1シーズンとは? わかりやすく解説

1シーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:44 UTC 版)

日本プロ野球記録の一覧」の記事における「1シーズン」の解説

シーズン最多勝利数 99勝(1955年南海ホークス)※143試合 シーズン最多敗戦数 103敗(1961年近鉄バファロー)※140試合 シーズン最多引分 21分(2021年福岡ソフトバンクホークス)※143試合制。それ以前記録130試合制で19分(1982年中日ドラゴンズ)だったが、128試合目時点で20分達しており記録更新シーズン最多本塁打 259本(2004年読売ジャイアンツシーズン最少本塁打 0本(1936年秋、大東京軍※2リーグ制以降は27本(1954年近鉄パールスシーズン最多安打 1461本(2003年福岡ダイエーホークスシーズン最少安打 713本(1951年近鉄パールスシーズン最多三振 1234三振2014年埼玉西武ライオンズシーズン最多盗塁 277個(1956年阪急ブレーブスシーズン最少盗塁 25個(2004年読売ジャイアンツシーズン最高打率 .297(2003年福岡ダイエーホークス)※投手打撃成績除くと.303(1999年横浜ベイスターズシーズン最低打率 .180(1943年大和軍※2リーグ制以降は.201(1962年国鉄スワローズシーズン最高OPS .864(1980年近鉄バファローズシーズン最多得点 908得点1950年松竹ロビンスシーズン最少得点 290得点1955年大洋ホエールズシーズン最多四球 587個(2001年大阪近鉄バファローズシーズン最多死球 99個(2010年東京ヤクルトスワローズシーズン最多犠打 180本(2010年北海道日本ハムファイターズシーズン最多犠飛 54本(2013年千葉ロッテマリーンズシーズン最多併殺打 144本(2007年東北楽天ゴールデンイーグルスシーズン最多失点 927失点2003年オリックス・ブルーウェーブシーズン最少失点 283失点1956年阪神タイガースシーズン最小防御率 1.33(1941年大洋軍※2リーグ制以降は1.56(1955年読売ジャイアンツシーズン最大防御率 5.95(2003年オリックス・ブルーウェーブシーズン最多被安打 1534本(2003年オリックス・ブルーウェーブシーズン最多被本塁打 251本(1980年近鉄バファローズシーズン最多与四球 656個(1950年国鉄スワローズシーズン最多与死球 84個(2018年埼玉西武ライオンズシーズン最多暴投 68個(1990年ロッテオリオンズ2015年横浜DeNAベイスターズシーズン最多ホールド 149個(2021年東京ヤクルトスワローズ) 1シーズン投手登板のべ人数 664人(2011年横浜ベイスターズシーズン最多失策 253個(1940年南海ホークス※2リーグ制以降は235個(1950年西日本パイレーツシーズン最少失策 38個(1991年西武ライオンズ2017年福岡ソフトバンクホークスシーズン最少捕逸 0捕逸2016年オリックス・バファローズ

※この「1シーズン」の解説は、「日本プロ野球記録の一覧」の解説の一部です。
「1シーズン」を含む「日本プロ野球記録の一覧」の記事については、「日本プロ野球記録の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1シーズン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1シーズンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1シーズンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本プロ野球記録の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS