マンチェスター・ユナイテッドFCとは? わかりやすく解説

マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 15:36 UTC 版)

マンチェスター・ユナイテッドFC英語: Manchester United Football Clubイギリス英語発音: [ˈmænʧistə juːˈnaitid ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドグレーター・マンチェスター州トラフォードをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。クラブカラーは[1]


注釈

  1. ^ ユナイテッドは、2000-01シーズン2010-11シーズンに勝ち点80で優勝した。
  2. ^ 小数点第3位四捨五入

出典

  1. ^ Manchester United Players”. Football Arroyo. 2022年6月13日閲覧。
  2. ^ The World's Most Valuable Soccer Teams 2017 Forbes 2017年6月現在。
  3. ^ Deloitte Football Money League | Deloitte UK” (英語). Deloitte United Kingdom. 2020年10月3日閲覧。
  4. ^ “マンU香川、3戦連続で先発”. 朝日新聞デジタル. (2012年9月3日). http://www.asahi.com/sports/update2/0903/TKY201209020409.html 2017年8月5日閲覧。 
  5. ^ “マンU香川「この1年が勝負」 プレミア2季目に向け渡英”. 日本経済新聞. (2013年8月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKF0273_S3A800C1000000/ 2017年8月5日閲覧。 
  6. ^ 山中忍 (2016年6月4日). “マンUとモウリーニョの復活が始まる。240億円の予算で「背骨」は出来るか。”. Number Web. 文藝春秋. 2017年8月27日閲覧。
  7. ^ Tony Barrett (2011年10月31日). “Everton 0 Man U 1: United fans delight in riding their luck” (英語). The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/everton-0-man-u-1-united-fans-delight-in-riding-their-luck-qlr3tnjc8kj 2017年8月24日閲覧。 
  8. ^ 1989: Man U sold in record takeover deal” (英語). 18 August, BBC On This Day. BBC. 2017年8月5日閲覧。
  9. ^ Rob Hughes (2012年10月28日). “Man U Finally Finds a Way to Win at Chelsea” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2012/10/29/sports/soccer/29iht-chelsea29.html 2017年8月24日閲覧。 
  10. ^ “Man U rediscovers aura, winning mentality under Mourinho” (英語). USA Today. (2017年5月25日). https://www.usatoday.com/story/sports/soccer/2017/05/25/man-u-rediscovers-aura-winning-mentality-under-mourinho/102138040/ 2017年8月27日閲覧。 
  11. ^ “Man U wins World Club Cup thriller” (英語). ESPN.com. (1999年12月5日). http://www.espn.com/soccer/news/1999/1130/203784.html 2017年8月1日閲覧。 
  12. ^ Rob Harris (2017年2月26日). “Man U rebounds to capture League Cup, Tottenham grabs second in Premier League” (英語). The Globe and Mail. https://beta.theglobeandmail.com/sports/soccer/manchester-united-rebounds-to-capture-league-cup/article34142538 2017年8月27日閲覧。 
  13. ^ Marc Roche (2010年3月4日). “Golden boys et Diables rouges” (フランス語). Le Monde. http://www.lemonde.fr/sport/article/2010/03/04/golden-boys-et-diables-rouges_1314340_3242.html 2017年8月24日閲覧。 
  14. ^ Xavier Condamine (2017年7月6日). “PSG, Monaco, Man U: Une offre improbable de 180 M€ pour Ronaldo?” (フランス語). Le Figaro. http://sport24.lefigaro.fr/football/transferts/actualites/psg-monaco-man-u-une-offre-improbable-de-180-m-pour-ronaldo-862970 2017年8月24日閲覧。 
  15. ^ Vincente Verdú (2002年6月30日). “Debate: Fútbol y Poder - La clave está en el corazón” (スペイン語). El País. https://elpais.com/diario/2002/06/30/opinion/1025388013_850215.html 2017年8月24日閲覧。 
  16. ^ “Ronaldo e Nani marcam na vitória do Man U” (ポルトガル語). Record. (2009年2月15日). http://www.record.pt/internacional/detalhe/ronaldo-e-nani-marcam-na-vitoria-do-man-u.html 2017年8月27日閲覧。 
  17. ^ “Fußball: ManU holt Ole Gunnar Solskjaer als Interimstrainer” (ドイツ語). Zeit Online. (2018年12月19日). オリジナルの2019年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190113020559/https://www.zeit.de/news/2018-12/19/manu-holt-ole-gunnar-solskjaer-als-interimstrainer-181219-99-284439 2019年1月13日閲覧。 
  18. ^ Marcel Reich (2017年7月27日). “Ibrahimovic macht in Falschgeld – und ManU die Tür auf” (ドイツ語). Die Welt. https://www.welt.de/sport/article167092897/Ibrahimovic-macht-in-Falschgeld-und-ManU-die-Tuer-auf.html 2017年8月24日閲覧。 
  19. ^ “Rooney e ManU insieme fino al 2019” (イタリア語). La Gazzetta dello Sport. (2014年2月21日). オリジナルの2017年8月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170824174610/http://www.gazzetta.it/notizie-ultima-ora/Calcio/Rooney-ManU-insieme-2019/21-02-2014/2-A_011019614.shtml 2020年8月16日閲覧。 
  20. ^ "NYSEMANU"、ニューヨーク証券取引所、2017年8月5日閲覧。
  21. ^ The 10 biggest wastes of money in football history” (英語). ザ・ガーディアン. 2022年3月30日閲覧。
  22. ^ ファーガソン、今季限りで監督を引退
  23. ^ マンチェスター・ユナイテッド、モイーズ新監督就任を発表
  24. ^ ユナイテッド、モイーズ解任を正式に発表
  25. ^ ユナイテッドのモイーズ監督が退団(uefa.com日本語版)
  26. ^ Van Gaal named United manager
  27. ^ Manchester United achieve European clean sweep uefa.com
  28. ^ マイケル・ キャリック” (日本語). www.manutd.com. 2020年7月28日閲覧。
  29. ^ モウリーニョが辞任” (日本語). www.manutd.com. 2018年12月31日閲覧。
  30. ^ 暫定監督はスールシャール” (日本語). www.manutd.com. 2018年12月31日閲覧。
  31. ^ オーレがフルタイムの監督に就任” (日本語). www.manutd.com. 2019年3月28日閲覧。
  32. ^ [4-4-2]、一撃の殺気、ラスト5分の奇跡…PSG戦、あのユナイテッドが帰って来た | footballista.jp” (日本語). footballista. 2019年5月8日閲覧。
  33. ^ #UnfollowManUnited: Fans' social media protest” (英語). ESPN.com (2019年5月7日). 2019年5月8日閲覧。
  34. ^ 「その仕事が自分にはできないと認めるべき」補強失敗で批判を浴びるマンUのCEO、クラブOBをディレクターに招聘か | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2019年8月11日閲覧。
  35. ^ マンU、リバプールかわして首位浮上!! ポグバ弾でバーンリー下して3連勝” (日本語). ゲキサカ. 2021年9月2日閲覧。
  36. ^ 「恥知らずだ」 マンU伝説の英雄、欧州スーパーリーグ創設メンバーの古巣を批判” (日本語). www.football-zone.net. 2021年9月2日閲覧。
  37. ^ エド・ウッドワードが2021年末をもって退任” (英語). www.manutd.com. 2021年9月2日閲覧。
  38. ^ ヨーロッパ・スーパーリーグから脱退” (英語). www.manutd.com. 2021年9月2日閲覧。
  39. ^ オーレ・グンナー・スールシャールに関しクラブが声明発表”. マンチェスター・ユナイテッド (2021年11月21日). 2021年11月21日閲覧。
  40. ^ ラングニックが暫定監督に就任”. ManchesterUnited (2021年11月29日). 2022年1月10日閲覧。
  41. ^ キャリックがファーストチームコーチを退任”. ManchesterUnited (2021年12月3日). 2022年1月10日閲覧。
  42. ^ マンチェスター・ユナイテッド、世界で最も人気のあるクラブに” (日本語). 共同通信PRワイヤー. 2020年3月1日閲覧。
  43. ^ “Mou uses defence like Mayweather - Neville” (英語). ESPN.com. http://global.espn.com/football/manchester-united/story/3251887/man-united-boss-jose-mourinho-is-like-floyd-mayweather-gary-neville 2018年12月2日閲覧。 
  44. ^ Manchester United Kit”. Football Arroyo. 2022年6月13日閲覧。
  45. ^ マンチェスターU、海洋プラスチックでできた新ユニフォームを発表 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン” (日本語). IDEAS FOR GOOD (2018年5月28日). 2020年1月10日閲覧。
  46. ^ Man Utd First Team Squad”. マンチェスター・ユナイテッドFC. 2022年7月14日閲覧。



マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 07:21 UTC 版)

エトヴィン・ファン・デル・サール」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2005年6月10日200ポンドマンチェスター・ユナイテッド移籍不動正GKとしてゴールマウス最後の番人勤め上げた。なおマンチェスター・ユナイテッドGKユニフォーム当時緑色だったため、「緑の巨人」という新し愛称付いた2008年引退噂されたが2010年まで契約延長した2007-08シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝チェルシーFC対戦試合90分で決着がつかずPK戦にもつれ込みチェルシー7人ニコラ・アネルカPKストップしマンチェスター・ユナイテッドを9シーズンぶり3回目優勝導いた2008-09シーズンWBA戦で完封勝利収めチェルシーペトル・チェフ保持していた1025分間というプレミアリーグ無失点記録打ち破ったその後ウェストハム・ユナイテッドFC戦で完封果たし英国全土での無失点記録樹立した2011年1月27日シーズン終了後に現役引退する意向表明その理由を「そろそろ家族のことを考えたい」とコメントした引退表明後もハイパフォーマンスを維持し5月14日ブラックバーン・ローヴァーズ(1-1)本人出場しなかったもののリーグ優勝決め、さらに5月22日ブラックプールFC戦(4-2)も勝利し有終の美飾った5月28日チャンピオンズリーグ決勝FCバルセロナ(1-3)最後に引退マンチェスター・ユナイテッド去った

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「エトヴィン・ファン・デル・サール」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「エトヴィン・ファン・デル・サール」の記事については、「エトヴィン・ファン・デル・サール」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 23:38 UTC 版)

マルコム・グレーザー」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2003年から2005年にかけてグレーザーは英プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC株式買収徐々に進め、約147000ドル支配権獲得した。しかし、クラブ買収資金大半はクラブ資産担保に入れて高利息の借金したものであり、そこへ金融危機サブプライム住宅ローン危機)で資金繰り悪化した結果買収前に財政状況優良であったマンチェスター・ユナイテッドFCは一転多額の負債抱えクラブとなったそのため、グレーザー一家によるクラブ支配反対する声は多く、マンチェスター・ユナイテッドFCの買戻し運動、別チームFCユナイテッド・オブ・マンチェスター)の独立、マンチェスター・ユナイテッドFC設立当時チームカラーである緑と黄色マフラーを身につけて観戦するなど、多くのグレーザー家運動が引き起こされた。

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「マルコム・グレーザー」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「マルコム・グレーザー」の記事については、「マルコム・グレーザー」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 11:30 UTC 版)

ラルフ・ラングニック」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2021年11月29日ロコモティフ・モスクワとの契約解消しプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCの暫定監督就任発表された契約期間2021-2022シーズン終了までだが、契約終了後はコンサルタントに就任することも同時に発表されている。

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「ラルフ・ラングニック」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「ラルフ・ラングニック」の記事については、「ラルフ・ラングニック」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 13:06 UTC 版)

フアン・マタ」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2014年1月24日ジョゼ・モウリーニョマタがマンチェスター・ユナイテッドFCのメディカルチェックを受けることを発表同日マンチェスター・ユナイテッドクラブ史上最高額マタ移籍について合意した発表した背番号は8番を着用することになった1月28日カーディフ戦でマンチェスター・ユナイテッドFCの選手としてデビューしアシスト記録し勝利貢献した2014-15シーズン3月にはリヴァプール戦でプレミアリーグのベストゴールにノミネートされるゴールを決めるなど、クラブのプレーヤーオブザマンスに選ばれた2015-16シーズン9月には、リーグ戦の3試合で2ゴール2アシスト記録3連勝に貢献しクラブのプレーヤーオブザマンスに選ばれたFAカップ決勝クリスタル・パレス戦では同点ゴール決め優勝貢献した2016-17シーズンよりモウリーニョ監督に就任、シーズン前コミュニティー・シールドではリンガード代わり途中出場したが、ロスタイムにムヒタリアンと交代させられるなど、関係性が悪いとささやかれたが、開幕戦ゴール決めたり途中出場などから度々ゴールを決めるなど、徐々に先発出場増えフットボールリーグカップ優勝貢献した3月17日ヨーロッパリーグ決勝トーナメント・ラウンド16のロストフ2ndレグにて決勝ゴール決め8強入り貢献したが、怪我のため3月31日手術を受け全治2か月となった2017-18シーズン12月23日行われたレスター・シティとのゲームでは、前半40分に得点後半61分には直接FK決め、この試合で2得点決めたが、試合レスター追いつかれ、引き分けた2018-19チャンピオンズリーググループステージでのユヴェントス戦では直接FK叩き込んだ。2019年6月18日クラブとの契約2021年まで延長した2019-20シーズンFAカップノリッジ戦でユナイテッドでの250試合出場果たした2020-21シーズン2020年9月30日リーグカップ4回戦ブライトン戦ではマンチェスターUでの通算50ゴールを逹成、この試合最優秀選手選ばれた。このシーズンのリーグ戦出場機会は僅か9試合であったが、2021年7月1シーズン契約延長決めた 2021-22シーズンそれまで僅かな出場時間しか与えられなかったが、ホーム最終節のブレントフォード戦でようやく先発起用され好プレー披露した2022年6月2日、21-22シーズンをもってユナイテッド退団する旨ユナイテッド公式サイトから発表されたマンチェスター・ユナイテッドでの8シーズン半で285試合51ゴール47アシスト刻んだ

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「フアン・マタ」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「フアン・マタ」の記事については、「フアン・マタ」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:52 UTC 版)

アレクシス・サンチェス」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2018年1月22日ヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍した背番号ジョージ・ベストエリック・カントナデビッド・ベッカムクリスティアーノ・ロナウドといった名手たちが背負った7番。しかしこれという活躍出来ないまま、スールシャール監督就任後2019年シーズンには半ば戦力外となった

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「アレクシス・サンチェス」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「アレクシス・サンチェス」の記事については、「アレクシス・サンチェス」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 19:52 UTC 版)

ロメル・ルカク」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2017年7月8日マンチェスター・ユナイテッドルカク移籍に関しエヴァートンFC合意したことを発表7月10日、マンチェスター・ユナイテッドFCと5年契約1年契約延長オプション付き)を結んだことが発表された8月13日ウェストハム・ユナイテッドFCとの開幕戦で2得点決めて勝利貢献した3月31日ユナイテッドプレミアリーグ32節でスウォンジーホーム迎え先発出場したルカク前半5分FWアレクシス・サンチェス横パス左足ゴール左上突き刺し24歳322日でプレミア通算100ゴール達成。この記録達成したのは、ルカク28人目となり、ベルギー人では初のこと。さらにプレミア史上5番目の若さだった。在籍2年間で公式戦96試合42得点13アシストというスタッツだけ見れば立派だが格上相手だと活躍できない勝負弱さ露呈低調パフォーマンスで度々批判受けた

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「ロメル・ルカク」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「ロメル・ルカク」の記事については、「ロメル・ルカク」の概要を参照ください。


マンチェスター・ユナイテッドFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 14:38 UTC 版)

アンデル・エレーラ」の記事における「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説

2014年6月27日ビルバオエレーラ自身の契約解除3600ユーロ支払い、マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍することが発表された契約4年1年オプション付き

※この「マンチェスター・ユナイテッドFC」の解説は、「アンデル・エレーラ」の解説の一部です。
「マンチェスター・ユナイテッドFC」を含む「アンデル・エレーラ」の記事については、「アンデル・エレーラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マンチェスター・ユナイテッドFC」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マンチェスター・ユナイテッドFCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンチェスター・ユナイテッドFCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンチェスター・ユナイテッドFC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエトヴィン・ファン・デル・サール (改訂履歴)、マルコム・グレーザー (改訂履歴)、ラルフ・ラングニック (改訂履歴)、フアン・マタ (改訂履歴)、アレクシス・サンチェス (改訂履歴)、ロメル・ルカク (改訂履歴)、アンデル・エレーラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS