クラウドソーシングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > クラウドソーシングの意味・解説 

クラウドソーシング【crowdsourcing】


クラウドソーシング

働き方改革影響を受け、副業をする人やフリーランスとして活躍する人が増えるなど、個人働き方大きく様変わりしています企業にとっても雇用外注における選択肢が増え、ビジネス環境大きな変化もたらしています。このような環境下、耳にする機会が増えているのが「クラウドソーシング」です。ここでは、クラウドソーシングの概要現状活用するメリット・デメリット詳しく解説していきます

クラウドソーシング

【英】crowdsourcing

クラウドソーシングとは、企業が主にインターネットなどを利用し、不特定多数人材向けて外注アウトソーシング)を行うことである。

クラウドソーシングでは、プロジェクト参加者は必ずしもプロフェッショナルではなく作業見合うだけの知見技術活かして余暇作業を行う。単発開発作業や、アドバイザーとしての役割アイデア持ち寄りなどが多い。委託側としては、人材の手配を業者依頼するよりも低コスト外注実現できる、個人直接交渉するので作業スケジュール調整が容易である、不特定多数の人に呼びかけるので多様な業務について委託期待できる、といったメリットがある。また、受託側には、能力範囲内適切な報酬得られるというメリットがある。

クラウドソーシングを仲立ちしている事業者として、Amazon.comの「Amazon Mechanical Turk」や、日本のアポロン」などを挙げることができる。

ちなみに、クラウドソーシングのクラウドは、「crowd」(群集)の意味である。クラウドコンピューティングクラウドサービスの「cloud」()とは綴り異なる。


参照リンク
Amazon Mechanical Turk - (英語)
クラウドソーシングサービス アポロン アポロン

クラウドソーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 04:41 UTC 版)

クラウドソーシング英語: crowdsourcing)とは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。


  1. ^ ウィキノミクス
  2. ^ Safire, William (2009年2月5日). “On Language”. New York Times Magazine. http://www.nytimes.com/2009/02/08/magazine/08wwln-safire-t.html?_r=3&ref=magazine& 2013年5月19日閲覧。 
  3. ^ Howe, Jeff (2006年6月2日). “Crowdsourcing: A Definition”. Crowdsourcing Blog. 2013年1月2日閲覧。
  4. ^ Brabham, Daren (2008), “Crowdsourcing as a Model for Problem Solving: An Introduction and Cases” (PDF), Convergence: The International Journal of Research into New Media Technologies 14 (1): 75–90, doi:10.1177/1354856507084420, http://www.clickadvisor.com/downloads/Brabham_Crowdsourcing_Problem_Solving.pdf 
  5. ^ Howe, Jeff (2006年). “The Rise of Crowdsourcing”. Wired. http://www.wired.com/wired/archive/14.06/crowds.html 
  6. ^ a b Estellés-Arolas, Enrique; González-Ladrón-de-Guevara, Fernando (2012), “Towards an Integrated Crowdsourcing Definition” (PDF), Journal of Information Science 38 (2): 189–200, doi:10.1177/0165551512437638, http://www.crowdsourcing-blog.org/wp-content/uploads/2012/02/Towards-an-integrated-crowdsourcing-definition-Estell%C3%A9s-Gonz%C3%A1lez.pdf 
  7. ^ Claypole, Maurice (2012年2月14日). “Learning through crowdsourcing is deaf to the language challenge”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/education/2012/feb/14/web-translation-fails-learners 
  8. ^ Whitford, David (2010年1月8日). “Crowd Sourcing Turns Business On Its Head”. CNN. http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=93495217 2012年2月27日閲覧。 
  9. ^ a b c 比嘉邦彦「情報による新しい労働形態」『第三の産業革命』2015年 pp.181-190
  10. ^ a b 野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画、1本数十円のクラウドソーシングで大量生産されていた
  11. ^ a b 政治系ブログ記事作成案件の掲載中断に関しまして
  12. ^ 内職商法には気をつけよう ※リンク切れ
  13. ^ a b c d クラウドソーシングで生活する「若者の実情」(東洋経済) 2019.
  14. ^ a b 2020.
  15. ^ a b c d 2019.
  16. ^ a b 買われたクチコミ。Googleマップ、Amazon、楽天で横行か。 温床になっていたのは(BuzzFeed Japan) 2020.
  17. ^ 一部ソーシャルメディアでの発信について(ランサーズ) 2020.
  18. ^ クラウドワークスで「共産党に票を入れる人は反日」ブログ記事作成依頼、掲載中止に


「クラウドソーシング」の続きの解説一覧

「クラウドソーシング」の例文・使い方・用例

  • クラウドソーシングはビジネストレンドになりつつある。
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラウドソーシング」の関連用語

クラウドソーシングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラウドソーシングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクラウドソーシングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラウドソーシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS