 指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンピアノ独奏吹奏楽交響楽それぞれ編曲するよう依頼され、公式録音演奏指揮したカラヤン楽譜にこの曲に対する自らの思い書き表しており、とくにテンポについては知られるところである。ベートーヴェン二分音符 = 80 としたのに対してカラヤン四分音符 = 120したのである。 欧州の歌1972年ヨーロッパ・デーにおいて大々的に告知された。1985年欧州連合当時は欧州共同体)の加盟国首脳欧州の歌共同体の歌とすることを採択した。この採択は加盟国国歌置き換えるものではなく域内多様性における統一共有する価値観称えるということ目的であった。欧州の歌は自由、平和、結束という統合されたヨーロッパ理想を表すものである

※この「採択」の解説は、「欧州の歌」の解説の一部です。
「採択」を含む「欧州の歌」の記事については、「欧州の歌」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 02:41 UTC 版)

ベルン条約」の記事における「採択」の解説

スイス連邦参事会主催1874年9月15日ベルン行われた国際会議において22か国の代表が集まり10月9日ベルン条約締結した会議計画ドイツの郵便局長ハインリヒ・フォン・シュテファン(英語版)によって作成された。

※この「採択」の解説は、「ベルン条約」の解説の一部です。
「採択」を含む「ベルン条約」の記事については、「ベルン条約」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:22 UTC 版)

サイバー犯罪条約」の記事における「採択」の解説

2001年11月23日ブダペストにて、日本アメリカ合衆国・ヨーロッパなどの主要国48ヶ国署名採択した2004年7月1日に、批准国数条件満たして効力発生した2021年11月現在の条約締約国66か国である。2003年1月にはオンライン上で人種主義外国人嫌悪扇動禁止する行為サイバー犯罪に加え付属議定書採択され2006年3月1日発効した2021年11月現在の議定書締約国33か国である。

※この「採択」の解説は、「サイバー犯罪条約」の解説の一部です。
「採択」を含む「サイバー犯罪条約」の記事については、「サイバー犯罪条約」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:14 UTC 版)

第45回先進国首脳会議」の記事における「採択」の解説

意見隔たり埋められず、首脳宣言の採択は見送られ議長国マクロン大統領提案で合内容1枚宣言文書にまとめられた。宣言には貿易イランウクライナリビア香港の5項目について記された。

※この「採択」の解説は、「第45回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「採択」を含む「第45回先進国首脳会議」の記事については、「第45回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 08:40 UTC 版)

全権委任法」の記事における「採択」の解説

3月23日昼過ぎ臨時国会議事堂となったクロル・オペラハウス周辺突撃隊親衛隊取り囲んだ演壇後ろにハーケンクロイツ旗が掲揚されていた。まず議院運営規則の改正案の審議が行われ、起立多数採択された。共産党議員の他、26人のドイツ社会民主党議員ならびにドイツ人民党中央党所属の2議員逮捕逃亡病気などで欠席余儀なくされた。 ついで全権委任法審議始まりヒトラー法案趣旨説明行ったヒトラーは「真の民族共同体建設」のためには、「民族意志真の指導権威結びついた一つ憲法体制」を作ること必要であり全権委任法制定そのためであると説明した。また政府行為国会の承認を得ることはしないが、必要である場合には同意を求めることもあるとした。さらに国会帝国参議院存在と、大統領の地位と権限保証し教会に対する政策変化しないとした。そして最後に政府諸君拒否表明と、それにともなう抵抗宣言受け入れ覚悟固めものである今や戦うか、平和を選ぶかは諸君自らである」と、否決され場合強行手段暗示したこれにより最後まで逡巡していたドイツ国家党の5人も賛成に回ることを決めたこのあと2時間休憩取られ午後6時過ぎに再開され審議冒頭ドイツ社会民主党党首オットー・ヴェルスこの日唯一の反対演説行った暴力による平和からは、いかなる繁栄生まれない真の民族共同体というものはそうしたものに基礎置くことは出来ない。その第一前提は平等の権利である。自由と生命奪いとることはできても、名誉はそうはいかないFreiheit und Leben kann man uns nehmen, die Ehre nicht.)。社会民主党最近被った迫害てらして言えば授権法への賛成を我々に要求した期待することなど誰にも出来ないはずである3月5日選挙の結果政府与党多数獲得し憲法文言目的忠実に統治すること可能になったのではないかこうした可能性存するところでは、そうする義務存在する。およそ批判とは有益なものであり、必要でもある。ドイツ国会生まれて以来民族代表者政治関与し参画することが今日のように排除されたことはいまだかつてなかったことである。新たな授権法成立すれば、こうした状況がさらに加速されるであろう革命続行のために国会真先なくしてしまうこと、それが君達要求なのだ。しかし、現に存在するものを破壊することが革命ではない。法というヴェールをかけたとしても、暴力による政治という現実覆い隠すことは不可能であるいかなる授権法永遠かつ不変の理念抹殺することはできない社会主義者鎮圧法社会民主主義抹殺しえなかったように新たな迫害中からドイツ社会民主党新たな力を汲み取るであろうヒトラー即興にしてはきわめて巧みにヴェルス主張逐一余裕たっぷりに粉砕していった遅れてやってきたものの、とにかくやってきたことは認めてやろう。 おまえは迫害という。しかしおまえたちの迫害牢獄償う必要が無かった者はわれわれの中でごく少数に過ぎなかったのだ。われわれのほとんどが、おまえたちの手によって何千回となく嫌がらせを受け、弾圧され経験を持っている。色が気に食わないという理由だけで、何年もの間われわれがシャツ引き裂かれという事実をおまえたちはすっかり忘れてしまったのか。おまえたち迫害中からわれわれは生まれたのだ。 おまえは批判有益だという。たしかにドイツ愛するものがわれわれを批判することは結構である。しかし国際主義魂を売った者による批判を許すわけには行かない。われわれが野党立場にあった時、おまえたち批判有益性とやらを認識すべきであったのだ。その当時われわれの新聞繰り返し禁止され集会演説同じであった。それなのに、今頃批判有益だとはよくも言えたものだ。革命続行するため国会排除をわれわれが狙っているとおまえは言う。しかし、そのためであれば、われわれは選挙を行うことも、国会召集することも、それに授権法提案することも必要なかったはずではないかこの瞬間われわれが議会求めていることは、たとえ諸君同意無くとも、どっちみち奪い取ることのできたものに他ならない。我々があえて法律的な手続きを踏むのは、今日われわれと異なった立場に立つにせよドイツに対する信仰共有する人々いずれは手に入れたいめである反対者抹殺するのでもなく、彼らと和解するのでもなく、ただ挑発するという愚を私は避けたかったのである永遠の戦いおっぱじめるようなことだけはしたくない。それはわれわれの弱さ故にではなく民族に対する愛からに他ならないおまえたちがこの法律賛成しないのは、おまえたち内奥メンタリティ今日我々を鼓舞している意図理解できないからに他ならない私はお前達の票など欲しくないドイツは自由を手に入れる。しかし、それはおまえたちの手によってではないのだ。 その上で、「我々をブルジョア誤解しないでくれたまえ。ドイツの星は昇りつつあるが、君たちの星は消えかかっている君たち弔鐘鳴りわたったのだ」とまくし立てた。 続いて立った中央党党首カース演説自己弁護終始し言葉とは裏腹に躊躇い残したまま下した決定自分自身納得させようとする惨めなものに終わったあらゆる狭小な考慮沈黙すべきこの時に、中央党一切の党派的その他の躊躇い捨てたのは、国民国家に対する責任感である。我々がかつて敵であったもの含め全ての人々手を差し伸べることにしたのは、差し迫った困難およびドイツの再建という巨大な課題かんがみ国民国家救済確実にし、秩序ある国家と法の再建促進し無秩序な発展阻止するめである。… …ライヒ首相により与えられた約束将来立法活動基礎となり指針となることを条件として、中央党授権法賛成するこの後バイエルン人民党ドイツ国家党キリスト教社会人民運動の賛成演説続いた最後に国会議長ゲーリングが「今やドイツの頂点に立つのは我々の指導者Führer)である。もはや、言葉不要である今や行動あるのみである。我々の指導者ライヒ首相に対し、我々は盲目的な忠誠捧げドイツの勝利にいたるまで彼に付き従うことを誓うものである」と宣言し投票うつった採決政党議席数賛成投票反対投票 国民社会主義ドイツ労働者党 288 45 % 288 0 ドイツ国家人民党 52 8 % 52 0 中央党 73 11 % 72 0 バイエルン人民党 19 3 % 19 0 ドイツ国家党 5 0.8 % 5 0 キリスト教社会人民奉仕 4 0.6 % 4 0 ドイツ人民党 2 0.3 % 1 0 ドイツ農民党ドイツ語版) 2 0.3 % 2 0 ドイツ農民連盟(ドイツ語版) 1 0.2 % 1 0 ドイツ社会民主党 120 19 % 0 94 ドイツ共産党 81 13 % - - 総計 647 100 % 441 94 採決時、この時点ではまだ共産党議員議員の資格保持していたにもかかわらず議長ゲーリング議員総数共産党議員の分を差し引いた566」と発表した国会による成立後まもなく開催され帝国参議院でも、この法律全会一致承認された。帝国参議院議員選出州政府命令に従うことが定められており、すでに各州政府ナチ党握られていた。

※この「採択」の解説は、「全権委任法」の解説の一部です。
「採択」を含む「全権委任法」の記事については、「全権委任法」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 15:55 UTC 版)

MI作戦」の記事における「採択」の解説

詳細は「第二段作戦を参照 第一段作戦成功し第二段作戦作成される中、連合艦隊次期作戦構想立てていた。ハワイ攻略目指していた連合艦隊長官山本五十六大将は、それが企図できるようになるまでの間にMI作戦続いてFS作戦実施する案を作成したMI作戦ハワイ攻略準備ではなく、つなぎであったが、この作戦によって米空母撃滅できればハワイ攻略作戦容易になるとは見ていた。しかし、軍令部はこの案に反対であった軍令部では米豪交通遮断するため、フィジー方面攻略計画していた。ミッドウェー攻略後の防衛困難で、わざわざ米空母出撃してくるとは考えにくかった連合艦隊参謀たちによって交渉が行われ、「山本長官は、この案が通らなければ連合艦隊司令長官辞任すると言っている」と伝えて採択を迫ったが、話は進まなかった。そこで連合艦隊歩みより、一番遠いサモア島は攻略破壊して引き上げるが、ニューカレドニア島フィジー諸島攻略確保することで合意した。連合艦隊ミッドウェー米空母撃滅できれば可能と考えていた。 詳細は「AL作戦を参照 さらに軍令部ミッドウェーと同時にアリューシャン列島西部攻略し、米航空兵力の西進押さえとともに両地哨戒兵力を進出させれば米空母のわが本土近接を一層困難にすることができる判断しそのためAL作戦実施連合艦隊にはかり、連合艦隊でもその必要性認めていたし、攻略兵力にも余裕があったので直ちにこれに同意した軍令部第一部長福留繁によれば、「ミッドウェー攻略しても、劣勢な米艦隊反撃出ないではないかとの懸念強かった。そこでアリューシャン列島方面への攻略作戦行えば同地米国領であるためミッドウェー方面への米艦隊出撃強要する補助手段となるだろうとの含みもあり、実施要望した」という。軍令部課長富岡定俊によれば、「ミッドウェー作戦戦術的牽制にもなるだろうと考えた」という。これらの作戦によりミッドウェーキスカ島間に哨戒機往復させて米空母近接するのを防ごうという意見の者もいたが、軍令部航空主務部員三代辰吉連合艦隊航空参謀佐々木彰も、などの関係から到底そのような飛行哨戒不可能と考え、全くその案は考慮しなかったと回想している。 1942年4月5日海軍次期作戦構想内定し主務連絡陸軍伝えたミッドウェー攻略海軍単独で行うが、できれば陸軍兵力の派出希望するとした。陸軍参謀本部は、ハワイ攻略前提ではないことが明言され、海軍単独で実施してもよいとのことだったので反対できなかった。 4月18日ドーリットル空襲発生米空母によって日本本土爆撃された。国民から山本長官非難投書があり、また山本以前から本土空襲による物質的精神的影響重視しており、一層ミッドウェー作戦重視したという意見もある。

※この「採択」の解説は、「MI作戦」の解説の一部です。
「採択」を含む「MI作戦」の記事については、「MI作戦」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 06:07 UTC 版)

オゾン層の保護のためのウィーン条約」の記事における「採択」の解説

1985年採択。1988年発効日本1988年加入。 この条約に基づきオゾン層破壊するおそれのある物質指定規制目的としたモントリオール議定書が、1987年採択されている。

※この「採択」の解説は、「オゾン層の保護のためのウィーン条約」の解説の一部です。
「採択」を含む「オゾン層の保護のためのウィーン条約」の記事については、「オゾン層の保護のためのウィーン条約」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/11 18:01 UTC 版)

1852年憲法」の記事における「採択」の解説

ルイ・ナポレオン1851年12月2日のクーデター英語版)で第二共和政事実上崩壊させた。同日ルイ・ナポレオンフランス人に向けて人民への訴えAppel au peuple)」を布告し伯父ナポレオン・ボナパルト倣い第一統領によって創設され制度le système créé par le Premier consul)」を復活する意向表明したルイ・ナポレオンクーデター1851年12月20日21日プレビシット承認された。この投票はかなり誇張され92%が賛成票投じた発表された。この圧勝を受け、ルイ・ナポレオン側近ルエール英語版)、バロッシュ(フランス語版)、トロロン(フランス語版)らに新憲法起草急がせ新憲法1852年1月14日公布された。 この憲法は、1852年11月7日元老院決議修正されルイ・ナポレオン一族による世襲帝政復活するものとした。この修正条項プレビシット承認された(これもかなり誇張され97%賛成票投じたとされた)。1852年12月2日第二帝政成立宣言され1852年12月25日帝国憲法公布されたが、1月14日憲法からの目立った変更点はなかった。

※この「採択」の解説は、「1852年憲法」の解説の一部です。
「採択」を含む「1852年憲法」の記事については、「1852年憲法」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 07:51 UTC 版)

ジャンボフレーム」の記事における「採択」の解説

ジャンボフレームは、オーバーヘッドCPUサイクル削減する可能性があり、エンド・ツー・エンドTCPパフォーマンス良い効果をもたらす。ただし、ジャンボフレーム存在は、特に低帯域幅のリンクにおいて、ネットワークレイテンシ悪影響を及ぼす可能性があるエンド・ツー・エンド接続使用可能なフレームサイズは、通常通過経路のリンクの中の最低のフレームサイズによって制限されるトークンリングは4464バイトFDDI は4352バイトATMは9180バイトIEEE 802.11は7935バイトMTUフレーム対応しているIEEE 802.3イーサネット規格では、当初MTU1500バイト、総フレームサイズ1518バイトオプションIEEE 802.1Q VLAN/QoSタグ含めると1522バイト)に対応することが義務付けられていた。IEEE 802.3asアップデートでは、複数の共通ヘッダトレーラカプセル化引き継いで最大482バイトヘッダトレーラを含むことができる「エンベロープという概念導入されIEEE 802.3対応する最大のイーサネットフレームサイズが2000バイトまで拡大された。 ジャンボフレームのペイロードサイズとして9000バイト推奨されているのは、Internet2米国連邦政府ネットワーク合同チームでの議論から生まれたものである。この勧告は、アメリカ以外の国研究・教育ネットワークでも採用されている。ほとんどのイーサネット機器は、9216バイトまでのジャンボフレーム対応しているIEEE 802.1AB-2009およびIEEE 802.3bc-2009では、標準イーサネットLLDPディスカバリ追加し最大フレーム長(TLVサブタイプ4)を設定したこれにより、2オクテットフィールドによってポート上のフレーム長を検出することができる。IEEE 802.3-2015時点で許容値は、1518(ベーシックフレームのみ)、1522(802.1Qタグ付きフレーム)、2000(マルチタグ付き、エンベロープフレーム)である。

※この「採択」の解説は、「ジャンボフレーム」の解説の一部です。
「採択」を含む「ジャンボフレーム」の記事については、「ジャンボフレーム」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 00:57 UTC 版)

条約に関する国家承継に関するウィーン条約」の記事における「採択」の解説

国連国際法委員会1962年国家承継に関する調査を始め1974年最終草案採択した国連総会1975年76年にこの最終草案審議し、この案を具体化するため全権会議ウィーン開催することを決定したその結果開催され77年78年全権会議開かれ条約として採択された。 日本はこの問題について合理的かつ現実的な条約作成する必要があるとの立場積極的に全権会議審議参加し条約評価したものの、署名はしておらず2020年10月現在もこの条約当事国ではない。

※この「採択」の解説は、「条約に関する国家承継に関するウィーン条約」の解説の一部です。
「採択」を含む「条約に関する国家承継に関するウィーン条約」の記事については、「条約に関する国家承継に関するウィーン条約」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 06:45 UTC 版)

第42回先進国首脳会議」の記事における「採択」の解説

27日午前首脳宣言6分野の付属文書採択した

※この「採択」の解説は、「第42回先進国首脳会議」の解説の一部です。
「採択」を含む「第42回先進国首脳会議」の記事については、「第42回先進国首脳会議」の概要を参照ください。


採択

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/15 17:01 UTC 版)

グローバルCOEプログラム」の記事における「採択」の解説

文部科学省発表審査結果による採択数上位校を以下に記す数値は「採択件数/申請件数」で記載獲得額は2002年2008年まで記載する。 順機関名採択件数(件)補助金交付額(千円合計2007年度2008年度2009年度1 東京大学 17 6 10 1 28,376,710 2 京都大学 13 6 6 1 22,248,500 3 大阪大学 12 7 4 1 16,871,760 3 東北大学 12 5 7 0 14,693,487 5 東京工業大学 09 5 3 1 12,393,720 6 早稲田大学 08 4 3 1 07,030,970 7 慶應義塾大学 07 3 4 0 11,999,750 7 名古屋大学 07 3 3 1 11,184,410 7 北海道大学 07 3 3 1 10,889,600 10 九州大学 05 2 2 1 08,050,180 11 神戸大学 03 1 2 0 05,066,817

※この「採択」の解説は、「グローバルCOEプログラム」の解説の一部です。
「採択」を含む「グローバルCOEプログラム」の記事については、「グローバルCOEプログラム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「採択」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

採択

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:19 UTC 版)

名詞

さいたく

  1. 条約法案意見選択して、議決機関において(投票挙手その他の方法によって)提案採用決定すること。

発音

動詞

活用

サ行変格活用
採択-する

「採択」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「採択」の関連用語

採択のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採択のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの採択 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの欧州の歌 (改訂履歴)、ベルン条約 (改訂履歴)、サイバー犯罪条約 (改訂履歴)、第45回先進国首脳会議 (改訂履歴)、全権委任法 (改訂履歴)、MI作戦 (改訂履歴)、オゾン層の保護のためのウィーン条約 (改訂履歴)、1852年憲法 (改訂履歴)、ジャンボフレーム (改訂履歴)、条約に関する国家承継に関するウィーン条約 (改訂履歴)、第42回先進国首脳会議 (改訂履歴)、グローバルCOEプログラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの採択 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS