ローブ・デコルテとは?

ローブデコルテ [5]フランス robe décolletée】

男子燕尾服えんびふくに相当する,婦人用の正式な夜会服。襟ぐりが深く大きく肩・背・胸があらわなもの。

ローブデコルテ【ローブデコルテ】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 第10507号
登録年月日 2002年 9月 4日
農林水産植物の種類 スイトピー
登録品種の名称及びその読み ローブデコルテ
 よみ:ローブデコルテ
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅 2005年 9月 6日
品種登録者の名称 小菅昭義
品種登録者の住所 神奈川県高座郡寒川町宮山3861-4
登録品種の育成をした者の氏名 小菅昭義
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、育成者所有育成系統どうしを交配して育成されたものであり、花は旗弁及び翼弁黄白色で冬咲き性の切花向きの品種である。型は高性、最小径及び最大径は太、アントシアン発現有無は無、第一次分枝発達程度は少、節間長はやや長である。複葉対数は1~2、形は広卵形、波打ち程度はやや強、着角度は斜上、葉長は中、幅はかなり広、たく大きさ及びの色は中、葉柄着生部の色は無、葉柄長さは中である。花の着生密度はやや疎、向きは斜上、花形オープン花径はやや小、旗弁長及び幅は中、翼弁長はやや長、幅、舟弁長及び幅は中、花弁斑紋有無は無、旗弁上部及び中央部の色は黄白JHS カラーチャート3301)、下部の色は黄白(同3302)、翼弁上部及び中央部の色は黄白(同3301)、下部の色は黄白(同3302)、舟弁上部の色は淡黄緑(同3303)、中央部の色は黄白(同3301)、下部の色は黄白(同3302)、旗弁の形は全縁旗弁の数は1~2、翼弁の数は2、がくの形は鐘状大きさは中、色は無、雄ずいの数は10、花柄太さ小花柄太さ及び花柄長さは中、小花柄長さはやや長、一花房当たりの花数は中、花の香りはやや弱、開花習性は冬咲き性、冬咲き性の開花期早晩性は中である。「マンモス ホワイト」と比較して、複葉対数が1~2であること、が短いこと等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成4年育成者温室神奈川県高座郡寒川町)において、育成者所有育成系統どうしを交配し、その実生の中から選抜以後固定を図りながら特性の調査継続し、8年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。



ローブ・デコルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 17:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
黒色のローブ・デコルテを身につけているダイアナ妃

ローブ・デコルテ[1]:robe décolletée)は、ネックラインが深く大きくカットされ、首元や胸元を露わにしたスタイル(デコルテ)のドレスのこと。イブニングドレスの代表的なスタイルの1つである。単に「デコルテ」といった場合に、この衣装を指す場合もある。

概要

欧米では、昼と夜の礼服が区別されている。これは、欧米の晩餐会舞踏会演奏会、観劇(演劇オペラバレエミュージカル)などの夜の開催時間が日本に比べて遅く、平日でも勤務先から帰宅して軽く食事を済ませてシャワーを浴びて着替え、夜を楽しめる職住近接が出来ている都市空間であるため。日本の大都市のように通勤時間に1時間以上もかかり、勤務先から直行する都市空間では、昼と夜を着替えて出席する事は帰宅の心配が不要の宮中晩餐会など、親善・外交に出席する場合以外は困難である。[2][3][4][5]

18世紀フランスが発祥とされ、女性の正装礼服として用いられることが多かった。胸や肩を大きく露出させることで着装者の肉体的な美しさを誇示する役目を果たした。オペラ・グローブと呼ばれる肘上まである長い手袋を併せて着用することが多い。

日本では、1886年明治19年)に女性の中礼服として採用され、以後社交界などで着用されるようになった。第二次世界大戦後に、本来の女性用大礼服であったマント・ド・クールが用いられなくなると、ローブ・デコルテが大礼服に替わる公式な場における女性用の正装・礼服として用いられるようになった。宮中行事では朝見の儀など昼間でも着用される。

皇太子徳仁親王成婚の際、皇太子妃雅子ローブ・デコルテを手がけたファッションデザイナーの森英恵は「ローブ・デコルテは勲章をつけるためのドレスであり、肌を出し、皮の長い手袋を合わせる正装[6]と述べている。

脚注

  1. ^ ただし、明治以来日本語による表記法には複数例があり、例えば吉田健一が小説『瓦礫の中』で「ローブデッコルテー」と表記し、他にも「ロブデコルテ」、「ローブデコルテー」、「ローブ・デ・コルテ」など複数の表記法がある。
  2. ^ 國土潤一 『これがオペラだ 上手な楽しみ方とその知識』 音楽之友社 
  3. ^ 渡辺和 『気軽に行こうクラシック・コンサート チケットから服装まで』。 
  4. ^ ミュージカル・演劇(京劇雑技を含む)の開演時間についてはJTBパブリッシングのタビトモの「ニューヨーク」「ロンドン」「北京」「上海」「ソウル」
  5. ^ 渡辺誠 『もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学』〈角川oneテーマ21新書〉。 
  6. ^ 『グレイスフル・ウエディング 1994年春夏』12p

参考文献

関連項目

外部リンク


ローブデコルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 22:17 UTC 版)

ローブデコルテ
Robe Decollte 20080520tokyo11race paddock.jpg
2008年5月18日東京競馬場パドック
欧字表記 Robe Decollete
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2004年4月28日
死没 2014年3月19日(10歳没)
抹消日 2008年10月30日
Cozzene
Color of Gold
母の父 Seeking the Gold
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Mr.& Mrs. Larry D.
馬主 前田幸治
調教師 松元茂樹栗東
厩務員 水島俊雄
競走成績
生涯成績 17戦3勝(中央競馬
1戦0勝(日本国外)
獲得賞金 2億1146万400円
勝ち鞍 JpnI優駿牝馬(2007年)
テンプレートを表示

ローブデコルテ日本の元競走馬2007年優駿牝馬(オークス)を制し、中央競馬クラシック競走史上初の外国産勝利馬となった。また、史上初の芦毛のオークス馬でもある。馬名はフランス語女性礼装ローブ・デコルテ」に由来する[1]2009年より繁殖牝馬となった。

なお、中央競馬で重賞5勝を挙げたダイワテキサスの母は、同名の「ローブデコルテ」だが別の馬である。

戦績

2006年函館競馬場の新馬戦でデビューし、安藤勝己騎乗で勝利する。続く条件戦2走を2着として阪神ジュベナイルフィリーズに出走するが、ウオッカの4着に敗れた。

2007年紅梅ステークスから始動し、これに勝利して2勝目を挙げた。しかし続く桜花賞トライアルチューリップ賞は5着、本番の桜花賞でも4着に敗れた。迎えたオークスでは、桜花賞優勝のダイワスカーレットが感冒のために、ウオッカが東京優駿に出走するためにここを回避し、53年振り・春季開催のオークスとしては史上初めて桜花賞1、2着馬が不在という混戦模様となる。その中でも本馬は5番人気であったが、レースでは中団を進むと最後の直線で大外から追い込み、1番人気のベッラレイアをゴール直前でハナ差交わして優勝した。優勝タイム2分25秒3は、1990年にエイシンサニーが記録した2分26秒1を17年振りに更新するレースレコードだった。

この後は、アメリカンオークスに遠征。鞍上は騎乗停止となっていた福永祐一に替わり、同じくアメリカ遠征をしていた岩田康誠が務めた。レースではスタートで出遅れ、直線で追い込むもパンティーレイドに敗れて5着に終わった。また、競走中に鼻出血を発症したことにより、日米双方で1ヶ月間の出走停止を課せられた。

帰国後は、この夏に発生した馬インフルエンザの影響もあり、予定していたローズステークスを回避して牝馬三冠目の秋華賞へ直行。しかし10着と大敗を喫すると、以降は凡走を続けるようになる。結局、オークス以後は古馬になって出走した阪急杯 (GIII) とNSTオープン(オープン特別)での3着が最高という成績で、2008年秋に出走した府中牝馬ステークスでの10着を最後に競走馬引退、繁殖入りが決まった。

競走馬引退後

馬主の前田幸治が経営するノースヒルズマネジメントで繁殖入りし、初年度の2009年アグネスタキオンと交配され、翌年芦毛の牝馬(スイートメドゥーサ)を出産した。スウィートメドゥーサはデビュー戦を1番人気で快勝したものの、その後2戦続けてスタート直後に外に逃避して競走中止となってしまい、矯正は困難と判断されて引退している。2014年3月19日に、第3子となるハーツクライの仔の出産時に、膀胱破裂のため死亡[2]。仔馬も死亡したため、残した仔は2頭のみであった。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
第1子 スイートメドゥーサ 2010年 芦毛 アグネスタキオン 栗東・松元茂樹 ノースヒルズマネジメント 3戦1勝(引退・繁殖)
第2子 エレーデ 2013年 鹿毛 ディープインパクト 栗東・松元茂樹 前田幸治

競走成績

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 7. 23 函館 2歳新馬 9 4 4 6.5 (3人) 1着 安藤勝己 54 芝1800m(稍) 1:56.5 (36.4) -0.2 (フィールドウイナー)
9. 9 札幌 コスモス賞 12 7 10 13.0 (6人) 2着 安藤勝己 54 芝1800m(良) 1:49.0 (36.1) 0.6 ナムラマース
11. 19 京都 2歳500万下 7 4 4 2.9 (2人) 2着 安藤勝己 54 芝1600m(良) 1:35.6 (35.5) 0.0 ジャングルテクノ
12. 3 阪神 阪神JF GI 18 8 17 22.8 (6人) 4着 福永祐一 54 芝1600m(良) 1:33.8 (34.5) 0.7 ウオッカ
2007 1. 14 京都 紅梅S OP 16 2 4 2.3 (1人) 1着 安藤勝己 54 芝1400m(良) 1:22.5 (35.7) -0.1 (バクシンヒロイン)
3. 3 阪神 チューリップ賞 JpnIII 16 4 8 14.6 (3人) 5着 武豊 54 芝1600m(良) 1:34.8 (34.5) 1.1 ウオッカ
4. 8 阪神 桜花賞 JpnI 18 3 6 76.8 (9人) 4着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:34.5 (33.5) 0.8 ダイワスカーレット
5. 20 東京 優駿牝馬 JpnI 18 1 2 11.7 (5人) 1着 福永祐一 55 芝2400m(良) 2:25.3 (34.7) 0.0 ベッラレイア
7. 7 ハリウッド アメリカンオークス G1 9 5 5 4.7 (2人) 5着 岩田康誠 54.9[3] 芝2000m(不明) 不明(不明) 不明 Panty Raid
10. 14 京都 秋華賞 JpnI 18 8 18 20.0 (4人) 10着 福永祐一 55 芝2000m(良) 1:59.9 (33.9) 0.8 ダイワスカーレット
11. 11 京都 エリザベス女王杯 GI 14 4 5 14.1 (6人) 11着 福永祐一 54 芝2200m(良) 2:13.0 (34.7) 1.1 ダイワスカーレット
2008 2. 3 京都 京都牝馬S GIII 14 3 4 24.1 (11人) 5着 福永祐一 58 芝1600m(重) 1:36.7 (34.7) 0.7 アドマイヤキッス
3. 2 阪神 阪急杯 GIII 16 1 2 20.1 (6人) 3着 福永祐一 56 芝1400m(良) 1:21.1 (34.7) 0.4 ローレルゲレイロ
4. 12 阪神 阪神牝馬S GII 15 7 12 4.8 (3人) 6着 福永祐一 57 芝1400m(良) 1:22.2 (34.7) 0.8 エイジアンウインズ
5. 18 東京 ヴィクトリアマイル JpnI 18 2 3 19.7 (7人) 14着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:35.1 (34.6) 1.4 エイジアンウインズ
8. 24 新潟 NSTオープン OP 10 1 1 3.0 (2人) 3着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:21.1 (34.7) 0.1 ヤマニンエマイユ
10. 5 阪神 ポートアイランドS OP 18 5 9 5.0 (2人) 7着 四位洋文 54 芝1600m(稍) 1:35.8 (34.7) 1.1 マイネルレーニア
10. 19 東京 府中牝馬S GIII 18 3 5 52.4 (11人) 10着 津村明秀 55 芝1800m(良) 1:46.3 (34.3) 0.8 ブルーメンブラット

血統

ローブデコルテ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 カロ系(フォルティノ系
[§ 2]

Cozzene
1980 芦毛 アメリカ
父の父
Caro
1967 芦毛 フランス
*フォルティノ
Fortino
Grey Sovereign
Ranavalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
父の母
Ride the Trails
1971 鹿毛 アメリカ
Prince John Princequillo
Not Afraid
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

Color of Gold
1996 鹿毛 アメリカ
Seeking the Gold
1985 鹿毛 アメリカ
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Con Game Buckpasser
Broadway
母の母
Sulemeif
1980 栗毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Barely Even Creme dela Creme
Dodge Me
母系(F-No.) 10号族(FN:10-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Native Dancer5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ローブデコルテ 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com ローブデコルテ 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ローブデコルテ 5代血統表2017年9月4日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com ローブデコルテ 5代血統表2017年9月4日閲覧。

従姉に中央競馬史上2頭目の牝馬三冠馬スティルインラブ、従兄にラジオたんぱ賞 (GIII) 優勝馬ビッグバイアモンがいる。

脚注

  1. ^ を大きく開けて、を露出するドレスのこと。
  2. ^ ローブデコルテが死亡”. 競馬ブック. 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ 公式発表の121lbsを1lb≒0.4536kgで換算

外部リンク




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ローブ・デコルテ」の関連用語

ローブ・デコルテのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ローブ・デコルテのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローブ・デコルテ (改訂履歴)、ローブデコルテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS