休息とは? わかりやすく解説

きゅう‐そく〔キウ‐〕【休息】

読み方:きゅうそく

[名](スル)仕事などをやめて心身を休めること。くつろぐこと。「しばし―する」


休息

作者橋本佳典

収載図書終末は君と
出版社日本文学館
刊行年月2005.7
シリーズ名ノベル倶楽部


休息

作者

収載図書四百小説
出版社創英社
刊行年月2006.10


休み時間

(休息 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 22:54 UTC 版)

休み時間(やすみじかん)とは、それまでの活動を中断し休憩や休息を取る時間のこと。多くは学校会社の活動時間内においてそれを中断する時間のことを指す。だが、愛知県内の学校ではこの言葉は用いられない(後述)。労働などにおいては、休憩時間(きゅうけいじかん)あるいは休息時間(きゅうそくじかん)などと呼称することが多い。




  1. ^ 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  2. ^ 神吉知郁子「休日と休暇・休業」『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  3. ^ a b c 昭和22年9月13日発基17号
  4. ^ Q7 休憩時間についてはどのような法規制がありますか。” (日本語). 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2011年3月). 2011年10月30日閲覧。
  5. ^ 会社の昼休みに電話対応をしていたのに休憩していたとして扱われた!” (日本語). 法、納得!どっとこむ (2011年9月29日). 2011年10月30日閲覧。
  6. ^ 最高裁判所第三小法廷判決 昭和54年11月13日 住友化学工業事件
  7. ^ 昭和23年10月30日基発1575号
  8. ^ よくあるご質問 労働時間・休憩・休日関係:私の職場では、昼休みに電話や来客対応をする昼当番が月に2〜3回ありますが、このような場合は勤務時間に含まれるのでしょうか?” (日本語). 厚生労働省. 2011年10月30日閲覧。(項目2段目参照)


「休み時間」の続きの解説一覧

休息

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 14:37 UTC 版)

ダイナソア」の記事における「休息」の解説

このゲームでは任意の所で休息をとることが可能であり戦闘時は除く)、エンターキー押下するごとにHPおよびTP回復する。ただし、休息時に敵とエンカウントする場合もある。エンカウント率はパーティ位置によって異なり、壁に囲まれいる場所ほど低くなる

※この「休息」の解説は、「ダイナソア」の解説の一部です。
「休息」を含む「ダイナソア」の記事については、「ダイナソア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「休息」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

休息

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:39 UTC 版)

名詞

きゅうそく

  1. 仕事などを止めて休めること。

動詞

活用

サ行変格活用
休息-する

「休息」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「休息」の関連用語

休息のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



休息のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの休み時間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイナソア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの休息 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS