儀礼とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 礼法 > 儀礼の意味・解説 

ぎらい【儀礼】

読み方:ぎらい

中国儒教教典の一。17編。周公の著と伝えられる確証はない。古代の礼に関する文献儒家伝承してきたものの一部で、冠婚葬祭中心とする礼の具体規定。「周礼(しゅらい)」「礼記(らいき)」とともに三礼(さんらい)と称せられる。


ぎ‐れい【儀礼】

読み方:ぎれい

慣習によってその形式整えられている礼法礼式

一定の形式のっとって行われる宗教上行為。「通過—」


ぎらい 【儀礼】


ぎれい 【儀礼】


儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/07 01:30 UTC 版)


儀礼(ぎれい)とは、一般的な定義では「宗教的な儀式や、一定の法にのっとった礼式」を指す。過去一世紀の文化人類学者たちの研究によって明らかになったのは、儀礼が「日常生活の中の言語や通常の技術的道具などでは表し伝ええない、社会の連帯といった価値や、結婚といった重大なる事件を明確に表現し、心に強く刻みこむ働きを持つ」ということである、また、経済交換戦争社交挨拶といったものにも儀礼的要素が含まれており、儀礼として理解されることができ、儀礼研究の対象となっている[1]


  1. ^ 以上は平凡社『世界大百科事典』「儀礼」の項による
  2. ^ Bell, Ritual – Perspectives and Dimensions Ch.8 section "The Emergence of 'Ritual'" 特に p.265 “Western scholarship is very powerful” ではじまる段落を参照。
  3. ^ http://www.merriam-webster.com/dictionary/ritual
  4. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 138–169.
  5. ^ Brown, Donald (1991). Human Universals. United States: McGraw Hill. p. 139.
  6. ^ Kyriakidis, E., ed. (2007). The archaeology of ritual. Cotsen Institute of Archaeology UCLA publications.
  7. ^ Festus, entry on ritus, p. 364 (edition of Lindsay).
  8. ^ Barbara Boudewijnse, "British Roots of the Concept of Ritual," in Religion in the Making: The Emergence of the Sciences of Religion (Brill, 1998), p. 278.
  9. ^ Boudewijnse, "British Roots of the Concept of Ritual," p. 278.
  10. ^ Boudewijnse, "British Roots of the Concept of Ritual," p. 278, 引用は Oxford English Dictionary から。
  11. ^ (Tolbert 1990a, 1990b; Wilce 2006)
  12. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 138–169.
  13. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 139–140.
  14. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 145–150.
  15. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 152–53.
  16. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 155.
  17. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 156.
  18. ^ Ortner, Sherry (1973). "On Key Symbols". American Anthropologist. 75: 1340.
  19. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 156–7.
  20. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 156–7.
  21. ^ Myerhoff, Barbara (1997). Secular Ritual. Amsterdam: Van Gorcum. p. 223.
  22. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 94.
  23. ^ Turner, Victor (1969). The Ritual Process: Structure and Anti-Structure. Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 95.
  24. ^ Turner, Victor (1969). The Ritual Process: Structure and Anti-Structure. Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 97.
  25. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. pp. 102–3.
  26. ^ Eliade, Mircea (1954). The Myth of Eternal Return or, Cosmos and History. Princeton, NJ: Princeton University Press. p. 21.
  27. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 109.
  28. ^ Turner, Victor (1967). The Forest of Symbols: Aspects of Ndembu Ritual. Ithaca, NY: Cornell University Press. pp. 9ff.
  29. ^ Turner, Victor (1969). The Ritual Process: Structure and Anti-Structure. Ithaca NY: Cornell University Press. pp. 20–1.
  30. ^ Atkinson, Jane (1987). "The Effectiveness of Shamans in an Indonesian Ritual". American Anthropologist. 89 (2): 342.
  31. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 121.
  32. ^ Turner, Victor (1974). Dramas, Fields, and Metaphors: Symbolic Action in Human Society. Ithaca, NY: Cornell University Press. pp. 23–35.
  33. ^ Kinser, Samuel (1990). Carnival, American Style; Mardi Gras at New Orleans and Mobile. Chicago: University of Chicago Press. p. 282.
  34. ^ Geertz, Clifford (1980). Negara: The Theatre State in Nineteenth-Century Bali. Princeton, NJ: Princeton University Press. pp. 13–17, 21.
  35. ^ Bell, Catherine (1997). Ritual: Perspectives and Dimensions. New York: Oxford University Press. p. 130.
  36. ^ Worsley, Peter (1957). The Trumpet Shall Sound: A Study of 'Cargo Cults' in Melanesia. New York: Schocken books.
  37. ^ William A. Lessa, Evon Z. Vogt eds (1979). Reader in Comparative Religion: An Anthropological Approach. New York: Harper & Row. pp. 36–8.
  38. ^ William A. Lessa, Evon Z. Vogt eds (1979). Reader in Comparative Religion: An Anthropological Approach. New York: Harper & Row. p. 38.
  39. ^ William A. Lessa, Evon Z. Vogt eds (1979). Reader in Comparative Religion: An Anthropological Approach. New York: Harper & Row. pp. 36–8.
  40. ^ Homans, George C. (1941). "Anxiety and Ritual: The Theories of Malinowski and Radcliffe-Brown". American Anthropologist. 43: 164–72.
  41. ^ Radcliffe-Brown, A.R. (1939). Structure and Function in Primitive Society. London: Cohen and West. p. 143.
  42. ^ Leach, Edmund (1954). Political Systems of Highland Burma. London: Bell. pp. 12–13.
  43. ^ Rappaport, Roy (1979). Ecology, Meaning and Religion. Richmond CA: North Atlantic Books. p. 41.
  44. ^ Lansing, Stephen (1991). Priests and Programmers: technologies of power in the engineered landscape of Bali. Princeton NJ: Princeton University Press.
  45. ^ Gluckman, Max (1963). Order and Rebellion in South East Africa: Collected Essays. London: Routledge & Kegan Paul.
  46. ^ Bell, Catherine (1992). Ritual Theory, Ritual Practice. Oxford: Oxford University Press. pp. 42–3.
  47. ^ Turner, Victor (1967). The Forest of Symbols: Aspects of Ndembu Ritual. Ithaca NY: Cornell University Press. p. 30.
  48. ^ Douglas, Mary (1973). Natural Symbols: Explorations in Cosmology. New York: Vintage Books.
  49. ^ Turner, Victor (1969). The Ritual Process: Structure and Anti-Structure. Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 96.
  50. ^ Turner, Victor (1967). The Forest of Symbols: Aspects of Ndembu Ritual. Ithaca NY: Cornell University Press. pp. 96–7.
  51. ^ Bell, Catherine (1992). Ritual Theory, Ritual Practice. Oxford: Oxford University Press. p. 128.
  52. ^ Kuper, Adam (1983). Anthropology and Anthropologists: The Modern British School. London: Routledge & Kegan Paul. pp. 156–7.
  53. ^ Geertz, Clifford (1973). The Interpretation of Cultures. New York: Basic Books. p. 112.
  54. ^ Bell, Catherine (1992). Ritual Theory, Ritual Practice. Oxford: Oxford University Press. pp. 66–7.
  55. ^ Hughes-Freeland, Felicia (ed.). Ritual, Performance, Media. London: Routledge. p. 2.
  56. ^ Bloch, Maurice (1974). "Symbols, Song, Dance and Features of Articulation: Is Religion an Extreme Form of Traditional Authority?". Archives Européennes de Sociologie. 15 (1): 55–84.
  57. ^ Csordas, Thomas J. (2001) [1997]. Language, Charisma, & Creativity: Ritual Life in the Catholic Charismatic Renewal. Basingstoke: Palgrave. pp. 255–65.
  58. ^ Bell, Catherine (1992). Ritual Theory, Ritual Practice. Oxford: Oxford University Press. p. 74.
  59. ^ Dean, Bartholomew 2009 Urarina Society, Cosmology, and History in Peruvian Amazonia, Gainesville: University Press of Florida
  60. ^ Verbit, M. F. (1970). The components and dimensions of religious behavior: Toward a reconceptualization of religiosity. American mosaic, 24, 39.
  61. ^ Küçükcan, T. (2010). "Multidimensional Approach to Religion: a way of looking at religious phenomena". Journal for the Study of Religions and Ideologies, 4(10), 60-70.
  62. ^ http://www.eskieserler.com/dosyalar/mpdf%20(1135).pdf
  63. ^ Glock, C. Y. (1972) ‘On the Study of Religious Commitment’ in J. E. Faulkner (ed.) Religion’s Influence in Contemporary Society, Readings in the Sociology of Religion, Ohio: Charles E. Merril: 38-56.


「儀礼」の続きの解説一覧

儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:35 UTC 版)

コンドアの岩絵遺跡群」の記事における「儀礼」の解説

洞窟住民伝統文化重要な位置を占める成人通過儀礼に使う人々や、聖地崇める人々などがいる。

※この「儀礼」の解説は、「コンドアの岩絵遺跡群」の解説の一部です。
「儀礼」を含む「コンドアの岩絵遺跡群」の記事については、「コンドアの岩絵遺跡群」の概要を参照ください。


儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:45 UTC 版)

一等軍曹」の記事における「儀礼」の解説

一等軍曹は、通常軍曹」と呼称される。ただし、野戦砲兵部隊では「スモーク(Smoke)」と呼ばれるように、特定の部隊では異な呼称存在するまた、一等軍曹階級にある兵士先任曹長(First Sergeant)の階級にある兵士担当する職務遂行するように指示された場合は、「先任曹長」と呼称される。このような場合、その一等軍曹曹長(Master Sergeant)への昇進資格満たしている必要があり、正式に昇進する前にあっても曹長階級章着用することが可能である

※この「儀礼」の解説は、「一等軍曹」の解説の一部です。
「儀礼」を含む「一等軍曹」の記事については、「一等軍曹」の概要を参照ください。


儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 01:57 UTC 版)

騎馬警官」の記事における「儀礼」の解説

騎馬警官はしばし儀礼的な目的で活用される例え国賓などのパレードが行われる際にその先導に騎馬警官がつくことなどがある。かつての王族貴族パレードのような雰囲気醸し出す役割果たしている。日本では信任状天皇提出しアグレマンを受ける外国外交使節大使公使)が馬車乗り、それを皇宮警察警視庁騎馬隊警護することは今でも行われている(自動車出頭してもいいが、多くの使節馬車での送迎を望むという)。これも主として儀礼的な目的と言えるだろう。 「信任状奉呈式」も参照

※この「儀礼」の解説は、「騎馬警官」の解説の一部です。
「儀礼」を含む「騎馬警官」の記事については、「騎馬警官」の概要を参照ください。


儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 13:47 UTC 版)

アメリカ統合参謀本部最先任下士官」の記事における「儀礼」の解説

統合参謀本部最先任下士官は、その特有の職務と地位にかかわらず下士官あるため少尉以上の士官准士官敬意を表する義務があるしかしながら一般的に軍歴の短い下級士官統合参謀本部最先任下士官敬意を表している。そして、他の最先下士官と同様に、統合参謀本部最先任下士官式典等における席次宿舎駐車場送迎等の面で全ての中将より優先されている。

※この「儀礼」の解説は、「アメリカ統合参謀本部最先任下士官」の解説の一部です。
「儀礼」を含む「アメリカ統合参謀本部最先任下士官」の記事については、「アメリカ統合参謀本部最先任下士官」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「儀礼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

儀礼

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:23 UTC 版)

名詞

(ぎれい)

  1. 慣習により形式整えられている礼儀礼法

発音(?)

ぎ↗れー

「儀礼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



儀礼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

儀礼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



儀礼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの儀礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコンドアの岩絵遺跡群 (改訂履歴)、一等軍曹 (改訂履歴)、騎馬警官 (改訂履歴)、アメリカ統合参謀本部最先任下士官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの儀礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS