ポリエステルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > エステル > ポリエステルの意味・解説 

ポリエステル【polyester】

エステル結合-CO-O-をもつ高分子化合物総称エチレングリコールテレフタル酸との縮重合によって得られるエチレンテレフタラートが代表的で、合成繊維テトロンなどが作られる。合成樹脂には、不飽和ポリエステル樹脂アルキド樹脂などがある。


ポリエステル

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ポリエステル

透明感抑え目で発色優れている感じ素材不飽和ポリエステルが多く使われている。アクリル性質似ている為、機械彫りが多い。

ポリエステル

ポリエステル
1941年イギリス開発された合成繊維です。特徴ナイロンとよく似ていますが、ナイロンより暖かい感触をもっています。強度収縮広範囲変化させることのできる繊維なので木綿や麻の持つ性質を示すことも、絹や羊毛性質似せることもでき、多種繊維作り出すこともできます


ポリエステル POLYESTER

単量体相互結合部分が主としてエステル結合による長鎖合成高分子からなる繊維カーペット用にはステープ ル(紡績糸)を使い米国ではポリエステル・カーペットの反染めも行なわれているほどだが、わが国ではポリエステ ル・カーペットそのもの普及率が低く、クラレエステル(クラレ)のみが気を吐いている。

ポリエステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 20:14 UTC 版)

ポリエステル(polyester。略号、PEs)は、多価カルボン酸(ジカルボン酸)とポリアルコール(ジオール)とを、脱水縮合してエステル結合を形成させることによって合成された重縮合体である。したがって、一口にポリエステルと言っても様々な物が存在し、その化学組成も様々である。






「ポリエステル」の続きの解説一覧

ポリエステル

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:55 UTC 版)

名詞

ポリ エステル
  1. 多価アルコールと多塩基酸との縮重合によって得られるエステル結合をもつ高分子化合物総称である。繊維建築材、繊維強化プラスチックとして広く使用されている。

語源

翻訳




ポリエステルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポリエステル」の関連用語

ポリエステルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポリエステルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2021 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
Red cloudRed cloud
Copyright©2021. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2021 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリエステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのポリエステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS