サーバーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > サーバー > サーバーの意味・解説 

サーバー【James Grover Thurber】


サーバー【server】

読み方:さーばー

テニス・バレーボール・卓球などで、サーブをする人。

料理取り分けるのに用い大形のフォークスプーン

料理を運ぶ盆。

コンピューターネットワークにおいて、クライアントからの命令を受けて特定の機能データ提供する側のコンピューターまたはソフトウエアのこと。通常機能ごとに分かれていて、メールサーバー・ウェブサーバー・ファイルサーバー・動画配信サーバー・プリンターサーバーなどがある。


サーバー

別名:サーバ
【英】server

サーバーとは、インターネットLANなどのネットワークを通じて受けた要求リクエストに応じて何らかのサービスservice)を返す役割持ったシステムのことである。

サーバーに対してネットワークを通じてサーバーに要求リクエスト)を発する側を、クライアントと呼ぶ

一概にサーバーといっても、与えられた役割機能などによって、提供する内容さまざまに異なる。そのため、特に機能性質添えた名で呼ばれることが多い。具体的には、WebサーバーHTTPサーバーFTPサーバー)、メールサーバーPOPサーバーSMTPサーバー)、プロキシサーバーファイルサーバープリントサーバーなどがある。単に「サーバー」といった場合には、Webサーバーを指す場合比較的多い。

また、サーバーの(主にハードウェア的な形状性質に従いブレードサーバーラックマウントサーバーレンタルサーバーフォールトトレラントサーバーなどといった名称で呼び分けられることもある。

サーバーは、クライアントからの要求に備えて常時稼動している必要があり、また、どのようなアクセス状況であってもシステムダウンすることなく安定して運用されている必要があるそのため、システム稼動したままで故障した部品交換できるホットスワップや、システム構成冗長性志向されていたり、最新技術よりも信頼性確立されている、いわゆる枯れた技術採用されていたりすることが多い

サーバーは、エンドユーザーによって直接アプリケーション起動再起動といった操作行われる機会がないため、一般的なパソコンに比べると、ユーザーインターフェース明快さシステム構築容易さ騒音対策などに注力されることは少なくその分だけ処理性能や保守性ハードウェア収納性などの向上に注力されることが多い。

ちなみにインターネット上掲示板などではサーバーを指して俗に」などと表記されることもある。

コンピュータのほかの用語一覧
表示装置:  ワイヤレスディスプレイ
高性能コンピュータ:  オフコン  ペタコン  ファクトリーコンピュータ  サーバー  ULP-HPC  ワークステーション

サーバー

名前 ThurberSurber

サーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 05:27 UTC 版)

サーバー (: Server) とは、料理に使用される配膳道具のことである。




「サーバー」の続きの解説一覧

サーバー


「サーバー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サーバーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サーバー」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サーバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サーバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサーバーの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS