三洋電機とは? わかりやすく解説

三洋電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/09 16:14 UTC 版)

三洋電機株式会社(さんようでんき、: SANYO Electric Co., Ltd.)は、パナソニックグループ日本電機メーカーで、パナソニックホールディングス機能子会社。本社は大阪府大阪市中央区、登記上の本店は大阪府門真市門真のパナソニック本社敷地内に所在。パナソニック傘下に入る以前には、創業から68年にわたり大阪府守口市に本社を置いていた。


  1. ^ a b c d e 三洋電機株式会社 第98期決算公告
  2. ^ 三洋電機ホームページブランドロゴを参照。
  3. ^ SANYO MUSEUM (サンヨーミュージアム) 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」
  4. ^ a b 三洋電機について 経営理念・ビジョン ブランドロゴ/ビジョン - ウェイバックマシン(2009年3月11日アーカイブ分)
  5. ^ 三洋が東芝電池のニッケル水素電池事業を取得 - 2000年10月4日 ASCII
  6. ^ “三洋電機がジーエス・メルコテック社の株式を取得することで基本合意” (日本語) (プレスリリース), 日本電池株式会社, (2002年10月3日), http://www.nippondenchi.co.jp/nippondenchi/gshp/wtn/20021003.htm 2017年8月30日閲覧。 
  7. ^ “ジーエス・メルコテック社の株式譲渡完了について” (日本語) (プレスリリース), 日本電池株式会社, (2003年2月26日), http://www.nippondenchi.co.jp/nippondenchi/gshp/wtn/20030226.htm 2017年8月30日閲覧。 
  8. ^ 親会社の異動に関するお知らせ”. 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。
  9. ^ a b c 子会社(三洋エナジートワイセルおよび三洋エナジー鳥取)との会社分割等および子会社の株式の譲渡に関する基本合意のお知らせ - 三洋電機ニュースリリース 2009年(平成21年)10月28日
  10. ^ “子会社(三洋ジーエスソフトエナジー株式会社)の解散及び債権の取立不能のおそれに関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 三洋電機株式会社, (2010年8月20日), https://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/pdf/sanyo/2010/di-0820-1.pdf 2017年8月30日閲覧。 
  11. ^ 三洋電機、シャープを提訴 液晶表示技術の特許侵害で 産経新聞 2011年1月27日
  12. ^ 合肥三洋が三洋電機の動向にらみ、新自主ブランド「帝度」を発表”. サーチナ (2011年11月30日). 2015年7月5日閲覧。
  13. ^ 会社分割(簡易分割・略式分割)に関するお知らせ~三洋電機の社債による資金調達・償還・管理業務の承継について~ パナソニック株式会社・プレスリリース2011年8月31日
  14. ^ a b 三洋電機コンシューマエレクトロニクスの簡易吸収合併について - 三洋電機ニュースリリース
  15. ^ 三洋が中国家電市場から撤退 後釜は米ワールプール”. 人民網 (2014年9月18日). 2017年8月30日閲覧。
  16. ^ 三洋電機株式会社社員のパナソニック株式会社への転籍について パナソニック株式会社・プレスリリース2014年11月28日
  17. ^ SANYO、インドで復活 パナ、TV販売苦戦で奥の手”. 朝日新聞社 (2016年9月29日). 2016年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月29日閲覧。
  18. ^ パナソニックと京セラ、三洋電機の旧住道工場の土地を売却…600億円規模か”. 読売新聞社 (2022年3月15日). 2022年4月5日閲覧。
  19. ^ 三洋電機について 経営理念・ビジョン 経営理念/行動基準 - ウェイバックマシン(2009年3月10日アーカイブ分)
  20. ^ Sanyo web site : 会社情報 : 概要、経営理念 - ウェイバックマシン(2000年8月29日アーカイブ分)
  21. ^ 一部報道について - 三洋電機ニュースリリース
  22. ^ 三洋電機クレジット株式会社の株式譲渡に関するお知らせ - 三洋電機ニュースリリース
  23. ^ 第三者割当による新株式(優先株式)発行の基本合意に関するお知らせ - 三洋電機ニュースリリース
  24. ^ 2008年4月1日付 組織再編および人事について - 三洋電機ニュースリリース
  25. ^ パナソニック株式会社が三洋電機株式会社の子会社化を完了”. 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。
  26. ^ 人事について”. 三洋電機. 2010年1月4日閲覧。
  27. ^ ブランドビジョンの取り扱いについて - 三洋電機株式会社 ニュースリリース 2010年4月10日インターネットアーカイブ
  28. ^ パナソニック株式会社によるパナソニック電工株式会社及び三洋電機株式会社の完全子会社化に向けた合意のお知らせ (PDF)
  29. ^ 2010年(平成22年)10月23日土曜付、日本経済新聞1面及び10面記事にて報道。
  30. ^ 湖南科力遠新能源股份有限公司への車載用ニッケル水素電池事業の譲渡について - パナソニックニュースリリース 2011年(平成23年)2月1日
  31. ^ 田辺 1983, p. 283.
  32. ^ ASCII 1983年7月号, p. 50-51.
  33. ^ がっちりマンデー放送より
  34. ^ CMの研究 第4回
  35. ^ 失敗百選 ~石油ファンヒータが不完全燃焼(1985)~ SYDROSE 知識データベース [機械分野失敗百選 http://www.sydrose.com/case100/index.html]
  36. ^ 引き続きお客様へのお願いです。23年前のサンヨー石油ファンヒーターを探しています。|重要なお知らせ|三洋電機
  37. ^ 石油ファンヒーターをご愛用のお客様へ(改訂)|重要なお知らせ|三洋電機
  38. ^ トップオープンドラム式洗濯乾燥機をご使用のお客様へのお詫びと無料点検および一部機種の製品交換に関するお知らせ|三洋電機
  39. ^ トップオープンドラム式洗濯乾燥機品質問題に関する対応について|ニュースリリース|三洋電機
  40. ^ 弊社子会社製電池パック「D06」の取替え・回収についてのお詫び”. 三洋電機株式会社 (2006年12月8日). 2017年8月30日閲覧。
  41. ^ 三洋電機の株主代表訴訟、原告の賠償請求棄却 読売新聞 2012年9月29日[リンク切れ]
  42. ^ 子会社(三洋半導体株式会社)株式及び債権の譲渡等に関するお知らせ (PDF)
  43. ^ 子会社(三洋半導体株式会社)株式及び債権の譲渡等に関する 譲渡契約の一部変更について (PDF)
  44. ^ オン・セミコンダクターが三洋電機から三洋半導体の経営統合を完了
  45. ^ 当社及び当社子会社による三洋精密株式会社の株式譲受手続き完了と新子会社概要 (PDF)
  46. ^ a b 洗濯機だけじゃない! 中国ハイアールが「AQUA」63製品投入”. 日経トレンディネット. 2012年2月16日閲覧。
  47. ^ 簡易株式交換による連結子会社(三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社)の完全子会社化に関するお知らせ (PDF)
  48. ^ a b 企業スポーツチームの名称変更について
  49. ^ 三洋電機レッドソア



三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/13 02:56 UTC 版)

nTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー」の記事における「三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)」の解説

略称「SA端末購入時の箱の色は小豆色米国クアルコム製のREX OSベースとしたOS採用する国内では唯一のメーカーau向け主体ドコモ向けは当初はドコモbyとして「SA101」より参画1999年以降からドコモ向け製品出していなかったが、2005年6月報道にて、FOMA端末開発中であることが明らかになり、10月1日SA700iS発売された。この製品ドコモ製品としては珍しく、ベースバンドチップがau製品にも搭載されている米国クアルコム製であり、アプリケーションプラットフォームBREWベース展開されている(通常FOMAのベースバンドチップは、NEC松下電器産業製品がほとんど)。そのあたり関与しているのか、文字入力その他の操作時のレスポンスはかなり速い評判であり、au培ったGPSなど今までドコモ端末とはひと味違った端末仕上がっている。さらに、2006年夏には、当時ドコモでは珍しGPS機能ラジオ機能備えたSA702i発売したまた、"キッズケータイ"SA800i開発している。しかし、その後ドコモ向けの端末出していない。キッズケータイ第二弾は富士通から出ており、ドコモ向けからは事実上撤退したと考えられる2008年1月21日他のキャリア向けと同様、三洋電機の携帯電話部門京セラ売却することが決定し4月1日付け京セラ事業承継した。三洋電機製の他キャリア向け端末と同様サポート継続している

※この「三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)」の解説は、「nTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー」の解説の一部です。
「三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)」を含む「nTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー」の記事については、「nTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー」の概要を参照ください。


三洋電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:05 UTC 版)

DVDレコーダー」の記事における「三洋電機」の解説

経営不振によるリストラ策で、DVD及びVHS事業からの撤退およびHD DVD事業への経営資源集中決定された。しかし同社民生用HD DVD機器発売されることなく2008年2月以降HD DVD規格自体姿を消した一時期HDD内蔵しない安価なVHSDVDレコーダー(DZR-DV90など)やHDD+DVDレコーダー(DZR-DH200など)をラインナップさせていたが販売期間はかなり短かったそのため実態レコーダーよりもVHSDVDプレーヤー液晶付きポータブルDVDプレーヤーのほうがヒットしていた。のちに三洋2011年4月1日付パナソニック完全子会社化パナソニックグループ傘下入り)。「三洋電機株式会社」という社名こそ存続されるものの「SANYO商標2012年3月31日を以て消滅し(翌4月1日より)「Panasonic」へ一本化される。

※この「三洋電機」の解説は、「DVDレコーダー」の解説の一部です。
「三洋電機」を含む「DVDレコーダー」の記事については、「DVDレコーダー」の概要を参照ください。


三洋電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 06:01 UTC 版)

AMステレオ対応受信機の歴史」の記事における「三洋電機」の解説

2011年4月1日付パナソニック完全子会社化三洋単独で株式上場廃止)。法人としての「三洋電機株式会社」は存続されるものの「SANYO商標2012年3月31日を以て消滅しPanasonic」へ一本化される。これに伴いSANYOブランドオーディオ製品生産2011年9月30日限り完全終了し、親会社パナソニック製品に統合された(「SANYOブランドによる新製品出荷2011年3月31日限り終了し今後三洋製品順次Panasonicブランド切替)。

※この「三洋電機」の解説は、「AMステレオ対応受信機の歴史」の解説の一部です。
「三洋電機」を含む「AMステレオ対応受信機の歴史」の記事については、「AMステレオ対応受信機の歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「三洋電機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「三洋電機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

三洋電機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三洋電機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三洋電機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのnTTドコモの主な携帯電話端末納入メーカー (改訂履歴)、DVDレコーダー (改訂履歴)、AMステレオ対応受信機の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS