合成繊維とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 紡績 > 繊維 > 合成繊維の意味・解説 

ごうせい‐せんい〔ガフセイセンヰ〕【合成繊維】

読み方:ごうせいせんい

合成高分子化合物から紡糸した繊維石油出発原料としているものが多い。ナイロン・ビニロン・ポリエステルなど。→天然繊維


合成繊維

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

合成繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 10:12 UTC 版)

合成繊維(ごうせいせんい、: synthetic fiber)とは、低分子の製造原料から合成によりつくられた高分子の組成の化学繊維[1]。合繊と略す。合成高分子の構造には縮合高分子の繊維(ナイロンポリエステル)と重合高分子の繊維(アクリルポリプロピレン)がある[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k 下村 寿「繊維の分類」『繊維製品消費科学』第8巻第5号、1967年、 271-278頁、2020年6月21日閲覧。
  2. ^ 齋藤勝裕; 山下啓司 『絶対わかる高分子化学』 講談社サイエンティフィク、2005年、142頁。ISBN 4-06-155057-8 


「合成繊維」の続きの解説一覧

合成繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 15:49 UTC 版)

「綿」の記事における「合成繊維」の解説

合繊綿 - 合成繊維による「わた」。主にポリエステル製が多い。木綿綿2倍かさ高があり、保温性優れて軽く、体に馴染み易い。木綿綿混合され使われる場合も多い。

※この「合成繊維」の解説は、「綿」の解説の一部です。
「合成繊維」を含む「綿」の記事については、「綿」の概要を参照ください。


合成繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 16:33 UTC 版)

オイルフィルター」の記事における「合成繊維」の解説

スポンジ状固められた合成繊維を濾材として用いる物。自動車メーカー純正部品として指定しているスピンオン式オイルフィルター用いられることが多く濾紙の物と比べて圧力損失低く耐圧性が高いことが利点である。 ただし濾材構造的性質上、スピンオン式外で採用例が少ないことが難点でもある

※この「合成繊維」の解説は、「オイルフィルター」の解説の一部です。
「合成繊維」を含む「オイルフィルター」の記事については、「オイルフィルター」の概要を参照ください。


合成繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 23:10 UTC 版)

毛糸」の記事における「合成繊維」の解説

アクリルウールは虫害に遭いやすく、洗うことで縮んだり繊維が肌を刺激することがあるため、その代替素材として広く用いられるようになった安価で発色良く軽いが、保温性吸水性ウールには劣り毛玉ができやすい安価な毛糸で「モヘア」と称している場合アクリル素材であることが多い。 ナイロン衣料繊維の中で最も強度がある。天然繊維耐久性高めるため、ウールコットン少量混紡されることが多い。 ポリエステルナイロンに次ぐ強度があり、熱にも強いが、毛玉ができやすい

※この「合成繊維」の解説は、「毛糸」の解説の一部です。
「合成繊維」を含む「毛糸」の記事については、「毛糸」の概要を参照ください。


合成繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 15:15 UTC 版)

押出成形」の記事における「合成繊維」の解説

多くの合成繊維は、高圧、または中低圧で流動化した材料圧縮して多数小さな孔から押し出すことで、求め断面形状のものが作り出されている。小さな孔ノズル呼ばれ特殊な形状ノズル作られた繊維製品は「異型断面繊維」と呼ばれ手触り光沢吸収性重量保温性などがそれぞれ異な独特の風合い与えられることでアパレル産業デザイン上の広がり与えている。合成繊維はセルロースによる繊維素化学合成されたポリマーチップフレーク状のものを溶媒溶かしたり加熱して液体にされて押出成形機の加圧部に注入される。この液体を糸に加工する工程は、従来天然繊維紡ぐspinning加工工程と同様に「紡糸工程」と呼ばれ、主に以下の3つの方法がある。 溶融紡糸法 250-300加熱され溶融して液体状となった原料は、ノズルから押出されて所定の断面形状になった瞬間から水飴状の繊維冷風さらされ冷却される冷やされながら固化した繊維は、多数ノズルから出たものが束ねられながら軽い張力で巻き取られてゆく。流動化しにくいために高圧力が必要なナイロンポリエステルポリプロピレン紡糸採用される 湿式紡糸法 原料溶剤溶かされたまま加熱はされず、所定の断面形状ノズルから直接凝固浴と呼ばれる薬剤中に押出される。凝固中でポリマー溶かしていた溶剤拡散することでポリマーだけが取り残され凝固する凝固した繊維の束が凝固浴の端から巻き取られるレーヨンビニロンアクリル繊維紡糸採用される 乾式紡糸法 原料気化しやすい溶剤溶かされたまま加熱はされず、所定の断面形状ノズルから押出され、高温ガス中にさらされ溶剤蒸発し乾燥される。乾燥した繊維の束が端から巻き取られるアセテートスパンデックス多様なアクリル繊維紡糸採用される 中空形状繊維製品押出成形では、金属素材とするダイ異なりノズル簡単な構造で済む。ポリマーノズルから出た直後にはまだ流動性あるため対向する端同士勝手に繋がって管状となる。

※この「合成繊維」の解説は、「押出成形」の解説の一部です。
「合成繊維」を含む「押出成形」の記事については、「押出成形」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「合成繊維」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合成繊維

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:14 UTC 版)

名詞

合成 繊維ごうせいせんい

  1. プラスチック繊維加工したもの

関連語


「合成繊維」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



合成繊維と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

合成繊維のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合成繊維のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成繊維 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの綿 (改訂履歴)、オイルフィルター (改訂履歴)、毛糸 (改訂履歴)、押出成形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの合成繊維 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS