晩餐会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 晩餐会の意味・解説 

晩餐会

読み方:ばんさんかい
別表記:晩さん会

夕方食事晩餐)をとる催しのこと。客を招き食事を共にしつつ懇親交歓を行う趣旨開かれる会を指すことが多い。

天皇皇后両陛下が国賓をもてなすため皇居で催す晩餐会は特に「宮中晩餐会」と呼ばれる

晩餐会に対して朝の会食は朝餐会昼食昼餐午餐)を共にする会は昼餐会という。

「餐」が非常用漢字あるため新聞テレビなどでは「晩さん会」のように部分的仮名表記用いることが多い。

ばんさん‐かい〔‐クワイ〕【晩×餐会】

読み方:ばんさんかい

晩餐をともにする会。特に、正式に人を招いて豪華な食事でもてなす会をいう。「宮中—」


晩餐会

読み方:バンサンカイ(bansankai)

作者 中里恒子

初出 昭和14年

ジャンル 小説


晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 08:56 UTC 版)

晩餐会(ばんさんかい)は、夕食の時間に、正餐(ディナー)を供する宴会である。




「晩餐会」の続きの解説一覧

晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 22:23 UTC 版)

ガチンコ!」の記事における「晩餐会」の解説

カップルレストランで食事しながら本音を打ち明けるコーナー特別編として「バトルロワイヤル」(この企画で関係がこじれたカップル相手考え直すための企画。)、「突入せよ」があった(だまされている男の救済のための企画であった。)。出演者による公序良俗に反する発言BPO問題になった。

※この「晩餐会」の解説は、「ガチンコ!」の解説の一部です。
「晩餐会」を含む「ガチンコ!」の記事については、「ガチンコ!」の概要を参照ください。


晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 13:42 UTC 版)

ドラゴンシャドウスペル」の記事における「晩餐会」の解説

至高の叡智アニマムンディ研究していた13人の博士たちの集まり。その多くが、現在では故人となっている。

※この「晩餐会」の解説は、「ドラゴンシャドウスペル」の解説の一部です。
「晩餐会」を含む「ドラゴンシャドウスペル」の記事については、「ドラゴンシャドウスペル」の概要を参照ください。


晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:00 UTC 版)

ウィーン会談」の記事における「晩餐会」の解説

この日の夜、シェーンブルン宮殿オーストリア政府主催の晩餐会が開催された。ウィーン・フィルモーツアルト演奏ウィーン国立歌劇場舞踊団の「美しき青きドナウ」のバレエ演技などがあり、フルシチョフ終始ご満悦であったカメラマンフルシチョフケネディとの握手するシーン注文されると、「私はまずジャクリーン夫人握手したいよ」と言って笑っていた。

※この「晩餐会」の解説は、「ウィーン会談」の解説の一部です。
「晩餐会」を含む「ウィーン会談」の記事については、「ウィーン会談」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「晩餐会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「晩餐会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

晩餐会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



晩餐会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの晩餐会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガチンコ! (改訂履歴)、ドラゴンシャドウスペル (改訂履歴)、ウィーン会談 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS