死球とは? わかりやすく解説

し‐きゅう〔‐キウ〕【死球】

読み方:しきゅう

野球で、デッドボールのこと。


死球―デッド・ボール

作者源氏ヒカル

収載図書死球―デッド・ボール
出版社近代文芸社
刊行年月1996.7


死球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 04:42 UTC 版)

死球(しきゅう、: Hit by pitch)とは、野球において投手の投げたボール打者に当たった結果、打者に一塁が与えられることである。日本ではデッドボール和製英語:dead ball)とも呼ばれる[注 1]


注釈

  1. ^ なお、アメリカで「デッドボール」といえば1900年代 - 1910年代に広く用いられていた「飛ばないボール」のことを指し、実際この時代は「デッドボール時代」と呼ばれている。
  2. ^ 2回表、ヤクルト・西村龍次が巨人・村田真一に、3回裏には巨人・木田優夫が西村に、それぞれ死球を与えた。
  3. ^ なお、この乱闘では当事者となったグラッデンと中西親志に加え、さらに投球した西村も「危険投球」により退場処分となった。

出典

  1. ^ 内角攻めた!危険球ショック払しょく山口 nikkansports.com 2012年8月5日
  2. ^ 阪神・掛布HLT 佐藤輝は清原、松井級!「修正能力や対応能力感じる」”. デイリースポーツ online (2021年3月23日). 2022年2月20日閲覧。
  3. ^ 新井良ガッツポーズに“報復死球” 東スポweb 2012年08月03日
  4. ^ THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The IncidentPrelude” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年1月22日閲覧。
  5. ^ Major leaguers who died in-season” (英語). ESPN.com. 2014年1月22日閲覧。
  6. ^ a b Beanballs are dangerous and unnessasary” (英語). Examiner.com. 2014年1月21日閲覧。
  7. ^ a b 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 90-91 
  8. ^ Return From The Dark” (英語). Sports Illustrated. 2014年1月22日閲覧。
  9. ^ a b “ハマスタ騒然!打席から救急車搬送…会沢、顔面死球”. スポーツニッポン. (2012年8月3日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/03/kiji/K20120803003822570.html 2021年4月11日閲覧。 
  10. ^ “【8月4日】1979年(昭54) “赤鬼”マニエル、“アメフット”スタイルで復活”. スポーツニッポン. (2007年7月22日). オリジナルの2016年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160713154723/http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_august/KFullNormal20070722195.html 2021年4月11日閲覧。 
  11. ^ “頭部死球の広島会沢が抹消”. 日刊スポーツ. (2012年8月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120804-995014.html 2021年4月11日閲覧。 
  12. ^ 二宮, 清純 (2012年8月21日). “第504回 アクシデントを乗り越えて高く羽ばたけ 広島・會澤翼捕手”. SPORTS COMMUNICATIONS. 2021年4月11日閲覧。
  13. ^ 會澤 翼(広島東洋カープ)”. 個人年度別成績. 日本野球機構. 2021年4月11日閲覧。
  14. ^ “阪神鳥谷、歴代2位連続出場ピンチ 顔面付近に死球”. 日刊スポーツ. (2017年5月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1829057.html 2021年4月11日閲覧。 
  15. ^ a b ““バットマン”鳥谷、六回に代打で登場 甲子園大歓声!連続出場記録も更新”. デイリースポーツ. (2017年5月25日). https://www.daily.co.jp/tigers/2017/05/25/0010223273.shtml 2021年4月11日閲覧。 
  16. ^ Q&A 危険球についての定義を教えて下さい。 npb.or.jp
  17. ^ 多田野“危険球”で退場…加藤にはハムファンからブーイング Sponichi Annex 2012年11月1日
  18. ^ “【ソフトB】試合不成立でも大場退場成立”. 日刊スポーツ. (2011年9月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110919-837533.html 2021年4月11日閲覧。 
  19. ^ “井上祐二 球団売却で追い風が吹いた“九州ホークス”初代クローザー/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールONLINE. (2019年3月22日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190322-11 2021年4月11日閲覧。 
  20. ^ 球史に残る神宮乱闘劇の主役を演じた“暴れ馬”グラッデン/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】”. 週刊ベースボールONLINE. 2021年5月17日閲覧。
  21. ^ 読売新聞1994年11月13日27面
  22. ^ 村野; 森 (2009年5月1日). “あ!危険球 中日岩瀬1球で退場”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090501-489355.html 2021年4月11日閲覧。 
  23. ^ “能見、救った!超スクランブルでプロ初セーブ ドリス初球退場の大ピンチを3人斬り”. デイリースポーツ. (2018年8月17日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/08/17/0011549764.shtml 2018年8月17日閲覧。 
  24. ^ 鷹・笠谷俊介が危険球で1球退場 13点差で登板も初球頭部死球、両軍に警告” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年7月20日). 2022年7月22日閲覧。
  25. ^ “西武佐々木健、わずか3球で危険球退場 打者1人で退場は史上初”. 日刊スポーツ. (2021年7月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202107020000755.html 2021年7月2日閲覧。 
  26. ^ 長崎, 右 (2017年10月1日). “巨人CS絶体絶命!D2位・畠がまさか…4球で危険球退場”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20171001-FJJFJQZFENOZTFFWX6O6DGL6VI/3/ 2021年4月11日閲覧。 
  27. ^ “【日本ハム】多田野日本S初の危険球退場”. 日刊スポーツ. (2012年11月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20121101-1041050.html 2021年4月11日閲覧。 
  28. ^ 歴代最高記録 死球【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  29. ^ 歴代最高記録 死球【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ Career Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  31. ^ Single-Season Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  32. ^ 歴代最高記録 与死球【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  33. ^ 歴代最高記録 与死球【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  34. ^ a b “オリックス・山本がプロ野球タイ記録となる1イニング3死球”. デイリースポーツ. (2020年7月5日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/07/05/0013484222.shtml 2020年9月18日閲覧。 
  35. ^ Career Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。
  36. ^ Single-Season Leaders & Records for Hit By Pitch” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年4月28日閲覧。



「死球」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

死球のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



死球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS