平野恵一とは?

平野恵一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/26 14:45 UTC 版)

平野 恵一(ひらの けいいち、1979年4月7日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身の元プロ野球選手内野手外野手)、指導者[1]




  1. ^ a b 阪神組閣一覧 - 日刊スポーツ(2015年10月27日)
  2. ^ 阪神・平野 国内FA権行使を表明 DeNA獲得名乗り? - スポーツニッポン(2012年11月10日)
  3. ^ オリックス、平野獲得を発表 6年ぶりの古巣復帰 - 日本経済新聞、共同通信、2012年12月25日閲覧
  4. ^ 平野恵一選手 獲得のお知らせ - オリックス・バファローズ オフィシャルサイト(2012年12月25日)
  5. ^ 刺したァ!浅井、絶体絶命の虎救うレーザービーム(2/2ページ) - サンケイスポーツ(2013年8月9日)
  6. ^ オリックス平野恵250犠打「監督やコーチに感謝」 - 日刊スポーツ(2014年8月20日)
  7. ^ オリックス平野恵2年ぶりの1発で先制 - 日刊スポーツ(2014年9月14日)
  8. ^ オリックス平野恵が死球で途中交代 - デイリースポーツ(2014年5月26日)
  9. ^ オリックス平野恵、左手に死球で交代 - 日刊スポーツ(2014年9月24日)
  10. ^ オリックス平野恵一、右ふともも裏の張りで途中交代- 日刊スポーツ(2014年10月12日)
  11. ^ オリックス・バリントンと平野恵一がけがで抹消 - 日刊スポーツ(2015年5月21日)
  12. ^ “小兵のガッツマン”オリックス平野恵 現役引退…ケガ重なり決断 - スポーツニッポン(2015年9月19日)
  13. ^ オリックス平野恵一が引退会見「体に限界」 - 日刊スポーツ(2015年9月25日)
  14. ^ 平野恵一氏 掛布2軍監督から後進育成 - デイリースポーツ(2015年10月24日)
  15. ^ 阪神が平野恵一氏にコーチ就任要請 今季現役引退 - 日刊スポーツ(2015年10月24日)
  16. ^ 阪神 前オリ平野恵氏入閣へ 金本監督とは5年間一緒にプレー - スポーツニッポン(2015年10月25日)
  17. ^ 元虎・平野氏、2軍守備走塁コーチ就任へ - サンケイスポーツ(2015年10月25日)
  18. ^ オリックス平野引退セレモニー「まさか14年も」 - 日刊スポーツ(2015年11月23日)
  19. ^ 2017年度コーチの一部配置転換について - 阪神タイガース公式サイト(2016年10月3日)
  20. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、308頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  21. ^ 野球小僧 世界野球選手名鑑2005』 白夜書房2005年、60頁。ISBN 4-86191-015-3
  22. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、307頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  23. ^ “平野選手、通算1000試合出場達成!”. 阪神タイガース公式サイト. (2012年7月15日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_2421.html 2013年4月20日閲覧。 


「平野恵一」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平野恵一」の関連用語

平野恵一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

菱亜鉛鉱

グレビーシマウマ

式年祭

揚げネギ

トリッカー

海洋CNGセンター

三井の晩鐘

WX310K





平野恵一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平野恵一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS