尊いとは?

たっと・い [3] 【尊い・貴い】

( 形 ) [文] ク たつと・し
〔「たふとし」の転〕
地位身分などがきわめて高い。高貴だ。とうとい。 「 - ・い身分の人」
非常に価値がある。貴重だ。とうとい。 「人を救おうとするその気持ちが-・い」 「芸術の士は…人の心を豊かにするが故に-・い/草枕 漱石
派生 -さ ( 名 )

とうと・い たふとい [3] 【尊い・貴い】

( 形 ) [文] ク たふと・し
身分品位などが高い。高貴だ。たっとい。 「 - ・い身分のお方」
敬うべきさまであるたっとい。 「 - ・い高僧」 「父母を見れば-・し妻子めこ)見ればめぐし愛(うつ)くし/万葉集 800
精神的な意味で)価値が高い。貴重だ。また、意義深く重大である。たっとい。 「 - ・い経験」 「 - ・い教訓を残した事件」 「 - ・い犠牲を払う」 「その気持ちが-・い」
感覚的な意味で)価値が高い。すばらしい。 「赤玉は緒さへ光れど白玉の君が装(よそい)し-・くありけり古事記 」 〔立派なさまを表す「太(ふと)」に接頭語「た」が付いたもの形容詞化した語という〕
派生 -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )


尊い

読み方:とうとい

貴重である、たいへん価値が高い、ありがたい、得がたい素晴らしさがある、という意味合いで用いられる表現

古代階級社会においては人の身分の高さを「尊い」(尊し)と表現し得た。この用法今日では廃れている。神格を「尊い神様」のように表現する場合があるが、これは
敬うべき・尊敬すべき・尊重すべきという意味合い捉えられる。

今日では「尊い」という表現は「たいへん価値がある」「貴重である」という意味において多く用いられている。たとえば「尊い犠牲」「尊い命」「尊い絆」「尊い努力」というような言い回しはよく用いられる。多分に理念的抽象的であり、金銭価値では置き換えられず、他の何かと比較することもできないような絶対的なもの、というニュアンス捉えられる場合が多い。

2010年代後半にはサブカルチャー分野中心に推しが尊い」というような言い回しで「尊い」の語を用いる言い方登場し、ネットスラングとして広がった。この「推し」は自分が好きなキャラクター(またはキャラ同士カップリング)のことであり、そこに見出された価値の高さが「尊い」と表現されているものと捉えられる。

「尊い」には自分と対象との間にある種隔絶があるというニュアンスも汲み取れる。その意味では「推しが尊い」も「萌え」と同様、自分と二次元世界との埋まらない隔たり無意識的前提した表現とも解釈し得る


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「尊い」の関連用語

尊いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



尊いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS