尊敬とは?

尊敬

読み方:そんけい

尊敬(そんけい)とは、ある人の人格業績識見行為などを優れたものと認め仰ぎ見ること。「そんきょう」と読まれることもある。

尊敬という語は、動詞として「(人)を尊敬する」、名詞として「(人)に対する尊敬」、「(人)への尊敬」などのように使われる。(人)に当てはまるのは、自分以外の人物となる。また、「(人)に対して尊敬の念を抱く(示す)」という言い方もよくされる

尊敬の類義語には「敬意(けいい)」「敬(うやま)う」「憧(あこが)れ(る)」などがある。「敬意」は尊敬する気持ちのことで、「敬意を表(ひょう)する」や「敬意を払う」といった形で使われる。「敬う」は相手尊ぶという点では尊敬と同じであるが、「神仏を敬う」など尊いものとして礼を尽くしたり、行動態度で尊敬する気持ちを表す点でやや異なる。 「憧れ」は「尊敬している」という意味を込めて「(人)に憧れている」、「(人)に憧れを抱く」と表現することができ、その点では類義語的である。しかし「憧れ(る)」には「自分もこうでありたい」という願望込められている点で尊敬とは異なる。

尊敬の対義語としては「軽蔑けいべつ)」「侮辱ぶじょく)」が挙げられる。いずれも相手をばかにしたり、軽視するという意味がある

例文
私は両親心から尊敬している。
尊敬する中村教授からお褒めの言葉頂戴し、大変光栄です。
尊敬語謙譲語をきちんと使い分ける。 

そん きょう -きやう尊敬

スル
きょう呉音
そんけい(尊敬)に同じ。 心に君を-すること猶ほ神に於るが如し花柳春話 純一

そん けい [0]尊敬

スル
人格識見学問経験などのすぐれた人を、とうとびうやまうこと。そんきょう -する人物 -の念 -を払う
文法で、話し手聞き手または話題の中の動作主を敬う言い方。 → 尊敬語


尊敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/12 03:08 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
ウィキペディアには「尊敬」という見出しの百科事典記事はありません検索結果/「尊敬」で始まる記事の一覧
代わりにウィクショナリーのページ「尊敬」が役に立つかも知れません。


尊敬

出典:『Wiktionary』 (2018/10/30 03:09 UTC 版)

名詞

そんけい

  1. その人品格行為などをたかいとしてみとめ、おも扱うこと。うやまうこと。すぐれた人に敬意尊崇感じること。またそのような感情
  2. 文法で、話し手聞き手話題の主、動作状態などを敬う言い方

派生語

類義語

対義語

動詞

  1. その人品格行為などをたかいとしてみとめ、おも扱う

類義語

活用

サ行変格活用
尊敬-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「尊敬」の関連用語

尊敬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尊敬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尊敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの尊敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS