曲調とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 調 > 曲調の意味・解説 

きょく‐ちょう〔‐テウ〕【曲調】

読み方:きょくちょう

楽曲調子。「明るい—」


曲調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 15:55 UTC 版)

剣の舞」の記事における「曲調」の解説

この音楽野性的精力的であるが、これは東洋諸民族音楽語法積極的に採用しており、その中でハチャトゥリアン祖国アルメニアグルジア、レズギの民族影響と言われている。さらに伝統的な西洋オーケストレーション採用することで、強烈なインパクトを出すことが出来たのである

※この「曲調」の解説は、「剣の舞」の解説の一部です。
「曲調」を含む「剣の舞」の記事については、「剣の舞」の概要を参照ください。


曲調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/02 08:53 UTC 版)

地球の詩」の記事における「曲調」の解説

風、山などの言葉歌詞中に含まれており、自然や地球テーマになっている

※この「曲調」の解説は、「地球の詩」の解説の一部です。
「曲調」を含む「地球の詩」の記事については、「地球の詩」の概要を参照ください。


曲調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 16:14 UTC 版)

ハイドンの名によるメヌエット」の記事における「曲調」の解説

ラヴェルメヌエット形式の曲は、1895年の「古風なメヌエット」、1901年の「ソナチネ」の第2楽章などが有名である上記の2作に比べればごく短いことや、用意された音列という制約あるために、旋法的な音階などはあまり聞こえない。だが、ラヴェル独特の和声は2分ほどの短い曲の中にも多く登場するまた、同時期作曲された「マ・メール・ロワ」とも近似するかのように思わせる

※この「曲調」の解説は、「ハイドンの名によるメヌエット」の解説の一部です。
「曲調」を含む「ハイドンの名によるメヌエット」の記事については、「ハイドンの名によるメヌエット」の概要を参照ください。


曲調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 23:02 UTC 版)

君が代行進曲」の記事における「曲調」の解説

重厚ともすれば鈍重とも取られがちな君が代のメロディーを、軽快に威厳損なわずまとめあげている。トリオメロディーは、文学博士外山正一の詩に、伊沢修二作曲した皇国守り」である。

※この「曲調」の解説は、「君が代行進曲」の解説の一部です。
「曲調」を含む「君が代行進曲」の記事については、「君が代行進曲」の概要を参照ください。


曲調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 00:53 UTC 版)

SADS」の記事における「曲調」の解説

1stアルバムSAD BLOOD ROCK'N'ROLL』ではザ・ストリート・スライダーズバックヤード・ベイビーズ意識したシンプルな3ピースロックンロール系サウンド2ndアルバムBABYLON』ではシャッフルジャズなどの要素取り入れディレイ音響効果積極的に使用し清春が元々持っている妖艶で怠惰的なイメージ強く全面打ち出した物になり3rdアルバムTHE ROSE GOD GAVE ME』ではグルーヴ感重視しドラムベース一緒に録音しギターベースチューニング落とし意図的に音を割れさせ、より一層ハードでヘヴィなサウンドになっているこのようにアルバムごとにその色を変えていく様は黒夢時代から続いている現象であった一方SADSになってからは社会風刺するような歌詞はあまり書かなくなり黒夢後期では拒んでいた化粧派手なファッション取り入れようになった。さらに後期黒夢散々拒んでいたテレビ出演SADSになってからは何度かしている。ちなみに清春タトゥー入れ始めたのもこの頃である。

※この「曲調」の解説は、「SADS」の解説の一部です。
「曲調」を含む「SADS」の記事については、「SADS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「曲調」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「曲調」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



曲調と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

曲調のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



曲調のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの剣の舞 (改訂履歴)、地球の詩 (改訂履歴)、ハイドンの名によるメヌエット (改訂履歴)、君が代行進曲 (改訂履歴)、SADS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS