アルメニアとは? わかりやすく解説

アルメニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 13:56 UTC 版)

アルメニア共和国(アルメニアきょうわこく、アルメニア語: Հայաստանի Հանրապետություն)、通称アルメニアは、ユーラシア大陸南コーカサスに位置する内陸国である。面積は約2万9800平方キロメートル、人口は約300万人[1]


注釈

  1. ^ 伝説ではこのハイ族の族長アルメナケが一族を率い、自らをと名乗り、一族をアルメニア族と名乗った事が、アルメニアの起源とされている。
  2. ^ そのため、エルサレム聖墳墓教会の塗油台の壷は特別に2個置くことが認められている。
    他は、ローマ教皇庁コンスタンティノープル総主教庁アレクサンドリア総主教庁アンティオキア総主教庁エルサレム総主教庁の五大総主教座(ローマはカトリック教会、残りは東方正教会)、及び、コプト正教会のアレクサンドリア総主教座が各1個。合計8個。
  3. ^ 家屋などの倒壊により約2万5千人が死亡、被災地支援に向かった軍用輸送機Il-76が墜落、兵士69人を含む78名全員死亡。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l アルメニア共和国(Republic of Armenia)基礎データ 日本国外務省(2022年7月25日閲覧)
  2. ^ UNdata”. 国連. 2021年11月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月18日閲覧。
  4. ^ Central Intelligence Agency (2014). The CIA World Factbook 2015. Skyhorse Publishing. p. 5241. ISBN 978-1-62914-903-5. https://books.google.com/books?id=xutfBgAAQBAJ&pg=PT5241 
  5. ^ The UN classification of world regions Archived 25 June 2002 at the Wayback Machine. places Armenia in Western Asia; the CIA World Factbook Armenia”. The World Factbook. CIA. 2010年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月2日閲覧。Armenia”. National Geographic. 2007年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月16日閲覧。, 出典が入力されていません。 (説明), (Italian) Calendario Atlante De Agostini (111 ed.). Novara: Istituto Geografico De Agostini. (2015). p. sub voce. ISBN 9788851124908  and Oxford Reference Online Oxford Reference. Oxford Reference Online. (2004). doi:10.1093/acref/9780199546091.001.0001. ISBN 9780199546091. https://archive.org/details/worldencyclopedi00oxfo.  also place Armenia in Asia.
  6. ^ The Oxford Encyclopedia of Economic History. Oxford University Press. (2003). p. 156. ISBN 978-0-19-510507-0. https://archive.org/details/oxfordencycloped0000unse/page/156 
  7. ^ Human Development Report”. United Nations Development Programme (UNDP) (2019年). 2020年7月27日閲覧。
  8. ^ “アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフ地域めぐる停戦で合意”. CNN.co.jp. CNN. (2020年11月10日). https://www.cnn.co.jp/world/35162198.html 2020年11月17日閲覧。 
  9. ^ 世界中のマスコミが「アルメニア敗戦」を不気味なほど報じなかった理由 PRESIDENT(2020年11月20日)
  10. ^ 造山運動に伴う火山活動でできた石が豊富であり、石の国=カラスタンとも呼ばれる。出典:中島偉晴、メラニア・バグダサリアン編著 『アルメニアを知るための65章』(明石書店 2009年)20ページ。
  11. ^ Armenica.org:Chronology
  12. ^ カエサリアのエウセビウス(260年 - 339年)『教会史』
  13. ^ 吉村貴之「アルメニア / 『第二共和国』の政治 - 安定か停滞か」『アジ研ワールド・トレンド』第8巻第4号(通巻第79号)、アジア経済研究所広報部、2002年4月、 30頁、 ISSN 13413406NAID 40005089033
  14. ^ アルメニア選挙、改革派が圧勝 対ロ関係維持が焦点”. 日本経済新聞 (2018年12月11日). 2019年3月19日閲覧。
  15. ^ “バイデン氏、アルメニア人大量殺害は「ジェノサイド」 米大統領の表明初めて”. BBC News. (2021年4月25日). https://www.bbc.com/japanese/56876478 2021年4月25日閲覧。 
  16. ^ “米が虐殺と認定、オスマン帝国のアルメニア人殺害 トルコ反発”. ロイター. (2021年4月25日). https://jp.reuters.com/article/turkey-usa-armenia-idJPKBN2CC03J 2021年4月25日閲覧。 
  17. ^ “アルメニア人迫害は「虐殺」 米大統領認定、トルコは反発”. 時事通信. (2021年4月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042500043&g=int 2021年4月25日閲覧。 
  18. ^ Opinion: «Armenia can block the cooperation between Pakistan and the EEU»” (ロシア語). Rusarminfo. 2021年3月26日閲覧。
  19. ^ アルメニア基礎データ”. 2019年2月16日閲覧。
  20. ^ Anaïs Coignac (2014年1月28日). “男だけが消えた 旧ソ連の小さな国”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/picture/126657.php 2014年7月31日閲覧。 
  21. ^ メラニア・バグダサリヤン「教育問題」/ 中島偉晴、メラニア・バグダサリアン編著『アルメニアを知るための65章』明石書店 2009年
  22. ^ 中島偉晴、メラニア・バグダサリアン編著『アルメニアを知るための65章』(明石書店 2009年)20–21ページ
  23. ^ 地震多発国 紡いだ絆/アルメニア「3.11」を悼む十字架の石東京新聞』夕刊2022年7月25日3面(同日閲覧)



アルメニア

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 13:14 UTC 版)

固有名詞

アルメニア

  1. 西アジア北端南カフカス内陸部位置する北西ジョージア旧称:グルジア)、北東アゼルバイジャン南西トルコ南東にイラン隣接する地域又は主にその地域居住する民族又はそこに成立する国家アルメニア共和国)の呼称ジョージアアゼルバイジャンとともにコーカサス三国とも呼ばれヨーロッパ含められることもある。首都エレバン

翻訳


「アルメニア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アルメニアと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アルメニアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルメニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルメニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルメニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS