モールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 遊歩道 > モールの意味・解説 

モール【mall】


モール【maul】

読み方:もーる

ラグビーで、ボール持ったプレーヤー周囲に、双方プレーヤー立ったまま身体密着させて密集する状態。


モール【mole】

読み方:もーる

もぐら。


モール【The Mall】

読み方:もーる

ナショナルモール


モール【(ポルトガル)mogol】

読み方:もーる

《もとインドモグールムガル帝国好んで用いられところから》絹の紋織物一種縦糸絹糸で、横糸金糸用いたものを金モール銀糸用いたものを銀モールという。モール織り

金・銀糸または色糸より合わせ飾り糸装飾用いる。モール糸。

細い針金色糸ビニールなどをよりつけたもの手芸などに用いる。

[補説] 「莫臥児」とも書く。


モール

名前 MohlMorMaulMohrMoleMallMauleMaureMöhlMolesMollMoórMór; More; MortMoule

モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 09:46 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

モール

一覧

関連項目



モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:25 UTC 版)

大空魔竜ガイキング」の記事における「モール」の解説

38話に登場怪力催眠能力テレパシー能力を持つ雪男似た宇宙生物成長する大空魔竜並の巨体成長するため、暗黒怪獣素材として暗黒ホラー軍団により乱獲されていた心を許したミルンには非常に優しい。

※この「モール」の解説は、「大空魔竜ガイキング」の解説の一部です。
「モール」を含む「大空魔竜ガイキング」の記事については、「大空魔竜ガイキング」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 09:39 UTC 版)

魔王物語物語」の記事における「モール」の解説

ネグラの奥でいつも壁を掘っている盲目の男かつてはゼルヒの側近であった。ゼルヒが発狂した時に、彼を救う方法は彼を倒す事だ考え勝負挑んだ敗れその際に視力失った

※この「モール」の解説は、「魔王物語物語」の解説の一部です。
「モール」を含む「魔王物語物語」の記事については、「魔王物語物語」の概要を参照ください。


モール(Gaetan "Mole" Moliére)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 05:25 UTC 版)

アトランティス 失われた帝国」の記事における「モール(Gaetan "Mole" Moliére)」の解説

地質学者フランス出身だが、穴を掘るのが大好きでまさにモグラのような男。

※この「モール(Gaetan "Mole" Moliére)」の解説は、「アトランティス 失われた帝国」の解説の一部です。
「モール(Gaetan "Mole" Moliére)」を含む「アトランティス 失われた帝国」の記事については、「アトランティス 失われた帝国」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 06:02 UTC 版)

銀牙〜THE LAST WARS〜」の記事における「モール」の解説

高速道路サービスエリア降りた赤目出会ったダックスフント。子やいとこを連れモンスーン貯蔵庫収容されていた奥羽軍戦士救出するその後行方不明帰る描写もなく言及もされなかったが、おそらく帰ったとされる

※この「モール」の解説は、「銀牙〜THE LAST WARS〜」の解説の一部です。
「モール」を含む「銀牙〜THE LAST WARS〜」の記事については、「銀牙〜THE LAST WARS〜」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 12:05 UTC 版)

歩行者空間」の記事における「モール」の解説

「モール」は、自動車をすべて排除しているもの、バスタクシーのみを通行可能としているもの、一般車通行可能なものなどがあり、各地域地域性交通条件に合わせた形態生み出されている。 車両進入禁じたモールをペデストリアンモールフルモール)という 。世界で初め商業街路での車両通行禁止したのは1930年ドイツのエッセンにあるリンベッカー通りであったといわれている。また、世界で初め登場したのは第二次世界大戦終わって間もないころともいわれており、西ドイツ商店街最初だったとも、オランダロッテルダム商店街最初だったともいわれ、起源について諸説ある。

※この「モール」の解説は、「歩行者空間」の解説の一部です。
「モール」を含む「歩行者空間」の記事については、「歩行者空間」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/06/23 13:49 UTC 版)

スタディスタジアム」の記事における「モール」の解説

カグヤ同じく月の都住民だったが、月の爆発により、カグヤ連れて地球やってきたモデル一寸法師で、背が低いカグヤ心から慕っており、行動を共にしている。

※この「モール」の解説は、「スタディスタジアム」の解説の一部です。
「モール」を含む「スタディスタジアム」の記事については、「スタディスタジアム」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:19 UTC 版)

Dragon's Dogma」の記事における「モール」の解説

エルンスト城塞跡を根城にしている盗賊団の長。強面見た目とは裏腹に理知的な性格で、彼の率い盗賊団規律や掟に厳しい。

※この「モール」の解説は、「Dragon's Dogma」の解説の一部です。
「モール」を含む「Dragon's Dogma」の記事については、「Dragon's Dogma」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 08:20 UTC 版)

サイレントヒル3」の記事における「モール」の解説

下水道一室入手できる武器であり、いわゆるモーニングスターリーチ長いが、攻撃モーション極端に遅いという致命的な弱点を持つ。命中部位によって攻撃性能が変化するという特徴持ち先端鉄球部分命中させると大抵の敵を一撃ダウンさせる事が可能だが、柄の部分攻撃力鉄パイプより劣る

※この「モール」の解説は、「サイレントヒル3」の解説の一部です。
「モール」を含む「サイレントヒル3」の記事については、「サイレントヒル3」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:15 UTC 版)

ZONE OF THE ENDERS」の記事における「モール」の解説

マミーヘッドなどが装備している誘導兵器表面装甲をかぶせ、シールド貫通する機能を持つものは「ハーミット」と呼ばれる

※この「モール」の解説は、「ZONE OF THE ENDERS」の解説の一部です。
「モール」を含む「ZONE OF THE ENDERS」の記事については、「ZONE OF THE ENDERS」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 13:41 UTC 版)

防諜」の記事における「モール」の解説

モール(もぐら)は組織Aに忠誠を誓うことから始めるが、諜報員として訓練を受けている場合受けていない場合とがある。実際には彼らは訓練を受けていない外国諜報機関浸透していく意思があり、そのリスク理解していない場合、または類まれな勇敢な人物で、B国に対する高い関心があり、限られた準備のために本当に忠誠誓っている組織明らかになった場合報復を受けるリスクを負うことをいとわない場合とがある。 組織Aから始め 組織Bに加入し 組織Aに報告する、またはその組織離れる組織崩壊するまで作戦混乱させる留意すべきことは、プロフェッショナルの諜報員なかには、敵の諜報機関作戦技術軍事作戦について重要な情報を得るため、敵の組織人物個人的な関係を築くためモールとしての役割受け入れる者もいるということである。そのような人物事務員宅配業者装い多くの書類撮影したりするが、実際にはそうではなく、敵が何を考えているかを探ることが目的であり、そのためのモールは一般的な人的な資産となる。整理すると、すべてのモールは人的な資産であるが、すべての人的な資産がモールであるわけではない。 より困難な方法のひとつには、敵の諜報機関(またはテロリスト集団)が「離反」の構え取っている(自主的に情報を提供としようとしている)敵の諜報員採用しようとする場合の「どっちつかず」のモールがある。 他の特別な事例挙げると、時にい年齢で組織に入るが、上級地位につくまで明らかに報告した疑い持たれるような何かをしたりすることなく活動する深く潜伏した」あるいは「スリーパー」と呼ばれるモールがある。キム・フィルビーは彼が既に共産主義染まってからイギリス政府採用され活動したエージェントの例である。

※この「モール」の解説は、「防諜」の解説の一部です。
「モール」を含む「防諜」の記事については、「防諜」の概要を参照ください。


モール(mole)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 13:44 UTC 版)

モールカート」の記事における「モール(mole)」の解説

声はマリオに似ている。前歯1本で胸に「M」が書かれていて、マント着ているのが特徴である。

※この「モール(mole)」の解説は、「モールカート」の解説の一部です。
「モール(mole)」を含む「モールカート」の記事については、「モールカート」の概要を参照ください。


モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 07:43 UTC 版)

SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES」の記事における「モール」の解説

両手武器属性:、光

※この「モール」の解説は、「SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES」の解説の一部です。
「モール」を含む「SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES」の記事については、「SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES」の概要を参照ください。


モール(Mole)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 22:56 UTC 版)

たのしい川べ」の記事における「モール(Mole)」の解説

のんきなもぐら。最初に登場する川岸の生活に始めは威圧されるものの、その生活にも次第になれてくる。

※この「モール(Mole)」の解説は、「たのしい川べ」の解説の一部です。
「モール(Mole)」を含む「たのしい川べ」の記事については、「たのしい川べ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

モール

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:30 UTC 版)

語源1

英語: mall

名詞

モール

  1. 木陰のある遊歩道

発音(?)

東京アクセント
も↘ーる
関連語

語源2

ポルトガル語: mogol

名詞

モール

  1. 繊維金属より合わせ、丸ブラシ状にしたもの

語源3

名詞

  1. 電線などの配線収納するカバー
類義語

せんぴ、ケーブルカバー、ダクト


「モール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



モールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大空魔竜ガイキング (改訂履歴)、魔王物語物語 (改訂履歴)、アトランティス 失われた帝国 (改訂履歴)、銀牙〜THE LAST WARS〜 (改訂履歴)、歩行者空間 (改訂履歴)、スタディスタジアム (改訂履歴)、Dragon's Dogma (改訂履歴)、サイレントヒル3 (改訂履歴)、ZONE OF THE ENDERS (改訂履歴)、防諜 (改訂履歴)、モールカート (改訂履歴)、SILENT HILL: BOOK OF MEMORIES (改訂履歴)、たのしい川べ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS