伝統文化とは? わかりやすく解説

伝統

(伝統文化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 03:37 UTC 版)

伝統(でんとう)は、信仰風習制度思想学問芸術などの様々な分野において、古くからの仕来り・様式傾向血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。


  1. ^ 日本国語大辞典、小学館、2005年。
  2. ^ 広辞苑、第六版、岩波書店、2008年。
  3. ^ a b c d e 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日
  4. ^ a b エリック・ボブズボウム、テレンス・レンジャー(編)、『創られた伝統』紀伊國屋書店、1983年。
  5. ^ a b c 「創られちゃう伝統――「夫婦別姓」最高裁判決を受けて生じる無邪気な言説」、Yahoo News、2015年12月18日
  6. ^ a b c d e 特集ワイド:「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?” (日本語). 毎日新聞. 2021年8月17日閲覧。
  7. ^ a b c 白川千尋 国立民族学博物館(編)「創られた伝統」『世界民族百科事典』 丸善出版 2014 ISBN 9784621088234 pp.56-57.
  8. ^ 法令全書明治九年1453頁
  9. ^ 井戸田博史『夫婦の氏を考える』世界思想社、2004年
  10. ^ 原田実『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』星海社、2014年。
  11. ^ 原田実『江戸しぐさの終焉』星海社、2016年
  12. ^ 宋美玄、他、「各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと」、メタモル出版、2016年。
  13. ^ Michele M. Mason “Empowering the Would-be Warrior: Bushido and the Gendered Bodies of the Japanese Nation”
  14. ^ 輪島裕介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書、2010年。
  15. ^ 熊倉功夫 (1999). 『文化としてのマナー』. 岩波書店. p. 47-49 
  16. ^ 平山昇『鉄道が変えた社寺参詣 · 初詣は鉄道とともに生まれ育った』交通新聞社新書
  17. ^ 成澤宗男週刊金曜日編 『日本会議と神社本庁』 金曜日、2016年、40ページ。
  18. ^ 相撲の”女人禁制”は明治以降に作られた虚構? 救命中の女性に「土俵から降りて下さい」が波紋」『キャリコネニュース』、2018年4月5日。2018年4月6日閲覧。
  19. ^ 清水克行『喧嘩両成敗の成立』講談社メチエ、14頁。
  20. ^ 近藤好和『弓矢と刀剣』吉川弘文館、121頁。
  21. ^ 在日ロシア人排斥、ウィル・スミス擁護…日本にはびこる「正しい暴力」の幻想” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2022年4月21日). 2022年4月21日閲覧。
  22. ^ 広田照幸、日本人のしつけは衰退したか、講談社、1999年。
  23. ^ 品田悦一、「萬葉集の発明」、新曜社、2001年。
  24. ^ マーク・シングルトン 『ヨガ・ボディ - ポーズ練習の起源』喜多千草訳、大隅書店、2014年。ISBN 978-4-905328-06-3 
  25. ^ 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、 417-418頁、 NAID 110008514008


「伝統」の続きの解説一覧

伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 11:30 UTC 版)

親日」の記事における「伝統文化」の解説

江戸時代オランダ貿易明治時代イギリスを始めとしてヨーロッパアメリカ間で貿易が行われた際に輸出されつづけた日本文化は、当時驚き新奇性を持ってブーム巻き起こした。 これをジャポニスムという。その後日本文化への憧憬廃れず世界中に日本関心を抱く愛好者がいる。 書や絵画工芸尺八箏曲雅楽などの邦楽、能や歌舞伎日本舞踊などの伝統芸能俳句源氏物語などの文学盆栽日本庭園、寺や社や城郭建築などの建築華道茶道といった日本独自伝統芸術、また柔道剣道相撲などの武術、禅、芸者寿司など、様々な分野伝統的な日本の文化に対する熱心な愛好者がいる。 たとえば盆栽展に行くと米国フランス若者愛好家よく目にするし、外国人尺八演奏家もいるなど、伝統文化・伝統芸能分野日本人以外がそういった文化吸収積極的なケース見出せる日本の武道に関しても、スポーツなどとして競技人口膨大な数にのぼり国技であるとされる相撲で外国人力士数多い

※この「伝統文化」の解説は、「親日」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「親日」の記事については、「親日」の概要を参照ください。


伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 13:48 UTC 版)

ディネ」の記事における「伝統文化」の解説

多数バンド集団)に分かれティピーによる平原での狩猟生業しており領域ヘラジカなど大型の獲物が少ないことから、ことにカンジキウサギヘアー)を主食としている。冬季には慢性的な飢餓苦しめられ人肉食記録数多く残されている。エスキモー似た風俗で、「ヘア・インディアン・ドッグ」という独自犬種犬ぞり使役するカナダ政府同化政策によって、伝統的な生活は消滅しつつある。

※この「伝統文化」の解説は、「ディネ」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「ディネ」の記事については、「ディネ」の概要を参照ください。


伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 01:58 UTC 版)

マダガスカル」の記事における「伝統文化」の解説

詳細は「マダガスカルの文化」および「マダガスカル料理を参照 マダガスカル内に存在する多数民族的サブグループそれぞれ歴史的に独自の存在だという意識獲得することを可能にした自分たちの信仰生活様式にこだわる。しかしながら、島全土普遍的に見られる文化的特徴数多く存在し、それらはマダガスカル人文化的アイデンティティ強く結びつけるとなっている。マダガスカル人伝統的な世界観は、全国的に通じる言語の存在創造神先祖崇拝中心とした伝統宗教共有に加え、「フィハヴァナナ(fihavanana、団結)」「ヴィンタナ(vintana、運命)」「トゥディ(tody、一種のカルマ)」「ハシナhasina、人に権威持たせる神聖な生命の力)」などに重きを置く価値観により、形作られている。そのほか全島的に共通する文化要素としては、男子割礼、強い親族同士紐帯まじないの類、貴族平民奴隷分かれる社会身分階層植民地期廃止)がある。 社会身分制度法的に廃止されたが、出身階層同じくするもの同士つながり続いており、社会的地位経済上機会多さコミュニティ内での役割などに影響与えている。マダガスカルには、アラブ伝来とされる占星術体系に基づいて星占いを行う「ムパナンヂュ(Mpanandro)」と呼ばれる占い師昔からいる。ムパンナヂュは、婚礼日取りや「ファマディハナfamadihana)」の日程など、重要な行事に対して最も縁起のよい日はいつかといった相談を受ける。同じように植民地化される前のマダガスカルにおける多くの共同体においては、「ウンビアシ(ombiasy)」として知られる助言者貴族雇われいたものであった。「ウンビアシ」は、有徳人意味する「ウルナ・ベ・ハシナ(olona-be-hasina)」からきた言葉で南東部に住むアンテムル族に属する。彼らは先祖さかのぼると最初のころのアラブ人移住者行き着く者たちであったマダガスカル文化多様な起源は、器物住居を通して見ると明らかであるマダガスカルの最も象徴的な楽器である「ヴァリハvaliha)」は、最初期移住者たちが南ボルネオからマダガスカル運んできた竹筒に弦を張ったチターである。これと極めてよく似た形の楽器今日でもインドネシアフィリピン見られる伝統的なマダガスカル家屋は、高く尖らせ屋根中央の支柱持った方形間取り特徴としており、その建築の様式や象徴体系観点から見ると、やはり南ボルネオ家屋よく似ているまた、墓が先祖崇拝広がり反映して多くの地方で文化的に重要である生者の住む家よりも墓の方が長持ちするように、石など素材建設される傾向にある。墓に施される装飾生者の住む家よりも丹念なものであることも多い。絹の生産絹織り開始は、島へ最初の定住民にさかのぼることができる。また、マダガスカル国民的な正装とでも言うべきランバ (まとい布)さまざまに分化し芸術にまで昇華している。 東南アジア文化の影響は、マダガスカル食文化にも見られるマダガスカルでは毎回食事米飯食され、それにさまざまな種類香り豊かな野菜料理肉料理一品つくのが普通であるマダガスカルの米の消費量は、日本の2倍に及ぶ。アフリカ文化の影響は、家畜コブウシゼブ)が神聖視されることや、所有者の富が飼っているコブウシの数で体現されることに見られるこれらの伝統アフリカ大陸起源を持つものである牛泥棒はもともと、最も多くウシ群れ飼育されているマダガスカル平野部における若者通過儀礼であったが、牛飼いたちがウシ取られまいとし武装し、盗む側も専業化して武装強化するにつれ、非常に危険で時には生死賭した試みになった。流通している肉は、牛肉が最も多く安価であり、豚肉の方高価であるまた、家庭でよく飼われているが、あまり食用にはせず、そのため鶏肉はさらに貴重である

※この「伝統文化」の解説は、「マダガスカル」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「マダガスカル」の記事については、「マダガスカル」の概要を参照ください。


伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 01:21 UTC 版)

芸能人格付けチェック」の記事における「伝統文化」の解説

茶道風呂敷小鼓尺八といった日本古来作法正しく出来るかを見る。茶道チェックでは、3人1チーム団体戦行われる場合もある。和楽器一発勝負となっており、一発で音を出せなければ常識なし」となる。

※この「伝統文化」の解説は、「芸能人格付けチェック」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「芸能人格付けチェック」の記事については、「芸能人格付けチェック」の概要を参照ください。


伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:10 UTC 版)

ブカレスト」の記事における「伝統文化」の解説

ブカレスト文化的な生活は革命後のとくに1990年代初期から幅広く豊かになってきた。伝統的なルーマニア文化継続しており、芸術演劇、映画音楽など大きく影響与えている。加えてブカレストには二つ良く知られた民族誌博物館がありルーマニア農民博物館野外農村博物館がある。農村博物館ヘラストラウ公園内にありルーマニア中から集めた272本物建物農家展示されている。ルーマニア農民博物館1996年欧州博物館アワード受賞し織物イコン陶器他のルーマニア農民の生活に関した物が展示されている。ルーマニア歴史博物館ブカレスト重要な博物館一つで、ルーマニアの歴史文化に関した物が収蔵され先史時代ダキア人中世現代幅広い時代カバーしている。

※この「伝統文化」の解説は、「ブカレスト」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「ブカレスト」の記事については、「ブカレスト」の概要を参照ください。


伝統文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 06:33 UTC 版)

美保関町」の記事における「伝統文化」の解説

事代主の神(ことしろぬしのかみ通称恵比寿様)の総本宮である美保神社や、世界歴史的灯台百選選出され美保関灯台民謡関の五本松節で知られる五本松公園 など有する

※この「伝統文化」の解説は、「美保関町」の解説の一部です。
「伝統文化」を含む「美保関町」の記事については、「美保関町」の概要を参照ください。


伝統・文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:06 UTC 版)

伊達市 (福島県)」の記事における「伝統・文化」の解説

保原町保原、つつこびき祭り梁川町山舟生羽山神社山車祭。 霊山竹生嶋流棒術霊山古くから伝承され武術。現在、霊山竹生嶋流棒術健康会が地区交流センター練習会を定期開催大東流合気柔術伝承によると1898年明治31年)に霊山神社宮司保科頼母から武田惣角伝承されたという。現在、霊山では伝承されていない

※この「伝統・文化」の解説は、「伊達市 (福島県)」の解説の一部です。
「伝統・文化」を含む「伊達市 (福島県)」の記事については、「伊達市 (福島県)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伝統文化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「伝統文化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

伝統文化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伝統文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝統 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの親日 (改訂履歴)、ディネ (改訂履歴)、マダガスカル (改訂履歴)、芸能人格付けチェック (改訂履歴)、ブカレスト (改訂履歴)、美保関町 (改訂履歴)、伊達市 (福島県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS