武士道とは?

ぶし どう-だう [2] 【武士道】

日本において武士の間に形成された道徳鎌倉時代始まり江戸時代儒教、特に朱子学裏づけされつつ発展し、明治維新国民道徳として強調された。主君対す絶対的忠節重視し、犠牲礼儀質素倹約尚武などが求められた。士道


武士道

読み方:モノノフノミチ(mononofunomichi)

鎌倉時代土地対す御恩と奉公の関係をもつ献身思想


武士道

作者井上八三

収載図書コーヒーブレイク 1
出版社新風舎
刊行年月2005.1
シリーズ名新風舎文庫


武士道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/10 00:55 UTC 版)

武士道(ぶしどう)は、日本近世以降の封建社会における武士階級の倫理道徳規範及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさし、広義には日本独自の常識的な考え方をさす。これといった厳密な定義は存在せず、時代は同じでも人により解釈は大きく異なる。また武士におけるルールブック的位置ではない思想である。一口に武士道と言っても千差万別であり、全く異なる部分が見られる。




  1. ^ 「創られちゃう伝統――「夫婦別姓」最高裁判決を受けて生じる無邪気な言説」 松谷創一郎 Yahoo News2015年12月18日[出典無効]
  2. ^ Michele M. Mason “Empowering the Would-be Warrior: Bushido and the Gendered Bodies of the Japanese Nation”
  3. ^ 多田顕『武士道の倫理 山鹿素行の場合』永安幸正編集・解説 麗澤大学出版会 2006
  4. ^ 佐賀大学電子図書館 貴重書コレクション 葉隠
  5. ^ Nitobe, Inazo (1900). Bushido: The Soul of Japan. http://www.gutenberg.org/etext/12096.  -(Project Gutenberg)の電子テキスト全文
  6. ^ グーテンベルク・プロジェクトの新渡戸稲造 『武士道』(英文)
  7. ^ 「武士道 / 新渡戸稲造著,桜井彦一郎訳」近代デジタルライブラリー
  8. ^ 新渡戸稲造 『武士道』 矢内原忠雄訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1938年ISBN 4-00-331181-7
  9. ^ 髙橋昌明『武士の成立 武士像の創出』書評
  10. ^ 菅野覚明『武士道の逆襲』書評







武士道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「武士道」の関連用語

武士道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



武士道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武士道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS