クラウドコンピューティングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > コンピューティング > クラウドコンピューティングの意味・解説 

クラウドコンピューティング

【英】cloud computing

とは、インターネット上のサーバー等を利用して作業を行うサービス形態一つで、ネットワーク等をクラウド)を用いて表現することが多いことかららきた表現である。
インターネットベースとしたコンピューター利用形態であり、利用者最低限ネットワーク接続環境があれば使用できる。
ユーザー等にとってデータセンター設置保守運用に関するコスト軽減されるメリットがある。
一方でセキュリティ上の問題サーバーの場所が判らない、海外にあることにより、データ消滅した際の対処が困難であること、情報漏洩等)が懸念されている。
YahooメールGoogleメールASPSaaSなども含めて、クラウドコンピューティングと捉える向きもある。

近年在宅勤務推進節電コスト削減のため導入検討する企業が増えている。


クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティング いま、ICT情報通信技術)の世界で「クラウド・コンピューティング」という言葉注目集めています。クラウドcloud)はインターネットを表します。ユーザーパソコン携帯電話などの情報端末を使って「クラウド」の中に存在するさまざまなサービスメール文書作成表計算データ保存スケジュール管理など)を活用できる-これを「クラウド・コンピューティング」と呼んでいます。インターネット通じてソフト機能提供するSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)などの既存サービス包括して「クラウド・コンピューティング」と称することもありますグーグルマイクロソフトアマゾンIBMなどの米国企業クラウド事業参入市場を切り開いていますが、日本の企業事業立ち上げつつあります
 これら企業巨大高性能サーバ群でさまざまなソフトを集中管理しながらインターネットを介してユーザーサービスを提供します。文書作成表計算ソフトなど、従来購入する必要があった機能も「クラウド」では、インターネット接続するだけで利用できますグーグルマイクロソフトメール写真保存サービスなどは、すでに使っている人もたくさんいることでしょう
 一般向けだけでなく、より高機能有料ビジネス向けサービス拡大しています。グーグルの「グーグルアップス」やアマゾンの「EC2」、IBMの「ブルー・クラウド」などが有名です。文書作成などの「オフィス」ソフトを有するマイクロソフトも「アジュール」で同事業に乗り出すことを表明しています。日本企業新日鉄ソリューションズが「アブソンヌ」を始めていますし、KDDINEC富士通など多くICT企業が「SaaS」という形態同事業に乗り出しています。
 自前社内システム構築して運用管理するのに比べコスト大幅削減できることから、これから市場拡大期待されています。

(掲載日:2009/02/24)

クラウドコンピューティング

【英】cloud computing

クラウドコンピューティングとは、インターネット通じて提供されるサービスストレージなどのコンピュータリソースを、ユーザーが特にリソース所在意識することなく利用できるというコンセプトのことである。

クラウドコンピューティングは複数マシン合わせてひとつの資源構成するという点でグリッドコンピューティング該当する。その上でクラウドコンピューティングは、インターネットとその中のコンピュータを、存在してはいるが漠然としており実体捉えがたい「」(cloud)に見立てている。「」の中のどのマシンアクセスしているかといった具体的な事柄見分けることは難しいが、「」にアクセスすればその中のどこからかサービスの提供を受けることが可能であるというニュアンスがある。

クラウドコンピューティングのコンセプト2006年末にGoogleCEOであるエリック・シュミットによる言及嚆矢とされている。2007年末には、IBM大規模コンピュータシステムをクラウドコンピューティング化するBlue Cloud構想発表し、またMozilla FoundationではFirefoxにおけるブックマーク認証履歴といった機能をクラウドコンピューティング化するWeave」の提供を開始している。

また、クラウドコンピューティングのメリット企業内で享受するため形態として、プライベートクラウド呼ばれる考え方登場している。

クラウドコンピューティングはSaaSSoftware as a Service)、あるいはWeb2.0などのようなコンピュータシステム新しあり方として、注目集めている。


参照リンク
Web2.0/クラウド・コンピューティングと通信インフラ - (PDF形式

クラウドコンピューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 16:37 UTC 版)

クラウドコンピューティング: cloud computing)は、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源サービスの形で提供する利用形態である[1]。略してクラウドと呼ばれることも多く、cloud とは英語で「雲」を意味する。クラウドの世界的な普及でオンラインであれば必要な時に必要なサービスを受けられるようになり、あらゆる作業が効率化され、社会の創造性を高めることに成功した。




  1. ^ クラウドコンピューティング 【 cloud computing 】
  2. ^ Who Coined 'Cloud Computing' - Antonio Regalado -MIT
  3. ^ Internet History 1977
  4. ^ National Science Foundation, "Diagram of CSNET," 1981
  5. ^ What Is The Cloud? - AT&T (1993)
  6. ^ Life after Google(George Gilder著)レビュー。なぜGoogleの時代が終わるのか。
  7. ^ IoTプラットフォームの構造と新しいビジネスの可能性
  8. ^ NIST Definition of Cloud Computing(2011年9月)、NISTによるクラウドコンピューティングの定義情報処理推進機構による日本語訳、2011年12月)
  9. ^ Cloud Computing
  10. ^ 内輪ゆえの強固なセキュリティが強み:「プライベート」クラウドコンピューティングが人気上昇中
  11. ^ IBM、現時点で実用可能なクラウド・コンピューティングを発表
  12. ^ 米ヤフー、クラウドコンピューティングの研究支援でインドの研究機関と提携
  13. ^ マイクロソフト、Professional Developers ConferenceにおいてWindows Azureを発表
  14. ^ 米国サン、「Open Cloud Platform」を発表
  15. ^ Open Cloud Manifesto
  16. ^ 「Open Cloud Manifesto」の行く手に立ち込める暗雲
  17. ^ IBM、企業にクラウドのソーシャル・ネットワーキングとコラボレーション・サービスを提供
  18. ^ IT資源を従量制で提供する新たなパブリック・クラウド・サービス - IBM
  19. ^ OracleのエリソンCEO、「クラウドコンピューティング騒ぎ」をこき下ろす
  20. ^ ニコラス・G・カー『ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること』青土社、2010年 ISBN 4791765559
  21. ^ 森正弥「クラウドは人類社会の変革を加速」


「クラウドコンピューティング」の続きの解説一覧



クラウドコンピューティングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラウドコンピューティング」の関連用語

クラウドコンピューティングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クラウドコンピューティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクラウドコンピューティングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラウドコンピューティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS