尊敬とは? わかりやすく解説

尊敬

読み方:そんけい

尊敬(そんけい)とは、(他人の)人格や行い素晴らしさ感じ入り、頭を下げるような、仰ぎ見るような、見習いたく思うような気持ちになること。および、そのような気持ちのこと。「尊敬」の「尊」と「敬」は、類義語である。「尊」の字は「とうと-ぶ」「たっと-ぶ」とも読み、「貴いもの・価値があるものとして重んじるという意味合いがある。尊敬の「敬」の字は「うやま-う」とよみ、相手尊ぶ気持ち態度で示すという意味合いがある。

尊敬という語には、動詞用法名詞用法がある。動詞用法では「~を尊敬する」という風に尊敬対象伴って記述されることが多い。これは名詞用法でも同様であるが、格助詞「を」が使えないため「~への尊敬」とか「~に対する尊敬」といった表現になることが多い。「尊敬の念」という表現、および「尊敬の念を-抱く」という言い方よく用いられる

尊敬の類義語・対義語

尊敬の類義語としては「尊重」「崇敬」「畏敬」「恭敬」「敬慕」「欽慕」あるいは「リスペクト」などが挙げられる。「尊重」は「尊び大切にするという意味であるが、対象が人に限定されず、モノ概念など尊重対象となる 。「崇敬」や「畏敬」は「崇(あが-める)」「畏(おそ-れる)」という字から察せられるように、神仏に対する姿勢を指す語として用いられやすい。とはいえ人物への接し方形容する語としても使える。「恭敬」は、「つつしんで敬意を表する」といった意味合いの語である。丁寧に礼を尽くすニュアンスあるかもしれない。「敬慕」や「欽慕」は「相手を慕う」ニュアンスを含む。「リスペクトrespect)」は英語由来表現であるが、意味やニュアンスおおむね「尊敬」と似ているが、心服敬服脱帽追随ニュアンスを含む語として用いられる場合ままある尊敬する気持ちという意味で「敬意」も「尊敬」の類義語として挙げられる。「敬意を表する」「敬意を払う」といった言い方用いられる動詞「敬う」は「尊敬する」の類義語といえる相手尊ぶという点では尊敬と同じである。「敬う」という語には「礼を尽くす」「行動態度尊敬の気持ちを表すという意味合い強くニュアンスがやや異なる。「憧れ」は文脈によっては「尊敬している」という意味込めて用いられる場合があり、その点では「尊敬」の類義語として挙げられる。ただし「憧れ(る)」という語彙は「自分もこうでありたい」という気持ちを主眼置いており、尊敬とは必ずしもニュアンス一致しない

尊敬の対義語としては「軽蔑けいべつ)」や「侮辱ぶじょく)」が挙げられるいずれも相手馬鹿にする軽視するという意味がある国文法においては「尊敬」は「謙譲」と対比され相手高める(尊い存在として扱う)言語表現を指す。「謙譲」は、自分へりくだることで相対的に相手高める言表現である。

「尊敬」の例文


そん‐きょう〔‐キヤウ〕【尊敬】

読み方:そんきょう

[名](スル)そんけい(尊敬)」に同じ。

人望得て諸人の—を受くるのみならず」〈鉄腸花間鶯


そん‐けい【尊敬】

読み方:そんけい

[名](スル)

その人人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人行為業績などすぐれたものと認めてその人をうやまうこと。「互いに—の念を抱く」「—する人物

文法で、聞き手話題の主また、その動作・状態などを高めて待遇する言い方。→尊敬語


尊敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 07:42 UTC 版)

尊敬(そんけい、: respect 、esteem )とは、重要と考えられる、もしくは大いに尊重または留意される、ある人やある物に示される肯定的な気持ちや行為である。それにより良き人柄や価値あるものへの賞賛の思いが伝わる。そして尊敬は、ある人の要求や気持ちへの気遣いや配慮・考慮を示すことで、その人を敬う一連の過程でもある[1][2]


注釈

  1. ^ 知識の女神であるサラスヴァティーに関わりがある。

出典

  1. ^ Definition of RESPECT”. Merriam Webster. 2017年12月13日閲覧。
  2. ^ Definition of "respect"”. Cambridge Dictionary. 2017年12月14日閲覧。
  3. ^ Guide to Japanese Etiquette”. フォーダーズ英語版. 2021年2月12日閲覧。
  4. ^ a b Chinese Etiquette & Protocol”. ProtocolProfessionals, Inc.. 2021年2月12日閲覧。
  5. ^ DeBruyn, Pippa; Bain, Keith; Venkatraman, Niloufer (2010). Frommer's India. pp. 76.
  6. ^ Chatterjee, Gautam (2001). Sacred Hindu Symbols. pp. 47-48.
  7. ^ a b Tokyo Lodging Options - ウェイバックマシン(2007年10月31日アーカイブ分)
  8. ^ CALTURAL VARIATIONS IN GESTURES”. Westside Toastmasters. 2021年2月12日閲覧。


「尊敬」の続きの解説一覧

尊敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 01:48 UTC 版)

美濃弁」の記事における「尊敬」の解説

尊敬表現助動詞には美濃弁では様々なものが使われる

※この「尊敬」の解説は、「美濃弁」の解説の一部です。
「尊敬」を含む「美濃弁」の記事については、「美濃弁」の概要を参照ください。


尊敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 16:49 UTC 版)

三重弁」の記事における「尊敬」の解説

三重では尊敬の助動詞種類多く地域差大きい。未然形接続するものとして、北三重に「-れる/られる」、伊賀に「-っしゃる/やっしゃる」、志摩に「-しゃる/やしゃる」、伊勢・志摩に「-さる/やさる」、伊勢に「-んす/やんす」、牟婁に「-いす/やいす」、志摩に「-す/やす」、北伊勢に「-っせる/さっせる/やっせる」がある。また連用形接続するものとして、伊賀に「-なはる」、「-ゃはる/やはる」、伊勢に「-なさる」、北伊勢に「-なある」、伊勢・志摩に「-なる」がある。これらのうち、「-れる/られる」「-さっせる/やっせる」は下一段活用で、他は五段活用をする(例:見やっせる→見やっせた、見やんす→見やんした)。歴史的には、ナサル系は「なさる→なはる→なある→なる」と変化した一方、「なはる→やはる」とも変化した。また他の助動詞は、「っしゃる/やしゃる→さる/やさる」、「んす/やんす→いす/やいす→す/やいす」と変化したと考えられるこれらのうち、「られる」系が最も古く、「なさる」系は京阪方面から伝わったものと考えられ北伊勢の「さっせる」系は名古屋弁影響である。

※この「尊敬」の解説は、「三重弁」の解説の一部です。
「尊敬」を含む「三重弁」の記事については、「三重弁」の概要を参照ください。


尊敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 03:47 UTC 版)

佐賀弁」の記事における「尊敬」の解説

尊敬を表す助動詞には「行きんさる」のような「んさる」(佐賀西部地区で「んさー」、佐賀東部地区で「んさっ」)が広く用いられる。また「んしゃる」(「んしゃー」「んしゃっ」)があり、若年層では命令形んしゃい」だけがよく使われている。ほかに「なる」「す・さす」「しゃる・さっしゃる」「ござる」「やる」「る・らる」がある。

※この「尊敬」の解説は、「佐賀弁」の解説の一部です。
「尊敬」を含む「佐賀弁」の記事については、「佐賀弁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「尊敬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

尊敬

出典:『Wiktionary』 (2021/10/23 00:28 UTC 版)

発音

名詞

そんけい

  1. その人品格行為などをたかいとしてみとめ、おも扱うこと。うやまうこと。すぐれた人に敬意尊崇感じること。またそのような感情
  2. 文法で、話し手聞き手話題の主、動作状態などを敬う言い方

派生語

類義語

対義語

動詞

  1. その人品格行為などをたかいとしてみとめ、おも扱う

類義語

活用


「尊敬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

尊敬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



尊敬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの尊敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの美濃弁 (改訂履歴)、三重弁 (改訂履歴)、佐賀弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの尊敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS