絹織物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > 織物 > 絹織物の意味・解説 

きぬ おりもの [3][4] 【絹織物】

絹糸で織った織物総称しなやか光沢があり、染色性に富むため衣料として古くから用いられた。羽二重縮緬ちりめん)・御召・紬(つむぎ)など。

絹織物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/19 19:16 UTC 版)

絹織物(きぬおりもの)は、で織った織物のことである。しなやかで強く美しい光沢があるため、繊維の中でも最も珍重されてきた。丈夫であることから、銃弾を防ぐ用途にも使われた。




  1. ^ 学術月報, 第 407~411 巻 文部省大学学術局, 1979 367ページ
  2. ^ a b c 浙江省004杭州旧城と開発区 ~マルコポーロのたたえた「美麗都市」著者: 「アジア城市(まち)案内」制作委員会
  3. ^ 世界大百科事典 第2版 きぬおりもの【絹織物】コトバンク
  4. ^ 大判ビジュアル図解 大迫力!写真と絵でわかる日本の合戦 82p
  5. ^ 日本三代実録
  6. ^ Wounds and Wound Repair in Medieval Culture 178 ページ
  7. ^ Subotai the Valiant: Genghis Khan's Greatest General 32 ページ
  8. ^ Erwin, Richard E. (1993). The Truth about Wyatt Earp (2nd ed.). Carpinteria, CA: O.K. Press. ISBN 9780963393029. 
  9. ^ Edwards, Josh (1980年5月2日). “George Goodfellow's Medical Treatment of Stomach Wounds Became Legendary”. The Prescott Courier. pp. 3–5. https://news.google.com/newspapers?nid=886&dat=19800502&id=jH8vAAAAIBAJ&sjid=vkwDAAAAIBAJ&pg=4536,249915 
  10. ^ Dr. George Goodfellow”. 2014年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月8日閲覧。
  11. ^ Hollington, Kris (2008). Wolves, Jackals, and Foxes: The Assassins Who Changed History. St. Martin's Press. ISBN 9781429986809. https://books.google.com/books?id=I8LHU4f_hkQC&pg=PA108. 
  12. ^ 中国3大名錦・南京雲錦博物館がリニューアル(フォーカス・アジア)
  13. ^ 錦織国立民族学博物館
  14. ^ 金襴(きんらん)(コトバンク)
  15. ^ 成都「蜀錦刺繍博物館」 無形文化財の織物技術人民網日本語版)


「絹織物」の続きの解説一覧



絹織物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絹織物」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

絹織物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



絹織物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絹織物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS