ジャパンラグビートップリーグとは? わかりやすく解説

ジャパンラグビー‐トップリーグ【Japan rugby top league】


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 13:58 UTC 版)

ジャパンラグビートップリーグは、日本における社会人ラグビーユニオン(15人制)の全国リーグである。名称に「リーグ」が含まれるが、13人制のラグビーリーグの競技会ではない。以前の各地域リーグ全国社会人ラグビーフットボール大会が発展解消し、2003-2004シーズンから発足し、2021年シーズンまで行われた。16チームによるリーグ戦、リーグ戦上位4チームによるトーナメントのトップリーグプレーオフからなる。秩父宮ラグビー場東大阪市花園ラグビー場など全国各地で行なわれていた。


  1. ^ 試合は54-31でサントリーが勝利した。
  2. ^ トップリーグのリーグ戦が国立競技場で開催されたのはこの試合と2006-2007シーズンの第1節東芝vsNECの合わせて2回のみ(2021年現在)。なお2021シーズンの第1節東芝vsNTTコムも予定されていたがコロナの影響で中止に。
  3. ^ これ以外の第1節の試合は9月14日または9月15日に行われた。
  4. ^ 例えばヤマハ発動機は日本人選手は全員ヤマハ発動機正社員で、プロ契約選手はいない。
  5. ^ ラグビー「移籍承諾書」撤廃 交渉ルールを明文化”. 日刊スポーツ (2018年2月19日). 2019年2月6日閲覧。
  6. ^ 『ジャパンラグビートップリーグ2020 コンプライアンス教育の徹底に伴う開催休止のお知らせ』2020年3月9日、ジャパンラグビートップリーグ、2020年3月9日閲覧。
  7. ^ 2020.03.23 [MON] 協会リリースジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ: ジャパンラグビートップリーグ (JRFU)
  8. ^ 2022年から3部制へ新フォーマット・リーグ運営は教会から移譲 代表強化を視野にトップリーグ改革へ”. RUGBY JAPAN (2019年4月26日). 2019年9月27日閲覧。
  9. ^ 「ネーションズ・チャンピオンシップ」についてのお知らせ(日本ラグビー・フットボール協会)
  10. ^ 【ラグビー】幻と消えた「ネーションズ・チャンピオンシップ」
  11. ^ 清宮克幸氏が21年開幕ラグビー新リーグ構想を発表”. 日刊スポーツ (2019年7月28日). 2019年9月27日閲覧。
  12. ^ ラグビー新リーグ、21年秋スタートへ 準備委プロ化前提にせず”. サンケイスポーツ (2020年12月23日). 2020年1月12日閲覧。
  13. ^ a b c 21年秋開幕予定新リーグ、「リーグ運営はプロ」も社員選手は認める方針」『サンケイスポーツ』、2020年1月16日。2020年1月19日閲覧。
  14. ^ 新リーグは1部12、2部7、3部6チームの3部制か 22年開幕ラグビー新リーグ”. スポーツニッポン (2021年1月8日). 2021年1月9日閲覧。
  15. ^ ラグビー新リーグ 1部は12チーム 今年6月に名称発表”. スポニチアネックス (2021年1月15日). 2021年1月16日閲覧。
  16. ^ ラグビー新リーグ 1部上位チームには他国クラブとの試合出場権「クロスボーダーマッチ」(2021年1月15日 デイリースポーツ)
  17. ^ ラグビー新リーグ 1部12チームは妥当か(2021年2月9日スポーツニッポン)
  18. ^ 当社ラグビー部 活動終了のお知らせ(2021年4月30日 コカ・コーラボトラーズジャパン)
  19. ^ “ラグビー新リーグ名称は「ジャパンラグビーリーグワン」 1部12チーム、来年1月7日開幕”. SANSPO.COM. (2021年7月16日). https://www.sanspo.com/article/20210716-AMV6EBMB2BJONDPNM2OTP7NNGE/ 
  20. ^ a b 「ジャパンラグビー トップリーグ 2021」大会概要
  21. ^ 第6節「日野レッドドルフィンズ vs キヤノンイーグルス」開催中止のお知らせ https://www.top-league.jp/2021/04/02/w6-calloff/
  22. ^ トップリーグ2021 プレーオフ準々決勝「サントリー vs リコー」開催中止のお知らせ https://www.top-league.jp/2021/05/01/poqf-canceled-match/ ジャパンラグビー トップリーグ2021 プレーオフトーナメント、サントリーサンゴリアス準決勝進出決定のお知らせhttps://www.top-league.jp/2021/05/07/playoff-semifinal/ 
  23. ^ 「日本選手権」兼「トップリーグ2021 プレーオフトーナメント準決勝」無観客開催のお知らせ https://www.top-league.jp/2021/05/07/ticket-playoff-sf0507/
  24. ^ 20132014シーズン以降のジャパンラグビー トップリーグ大会概要”. ジャパンラグビートップリーグ (2013年5月14日). 2013年9月5日閲覧。
  25. ^ 8月26日(金)に開幕! ジャパンラグビー トップリーグ 2016-2017
  26. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017シーズン大会概要及びジャパンラグビー トップリーグ規約変更のお知らせ
  27. ^ 2016-2017シーズンはリーグ戦16位が2017-2018シーズンのトップチャレンジリーグへ自動降格、代わってトップチャレンジ1の優勝チームが昇格。13-15位はトップチャレンジ1の2-4位チームとの入れ替え戦へ回る
  28. ^ 「ジャパンラグビー トップリーグ 2020」大会日程決定のお知らせ
  29. ^ JRFU. “第57回日本ラグビーフットボール選手権大会開催のお知らせ|日本ラグビーフットボール協会” (日本語). www.rugby-japan.jp. 2020年2月24日閲覧。
  30. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2015-2016シーズン大会概要及び日程決定のお知らせ 9月4日(金)よりプレシーズンリーグ開催、11月13日(金)よりトップリーグ開幕
  31. ^ ジャパンラグビー トップリーグ プレシーズンリーグ2015 大会概要
  32. ^ 2015ラグビーワールドカップトーナメント規則参照 Archived 2016年2月1日, at the Wayback Machine.
  33. ^ 「ジャパンラグビー トップリーグカップ2019」大会概要/プール組分け
  34. ^ 3地域統一リーグ「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」の創設ならびに概要について
  35. ^ 2015-2016まですべてのプレーオフに出場していた
  36. ^ a b 2014-2015シーズンまでは地域リーグ、2016-2017シーズンからはトップチャレンジリーグ
  37. ^ プレーオフトーナメントにトップチャレンジリーグからも4チーム参加した関係で最終順位はトップチャレンジリーグも含めた(トーナメントに不参加の5チームも含めた)形で発表された。https://www.top-league.jp/2021/05/23/final-result/
  38. ^ 2008-2009シーズンまではマイクロソフトカップMVP
  39. ^ 最終2021シーズンでは前シーズンが中断した関係で2019年及び2020年に入部した新人選手の中からそれぞれ1名ずつが選出された。
  40. ^ 2013-2014シーズンまではコンバージョン、ペナルティゴールによる得点が最も多かった選手
  41. ^ 「バローグループ presents 日仏ラグビーチャリティマッチ2019〜FOR ALL 復興〜」はASM クレルモン・オーヴェルニュが勝利 . ジャパンラグビートップリーグ公式サイト(2019年2月2日). 2021年3月20日閲覧。
  42. ^ 2008-2009シーズンのトップリーグ所属チームを、ホームタウンで東西に分けたチーム編成。
  43. ^ 2009-2010シーズンのリーグ戦の成績をもとに、奇数位と偶数位で分けたチーム編成。
  44. ^ 2010-2011シーズンのリーグ戦の成績をもとに、奇数位のチーム編成。(東芝/トヨタ/神戸製鋼/リコー/近鉄/ヤマハ/クボタ:監督・朽木泰博(トヨタ))
  45. ^ 2010-2011シーズンのリーグ戦の成績をもとに、偶数位のチーム編成。(三洋電機/サントリー/NEC/サニックス/コカ・コーラウエスト/NTTコム/豊田自動織機:監督・田村誠(豊田自動織機))
  46. ^ 出場選手の生年月日を1984年3月31日以前以後で分けたチーム編成、ORANGEがシニアチームでGREENがヤングチーム
  47. ^ 出場選手の生年月日を1985年4月2日以前以後で分けたチーム編成
  48. ^ 2014-2015シーズンファーストステージのグループ分けをもとに所属チームに準じて編成(ORANGEがプールA、GREENがプールB所属選手)
  49. ^ “ジャパンラグビー トップリーグ2016-2017 放送について”. ジャパンラグビートップリーグ. (2016年8月26日). http://www.top-league.jp/2016/08/26/tv/ 2016年8月26日閲覧。 
  50. ^ 殆どが試合日当日の夜時間帯での録画放送であるが、ナイターの試合を生中継した事はあった。
  51. ^ 稲垣啓太、世界No,1選手ボーデン・バレットら人気選手が大集結 2月20日(土)開幕『ジャパンラグビー トップリーグ2021』を「ABEMA」で完全無料生中継 . PR TIMES(2021年2月10日). 2021年2月14日閲覧。



ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 15:53 UTC 版)

2014年のスポーツ」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

レギュラーシーズン1stステージ2013年8月30日 - 10月27日2ndステージ2013年11月30日 -2014年1月19日2ndステージ順位1位 : パナソニック ワイルドナイツ 勝点36 2位 : サントリーサンゴリアス 勝点32 3位 : 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 勝点24 4位 : 東芝ブレイブルーパス 勝点23 以上4チームプレーオフマイクロソフトカップ)に進出 プレーオフ・決勝2月11日東京都港区秩父宮ラグビー場パナソニック ワイルドナイツ3年ぶり2度目) 45-22 サントリーサンゴリアス 本来は2月9日開催予定だったが、降雪の影響により2日順延して開催された。

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「2014年のスポーツ」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「2014年のスポーツ」の記事については、「2014年のスポーツ」の概要を参照ください。


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 01:09 UTC 版)

2016年のスポーツ」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

プレーオフLIXIL CUP決勝1月24日秩父宮ラグビー場パナソニック ワイルドナイツ3年連続4度目) 27-26 東芝ブレイブルーパス トップリーグ入替戦1月30日熊谷ラグビー場NECグリーンロケッツトップリーグ15位) 17-3 三菱重工相模原ダイナボアーズトップチャレンジ12位リコーブラックラムズトップリーグ13位) 76-0 大阪府警察トップチャレンジ14位レベルファイブスタジアムNTTドコモレッドハリケーンズトップリーグ16位) 15-19 宗像サニックスブルーストップチャレンジ11位コカ・コーラレッドスパークストップリーグ14位) 14-14 九州電力キューデンヴォルテクストップチャレンジ13位上記の結果により、サニックス2季ぶりにトップリーグ昇格した一方でNTTドコモ下部リーグ降格した

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「2016年のスポーツ」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「2016年のスポーツ」の記事については、「2016年のスポーツ」の概要を参照ください。


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 00:41 UTC 版)

2015年のスポーツ」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

レギュラーシーズン1stステージ2014年8月22日 - 10月19日2ndステージ2014年11月28日 -2015年1月11日2ndステージ順位1位 : 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 勝点29 得失点差+129 2位 : パナソニック ワイルドナイツ 勝点29 得失点差+87 3位 : 東芝ブレイブルーパス勝点28 4位 : ヤマハ発動機ジュビロ 勝点27以上4チームプレーオフLIXIL CUP)に進出プレーオフ・決勝2月1日秩父宮ラグビー場パナソニック ワイルドナイツ2年連続3度目) 30-12 ヤマハ発動機ジュビロ

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「2015年のスポーツ」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「2015年のスポーツ」の記事については、「2015年のスポーツ」の概要を参照ください。


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 23:27 UTC 版)

プレーオフ」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

ジャパンラグビートップリーグでは2013年-2014年シーズンから2015年-2016年シーズンまでは16チームを8チームずつ2プール分かれたファーストステージ行い、各上位4チームセカンドステージグループA進出下位4チームグループBに回る。グループA上位4チームプレーオフトーナメントへ進む。(2015-2016年シーズン2015 ラグビーワールドカップ都合により、セカンドステージ省略された形で行われた2017年-2018年シーズン以後2019 ラグビーワールドカップ日程を踏まえて期間限定復活し16チームを8チームずつ2プール分けてグループ総当たり7試合+グループ交流戦6試合(別組の中から6チーム対戦)の13試合リーグ戦行いリーグ戦終了時順位に沿って1・2位、3・4位、5・6位、7・8位のそれぞれ2チームずつ(各組4チーム)のプレーオフラウンド出場チーム決める。1・2位組は「日本ラグビーフットボール選手権大会」を兼ねたものとして、優勝クラブトップリーグ優勝との2冠を手にする

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「プレーオフ」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「プレーオフ」の記事については、「プレーオフ」の概要を参照ください。


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 05:45 UTC 版)

放映権 (ラグビー)」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

地上波 日本テレビNHK総合かつてはテレビ朝日テレビ東京tvkでも中継BS BS日テレNHK BS1J SPORTS(かつてはBS朝日でも中継) CS J SPORTS また、チームによっては地元放送局中継を行う場合もある。ジャパンラグビートップリーグ#放送について参照

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「放映権 (ラグビー)」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「放映権 (ラグビー)」の記事については、「放映権 (ラグビー)」の概要を参照ください。


ジャパンラグビートップリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 16:47 UTC 版)

ペットマーク」の記事における「ジャパンラグビートップリーグ」の解説

パナソニック ワイルドナイツ甲冑着た武将 ヤマハ発動機ジュビロJリーグ・ジュビロ磐田チームロゴ同じもの使用東芝ブレイブルーパス赤色 サントリーサンゴリアスラグビーボールをバック腕組みしゴリラ NECグリーンロケッツロケットに乗った少年 神戸製鋼コベルコスティーラーズコーロクン トヨタ自動車ヴェルブリッツユニホームを着た雷神 九州電力キューデンヴォルテクス九州地形象ったベースの上下に地元7県を表す7本のラインレイアウトチームキャラクター日本神話登場する力の神『アメノタヂカラオ』をデザインコカ・コーラレッドスパークス球団のマスコットキャラクター・スパーキー クボタスピアーズユニコーン キヤノンイーグルス盾形に黒・オレンジ・黒、中央に白の盾形左右に黒の中央に大きく羽ばたくチーム、それを支え二羽サポーターチーム夢を実現するためにチームサポーター一体となっていることを表現Honda HEAT火の玉をモチーフにしたキャラクターNTTコミュニケーションズシャイニングアークス青いラグビーボール型シルエットに、NTTコミュニケーションズ象徴するロゴシャイニングアークス」をデザインNTTドコモレッドハリケーンズ文字「R」バックに、レッドハリケーンズロゴ

※この「ジャパンラグビートップリーグ」の解説は、「ペットマーク」の解説の一部です。
「ジャパンラグビートップリーグ」を含む「ペットマーク」の記事については、「ペットマーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャパンラグビートップリーグ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャパンラグビートップリーグ」の関連用語

ジャパンラグビートップリーグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャパンラグビートップリーグのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャパンラグビートップリーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2014年のスポーツ (改訂履歴)、2016年のスポーツ (改訂履歴)、2015年のスポーツ (改訂履歴)、プレーオフ (改訂履歴)、放映権 (ラグビー) (改訂履歴)、ペットマーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS