フレックスタイム制とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > フレックスタイム制の意味・解説 

フレックスタイム‐せい【フレックスタイム制】


フレックスタイム制(ふれっくすたいむせい)

労働関わる用語

始業および終業時刻決定個々労働者意思委ねる労働時間制。始業時刻終業時刻もまったく自由に定めることができるフレックスタイム制もあるが、一定の時間帯コアタイム)だけは全労働者が揃うようにしているフレックスタイム制が一般的である。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

フレックスタイム制

働き方改革への意識が高まるなか、労働者柔軟勤務時間決められるフレックスタイム注目が集まっています。フレックスタイム制では、労働者自身勤務時間帯を自由に決めることが可能。一定期間に働く総時間数を決めておき、労働者その時間内であれば何時に出勤退社してもよいという仕組みです。

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、一定期間の中で 働く必要のある時間数だけを事前に決めておいて、 始業時間終業時間管理社員任せ制度です。
フレックスタイム制を通常の労働時間管理比較して、 自分ペース柔軟労働時間管理できるという 利点があることから、企業での導入進んできています。
フレックスタイム制では、主にコアタイムフレキシブルタイム呼ばれる時間管理を行っており、コアタイム社員が揃って働く時間帯フレキシブルタイム各自管理する時間帯となっています。

フレックスタイム制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 18:59 UTC 版)

フレックスタイム制(フレックスタイムせい、: flextime system)とは、労働者自身が日々の労働時間の長さあるいは労働時間の配置(始業及び終業の時刻)を決定することができる制度[1]。弾力的労働時間制度の一種[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l 労働政策研究報告書 No.151 ワーク・ライフ・バランス比較法研究<最終報告書> (PDF)”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 (2012年6月11日). 2017年7月24日閲覧。
  2. ^ フレキシブル・ワーク”. リクルートワークス研究所. 2021年2月25日閲覧。


「フレックスタイム制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フレックスタイム制」の関連用語

フレックスタイム制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フレックスタイム制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2021 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2021 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフレックスタイム制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS