割増賃金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 賃金 > 割増賃金の意味・解説 

割増賃金(わりましちんぎん)


割増賃金

【英】premium wages

1日時間超過した勤務に関して、2割5分増以上、深夜に及んだ場合には5割増以上、法定休日労働させた場合には3割5分増以上、深夜に及んだ場合には6割増上の割増率で割増賃金を支払必要がある

関連ページ
人事制度

割増賃金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/26 23:47 UTC 版)

割増賃金(わりましちんぎん)とは、使用者労働者時間外労働(残業)・休日労働深夜業を行わせた場合に支払わなければならない賃金である。労働基準法(昭和22年4月7日法律第49号)第37条等を根拠とする。




  1. ^ 現行の規定上において、厚生労働大臣が「午後11時から午前6時まで」を認めている例はない。
  2. ^ 厚生労働省・平成30年就労条件総合調査結果の概況
  3. ^ 厚生労働省・平成28年就労条件総合調査結果の概況
  4. ^ 前出、小島撚糸事件では、「第119条の罰則は時間外労働等が適法たると違法たるとを問わず、適用あるものと解すべきは条理上当然である。」とする。
  5. ^ 2018年7月16日中日新聞朝刊11面


「割増賃金」の続きの解説一覧



割増賃金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「割増賃金」の関連用語

割増賃金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



割増賃金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割増賃金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS