ネットスラングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ネットスラングの意味・解説 

ネット‐スラング【net slang】

読み方:ねっとすらんぐ

インターネットスラング

「ネット‐スラング」に似た言葉

インターネットスラング

別名:ネットスラング
【英】internet slang

インターネットスラングとは、もっぱらインターネット上で使用されている俗語スラング)の総称である。

インターネットスラングは、多くの場合電子掲示板チャット電子メールSNSといったコミュニティ上で発生する文字によるコミュニケーションであることを活用した様々な表現によるインターネットスラングが登場している。パターンんとしては、省略パロディ誤変換などを挙げることができる。顔文字などもインターネットスラングといえる

インターネットスラングの一例として以下のようなものを挙げることができる。お疲れ様省略してかな漢字変換した「乙」、期待わくわくしている様子子音のみで表したwktk」(ワクテカ)、字面によってがっかりした姿を描く「orz」などである。

インターネットスラングの多く登場してまもなく廃れていくが、中には長らく使い続けられるものや、社会的な流行語して注目を集める場合もある。「KY」や「ツンデレ」「ネットカフェ難民」「リア充」などは、各種メディアでも言及されるほど広い認知度得ている。


参照リンク
goo ウェブ検索 月間インターネットスラング検索ランキング
情報と社会のほかの用語一覧
インターネットスラング:  インターネットスラング  落ちる  オフ会  重い  GIGO  ハッカーゴッチ  フラッシュモブ

インターネットスラング

(ネットスラング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 05:54 UTC 版)

インターネットスラング: Internet slang)とは、もっぱらインターネット上で使用されている俗語の総称である[1]ネットスラングネット用語と呼ばれることもある。


  1. ^ 女子高生を表す「JK(ジェーケー)」や、笑っていることを表す「草(くさ)」などがその例である。他方、落ち込んでいることを表す「orz」など、多くのインターネットスラングは一定の読みが与えられておらず、音声言語としての地位を獲得しているとは言えない。
  2. ^ Twitter社はTwitterを「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている。
  3. ^ 検索エンジンのGoogleを使用して(何か/誰か)についての情報をWorld Wide Webから得ること」(原文:"to use the Google search engine to obtain information about (someone or something) on the World Wide Web ")[4]
  4. ^ 「検索エンジンのGoogleを使用して、インターネット上で(誰か/何か)についての情報を探すこと」(原文:"Search for information about (someone or something) on the Internet using the search engine Google.")[5]
  1. ^ インターネットスラングとは 「ネットスラング」 (internet slang): - IT用語辞典バイナリ”. www.sophia-it.com. 2022年2月17日閲覧。
  2. ^ 仕事上で嫌われるネットスラング、1位は? - 3位は「草」” (日本語). マイナビニュース (2019年2月18日). 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ 報道で基地の区域外を表す場合は「基地の外」と呼ぶ。
  4. ^ Definition of Google by Merriam-Webster”. 2017年10月3日閲覧。
  5. ^ Definition of google in English by Oxford Dictionaries”. 2017年10月3日閲覧。
  6. ^ もう「ググる」と言わないで!:日経ビジネスオンライン”. 2017年10月3日閲覧。
  7. ^ 人気女性プロゲーマー炎上の不適切発言「人権ない」、じつはゲーム用語(スラング)(篠原修司) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月24日閲覧。
  8. ^ 意味を知らずに言葉を使った場合も処分を受けるべきなのか? 人気VTuberローレン・イロアスさんの活動休止から考える(ABEMA TIMES)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月24日閲覧。


「インターネットスラング」の続きの解説一覧

ネットスラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:30 UTC 版)

オーラ」の記事における「ネットスラング」の解説

オーラ」という言葉を含むネットスラングに、「オーラロード」「オーラロードは開かれた」 という言葉がある。何かを敵と思い込んで戦い常軌を逸した言動繰り返すような人を指して、「あっちの世界へ逝ってしまった」「遠い世界に旅立った」 といった揶揄嘲笑の意味使われる。主に、2ちゃんねるなどの巨大掲示板など、ネット使われる用法である。「目覚めた」「覚醒した」 といった意味でも使われている。この言葉は、テレビアニメーション聖戦士ダンバイン」(1983年 - 1984年)に由来する物語の舞台は、生体エネルギーオーラ力(ちから)」 によって支えられ中世ヨーロッパ風の異世界輪廻転生における魂の休息修行世界)である。現世から「オーラ力」の強い人間戦士として選ばれ異世界召喚されることがあり、この通り道が「オーラロード」である。召喚されオーラ力強い人間は、「聖戦士」と呼ばれる2ちゃんねるなどで、使命感燃えて見えない敵戦う人間を「聖戦士」と揶揄することがあるのは、ここから連想で、「あいつもついにオーラロードが開かれたようだ」 などと冷やかしで使うようになった

※この「ネットスラング」の解説は、「オーラ」の解説の一部です。
「ネットスラング」を含む「オーラ」の記事については、「オーラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ネットスラング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ネットスラング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ネットスラングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネットスラングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインターネットスラングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターネットスラング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS