死去とは? わかりやすく解説

死去

読み方:しきょ

死去(しきょ)とは、人が死んでこの世を去ることである。

「死去」の「死」は「命がなくなること、生物生命活動がなくなること」を指す。「去」は「さ(る)」とも訓じ、「その場所からいなくなる」といった意味合い用いられる。「死去」は、尊敬謙譲ニュアンス含めずに「人の命なくなったという事実を公に伝え場合など、幅広い場面において使われる

「死去」は病気老衰などが死因の場合に用いられることが多い。「死亡」は事件や事故によって亡くなった事実ニュース等で報じる場合などに用いられる

・(ニュース見出しなど)俳優田中太郎が死去
・(ニュース文など)心不全のため、都内病院で死去、72歳
歌手ウイリアム・ブラウン5日突発性血虚心不全死去した

「死去」の類語には「逝去せいきょ)」「急逝きゅうせい)」「死亡(しぼう)」などがある。「逝去」は身内以外が亡くなった場合敬語表現として使用される(例:六月七日ご逝去されました)。「急逝」は身内他人を問わず前触れなく突発的に亡くなった場合用いられるほか、若い世代働き盛りの人が急に亡くなった場合にも使われる(例:先週会いした取引先担当者急逝されたと聞いた)。「死亡」は事件や事故結果、人が亡くなったことを報道機関伝え場合使われることが多い(例:脱線事故3名死亡した)。

「死去」の対義語には、「誕生たんじょう)」「生誕せいたん)」などがある。「誕生」は「妹が誕生した」「合同会社誕生した」のように、人や物が新しく生まれた時に使われる。「生誕」は故人生まれた当時について述べ際に用いられる(例:ここは初代大統領生誕の地だ)。 

し‐きょ【死去】

読み方:しきょ

[名](スル)死んでこの世を去ること。


死去

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/24 15:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

転送先:



死去 (1852年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 10:09 UTC 版)

アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の記事における「死去 (1852年)」の解説

1852年9月14日ケントのウェルマー(英語版)の城で死去。83年生涯だった。葬儀11月18日セント・ポール大聖堂行われた死の11日ほど前に友人に戦争するということ生きていくことは同じことだ。それは知らないこと知ろう努めること、つまり丘の向こうあるもの知ろうとすることだからだ」という言葉を残した

※この「死去 (1852年)」の解説は、「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の解説の一部です。
「死去 (1852年)」を含む「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の記事については、「アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「死去」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

死去

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:24 UTC 版)

名詞

(しきょ)

  1. 人が死ぬこと。

発音(?)

し↘きょ

動詞

活用

サ行変格活用
死去-する

翻訳

関連語


「死去」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死去」の関連用語

死去のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死去のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死去 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの死去 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS