衣料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 資産 > > 衣料の意味・解説 

い りょう -れう [1] 【衣料】

につけて着るものの総称また、その材料となる布地など。 「 -品」


被服

(衣料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/28 16:48 UTC 版)

衣服(いふく、: clothes あるいは clothing)あるいは被服(ひふく)とは、身体に着用するものを指すための用語。




  1. ^ 繊維等製品の製造や機能面に関する学術研究教育行政分野等では「被服」の語が用いられる(陸軍被服本廠被服学等)。「被服」はあくまで専門用語、たとえば学術用語や会計用語(「被服費」)や軍隊用語などとして用いられ、通常の生活ではまず絶対に用いない。たとえば家族間・知人間で「(寒いから)何かもっと服(衣類)を着なさい」とは言うが、「何か被服を着なさい」とは絶対に言わない。百科事典でも一般に「被服」では項目を立てない。たとえば「衣服」などで項目を立てる。なお、英語圏でも普段は英語で話している人々が、あえて何かを抽象的に理解しなおそうとするときや、従来の概念枠から離れて新たな視点で定義しなおしてみようとする時など、わざわざギリシア語で新語を造語してみて、それを専門用語として用いる、ということがあるが、日本語の場合は、新たに造語する場合、漢字の組み合わせを新たにつくり新たな造語、専門用語とすることがある。「被服」もそうした作為的な用語である。
  2. ^ デジタル大辞泉「ころも(衣)」
  3. ^ a b デジタル大辞泉「きぬ(衣)」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 小学館『日本大百科全書』(ニッポニカ)、「衣服」
  5. ^ なお、元の目的が「身につけること」でない物体の場合でも、人が意図的に身につける場合は、「被服」と捉えられる場合がある。なお余談だが、音楽学、楽器学などの学問でも、もともと「楽器」として使う目的で作られたものでなくても、誰かが意図的に「楽器」として扱えば、それを「楽器」として扱い、研究対象に含める、ということは行われている。たとえば「スプーン」や「せんたく板」などがそうである(イギリスや米国などでスプーンやせんたく板も用いてバンドミュージックが演奏されることがある)。それと同様のことを被服学でも行っている、ということなのである。
  6. ^ 衣服は、衣服を着ている人を見る人の心理にも影響を与え、衣服を着ている人自身の心理にも影響を与えるため、心理学も用いられる。
  7. ^ a b c d e 小学館『日本大百科全書』(ニッポニカ)、「衣服」の項目の「材料」の節。辻ますみ 執筆。
  8. ^ 白衣が実用的な役割というよりも、むしろ心理操作のために使われている、ということ、そのカラクリについては、ロバート・S. メンデルソン 著『医者が患者をだますとき』(草思社、1999)で解説されている。
  9. ^ Kittler, R., Kayser, M. & Stoneking, M. : Molecular evolution of Pediculus humanus and the origin of clothing, Current Biology 13, 1414-1417 (2003)
  10. ^ "Of Lice And Men: Parasite Genes Reveal Modern & Archaic Humans Made Contact," University Of Utah. Retrieved on 2008-01-17.
  11. ^ http://news.nationalgeographic.com/news/2007/07/070718-african-origin.html Modern Humans Came Out of Africa, "Definitive" Study Says]. Christopher Stringer and Peter Andrews (1988) "Genetic and Fossil Evidence for the Origin of Modern Humans" in Science 239: 1263-1268.
  12. ^ 「羊毛文化物語」p58-59 山根章弘 講談社学術文庫 1989年2月10日第1刷
  13. ^ なお、縄文土器(狭義)の縄目文様は撚糸を土器表面で回転させてつけたもので、糸の存在を裏付けるものでもある。
  14. ^ 「虫と文明 螢のドレス・王様のハチミツ酒・カイガラムシのレコード」p47-50 ギルバート・ワルドバウアー著 屋代通子訳 築地書館 2012年9月5日初版発行
  15. ^ 「日用品の文化誌」p82 柏木博 岩波書店 1999年6月21日第1刷


「被服」の続きの解説一覧



衣料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衣料」の関連用語


2
74% |||||


4
74% |||||

5
べべ 国語辞典
74% |||||

6
御召 国語辞典
74% |||||

7
御召物 国語辞典
74% |||||

8
御衣 国語辞典
74% |||||

9
国語辞典
74% |||||

10
洋服 国語辞典
74% |||||

衣料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



衣料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの被服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS