産前産後休業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 休業 > 産前産後休業の意味・解説 

産前産後休業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 19:30 UTC 版)

産前産後休業(さんぜんさんごきゅうぎょう)は、女性労働者が母体保護のため出産の前後においてとる休業の期間である。産休(さんきゅう)とも称される。


  1. ^ 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  2. ^ 神吉知郁子「休日と休暇・休業」『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  3. ^ 妊娠中絶の場合は産前6週の問題は生じない(昭和26年4月2日婦発113号)。
  4. ^ 船員の解雇制限の解除についての認定は、国土交通大臣が行う。
  5. ^ 女性の労働力率(M字カーブ)の形状の背景 内閣府男女共同参画局


「産前産後休業」の続きの解説一覧



産前産後休業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「産前産後休業」の関連用語

産前産後休業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



産前産後休業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産前産後休業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS