コベルコ神戸スティーラーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コベルコ神戸スティーラーズの意味・解説 

コベルコ神戸スティーラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/12 09:28 UTC 版)

コベルコ神戸スティーラーズ(コベルコこうべスティーラーズ、: Kobelco Kobe Steelers)は、兵庫県神戸市をホストタウンとしてJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。


注釈

  1. ^ 後に日本代表にも選出された。
  2. ^ フォワード(FW)8名が得点源となり、スクラムハーフ(SH)は球出し、スタンドオフ(SO)はタッチキックなど主にキックプレーに特化させ、残る5人のバックス(BK)は概ねディフェンスに回ってもらうというプレースタイル。モールラックプレーがゲームプランの中心となる。
  3. ^ 阪神・淡路大震災の2日前であった。
  4. ^ サントリーと両チーム優勝
  5. ^ a b c ジャパンラグビートップリーグ2018-2019総合順位決定トーナメント 兼 第56回日本ラグビーフットボール選手権大会
  6. ^ 1995年度はトヨタ自動車と神戸製鋼が同率首位で並んだが、抽選の結果、トヨタ自動車が優勝した。
  7. ^ トヨタ自動車、大阪府警と3チーム優勝
  8. ^ トヨタ自動車と両チーム優勝
  9. ^ a b 大会名表記は「ジャパンラグビートップリーグカップ2019
  10. ^ 中止時点での成績は、パナソニックとともに6戦全勝

出典

  1. ^ ベースボールマガジン社『ラグビー 戦後70年史』p9
  2. ^ 〈1〉「中央に勝つ」気概、不滅  巨漢FWも懸命のパス - 読売新聞
  3. ^ ベースボールマガジン社『ラグビー 戦後70年史』p32
  4. ^ ベースボールマガジン社『ラグビー 戦後70年史』p10
  5. ^ 旧国立競技場の主なイベント実績等”. www.jpnsport.go.jp. 2023年5月17日閲覧。
  6. ^ 大西自身の著書、『戦闘集団の人間学〜勝つために、組織は、個人は何をすべきか〜』によると、自身の代わりに当チームに加入してからはほとんどLOのポジションだったマーク・イーガンがNo8のポジションに入ることになったことで、主将の細川隆弘と言い合いとなり、ひいては1994年度のシーズン限りで引退を決意することになったと述べられている。
  7. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  8. ^ ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ”. 日本ラグビーフットボール協会. 2020年3月23日閲覧。
  9. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年5月13日閲覧。
  10. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2022-23)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年5月13日閲覧。
  11. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン 順位表(2023-24)”. 【公式】NTTジャパンラグビー リーグワン. 2024年5月13日閲覧。
  12. ^ 順位 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  13. ^ コベルコ神戸スティーラーズ 選手一覧 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  14. ^ a b オフィシャルパートナー|コベルコ神戸スティーラーズ”. www.kobesteelers.com. 2024年5月10日閲覧。


「コベルコ神戸スティーラーズ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  コベルコ神戸スティーラーズのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コベルコ神戸スティーラーズ」の関連用語

コベルコ神戸スティーラーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コベルコ神戸スティーラーズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコベルコ神戸スティーラーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS