コーヒーメーカーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > 家電機器 > コーヒーメーカーの意味・解説 

コーヒー‐メーカー【coffee maker】

読み方:こーひーめーかー

電熱式コーヒー沸かし器


コーヒーメーカー

作者川上弘美

収載図書ざらざら
出版社マガジンハウス
刊行年月2006.7


コーヒーメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 08:12 UTC 版)

コーヒーメーカー: coffee maker)は、電気的熱源によって湯を沸かしコーヒーを抽出する一体型となった機器[1]コーヒーマシンともいう。




「コーヒーメーカー」の続きの解説一覧

コーヒーメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 15:54 UTC 版)

デロンギ」の記事における「コーヒーメーカー」の解説

全自動エスプレッソマシン 豆を入れるだけで、豆挽きタンピング加圧抽出までの全ての工程を単純なボタン操作で行うマシンポンプ式エスプレッソマシン フィルターホルダーにセットした挽き豆やカフェポッドに、圧力をかけたお湯を通すことで抽出を行うマシン。 ドリップコーヒーメーカー フィルター用いろ過しながらコーヒー抽出することをフィルターコーヒー、あるいはドリップコーヒーと言い、これを手動ではなく自動ろ過抽出を行う最もシンプルな構造マシン

※この「コーヒーメーカー」の解説は、「デロンギ」の解説の一部です。
「コーヒーメーカー」を含む「デロンギ」の記事については、「デロンギ」の概要を参照ください。


コーヒーメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 21:44 UTC 版)

ブリタ」の記事における「コーヒーメーカー」の解説

直接ブリタ社が発売していないが、ブラウンKF 550ブリタ社製フィルター KWF 2を使用する(販売終了)。KWF 2はブラウン社からサービスパーツ(専用別売品)として購入する

※この「コーヒーメーカー」の解説は、「ブリタ」の解説の一部です。
「コーヒーメーカー」を含む「ブリタ」の記事については、「ブリタ」の概要を参照ください。


コーヒーメーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 10:32 UTC 版)

オールインワン」の記事における「コーヒーメーカー」の解説

登場当初より給湯器保温器組み込まれていたが、高級品ではコーヒーミルのみならず焙煎器までも内蔵した製品があり、コーヒー淹れる装置としてオールインワン化されている。また、コーヒーメーカーとオーブントースター小型ホットプレートタイマー一体化し、「朝食用に、コーヒートースター目玉焼き調理一元並行して行える」ことを謳い文句にした製品存在する

※この「コーヒーメーカー」の解説は、「オールインワン」の解説の一部です。
「コーヒーメーカー」を含む「オールインワン」の記事については、「オールインワン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コーヒーメーカー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コーヒーメーカー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コーヒーメーカーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コーヒーメーカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーヒーメーカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーヒーメーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデロンギ (改訂履歴)、ブリタ (改訂履歴)、オールインワン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS