選手としての特徴とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 選手としての特徴の意味・解説 

選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 03:41 UTC 版)

岸川一星」の記事における「選手としての特徴」の解説

バックドライブが得意技

※この「選手としての特徴」の解説は、「岸川一星」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「岸川一星」の記事については、「岸川一星」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 00:24 UTC 版)

小山田保裕」の記事における「選手としての特徴」の解説

サイドスローからキレ良い球を投げ込む右腕ストレートの球速は、最速140km/h台後半。 自ら「スカイシュート」と称する変化球武器とする。小山田命名した変化球で、シュート回転しながら沈む球で、シンカーにも似た、右バッターの懐をえぐる球種マスコミには「スカイ」と評されたり、新聞掲載されはじめた時は「パラシュート」とも記述された。他にスライダーシンカー投げる。 この球を用いて2005年前半好調であったが、それまで武器であったストレートの球威落ち後半不調に繋がった本人曰く、「楽して投げようとしすぎた」とのこと[要出典]。

※この「選手としての特徴」の解説は、「小山田保裕」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「小山田保裕」の記事については、「小山田保裕」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 09:49 UTC 版)

カルロス・ヘルナンデス」の記事における「選手としての特徴」の解説

140キロ前半速球に切れのいいカーブチェンジアップスライダー武器とする。

※この「選手としての特徴」の解説は、「カルロス・ヘルナンデス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「カルロス・ヘルナンデス」の記事については、「カルロス・ヘルナンデス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 20:23 UTC 版)

呉念庭」の記事における「選手としての特徴」の解説

大学生時遠投110メートル50メートル走タイムは5秒8。打撃では選球眼良さ勝負強さ評価される内野すべてにレフト守れるユーティリティー性も魅力打席に立つ際、西武ファンが「ウ~」という「ウーイング」を浴びせる応援スタイル定着している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「呉念庭」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「呉念庭」の記事については、「呉念庭」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 01:42 UTC 版)

エリック・ブレッドソー」の記事における「選手としての特徴」の解説

身長185センチながら、202センチウイングスパンいかして両手数多くダンク決められるプレーオフではレギュラーシーズンほどの成績残せていない

※この「選手としての特徴」の解説は、「エリック・ブレッドソー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「エリック・ブレッドソー」の記事については、「エリック・ブレッドソー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 03:33 UTC 版)

エウヘニオ・スアレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

2018年飛躍した要因について、「打席リラックスできるようになった」ことが大きいと語っている。キャリア序盤数年右肩バットを持つ両手高く上げフォームで強い打球放とうとしていたが、この年からは肩を脱力させて両手位置を少し下げことにしたそのおかげで変化球引き付けて広角打てるようになった。さらに強打することを意識しなくなってからのほうが強い打球増え、ハード・ミート率が50%まで上昇45%で優秀とされる)。また、ナ・リーグ平均を約5キロ近く上回る147キロ平均打球速度は、過去3年間の自身の平均記録からおよそ5-6キロ上がった。これらにより、長打力増した

※この「選手としての特徴」の解説は、「エウヘニオ・スアレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「エウヘニオ・スアレス」の記事については、「エウヘニオ・スアレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 02:37 UTC 版)

村上頌樹」の記事における「選手としての特徴」の解説

174cmと小柄ながら最速149km/h、回転数2600rpm超を計測するノビのあるストレート制球力武器とし、ツーシームスライダーカーブチェンジアップなどの多彩な変化球投げ分ける

※この「選手としての特徴」の解説は、「村上頌樹」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「村上頌樹」の記事については、「村上頌樹」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 02:40 UTC 版)

坂本勇人 (捕手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

野手の間を抜くライナー性の打球を打つのが特徴選手で、得点圏打率の高い勝負強い打者であると高校時代監督吉冨俊一から評された。遠投100mの肩を持ち正確性の高い二塁への送球スピード1.8秒台。50m走は6秒7。 巨人三軍バッテリーコーチ加藤健守備打撃のほかに、捕手としての「声」を評価しており、「伝わってくるものがある」と捕手素質高評価している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「坂本勇人 (捕手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「坂本勇人 (捕手)」の記事については、「坂本勇人 (捕手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 08:57 UTC 版)

松尾大河」の記事における「選手としての特徴」の解説

50メートル5秒9の俊足に、思い切りのいいスイングから左右に打ち分ける広角打法魅力強肩武器にした広い守備範囲持ち合わせており、松尾入団交渉時に将来的には攻守三拍子そろった選手なりたいです。」と語っていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「松尾大河」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「松尾大河」の記事については、「松尾大河」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 22:26 UTC 版)

松井稼頭央」の記事における「選手としての特徴」の解説

全身バネとも称される高い身体能力持ちプレー美しさパフォーマンスの高さで人を魅了する能力を持つ選手俊足巧打長打強肩好守を持つ、いわゆる5ツールプレイヤーとして評価され、「史上最強の一番打者」とも称された。『江川卓・スカウティングレポート2000』では、PERFORMANCE3つの項目である「打力(Hitting)」、「守備力(Fielding)」、「走力(Running)」で、5つ星評価FieldingRunningが5、Hitting4.5、『江川卓・スカウティングレポート2001』ではFieldingRunningHittingすべて5という評価付いており、日本球界最強のオールラウンド選手呼ばれた一方で多くの怪我経験し30歳前後からは離脱増えている(後述)。

※この「選手としての特徴」の解説は、「松井稼頭央」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「松井稼頭央」の記事については、「松井稼頭央」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 18:59 UTC 版)

田中瑛斗」の記事における「選手としての特徴」の解説

ストレートの最速149 km/h変化球スライダーカーブチェンジアップフォークシュート[要出典]を投じる2022年7月7日千葉ロッテ戦にて最速150 km/h記録[要出典]。

※この「選手としての特徴」の解説は、「田中瑛斗」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「田中瑛斗」の記事については、「田中瑛斗」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 23:55 UTC 版)

髙木翔斗」の記事における「選手としての特徴」の解説

身長188cmとプロ野球現役捕手の中では一番大き大型捕手2022年時点)。学生時代打てる捕手として高校通20本塁打記録した

※この「選手としての特徴」の解説は、「髙木翔斗」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「髙木翔斗」の記事については、「髙木翔斗」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 04:45 UTC 版)

小川泰弘」の記事における「選手としての特徴」の解説

上背こそないが、ノーラン・ライアン参考にした左足大きく上げダイナミックな投球フォームから「和製ライアン」とも呼ばれるオーバースローから平均球速約141km/h、最速151km/hのフォーシーム、130km/h台後半のカットボール、120km/h台後半のスライダー、130km/h前後フォーク、120km/h台中盤のチェンジアップなどを投げる。稀にカーブツーシーム混ぜる投手ありながら打撃にも重きを置いており、打撃練習にも精力的に取り組んでいる。特に2015年シーズンではプロ入り後、初の本塁打記録した他、決勝点となる押し出し四球選んでいる。2016年8月17日の対DeNA戦神宮)でも久保康友から決勝2点本塁打打った

※この「選手としての特徴」の解説は、「小川泰弘」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「小川泰弘」の記事については、「小川泰弘」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 09:58 UTC 版)

佐藤智輝」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速144km/hのストレートを誇るサウスポードラフト会議前に楽天ゼネラルマネージャー石井一久映像など見た際に高評価をし、指名繋がった

※この「選手としての特徴」の解説は、「佐藤智輝」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「佐藤智輝」の記事については、「佐藤智輝」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 15:04 UTC 版)

森脇亮介」の記事における「選手としての特徴」の解説

左足上げた後、いったん脱力したかのような棒立ちの状態になってから一気に腕を振る独特な投球フォームから投じられる速球最速は152km/h。変化球はフォーク・スライダー・チェンジアップ・カーブ。

※この「選手としての特徴」の解説は、「森脇亮介」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「森脇亮介」の記事については、「森脇亮介」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:15 UTC 版)

加藤廉」の記事における「選手としての特徴」の解説

50メートル走5秒9、遠投115メートル俊足強肩遊撃手。また大学時代外野三塁守ることもあった。

※この「選手としての特徴」の解説は、「加藤廉」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「加藤廉」の記事については、「加藤廉」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:04 UTC 版)

前田研輝」の記事における「選手としての特徴」の解説

正確なスローイングと体張ったブロッキングを得意とする守備型捕手二塁送球最速タイムは1.83秒。

※この「選手としての特徴」の解説は、「前田研輝」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「前田研輝」の記事については、「前田研輝」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 21:03 UTC 版)

太田光 (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

二塁送球1.9秒台を誇る強肩キャッチャー遠投115メートル広陵高校先輩小林誠司使用しているミットと全く同じもの貰っており、新人時の春季キャンプでは使用していた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「太田光 (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「太田光 (野球)」の記事については、「太田光 (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 04:43 UTC 版)

雄平」の記事における「選手としての特徴」の解説

投手時代には左腕からストレートで最速154km/hを計測した速球派投手で、スライダーカーブフォークといった変化球投げていた。プロ入り後は制球難に悩まされ一軍公式戦での登板試合では、1試合平均与四球率5.0上回ったほか、死球暴投悪送球連発することが多かった。なお、雄平打者転向後にプロ入って驚いたのが、ストライクゾーン(が極端に狭くなったように感じられること)」と述懐している。投手時代晩年には、上述のようにストレートの球速落ちて得意のスライダーまで思うように曲がらなくなるほど、投球感覚鈍っていたという。 野手としての能力も非常に高くプロ入り後も投手時代公式戦本塁打放つほど、非凡な打撃センス持ち合わせていることから2009年フェニックスリーグには投手登録のまま外野手として出場リーグ閉幕後秋季キャンプから、外野手正式に転向した。もっとも、7年間のブランク想像以上に大きく転向当初はど真ん中(のストレート)を普通に振っているのに(バットに)当たらなかったので、とにかく(練習バットを)振りまくった」という。 ヤクルト野手転向4年目2012年には、外野手登録のまま救援投手にも起用する二刀流」の構想あること一部報じられた。翌2013年からNPB一軍公式戦延長時間制限撤廃されることも見越した構想で、当時小川淳司監督から「二刀流」での起用打診されたこともある。実際には野手としてのプレー専念したい」との理由で打診固辞したため、転向後の公式戦投手起用されことはない手動計測ながら、50m走最速5秒8を記録するなど俊足持ち主でもある守備面では、元投手らしい強肩武器とした守備披露する

※この「選手としての特徴」の解説は、「雄平」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「雄平」の記事については、「雄平」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 03:41 UTC 版)

西岡三四郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

独特の深い握りからの重いストレートと、3種類のスライダー投球の軸にしていた。若手時代力任せピッチングだったが、徐々に投球術磨き、やがて「捕手ではなく打者打ち気見ながら投げる」境地達したという。バッテリー組んでいた野村克也によれば球速速いほうではなかったが、球がナチュラルスライダーになる癖があり、それが有効な武器になっていたという。

※この「選手としての特徴」の解説は、「西岡三四郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「西岡三四郎」の記事については、「西岡三四郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 05:02 UTC 版)

ジョナサン・パペルボン」の記事における「選手としての特徴」の解説

2008年投球データ球種配分%平均球速mph (km/h)水平運動in鉛直運動inフォーシーム82 96 (154) -7.8 8.8 スプリット11 90 (145) -7.9 3.0 スライダー7 87 (140) -0.5 4.6 フォーシームスプリッターツーシームスライダーの4球種持ち球とする。2007年まで速球スプリッター2球種を駆使していた "Two-pitch Closer" だったが、2008年・春になって新たにスライダー習得したツーシームは、2007年先発投手時代投げていたもので、クローザー転向してからは、ジェイソン・バリテックが「ジョナサンの場合、多少、コントロールミスをしても空振りさせられる球威がある」と評した伸びのあるフォーシーム投げようになった。その球速は97mph(約156.1km/h)に達し、沈む変化をほとんど見せないために打者にとっては浮き上がってくるように見える高橋直樹によれば、これはパペルボンボールを投げる際に、リリースポイントが「踏み出した左足スパイクの上」という打者に近い位置あることから、打者からはそのように見えるのだという。 この浮き上がる速球あることで、落ちる球であるスプリッター打者に対していっそう効果的な球種となる。ケビン・ミラーはこのスプリッターリーグ最高だ高く評価したスライダー本人によれば相手打者バランス崩し狙い球を絞らせない」ために投げる。速球を軸にスプリッタースライダー組み合わせた投球で、2006年から2008年まで3年間でパペルボン奪三振率は10.83と高い数値収めているまた、その3年間では与四球率も1.65と好成績残しているが、パペルボン制球良さ高橋によると、投球フォームバランスがよく、途中で体幹捻り加えることで腕に余計な力が入ることを防ぎしなやかに腕を振ることができるの一因だという。 2012年2013年には、ほとんど投げなくなっていたツーシーム主体投球スタイル変更この頃には、著しく球速低下し始めている。2014年からは再びツーシーム頻度少なくなったが、2016年も4球種目として使用しているまた、最速約156.1km/h、平均152km/hを計測していた速球は、2016年現在平均146km/hにまで落ち込んだ通算で奪三振率10.0与四球率が2.3、K/BB4.4

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョナサン・パペルボン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョナサン・パペルボン」の記事については、「ジョナサン・パペルボン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 20:44 UTC 版)

山下舜平大」の記事における「選手としての特徴」の解説

ストレートの最速は153km/h。中学時代カーブスライダーチェンジアップ投じていた。高校時代野球部監督の方針もあり、1年秋からカーブのみを投じていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「山下舜平大」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「山下舜平大」の記事については、「山下舜平大」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 10:10 UTC 版)

安達了一」の記事における「選手としての特徴」の解説

オリックスへの入団10年目2021年)に、一軍公式戦通算1000試合出場達成NPB史上511人目達成だが、入団5年目2016年)の春季キャンプ前に潰瘍性大腸炎判明してから達成までの間に出場した試合数537試合で、全体過半数占めている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「安達了一」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「安達了一」の記事については、「安達了一」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:02 UTC 版)

ジェイソン・キプニス」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャーデビュー当初は外野手から二塁手転向してまだ日が浅いことからエラー多さ併殺理などに改善の余地があるが、身体能力優れているため、将来的には少なくともメジャー平均レベルまでは達すると予想されていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジェイソン・キプニス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジェイソン・キプニス」の記事については、「ジェイソン・キプニス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 21:40 UTC 版)

田中正義」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速は156km/hの直球スライダーフォークなどを軸に投球組み立てる。一番得意な変化球フォーク

※この「選手としての特徴」の解説は、「田中正義」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「田中正義」の記事については、「田中正義」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:04 UTC 版)

セルジオ・サントス (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

主要な球種平均95.6マイル(約153.9km/h)の速球スライダー。特にスライダー評価高く2010年にはESPNから「現在のメジャーリーグ最も優れた決め球と絶賛された。制球力に不安はあるが、三振を奪う能力極めて高い。 マイナーで内野手としての通算成績は、777試合出場打率.248、77本塁打373打点、OPS.699。

※この「選手としての特徴」の解説は、「セルジオ・サントス (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「セルジオ・サントス (野球)」の記事については、「セルジオ・サントス (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:17 UTC 版)

ラファエル・ペレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

19歳時にインディアンススカウトに勧められ野球を始め遅咲きだった。 2009年までクロス気味に足を踏み出すスリークォーターから平均球速90mph(約145km/h)ほどの速球シンカー)と変化大きスライダー内角攻め三振を奪う投球スタイル奪三振率8.89を誇っていた。しかし2009年から制球乱れて奪三振減り2010年からは平均球速88mph(約142km/h)ほどのカッター軌道速球スライダーチェンジアップゴロ打たせる投球スタイルとなったメジャー時代は、メディアに「地球最高の救援左腕」と称され時代があった。 インディアンス時代リリーフとして起用されたが、2014年メキシカンリーグプレーして以降は先発としての登板増えている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ラファエル・ペレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ラファエル・ペレス」の記事については、「ラファエル・ペレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:39 UTC 版)

ヤンシー・ブラゾバン」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャーで通算与四球率4.39と制球力には欠けるものの、かつては荒れ球ながら最速99mph(約159km/h)の速球スライダー武器としていた。故障以後平均球速93mph(約150km/h)の速球フォーシームツーシーム)とスライダーチェンジアップ投球組み立てようになった福岡ソフトバンクホークス入団時の球団発表では、「平均150km/hの球威あるストレートに打者の手元で鋭く曲がキレ良いスライダーとのコンビネーション打者打ち取るリリーフ経験豊富なパワーピッチャー。」とコメントされた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ヤンシー・ブラゾバン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ヤンシー・ブラゾバン」の記事については、「ヤンシー・ブラゾバン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:21 UTC 版)

ジョエル・カレーニョ」の記事における「選手としての特徴」の解説

マイナー時代先発投手だったが、メジャー昇格後リリーフとして起用されている。奪三振率高くスライダーは既に高いレベルにあるが、チェンジアップはまだ発展途上である。速球制球安定すれば、将来クローザー務めることも可能だ見られている

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョエル・カレーニョ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョエル・カレーニョ」の記事については、「ジョエル・カレーニョ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 04:48 UTC 版)

フレディ・ペラルタ」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球データ(2021年レギュラーシーズン) 奪三振率球種 割合 平均球速 最高球速 2018 10.93 % mph km/h mph km/h 2019 12.17 フォーシーム 51.6 93.4 150.3 97.6 157.1 2020 14.10 スライダー 26.4 80.5 129.6 84.4 135.8 2021 12.10 カーブ 10.9 76.8 123.6 79.8 128.4 チェンジアップ 9.8 88.1 141.8 91.2 146.8 シンカー 1.3 92.8 149.3 96.5 155.3 最速99mph(約159.3km/h)のフォーシーム投球約半分占め変化球では主にカーブチェンジアップスライダー投げる。奪三振率が高いのが特徴で、デビューした2018年から4年連続奪三振率10を超えている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「フレディ・ペラルタ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「フレディ・ペラルタ」の記事については、「フレディ・ペラルタ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 10:18 UTC 版)

デビッド・ブキャナン」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャー及びマイナーでは主にスターターとして起用されスリークォーターから、最速93.8 mph(約151 km/h)・平均89 mph(約143km/h)の3種類の速球フォーシームツーシームカットボール)を中心に決め球である平均82 mph(約132km/h)のチェンジアップ平均78 mph(約123km/h)のカーブボール使用するストレートの球威あるもの奪三振率メジャー通算5.4と低く低めに集めて打たせて取る技巧派右腕打撃良く三塁打放つ長打力併せ持つ

※この「選手としての特徴」の解説は、「デビッド・ブキャナン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「デビッド・ブキャナン」の記事については、「デビッド・ブキャナン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 14:19 UTC 版)

チャズ・ロー」の記事における「選手としての特徴」の解説

ウィッフルボール」や「フリスビー・スライダー」と称させれるスライダー武器とする。

※この「選手としての特徴」の解説は、「チャズ・ロー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「チャズ・ロー」の記事については、「チャズ・ロー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 22:37 UTC 版)

アーロン・アシュビー」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速99.5mph(約160.1km/h)のフォーシームカーブ空振り量産する

※この「選手としての特徴」の解説は、「アーロン・アシュビー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アーロン・アシュビー」の記事については、「アーロン・アシュビー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 00:10 UTC 版)

オマー・ナルバエス (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

2019年にはフレーミングで-10.4点を記録したが、これは当該シーズンのMLB550イニング以上キャッチャー守った選手の中でワースト2の記録アメリカ合衆国放送局CBSスポーツ」はチームメイト菊池雄星思うような活躍を果たせなかったことについてフレーミング恵まれなかったことを指摘していた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「オマー・ナルバエス (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「オマー・ナルバエス (野球)」の記事については、「オマー・ナルバエス (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 23:45 UTC 版)

アンディ・ラローシュ」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャーでシーズン32本塁打放ったこともある兄のアダムとのホームラン競争勝ったことがあるという長打力持ち味とする。特にレフト方向打球がよく伸びるが、速球広角弾き返す打撃を得意とする守備では内野の全ポジション守ったことがあるが、主に三塁手として起用される。三塁守備2008年に2ヶ月で9失策喫したこともあるが、球際強くDRSUZRに通算でほぼ平均的な数値残しており、平均レベル守備範囲強肩兼ね備える

※この「選手としての特徴」の解説は、「アンディ・ラローシュ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アンディ・ラローシュ」の記事については、「アンディ・ラローシュ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 20:23 UTC 版)

中川颯」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球フォームアンダースローカーブスライダーシンカー投じる高校時代通算本塁打26本を記録し長打力だけでなくバットコントロール優れた野手としてプロから注目されていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「中川颯」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中川颯」の記事については、「中川颯」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 23:36 UTC 版)

ジョー・イングレット」の記事における「選手としての特徴」の解説

内外を問わず多くのポジション守れる典型的なユーティリティープレイヤー本職二塁手以外に遊撃手三塁手左翼手中堅手右翼手指名打者での出場経験がある2008年まで二塁守ること多かったが、2009年正二塁手アーロン・ヒル打撃好調でポジション不動のものとしたため二塁での出場なくなり専ら外野手での起用となった長打力はないが、俊足巧打持ち味2008年109試合出場打率.297をマークしたマイナーリーグでの通算で3割を超える打率残している。盗塁成功率高く通算では8割を超える

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョー・イングレット」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョー・イングレット」の記事については、「ジョー・イングレット」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 23:04 UTC 版)

ベン・フランシスコ」の記事における「選手としての特徴」の解説

2年連続15本塁打30二塁打パワースピード兼ね備えている。打撃荒っぽさが欠点で、定位置獲得妨げていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ベン・フランシスコ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ベン・フランシスコ」の記事については、「ベン・フランシスコ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:36 UTC 版)

ケイシー・ブレイク」の記事における「選手としての特徴」の解説

ポジション三塁手で、一塁手外野手(主に右翼手としてのプレー経験がある器用な選手である。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ケイシー・ブレイク」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ケイシー・ブレイク」の記事については、「ケイシー・ブレイク」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:21 UTC 版)

寺田龍平」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速145km/hのストレート変化量大きなスライダー武器2010年からサイドスローフォーム変更した

※この「選手としての特徴」の解説は、「寺田龍平」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「寺田龍平」の記事については、「寺田龍平」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:20 UTC 版)

バッキー・ジェイコブセン」の記事における「選手としての特徴」の解説

最大の特徴は、マイナーリーグ時代2度本塁打王獲得した事からも分かるように、長打力マイナーリーグ9年間で通算824試合出場158本塁打放っており、メジャーリーグプレーした2004年42試合出場で9本塁打放っている一方でミート力に関してはマイナーリーグ時代には.300前後打率何度か記録しているが、三振多く基本的に優れていない。守備面での能力低く2004年一塁手として21試合出場しているが、指名打者として20試合出場している。また、21試合出場失策3つ犯している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「バッキー・ジェイコブセン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「バッキー・ジェイコブセン」の記事については、「バッキー・ジェイコブセン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:29 UTC 版)

ロニー・ベリアード」の記事における「選手としての特徴」の解説

小柄でややずんぐり型の体型だが、比較的足が速くバッティング面で長打力がある。ポジション二塁手で、内野すべてをこなすことができる器用な選手である。 アメリカ合衆国出身ながら、2006年ワールド・ベースボール・クラシックでは、ドミニカ共和国代表として出場しているが、これはアレックス・ロドリゲスなどと同じくドミニカ共和国アメリカ人からである

※この「選手としての特徴」の解説は、「ロニー・ベリアード」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ロニー・ベリアード」の記事については、「ロニー・ベリアード」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:21 UTC 版)

マーク・レイノルズ (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

2009年には44本塁打記録した長距離砲だが、2008年には当時メジャーリーグ新記録となるシーズン204三振喫しシーズン200三振を超え史上初選手となった以後3年連続200三振4年連続最多三振記録し2009年には自らの持つシーズン最多三振記録223更新した経験もあるほど三振多くバットコントロールは粗い。また四球もあまり選ばないため、出塁率もあまり高くはない速球に強いがスライダーにはとても弱い。

※この「選手としての特徴」の解説は、「マーク・レイノルズ (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「マーク・レイノルズ (野球)」の記事については、「マーク・レイノルズ (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:23 UTC 版)

ライアン・ラドウィック」の記事における「選手としての特徴」の解説

打席では積極性忍耐力兼ね備え初球打ちが多い一方で、球を見極め四球選択する2008年には37本塁打マークして一気ブレークし、ナ・リーグ代表する外野手の座に駆け上がった。非常に珍し左投右打選手であり、2008年にはそれまでリッキー・ヘンダーソン保持していた左投右打打者シーズン最多本塁打記録28本)を更新守備位置は主に右翼であるが、左翼もこなす。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ライアン・ラドウィック」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ライアン・ラドウィック」の記事については、「ライアン・ラドウィック」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 05:30 UTC 版)

レジー・ペリー」の記事における「選手としての特徴」の解説

レジーペリー1つ目の魅力は、フィジカルです。インサイドプレイヤーにとっても重要なフィジカルレジーペリーは非常に強いフィジカル活かしてゴール下での得点リバウンドに絡むことを得意としていますディフェンス接触しながらも得点重ねることができたり相手ぶつかりながらもリバウンド獲得するなど、フィジカル最大限活かしてオフェンス面・ディフェンスチームに貢献することができるプレイヤーとなってます。

※この「選手としての特徴」の解説は、「レジー・ペリー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「レジー・ペリー」の記事については、「レジー・ペリー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 09:28 UTC 版)

ブレイディン・ヘーゲンズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速152km/h、平均球速145km/hのフォーシームツーシームカットボール変化球ではチェンジアップスライダーカーブ投げる。投球大半スライダー占め技巧派投手で、チェンジアップツーシーム駆使してゴロの山を築くスタイルスライダー平均139km/h、カットボール平均143km/hとさほど球速差がなく、打者目線では変化するタイミング外で見分け付きにくい。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ブレイディン・ヘーゲンズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ブレイディン・ヘーゲンズ」の記事については、「ブレイディン・ヘーゲンズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 07:15 UTC 版)

上茶谷大河」の記事における「選手としての特徴」の解説

スリークォーターから最速152km/h(プロ入り後の最速は149km/h)のストレートカットボール中心に投げ込むその他の変化球は120km/h台のカウント取れスライダータイミングをずらすカーブ落ち玉としてチェンジアップSFFと豊富。2022年シーズンからはシュート取り入れている。 軸としているカットボールは握りや曲げ方を変えた3~4球種があり、主にストレートの要素が強い140km/h台のボールスライダー軌道に近い130km/h台後半のボール、130km/h前半縦に落ちボールを扱う。 また、ダルビッシュ有直伝スライダーに近い変化大きカットボール三浦大輔直伝の超スローカーブプロ入り後から使用しているカットボールの対となる球種としてツーシームチームメイトである大貫晋一参考に習得励んでいる2022年春季キャンプ訪れた佐々木主浩からフォークボールコツ伝授してもらった他の選手の形態模写得意で打席では坂本勇人山田哲人真似し打撃フォーム取り入れており、ヒットを打つときは坂本フォーム真似しているときが多い。

※この「選手としての特徴」の解説は、「上茶谷大河」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「上茶谷大河」の記事については、「上茶谷大河」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:03 UTC 版)

アーロン・マイルズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

ずんぐりした体格で、動作が鈍そうに思われがちだが、実際のところ平均をやや上回る足の速さと、守備力持ち合わせているポジションセカンドで、サード・ショート・レフトとしてのプレー経験もある。。2007年には、ピッチャーとして登板したパワー無く本塁打はほとんど期待出来ないが、シュア打撃持ち味。あまり四球選ばないので、打率が高い割には出塁率が低い。2004年12盗塁決めたように足も速いが、失敗も多いため、近年はあまり盗塁試みなくなっている。守備堅実で複数ポジションこなせるため、とても使い勝手のよい選手である。

※この「選手としての特徴」の解説は、「アーロン・マイルズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アーロン・マイルズ」の記事については、「アーロン・マイルズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:39 UTC 版)

佐藤一磨」の記事における「選手としての特徴」の解説

189センチ長身から、最速147km/hの直球スライダーカーブチェンジアップ投げ大型左腕

※この「選手としての特徴」の解説は、「佐藤一磨」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「佐藤一磨」の記事については、「佐藤一磨」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:39 UTC 版)

中田惟斗」の記事における「選手としての特徴」の解説

ストレートの最速は150km/h。変化球カーブスライダーフォーク投じる

※この「選手としての特徴」の解説は、「中田惟斗」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中田惟斗」の記事については、「中田惟斗」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 02:24 UTC 版)

ロビン・ベンチュラ」の記事における「選手としての特徴」の解説

250本塁打打ちなおかつゴールドグラブ賞受賞した三塁手メジャー史上5人しかいないまた、三塁手としての通算1,887試合出場は、メジャー史上14位(2006年終了時点)。90打点以上を8シーズン記録三塁手としてはマイク・シュミット11回、エディ・マシューズ10回に次いで3位タイである。通算長打率.444は、三塁手として通算1,500試合以上に出場した選手の中で歴代10位。 また、ドジャース時代2003年投手として1試合登板している。1イニング投げて被安打1、失点自責点0で防御率は0.00。与四死球奪三振も0であったキャリア初期三振よりも四球の方多かったが、長打力が増すに連れて1994年以後三振の方多くなり、1999年に通算でも四球よりも三振の方多くなった。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ロビン・ベンチュラ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ロビン・ベンチュラ」の記事については、「ロビン・ベンチュラ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 23:39 UTC 版)

谷岡楓太」の記事における「選手としての特徴」の解説

ストレートの最速は152km/h。

※この「選手としての特徴」の解説は、「谷岡楓太」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「谷岡楓太」の記事については、「谷岡楓太」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 03:11 UTC 版)

ハロルド・ベインズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

指名打者として出場試合1652はMLB記録である。通算384本塁打打ちシーズン30本塁打打ったことのない選手の中で歴代2位である。また、指名打者においての通算本塁打236本も2004年エドガー・マルティネス更新されるまで歴代1位である。通算1628打点MLB歴代30位。勝負強さ持ち味で、通算満塁本塁打13本の記録もある。 また、前述の通り静かな男」のニックネームで、当時もっとも無口なメジャーリーガーと言われていたという。球場には誰よりも一番先着いて黙々と練習励み人望厚かったベインズは「よく、昔の名選手誰かがに似ていると言うけど、僕としてはそんな風に比較されるのは好きじゃない。僕はハロルド・ベインズなんだ。ファン球場足を運んで見てみたいと思う選手なりたいだけだ」と述べている。 ベインズ2007年アメリカ野球殿堂入りの候補者資格得たが、初年度殿堂入り投票では29票(得票率5.3%)しか得られなかった。2008年度以降投票でも殿堂入り必要な得票率75%には届かず、むしろ足切りライン得票率5%(これを下回る候補者資格失い次年度以降の候補者リストから外される)を辛うじて上回る程度であった2011年投票得票率が4.8%(得票数28票)と5%を下回り殿堂入り資格失ったが、前述の通り2019年ベテランズ委員会選考により、リー・スミスとともに殿堂入り果たした

※この「選手としての特徴」の解説は、「ハロルド・ベインズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ハロルド・ベインズ」の記事については、「ハロルド・ベインズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:05 UTC 版)

アダム・エバレット」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャーで最高レベル遊撃守備を誇る遊撃手とされる堅実でなおかつ守備範囲がとても広く、肩の強さ申し分ない。これらに関してセイバーメトリクスにおける守備指標軒並み高い成績残していることから裏付けられている。特にプラス・マイナス・システムUZRにおいては故障出場機会少なかった2007年除いて常に高い数値記録しており、特に2004年から2006年まで合計においては2位以下を大きく引き離している。 抜群のポジショニングについて元チームメイトロイ・オズワルトは、「彼は、僕がある特定の球種投げる時は、投球する前に動き始めている。マウンドの上越えていく打球打たれ時に僕は、これはどうしてもヒットになるなと思う。けれど、次の瞬間あいつがちょうどその位置立っているのが見えるんだよ。それでアウトにするんだ」と語っている。 その一方打撃芳しい成績残せておらず下位打線定位置となっている。三振多く四球少ない。OPSではつねにとても低い数字である。この打撃面での印象乏しさ災いしてか、守備指標での好成績にもかかわらずゴールドグラブ賞受賞経験はない。打撃面での貢献非常に大きいもののプラス・マイナス・システムなど守備指標において下位定位置(例:、、)となっているデレク・ジーター同賞3年連続受賞したことと対照的である。この好対照2人に関してセイバーメトリクス生みの親ビル・ジェームズコラムとして取り上げている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「アダム・エバレット」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アダム・エバレット」の記事については、「アダム・エバレット」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:21 UTC 版)

ホルヘ・フリオ」の記事における「選手としての特徴」の解説

160キロ近い速球ツーシーム主体とした投球持ち味速球派変化球は主にスライダー武器とする。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ホルヘ・フリオ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ホルヘ・フリオ」の記事については、「ホルヘ・フリオ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:00 UTC 版)

ブーグ・パウエル」の記事における「選手としての特徴」の解説

バッティング面で最大の特徴巨体生かしたパワー現役時代には4度34本塁打以上を記録している。打率それほど高くは無いが、かといって巨漢のパワーヒッターに見られがちな三振多さ目立つほどではない。足は遅く通算盗塁20個。守備優れておらず、シーズン10以上の失策犯す事もしばしばあった。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ブーグ・パウエル」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ブーグ・パウエル」の記事については、「ブーグ・パウエル」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:18 UTC 版)

ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

広角打ち返す打撃見せる。 かつては種田仁彷彿とさせるガニ股打法だったが、2012年シーズン終盤からは重心高くしたフォームになっている

※この「選手としての特徴」の解説は、「ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)」の記事については、「ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 08:34 UTC 版)

京山将弥」の記事における「選手としての特徴」の解説

動きしなやかな投球フォーム打者の手元で伸びる最速155km/hのストレートホームベース両サイド厳しく突けるほど高い制球力武器スライダーカットボールカーブチェンジアップフォークといった変化球投げる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「京山将弥」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「京山将弥」の記事については、「京山将弥」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:22 UTC 版)

マルコ・スクータロ」の記事における「選手としての特徴」の解説

アスレチックス時代までは、主に内野バックアップとして二遊間中心に内野時には外野も守るユーティリティープレイヤーとして、毎年控え内野手故障した選手の穴埋めとして100試合以上に出場していた。ブルージェイズ移籍後は、遊撃手レギュラーとして活躍していた。レッドソックスではチーム事情により二塁守ること多かった

※この「選手としての特徴」の解説は、「マルコ・スクータロ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「マルコ・スクータロ」の記事については、「マルコ・スクータロ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 20:40 UTC 版)

下妻貴寛」の記事における「選手としての特徴」の解説

遠投110メートル強肩持ち味大型捕手

※この「選手としての特徴」の解説は、「下妻貴寛」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「下妻貴寛」の記事については、「下妻貴寛」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 07:46 UTC 版)

アレク・ミルズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

193cmの長身ながら繰り出す速球最速94.9mph(約152.7km/h)を計測しチェンジアップ武器

※この「選手としての特徴」の解説は、「アレク・ミルズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アレク・ミルズ」の記事については、「アレク・ミルズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 20:16 UTC 版)

ジャック・ブルームフィールド」の記事における「選手としての特徴」の解説

ブルーム外角打ちの上手さに目をつけた張本勲は、ある日ブルーム外角打ち極意尋ねた。それに対してブルームは「外角を打つには内角を打つのが上手でないといけない。それは、外角意識向いている時に内角直球が来ると手が出ないからである。こちらが内角を打つのが上手だと、投手内角投げるのを嫌がって外角投げること増える。そこで、相手配球読んで投手外角投げてくるのを狙い打つのだ(すなわち相手外角投げてくるとわかるので上手に外角打てる)」と説明をした。これを聞いた張本は「なるほど、バッティングとは奥が深い」と感心したという。 ブルーム外角を打つのが上手なのは内角を打つのが上手いからだと考えた野村克也は、ブルーム内角打ち極意尋ねた。それに対してブルームは、「腕をたたみ、バット立てるようにして最短距離でボールを打つのだ」と答えたという。ブルームアドバイス功を奏したのかは不明だが、野村現役時代内角ギリギリの球を上手に打ってレフトポール際にホームランを打つのが得意であったドラッグバント内野安打を稼ぐのも得意であった張本セーフティバントコツについてもブルーム教え請い赤坂有名店ステーキ奢った。「バックスイングをしてバントなんてしないよう見せろ」という答を得て1970年史上最高打率到達かかった打席バントヒット成功している。 長池徳士は「ドラッグバント外の球を打つのがうまかった。」は述べている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジャック・ブルームフィールド」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジャック・ブルームフィールド」の記事については、「ジャック・ブルームフィールド」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:15 UTC 版)

ゲイリー・シェフィールド」の記事における「選手としての特徴」の解説

バット先端下を向くほど大きくヒッチするフォーム特徴とする。バットスピードの速さバリー・ボンズに次ぐと言われ、そのリスト強さ生かし変化球にとても強い。 走塁ではスイング大きにも関わらず打席から一塁まで4.2秒で走る俊足誇り通算盗塁250クリア守備は元内野手あるため捕球してから投げるまでが早く捕球位置に入るまでも速いため、肩の強さ最大限生かすことができる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ゲイリー・シェフィールド」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ゲイリー・シェフィールド」の記事については、「ゲイリー・シェフィールド」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:24 UTC 版)

ケリー・ウッド」の記事における「選手としての特徴」の解説

時速90マイル後半剛速球大きく鋭い変化をするカーブ三振の山を築き、しばしばピッチャーゴロ背面キャッチでさばく抜群の運動神経守備能力誇ったその姿テキサス州出身である事からネクスト・ノーラン・ライアンとも呼ばれていた。ただし、ノーラン・ライアン悪いところであった四球多さ似ていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ケリー・ウッド」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ケリー・ウッド」の記事については、「ケリー・ウッド」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 01:42 UTC 版)

クリフ・リー」の記事における「選手としての特徴」の解説

ダイナミックなフォームから投げ降ろされる速球フォーシーム)は、スピード常時90-93mph(約145-150km/h)で、典型的なフライボールピッチャーだった。ストレート系失投本塁打なりやすいのが欠点であったのが、インサイド強気で攻め投球スタイル変えてから、2008年ゴロ打たせるケース増えフライによるアウトゴロアウト上回りMLB代表する左腕投手として評価上げたフォーシームツーシームカッターといった速球チェンジアップナックルカーブ投げる。 通算与四球率1.9と非常にコントロールがよく、通算奪三振率が7.8とそれほど多くないこともあり少な投球数でテンポよく抑える2010年212回を投げて185奪三振に対し与四球僅かに18であった。1与四球あたりの奪三振を示すK/BBは10.28という驚異的な数値示した打撃では通算打率.175(291打数51安打)・2本塁打19打点24犠打などを記録

※この「選手としての特徴」の解説は、「クリフ・リー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「クリフ・リー」の記事については、「クリフ・リー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:32 UTC 版)

ヴァル・パスクチ」の記事における「選手としての特徴」の解説

逆方向本塁打叩き込めるパワフルな打撃強肩持ち主で、巨体ながら俊足持ち合わせていた。しかし選球眼課題があり外野守備捕球危なっかしく、マイナーで一塁でも起用されていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ヴァル・パスクチ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ヴァル・パスクチ」の記事については、「ヴァル・パスクチ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:51 UTC 版)

フリアン・タバレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

これまでに多くの問題起こしてきた投手で、2004年には帽子松ヤニをつけていたことが試合中発覚し10試合出場停止処分を受けている。同じく2004年に、当時ヒューストン・アストロズ主砲ジェフ・バグウェルの頭にデッドボール当てた際に故意死球みなされ罰金1万ドル課せられたそれ以前からコントロール良い投手のはずなのに、頭へのデッドボールが多いため、故意ではないかという見方されていた)。 決め球である150キロ前後高速シンカーに加えスライダーチェンジアップ主な持ち球。 多くのチーム移籍するせいか、日本人選手と同じになることが多く吉井理人田口壮松坂大輔岡島秀樹チームメイトであった

※この「選手としての特徴」の解説は、「フリアン・タバレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「フリアン・タバレス」の記事については、「フリアン・タバレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:46 UTC 版)

トッド・ジョーンズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

9095マイル(約145~153km)のシンキングファーストボール、カットボール大きく縦に曲がカーブ、それにチェンジアップフォーク中間の様な球種投げる。制球力年々改善されており、直球カットボールストライクゾーン両サイド投げコントロールがあるが、走者がいる際に制球を乱す癖が少しある。ピッチング組み立て上手い守備牽制平均的である。一時は中継ぎとなっていたが、カットボール効果的に使えるようになり、再度クローザーとしての地位確立した

※この「選手としての特徴」の解説は、「トッド・ジョーンズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「トッド・ジョーンズ」の記事については、「トッド・ジョーンズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 21:25 UTC 版)

平田真吾」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速151km/hを誇るストレートと切れのあるスライダーフォークボールカーブツーシーム投げる。また、カットボール2019年オフのオーストラリア・リーグ遠征際に習得した

※この「選手としての特徴」の解説は、「平田真吾」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「平田真吾」の記事については、「平田真吾」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:48 UTC 版)

ジャック・ジョーンズ (外野手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

2004年から2006年まで3年連続20以上の本塁打放っている一方で本塁打狙い打撃をしてしまうために打率低下傾向にあり、三振の数も多い。また、四球選ばないので出塁率が低い。 ポジション右翼手で、中堅手左翼手でのプレー経験もある。ツインズ時代トリー・ハンター左中間右中間組んでいた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジャック・ジョーンズ (外野手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジャック・ジョーンズ (外野手)」の記事については、「ジャック・ジョーンズ (外野手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:54 UTC 版)

ジョーイ・ギャスライト」の記事における「選手としての特徴」の解説

小柄ながら類稀な身体能力持ち主足の速さメジャーNO.1といわれている。彼の驚異的な身体能力を示すものとして、「友達に車を飛び越えている特技見せている時に、偶然スカウト通りかかりスカウトされた」という真偽定かでないエピソードがある。 また、2002年には普通サイズ乗用車軽々とジャンプして飛び越した経験があり、動画サイトYouTubeに、その動画掲載された 2007年8月1日メトロドーム行われたミネソタ・ツインズ戦で1試合2度何でもないレフトフライ捕球できずに後逸。この模様8月5日サンデーモーニングの「週刊御意見番」で放送され出演者大沢啓二張本勲関口宏呆れられた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョーイ・ギャスライト」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョーイ・ギャスライト」の記事については、「ジョーイ・ギャスライト」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 02:54 UTC 版)

クリス・セドン」の記事における「選手としての特徴」の解説

基本的に平均球速は130km/h前半から中盤持ち球はスライダーカーブチェンジアップ。特にスライダー決め球となっている。球種非常に多いうえほとんど同じ投球フォーム投げられるのが強みクイックモーション課題がある

※この「選手としての特徴」の解説は、「クリス・セドン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「クリス・セドン」の記事については、「クリス・セドン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:04 UTC 版)

ロブ・ネン」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球前につま先軽く叩くという独特の投法からの最速102mph(約164km/h)の速球と、ターミネーター異名を持つスライダー武器とし、特にホームベース上で縦方向急激に変化するスライダーは90mph前半球速誇った入場曲は、ディープ・パープルの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』だった。 好調時のネン投球は、他球団脅威であったナショナルリーグライバルチーム監督は、「いかにネン攻略するか」ではなく、「いかにネンマウンドに上げさせないか」という結論達していたという。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ロブ・ネン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ロブ・ネン」の記事については、「ロブ・ネン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 06:09 UTC 版)

ショーン・ヒル (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球の7割近く速球平均急速は89マイル程度)が占める。メジャーデビュー当時はカーブ投げること多かったが、近年チェンジアップ比率増えている。 カナダオンタリオ州トロント本拠地を置くトロント・ブルージェイズ、かつてカナダケベック州モントリオール本拠地置いていたモントリオール・エクスポズ(現在は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.本拠地移転しワシントン・ナショナルズとして存在している)に在籍していた経験をもつカナダ人選手のうちの一人ヒル他には、デニス・ブーシェロブ・デューシーマット・ステアーズがいる)。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ショーン・ヒル (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ショーン・ヒル (野球)」の記事については、「ショーン・ヒル (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 06:13 UTC 版)

ランディ・ウィリアムズ (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

スリークォーターから最速154km/hのストレート投げ込む速球派変化球主な持ち球は、スライダーツーシームチェンジアップなどである。 コントロールはないが直球威力には定評があり、大塚光二は「球がストライクゾーン入れば手が付けられない」と語っている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ランディ・ウィリアムズ (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ランディ・ウィリアムズ (野球)」の記事については、「ランディ・ウィリアムズ (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 07:49 UTC 版)

ジョニー・ゴームズ」の記事における「選手としての特徴」の解説

宴会部長的な性格とハッスルプレーからチームムードメーカーとしての評価高くリーダーシップ高い評価を受ける。 走攻守闘志前面に出すハッスルプレーとレイズ時代トロピカーナ・フィールド史上2位478フィート(約145.8メートル)の本塁打放った長打力持ち味とし、プルヒッター大きな外野フライが多い。 アスレチックス時代以降は左投手プラトーン選手として起用されている。2015年までMLB通算右打率.221、OPS.711に対し、対左には通算打率.273、OPS.855を記録し左投手相手には状況に応じて逆方向打球を運ぶことも得意とする近年は対左投手専門傾向がさらに強くなり、2014年から2015年まで通算右投手成績は打率.186、OPS.536にまで落ち込んでいる若い頃速いカウントから積極的に打ちに行くフリースインガー選球眼欠けていたが、2011年から失投をじっくり待つスタイルとなり1打席あたりの投球数や四球増えた一方で大振り目立スイングで、変化球弱く三振非常に多い。さらに好不調の波が極端に大きい外野守備動き鈍く打球軌道読み違えることも多い。メジャーデビュー当初は平均以上走力強肩備えていたが、レッドソックス時代以降は鈍足敏捷性欠ける姿が目立ち、肩の強さ平均以下となった守備時には好物ヒマワリ種をポケット入れている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョニー・ゴームズ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョニー・ゴームズ」の記事については、「ジョニー・ゴームズ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 09:49 UTC 版)

ジョー・パニック」の記事における「選手としての特徴」の解説

三振がとても少な打者で、1三振要する打数2016年は9.9、2017年は9.5と共にで両リーグ1位、キャリア通算でも9を超えている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョー・パニック」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョー・パニック」の記事については、「ジョー・パニック」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 09:20 UTC 版)

中村直志」の記事における「選手としての特徴」の解説

高い適応力戦術理解力持ち中盤幅広いポジションをこなすユーティリティープレイヤー2001年プロ入り時は攻撃的なポジション本職で、初年度ドリブルミドルシュート武器に主にサイドハーフとして出場2003年ボランチ経験する課題守備にも自信深めその後様々なポジション経験するが、2008年以降はボランチ定位置として活躍。高いパス成功率2008年5月実績80%台)と献身的な守備武器チーム攻守を繋ぐ重要な役割果たした

※この「選手としての特徴」の解説は、「中村直志」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中村直志」の記事については、「中村直志」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 16:12 UTC 版)

チェイス・ヘッドリー」の記事における「選手としての特徴」の解説

パドレス時代は他選手と同様に、本拠地ペトコ・パーク敵地での通算成績には大きな差があった。所属した8年間で、本拠地では打率.243、35本塁打、OPS.703なのに対し敵地では打率.286・52本塁打・OPS.804となっている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「チェイス・ヘッドリー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「チェイス・ヘッドリー」の記事については、「チェイス・ヘッドリー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 16:08 UTC 版)

大貫晋一」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速150km/hのストレート2種類ツーシーム空振りを狙うスプリット投球の軸としている。その他の持ち球としてスライダーカーブカットボールチェンジアップがある。ストレートで押し込み変化球多彩に投げ分けゴロ量産する投球持ち味ツーシームは、大学時代習得したシンカーのように沈ませるボールと、プロ1年目春季キャンプ習得したシュートのように右打者の胸元食い込んでいくボール2種類投げる。 カットボール大家友和二軍投手コーチから握り感覚を教えてもらい、2019年オフのオーストラリア・リーグ遠征際に精度高め、苦手としていた左打者への対策として習得したチェンジアップ社会人時代にはうまく使いこなせなかったが、今永昇太濱口遥大同僚の使い手にも助言仰ぎ投げ方握り工夫しつくり上げた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「大貫晋一」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「大貫晋一」の記事については、「大貫晋一」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 04:25 UTC 版)

大山暁史」の記事における「選手としての特徴」の解説

168cmと小柄な体格ながら、スリークォーターからの最速149km/hの直球武器投球テンポ良さ持ち味である。変化球はスライダー・ツーシームを有する

※この「選手としての特徴」の解説は、「大山暁史」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「大山暁史」の記事については、「大山暁史」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:39 UTC 版)

ピート・フェアバンクス」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球データ(2021年レギュラーシーズン)球種 割合 平均球速 最高球速 % mph km/h mph km/h フォーシーム 57.6 97.1 156.3 100.1 161.1 スライダー 42.1 85.7 137.9 88.8 142.9 シンカー 0.3 94.1 151.4 95 152.9 平均97.1mph(約156.3km/h)のフォーシームスライダー勝負する豪腕フォーシーム最速は、2020年計測した100.4mph(約161.6km/h)。また、奪三振能力高くメジャーデビューした2019年から3年連続奪三振率10を超えている。(2019年は12.00、2020年は12.54、 2021年は11.45)

※この「選手としての特徴」の解説は、「ピート・フェアバンクス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ピート・フェアバンクス」の記事については、「ピート・フェアバンクス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 13:54 UTC 版)

与田剛」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速157km/hのストレートフォークを持つ速球派投手速球投げ度に歓声沸いたことで、「もっと速い球を投げて抑えたい」と思い練習においてスピード追求していった。与田直球を受けていた捕手中村武志は「瞬きできない気がついたらミット入っているでっかい玉がボーンとくる感じ」と評し与田当時NPB記録タイとなる157km/hを計測した際に打席立ってた長嶋清幸は「肩幅が広いので、すごく(打席から)近く見える。」と語っている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「与田剛」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「与田剛」の記事については、「与田剛」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 16:02 UTC 版)

加藤晴空」の記事における「選手としての特徴」の解説

二塁送球最速1.8秒台の強肩に加え50m走6秒2の俊足魅力捕手

※この「選手としての特徴」の解説は、「加藤晴空」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「加藤晴空」の記事については、「加藤晴空」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 16:25 UTC 版)

小谷正勝」の記事における「選手としての特徴」の解説

セ・リーグ公式戦シーズン最多登板記録した時期1970年・1971年)に「関取」との異名を取るほどのスタミナと、強気な投球活躍この時期には「太陽出ない日があっても、小谷投げない日はない」とまで言われていたが、後に肥大影響で投球数の制限余儀なくされたこと からNPBでの実働年数10年に過ぎなかった。ストッパー力量を示すセーブについても、現役後期1974年から公式記録としてNPB導入されたため、通算で6個にとどまっている。 巨人が「V9」の後期差し掛かっていた1970年代前半に、巨人打線との対戦成績とりわけ良かったことから引退後も「V9時代救援専門巨人対戦した右投手で最強の巨人キラー」と呼ばれている。現に、通算32試合救援登板で被打率を.180(239打数43安打)、防御率を1.26にとどめていたほか、当時4番打者長嶋茂雄通算打率.182(22打数4安打)に抑え込んでいた。さらに、肝臓の肥大に伴うドクターストップ公然と拒否してからは、後楽園球場での対戦で以下のピッチングによってチーム勝利貢献している。 1972年4月19日対戦では、2点リードの6回表無死満塁から救援登板すると、1点失いながらも自責点0で9回まで投げ切ったこの間投球数は(自ら制限課していた)80球をはるかに超えていたが、試合後には、「マウンドに上がれば打者のことしか考えないから、(80を超えていても)別にどうってことはないこれだけ投げられたら、まあ、いいでしょう」とのコメント残している。 1973年10月1日対戦では、3点ビハインドの7回裏2死満塁打席迎えた長嶋を1ボール2ストライク追い込んだ後の4球目にストレート外角投げ込んだストライクゾーン境目狙った1球で、長嶋はこの球を見送ったものの、球審山本文男は「ボール」と宣告小谷激高したあげく、自分でマウンド降りようとして青田昇監督当時)になだめられた。気を取り直した小谷が5球目にストレートで内角高めに投げ込んだところ、長嶋いわゆる大根斬りのようなスイング空振り三振。この1球で逆転ピンチ凌ぐと、チームリード保ったまま9回まで投げ切ったちなみに試合後に長嶋に対して「『どこでもいいから高めに投げれば手を出してくれる』と思ってはいたが、三振とはねぇ・・・」という捨て台詞残したが、引退後には長嶋終身名誉監督務め巨人コーチとして延べ10年間在籍している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「小谷正勝」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「小谷正勝」の記事については、「小谷正勝」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 01:10 UTC 版)

甲斐拓也」の記事における「選手としての特徴」の解説

MLBトップ匹敵する平均1.83秒・最速二塁送球1.71秒を記録する強肩武器とし、「甲斐キャノン」の異名を持つ。 遠投115メートルプロとして決し突出してはいないものの甲斐本人は「動作速いんだと思うんです」と話している。吉鶴憲治一軍バッテリーコーチ当時)も「足が速いんだ。ステップワーク。だから捕って素早く投げられる。あと制球良さ。いかに正確に早く投げられるかが勝負だから」と語っている。身長170cmとプロ野球捕手として小柄な体格から、素早い動き見せている。上記の様に肩に対す高い評価目立つが、プロ関係者スカウトからは捕球動作評価非常に高い2013年末の台湾ウィンターリーグでは、インサイドワーク評価集めた。なお、「甲斐キャノン」は『機動戦士ガンダム』登場するガンキャノンとそのパイロットであるカイ・シデン由来する東浜千賀が「拓也リードのおかげ」という言葉繰り返すなど、投手陣からの信頼も厚い。 里崎智也甲斐守備12球団ナンバーワン評しており、若手の頃からも連覇の鍵となる存在と絶賛していた。 谷繁元信甲斐について「下半身ステップ使い方とか本当に上手。ほぼ出来上がっている。体の強さ今のところあると思う」と絶賛し打撃面も「ちゃんと振れば、(打球が)飛んでいきますからパンチ力もある」と述べている。 「プレーでは良かった事よりも後悔することの方印象に残っていると言い試合勝ったことより配球ミス悔や甲斐に対し野村克也は「そういうのをちゃんと覚えて反省している」と称賛している。野村は「人は成功してその理由考えない」とし、日本シリーズ勝って失敗した理由考え甲斐の事を「間違いないね、名捕手になるね」と評価し、「失敗が糧になって良いキャッチャーになる」と太鼓判押した2018年現在愛用しているキャッチャーミットは、2015年に、甲斐憧れていたもの当時話したことも面識もなかった炭谷銀仁朗当時埼玉西武ライオンズ)にいきなり話しかけミット譲ってもらえない懇願し譲り受けたものであるポケット部分が浅いためキャッチングが非常に難しいが、ボール握りやすくキャッチングからスローイングスムーズに移行できるという。 北九州市民球場との相性が良い2017年7月19日の対西武戦では自身初の2打席連続本塁打打ったまた、2021年4月20日楽天戦では自身最多の1試合5打点記録し通算打率は.500である(2021年4月20日試合終了時点)。

※この「選手としての特徴」の解説は、「甲斐拓也」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「甲斐拓也」の記事については、「甲斐拓也」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 14:08 UTC 版)

桧山進次郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

阪神入団後長距離打者として期待受けたが、大振り目立ち三振数も多く確実性欠いていた。30代前半からは中距離打者転身し確実性増した打撃2度リーグ優勝貢献現役晩年は「代打の神様」として抜群の勝負強さ見せつけ、高い代打成功率誇った

※この「選手としての特徴」の解説は、「桧山進次郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「桧山進次郎」の記事については、「桧山進次郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 08:47 UTC 版)

トゥーキー・トゥーサン」の記事における「選手としての特徴」の解説

カーブスプリット武器とする。速球最速は97.8mph(約157.4km/h)を計測する

※この「選手としての特徴」の解説は、「トゥーキー・トゥーサン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「トゥーキー・トゥーサン」の記事については、「トゥーキー・トゥーサン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 05:22 UTC 版)

ヨルダン・アルバレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

打撃パワーだけでなくアベレージ残せる高く評価されている。守備では一塁左翼ともに平均以下で、将来指名打者専任予想されている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ヨルダン・アルバレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ヨルダン・アルバレス」の記事については、「ヨルダン・アルバレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 08:07 UTC 版)

ブレイク・テイラー」の記事における「選手としての特徴」の解説

速球スライダーだけで投げるツーピッチ・ピッチャーである。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ブレイク・テイラー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ブレイク・テイラー」の記事については、「ブレイク・テイラー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 03:16 UTC 版)

入江大生」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速156km/hのストレートにスライダーカットボールツーシームフォークボールカーブなどの変化球混ぜて投げ込む。特にスライダーに対する評価高く野球評論家山本昌は「縦に鋭く落ちスライダーは、現時点で一軍打者手こずるだろう」と評している。 また、山本入江投球フォームについても「打者からすれば急にボール出てくる感覚なるのでタイミング取りづらいフォームはずである」と評している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「入江大生」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「入江大生」の記事については、「入江大生」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 20:38 UTC 版)

坂本誠志郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

投手長所引き出インサイドワーク正確なコントロール備えた送球持ち味フレーミングにも定評があり、ダルビッシュ有は「日本人選手組みたいキャッチャー」の1人坂本の名前を挙げている。 2021年本塁打打った選手にかける「虎メダル」を自作し定着させるなど、チームムード作り一端を担った

※この「選手としての特徴」の解説は、「坂本誠志郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「坂本誠志郎」の記事については、「坂本誠志郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 15:02 UTC 版)

坂井聖人」の記事における「選手としての特徴」の解説

専門種目バタフライ大きな泳ぎ強みとしている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「坂井聖人」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「坂井聖人」の記事については、「坂井聖人」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:15 UTC 版)

タイシンガーブランドン大河」の記事における「選手としての特徴」の解説

50メートル5秒9の俊足遠投110メートル強肩、さらにパンチのある打撃武器3拍子そろった選手目標としてトリプルスリー挙げている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「タイシンガーブランドン大河」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「タイシンガーブランドン大河」の記事については、「タイシンガーブランドン大河」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:31 UTC 版)

柘植世那」の記事における「選手としての特徴」の解説

二塁到達1.8秒台のスローイング持ち味強肩捕手高校時代通算本塁打32本。

※この「選手としての特徴」の解説は、「柘植世那」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「柘植世那」の記事については、「柘植世那」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:42 UTC 版)

若林楽人」の記事における「選手としての特徴」の解説

攻守バランス良く遠投125mの強肩一塁到達タイム4.0秒の俊足を持つ。

※この「選手としての特徴」の解説は、「若林楽人」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「若林楽人」の記事については、「若林楽人」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 07:36 UTC 版)

越智大祐」の記事における「選手としての特徴」の解説

150km/h前後直球と「雷電フォーク」と呼ばれる落差大きフォークボールを軸に三振を奪う投球スタイル投げ際に前足大きく前に踏み込む2段モーション気味のフォーム使用する速球最速155km/hを記録しフォークも140km/hを超えるまた、ややシュート気味に変化するツーシームスライダーカーブ時折投げる。その一方暴投多く2008年には中継ぎ投手ながら15暴投記録している。これは、リリーフのみで登板した投手としては最多記録である[要出典]。

※この「選手としての特徴」の解説は、「越智大祐」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「越智大祐」の記事については、「越智大祐」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 20:21 UTC 版)

井口和朋」の記事における「選手としての特徴」の解説

走者がいないときは足を二度上げ二段モーション特徴ストレート縦に鋭く落ちスライダーコンビネーション武器であり、変化球他にフォーク・カーブ・カットボールを投じるストレートの最速アマチュア時代に149km/h、プロ入り後は2021年6月13日DeNA戦で153km/hを計測している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「井口和朋」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「井口和朋」の記事については、「井口和朋」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 06:02 UTC 版)

中山礼都」の記事における「選手としての特徴」の解説

高校時代遠投115メートル50メートル走5.9秒、通算17本塁打記録長打力のある選手ではないが、高卒1年目ながら二軍44試合打率3割以上を記録するなど打撃巧い選手である。

※この「選手としての特徴」の解説は、「中山礼都」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中山礼都」の記事については、「中山礼都」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 04:46 UTC 版)

高宮和也」の記事における「選手としての特徴」の解説

プロ入り後は主に対左打者ワンポイント務め中継ぎ投手として活躍阪神時代コントロールを向上させたことで才能開花した変化球スライダーシュートカーブシンカーなどを投げる。 阪神時代巨人阿部慎之助との対戦成績良く、「阿部キラー」と称された。

※この「選手としての特徴」の解説は、「高宮和也」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「高宮和也」の記事については、「高宮和也」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 09:07 UTC 版)

タイリース・マクシー」の記事における「選手としての特徴」の解説

鋭いドライブ得意な一方でポイントガードながら大学時代スリーポイントフィールドゴール成功率が29.2%と苦手としている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「タイリース・マクシー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「タイリース・マクシー」の記事については、「タイリース・マクシー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 20:59 UTC 版)

大下誠一郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

身長171cm・体重89kgの体格から力強打球放つ右のスラッガー白鷗大学硬式野球部2・3年時に主将任されるなど、リーダーシップ高く評価されている。 守備では一塁三塁守り1年目シーズン終了後契約更改では正三塁手への定着目標に掲げている。前述した大柄な体格ありながら内野守備での動きスムーズで柔らかさ正確さ兼ね備えたスローイングにも定評がある。なお、オリックスには外野手として入団したが、公式戦では一・二軍とも外野守備就いたことがなく、2年目からは内野手として登録された。

※この「選手としての特徴」の解説は、「大下誠一郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「大下誠一郎」の記事については、「大下誠一郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 08:13 UTC 版)

ティム・アンダーソン (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

高校2年から野球を始めたため粗削りだが、バスケットボールで培われた身体能力売りで、特にスピード高評価守備選球眼課題があるMLB平均以上打率ながら四球少ないため、出塁率平均以下盗塁成功率通算で80%。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ティム・アンダーソン (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ティム・アンダーソン (野球)」の記事については、「ティム・アンダーソン (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 07:50 UTC 版)

フランシスコ・ロドリゲス」の記事における「選手としての特徴」の解説

左足高く掲げ左手とともにまっすぐ伸ばしながらステップしリリース体勢に入るという、独特の躍動感ある投球フォーム持ち主持ち球は、平均球速144km/h最速99マイルフォーシームおよびツーシームと、大きく曲がり落ち平均120km/h前後カーブ2種類変化をする平均133km/hのチェンジアップ若手のころはフォーシームスライダー2球種で押し切っていたが、MLB1年目から既に「手元小さく変化する速球マリアノ・リベラスライダーペドロ・マルティネス、そしてアグレッシブさはウーゲット・ウービナみたいだ」とも言われていた。 スライダー急激に変化するため "カートゥーン・スライダー" と呼ばれるほか、その球速からカーブ扱いされることもある。エンゼルス2006年までチームメイトだったブレンダン・ドネリーは「フランキーのはカーブだ。速球とのスピード差が大きすぎる彼はスライダーと言い張っているが、あれは絶対にカーブだ。ブルペンでいつも議論しているよ(笑)」と話している。チェンジアップスプリッターのように落ちるものと、シンカーのように打者から遠ざかりながら沈むものの2種類投げ分けている。チェンジアップ投げようになったのは2006年ころからで、当初は制球ミスで長打浴びたこともあったが、次第左打者に対し効果を表すようになった。ただし、チェンジアップ速球を同じ腕の振りから投げようとしたことで、速球球速低下するという悪影響もあったことを本人自ら認めている。 2015年から投球スタイル変え速球主体からチェンジアップ主体になった投球全体チェンジアップ割合は、40%以上にも及ぶ。 "K-Rod" の異名が示すとおり、高い奪三振率を誇る。2010年終了時点で通算奪三振率は11.3で、これはリベラ8.2)やジョー・ネイサン(9.4)などを上回っている。しかし1年単位見ていくと、2004年の13.2をピークとして年々数字下がっており、2009年自己最低の9.7にまで落ち込んだ。また与四球による無駄な走者を出すことも多く通算与四球率4.0)はリベラ2.1)やネイサン(3.4)よりも悪い。まれに集中力欠きビッグイニング作られることもある。

※この「選手としての特徴」の解説は、「フランシスコ・ロドリゲス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「フランシスコ・ロドリゲス」の記事については、「フランシスコ・ロドリゲス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 08:05 UTC 版)

デビッド・エクスタイン」の記事における「選手としての特徴」の解説

エクスタインといえばハッスルプレーという評価球界では定着しており、カージナルス在籍時の監督トニー・ラルーサは「彼が一生懸命プレーすることで、チーム全体よくなるように見えてくるんだ」とエクスタイン賞賛している。 打者としては、三振少ない。デビュー以来三振数が61以上を記録したことがなく、三振率(1三振するのに何打席要するか)はデビューした2001年から2006年まで6年間ずっとリーグ上位6人以内に入り2009年まで通算では12.01と高い数値残している。また、犠打右打ちなどチームバッティングにも優れ2001年・2002年2年連続リーグ最多犠打記録しているほか、2007年には野球専門誌ベースボール・アメリカナショナルリーグ監督対象行ったアンケートで、エクスタインは "ヒットエンドラン・アーティスト" 部門3位となった本人は「僕は一発のある打者じゃないから。右方向打ってランナー進める。これが僕の仕事試合のための準備をするのが練習さ」と、試合前打撃練習から右方向への打撃心がけている。 守備では身体全体使って大きな動作ぎこちない独特なスローイングをするが、これについて本人は「僕には遊撃守れるほどの強い肩はないからね。ああやるしか、しょうがないんだよ。」と語っている。 前かがみ本塁覆いかぶさるような打撃フォームのため死球浴びることが多い。デビューした2001年21死球は、フランク・ロビンソン1956年記録した20死球上回る新人史上最多記録だった。また2年目27死球だったが、デビューから2年連続20死球以上はメジャー史上初記録である。

※この「選手としての特徴」の解説は、「デビッド・エクスタイン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「デビッド・エクスタイン」の記事については、「デビッド・エクスタイン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 10:00 UTC 版)

太田龍」の記事における「選手としての特徴」の解説

身長190cmの体格から最速153km/hのストレート投じる変化球は130km/h台後半のスプリット、130km/h前後チェンジアップ、125km/h前後スライダー、115km/h前後カーブの計4種類で、緩急差は約40km/hある。

※この「選手としての特徴」の解説は、「太田龍」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「太田龍」の記事については、「太田龍」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 16:55 UTC 版)

アーマンド・ガララーガ」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球スタイルストレート系変化球ツーシームやワンシーム)などを中心に打たせて取るスタイル。その他変化球ではスライダーチェンジアップなどを投げ

※この「選手としての特徴」の解説は、「アーマンド・ガララーガ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「アーマンド・ガララーガ」の記事については、「アーマンド・ガララーガ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 11:39 UTC 版)

エバン・ホワイト (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

ジョーイ・ボット憧れた俊足好守一塁手で、ゴールドグラブ賞常連となれる守備範囲を誇る。マイナーリーグでは一塁手での出場のみだが、大学時経験のある外野守備平均以上にこなす。打撃では選球眼悪くないが、一塁手としては長打力弱点なためその成長不可欠と言われている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「エバン・ホワイト (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「エバン・ホワイト (野球)」の記事については、「エバン・ホワイト (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 20:18 UTC 版)

ロンデー・ホリス=ジェファーソン」の記事における「選手としての特徴」の解説

主にジェファーソンフォワードプレーしている。ディフェンス得意であり運動能力と216cmのウイングスパン活かしてパワーフォワード選手相手にも守備する事ができる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ロンデー・ホリス=ジェファーソン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ロンデー・ホリス=ジェファーソン」の記事については、「ロンデー・ホリス=ジェファーソン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 10:08 UTC 版)

ジム・ライス」の記事における「選手としての特徴」の解説

打率本塁打打点いずれも稼げるスラッガーで、通算で打率.298・382本塁打・1451打点記録し三塁打79本記録した反面四球少なく打率の割に出塁率はあまり高くなかった右打者で、前を打つのがウェイド・ボッグスドワイト・エバンス出塁率の高い打者だったため併殺打多く1984年36筆頭に歴代6位タイ315記録した。但し通算2,000回以上併殺打なり得る場面無死又は1死で一塁走者がいる状況)で打席立っており、その状況通算打率.310・長打率.515を記録している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジム・ライス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジム・ライス」の記事については、「ジム・ライス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 10:11 UTC 版)

トニー・アーマス・シニア」の記事における「選手としての特徴」の解説

本塁打王2回、打点王1回1980年代前半アメリカンリーグ代表する強打者一人であった。故障多く通算12故障者リスト入りその間306試合欠場した

※この「選手としての特徴」の解説は、「トニー・アーマス・シニア」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「トニー・アーマス・シニア」の記事については、「トニー・アーマス・シニア」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 09:53 UTC 版)

ウィリー・ウィルソン」の記事における「選手としての特徴」の解説

1970年代後半から1980年代前半にかけてジョージ・ブレットとともにカンザスシティ・ロイヤルズ黄金期支えた球団史最高のスピード・スター通算668盗塁メジャー歴代12位。ロイヤルズ在籍時の通算612盗塁球団記録1979年83盗塁盗塁王獲得1980年記録した32連続盗塁成功は、2006年イチロー抜かれるまでア・リーグ記録であったベースランニング一流であり、5度最多三塁打記録1979年にはシーズン5本のランニングホームランという珍記録残している。また通算13本のランニングホームラン1950年以降メジャー最多記録である。翌1980年には705打数と、当時メジャー史上におけるシーズン最多打数記録したが、2007年ジミー・ロリンズ塗り替えられた。なお、2004年イチロー704打数当時シーズン打数歴代2位)と、あと1に迫った両者とも四球が非常に少なく大量の単打を打つ点で共通していると言える

※この「選手としての特徴」の解説は、「ウィリー・ウィルソン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ウィリー・ウィルソン」の記事については、「ウィリー・ウィルソン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 15:05 UTC 版)

今井順之助」の記事における「選手としての特徴」の解説

類い稀な長打力魅力スラッガー打撃フォーム前田智徳参考にしている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「今井順之助」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「今井順之助」の記事については、「今井順之助」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 20:55 UTC 版)

ジョー・マッカーシー (1994年生の外野手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

長打力粘り強い打撃武器外野手守備では本職外野に加えて一塁こなせる

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョー・マッカーシー (1994年生の外野手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョー・マッカーシー (1994年生の外野手)」の記事については、「ジョー・マッカーシー (1994年生の外野手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 14:16 UTC 版)

エイドリアン・ゴンザレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

左の中距離打者で、外角球にも逆らわず速く鋭い打球飛ばせる広角打法持ち味である。 当初は選球眼良くなくボール球手を出すことも多いので三振多かった2009年改善し初め四球三振上回り出塁率も4割を超えた。 一塁守備には高い評価与えられている守備範囲広くパドレスではウォーリー・ジョイナー以来名手である。

※この「選手としての特徴」の解説は、「エイドリアン・ゴンザレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「エイドリアン・ゴンザレス」の記事については、「エイドリアン・ゴンザレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 14:29 UTC 版)

プリンス・フィルダー」の記事における「選手としての特徴」の解説

身長約180cmと現代メジャーリーガーとして低身長ながら、体重は120kg以上あり、父親譲り巨漢である(現役時代セシル体重同じくらいであったが、身長プリンスより10cm(4インチ)ほど高かった)。マイケル・ルイス著の『マネー・ボールの中では、アスレチックススカウト陣から太りすぎとして酷評されていたシーンがある。しかし、メジャー昇格後活躍によりアスレチックススカウト見返した

※この「選手としての特徴」の解説は、「プリンス・フィルダー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「プリンス・フィルダー」の記事については、「プリンス・フィルダー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 14:16 UTC 版)

カーティス・グランダーソン」の記事における「選手としての特徴」の解説

メジャー史上3人目の20-20-20-20クラブ達成者左投手を苦手としており2009年終了時点で通算成績は対右投手が打率.292、OPS.894なのに対し、対左投手打率.210、OPS.614である。特に2009年は対左で打率.183、OPS.484と全く打てなかった。 2007年には盗塁27試みて26成功させているが、本人によると「打席から一塁ベースまでは3.9秒。メジャーの平均が確か4.1秒のはずだから、脚力多少あるというぐらい」とのこと

※この「選手としての特徴」の解説は、「カーティス・グランダーソン」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「カーティス・グランダーソン」の記事については、「カーティス・グランダーソン」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 14:29 UTC 版)

ジョシュ・ウィリンガム」の記事における「選手としての特徴」の解説

安定した打撃力持ちメジャーでレギュラーに定着した2006年以降毎年.800台のOPS記録している。 マイナー7年間の通算成績は、打率.278 ・ 出塁率.402 ・ OPS.916。パワー選球眼武器である。以前はスピードもあった(2001・2002年は、それぞれ2418盗塁)が、膝を壊してからは失われてしまった。 マイナーで捕手として出場が最も多かったが、メジャーで15試合のみ。盗塁阻止率も.100と低迷している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョシュ・ウィリンガム」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョシュ・ウィリンガム」の記事については、「ジョシュ・ウィリンガム」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 13:44 UTC 版)

グレイディ・サイズモア」の記事における「選手としての特徴」の解説

2005年以降4年連続20本塁打20盗塁2008年30本塁打30盗塁)を記録し2007年・2008年にはゴールドグラブ賞受賞するなど、走攻守揃った外野手としてメジャーリーグ代表するリードオフマンとなりつつあったが、2009年以降度重なる怪我に苦しみ十分な出場すらままならない状態が続いている

※この「選手としての特徴」の解説は、「グレイディ・サイズモア」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「グレイディ・サイズモア」の記事については、「グレイディ・サイズモア」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 13:50 UTC 版)

オーブリー・ハフ」の記事における「選手としての特徴」の解説

打撃面でのレベルは高い。20032008には打率.300本塁打30本、打点100打点同時に達成している。スイングスピードがとても速くボールアッパーカット捉えず、ストライクゾーン長くバットを保つスイングをする。打席での我慢強さがあり、パワーのある打球フィールドあらゆる所へ飛ばすことができる。また、塁上ランナーがいる時は、状況応じた打撃ができる。 守備一塁手のほか、右翼手左翼手三塁手守れる一塁手三塁手よりも、右翼手守る時ほうがいい動きをする。しかし、守備それほど上手くはなく、走力欠け守備範囲も狭い。そのため指名打者として起用多かった

※この「選手としての特徴」の解説は、「オーブリー・ハフ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「オーブリー・ハフ」の記事については、「オーブリー・ハフ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 03:15 UTC 版)

中田良弘」の記事における「選手としての特徴」の解説

高い球威制球力があるというわけではなく、球質軽めだったが、投球テンポよく野手に守備負担をかけない投手であった

※この「選手としての特徴」の解説は、「中田良弘」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中田良弘」の記事については、「中田良弘」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 03:30 UTC 版)

廖任磊」の記事における「選手としての特徴」の解説

201cmの長身から最速155km/hの直球持ち味とする。変化球スライダーチェンジアップ投げる。コントロール課題

※この「選手としての特徴」の解説は、「廖任磊」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「廖任磊」の記事については、「廖任磊」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 01:04 UTC 版)

宮本丈」の記事における「選手としての特徴」の解説

打撃ではパンチ力抜群の勝負強さ魅力守備では本職内野に加えて外野もこなすユーティリティープレイヤー50m走タイムは5秒9、遠投95mを記録している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「宮本丈」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「宮本丈」の記事については、「宮本丈」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 16:30 UTC 版)

河村説人」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速150 km/hストレートに加えフォーク武器

※この「選手としての特徴」の解説は、「河村説人」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「河村説人」の記事については、「河村説人」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 21:27 UTC 版)

有吉優樹」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速149km/hのストレートのほかシュートスライダーカーブチェンジアップなどを投げ分ける新人時の春季キャンプでは伊東勤監督が「制球安定している」、取材訪れた三浦大輔も「バランス良く投げている」と高く評価したという。

※この「選手としての特徴」の解説は、「有吉優樹」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「有吉優樹」の記事については、「有吉優樹」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 23:46 UTC 版)

中村稔弥」の記事における「選手としての特徴」の解説

リリースポイントが見えづらい投球フォームから投げ込まれストレート最速147km/hを記録変化球大学の先輩である東浜巨投げ始めたと言われる亜大ツーシーム」が特徴他にスライダーカーブ投じる

※この「選手としての特徴」の解説は、「中村稔弥」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中村稔弥」の記事については、「中村稔弥」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 07:29 UTC 版)

ライアン・スパイアー」の記事における「選手としての特徴」の解説

小さな腕の振り変則モーションから平均球速89mph(約143km/h)、最速94mph(約151km/h)のクセのある速球シンカー)とスライダーチェンジアップカーブ投げ分ける右打者の外側へ投げスライダーと強いシュート回転をかけるシンカー主体とするため右打者に強いが、変則モーションからのクセ球を主体とするため制球定まらないことも多い。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ライアン・スパイアー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ライアン・スパイアー」の記事については、「ライアン・スパイアー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 17:01 UTC 版)

ビクター・ロブレス」の記事における「選手としての特徴」の解説

本物5ツールプレイヤーになる可能性秘め、特に強肩俊足評価が高い四球多くないが、選球眼上々である。 スタットキャストによるスプリントスピードで30.9ft/秒を記録し2017年のメジャートップであった

※この「選手としての特徴」の解説は、「ビクター・ロブレス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ビクター・ロブレス」の記事については、「ビクター・ロブレス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:00 UTC 版)

ヤシエル・プイグ」の記事における「選手としての特徴」の解説

同郷ヨエニス・セスペデス彷彿とさせる強肩最大の武器2014年の「ベースボールアメリカ」誌によるナ・リーグ選手部門別ランキングでは「肩の強い外野手」で1位評価受けた

※この「選手としての特徴」の解説は、「ヤシエル・プイグ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ヤシエル・プイグ」の記事については、「ヤシエル・プイグ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 02:47 UTC 版)

水沼四郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

捕手だったこともあり捕手として守備力高く評価されていた。のちの正捕手のひとりとなり、カープ入り熱望していた達川光男も「高校時点でスカウトがきたけど、水沼さんがいるのだから出場機会がないのは大い予想できた。自分だって早くプロなりたかったけど、水沼さん負けるのがわかったから、大学行って実力をつけてから指名待とう考えた」と語っている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「水沼四郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「水沼四郎」の記事については、「水沼四郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 03:18 UTC 版)

古村徹」の記事における「選手としての特徴」の解説

ストレートに加えてスライダーカーブチェンジアップ投げていた。スライダーキレ良さ持ち味投球フォームについては、学生時代から愛媛時代2017年4月まで、オーバースロー投げていた。しかし、2017年シーズンの序盤乱調続いたため、監督河原純一(元・読売ジャイアンツおよび中日ドラゴンズ投手)の勧めサイドスロー転向富山移籍した2018年シーズン当初サイドスロー続けていた が、後述する球速の上昇を背景に、シーズン途中からオーバースロー戻している。 ストレートの球速については、高校時代に140km/hを計測DeNAでの第1期には、左肩痛めていた影響で最速でも138km/hにとどまっていた。しかし、独立リーグでの現役復帰後に、サイドスローへの転向経て球速が向上。富山時代2018年8月以降はBCリーグ公式戦で、150km/hを何度も記録するようになったこのように独立リーグ速球派左腕投手変貌したことを、古巣DeNA球団でも高く評価。古退団後に左腕救援要員不足していたチーム事情背景に、NPBでは異例に当た同一球団への5シーズン振り復帰漕ぎ着けた

※この「選手としての特徴」の解説は、「古村徹」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「古村徹」の記事については、「古村徹」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:51 UTC 版)

ルイス・セベリーノ」の記事における「選手としての特徴」の解説

最速101.3mph(約163km/h)、平均約97mphのフォーシームと、平均80mph台後半のスライダーチェンジアップ投じる

※この「選手としての特徴」の解説は、「ルイス・セベリーノ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ルイス・セベリーノ」の記事については、「ルイス・セベリーノ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 09:05 UTC 版)

辻文哉」の記事における「選手としての特徴」の解説

高校1.2年次長い離で安定感武器にした仕事人タイプランナーであったため、決し知名度のある選手ではなかったが、学年上がるにつれ筋力スピード磨きがかかり、トラックでもインパクトのあるタイムを残すようになった自分の実力客観的に把握しどのような状況でも求められる最大限の走りができる。最大の武器である実力発揮能力秘訣を、「自分自身と、仲間と、指導者信じること」と語っている。小柄な体格ながら背筋の伸びた姿勢ストライド大きなフォーム特徴本人曰く単独走が課題とのこと高校時代しらかわ駅伝(4区)と伊那駅伝(2区)以来大きな駅伝では1区担当しており、単独走の得意不得意については未知数と言えるだろう。自らハイペース作りレース支配する能力には長けており、2018年2019年東京都高校駅伝はいずれハイペースで集団引っ張り区間賞と3秒差以内区間2位で襷を渡している。 スプリント能力にはやや難があり勝負強さ課題を残すが、1つでも上の順位ゴールすることに対する強い拘りがあり、多くの選手スピード緩め最後の2〜3メートル全力駆け抜けることができる。 現在はロングスパートを武器として確立したい考えており、練習でもラスト1周より前段階スピードを上げるよう心がけている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「辻文哉」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「辻文哉」の記事については、「辻文哉」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 09:19 UTC 版)

石川雅規」の記事における「選手としての特徴」の解説

スリークォーターからスライダーシンカーカットボールシュート稀にカーブチェンジアップなど、多彩な変化球打たせて取る投球持ち味であり、球界代表する技巧派投手一人称される基本的に速球平均球速約135km/h、最速140km/hと遅いため、変化球キレコマンド力で補っている。四隅に精密に投げ切る程の制球力ないもののストライクを取る能力に非常に長けていて四球少なく通算与四球率1.81を記録している。これは1000投球回以上の現役選手の中で4位記録である。 2008年の日本シリーズでの岸孝之活躍刺激を受け、オフに90km/h前後スローカーブ習得。「カツオカーブ」と名付ける。カツオカーブの名は本人あだ名エピソード参照)と、の泳ぐ速さがおよそ時速80kmであることからきている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「石川雅規」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「石川雅規」の記事については、「石川雅規」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 05:40 UTC 版)

宮田輝星」の記事における「選手としての特徴」の解説

50m走5秒7、100m走1090遠投100m記録する俊足強肩外野手

※この「選手としての特徴」の解説は、「宮田輝星」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「宮田輝星」の記事については、「宮田輝星」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 21:39 UTC 版)

梅野雄吾」の記事における「選手としての特徴」の解説

それほど上背は無いが、力のあるストレート投げ東海大福岡との練習試合で154km/hを記録した変化球は最も自信を持っているカットボールの他、縦のスライダーチェンジアップカーブ投げる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「梅野雄吾」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「梅野雄吾」の記事については、「梅野雄吾」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 22:22 UTC 版)

五十嵐亮太」の記事における「選手としての特徴」の解説

日本日本二軍メジャーマイナーなどの生涯登板数は既に1000をこえるがプロ入り後における登板はほぼすべてリリーフ登板である(メキシコウィンターリーグで5試合先発登板経験)。 ヤクルト時代平均球速151 km/h当時の日本記録最速158 km/h記録したストレート武器セ・リーグ速球王として人気を博し、同僚の石井弘寿と共にロケットボーイズ愛称呼ばれたリリーフ登板のみで前半戦11勝を記録した2000年を始め勝ち星恵まれたシーズン多くスワローズ公式ホームページでは「勝利の女神惚れた男」というキャッチフレーズ付けられたこともある。メジャーで記録した5勝すべてが、1/3回の投球での勝利という幸運ぶりであったスリークォーターから平均球速93 mph(約150 km/h)、マイナーリーグ自己最速99 mph(約159 km/h)と抜群のスピードを誇る速球フォーシームツーシーム)と平均球速86 mph(約138 km/h)のSFF気味のフォーク武器とし、日本での通算奪三振率9.95と奪三振が多い。一方で4球連続ボール与えることがシーズン10回以上ある。 2005年以前投球割合7 - 8割を速球占めていたが、2006年には速球投球割合減り故障から復帰した2008年からフォーク投球割合が約4割となる。2010年には投球割合のほとんどを占めてきたストレートフォーク他にフォークほぼ同じ割合カーブ交えるようになり、2011年は握りを深くして落差大きくしたフォークスライダー交えるようになったソフトバンク移籍後ストレート平均球速148 km/h記録し変化球フォーク比率下がったヤンキース時代習得したナックルカーブカットボールを使うようになった担いで腕を押し出すようにして投げ独特のピッチングフォームであり、クイック1.1台前半と速い敢えて腕を畳んだまま最小の半径で腕を振ることが、爆発的な速球生み出すになっているという。 現役時代室伏広治からは体の使い方教わり上半身活かすために下半身を使うことの重要性説かれ投球でも腕は自分から「振る」ものではなく結果として下半身に「振れる」ものだと自覚した本人引退後日本球界時代担当キャッチャーであった古田敦也ストライク満足に入らなかった制球力であった若手時代敢えてノーコン注意せず持ち味伸ばしてくれたことが速球派投手として大成した要因であるとしている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「五十嵐亮太」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「五十嵐亮太」の記事については、「五十嵐亮太」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 08:43 UTC 版)

田上秀則」の記事における「選手としての特徴」の解説

パンチ力のある打撃魅力だが、盗塁阻止率低さ課題となっていた。

※この「選手としての特徴」の解説は、「田上秀則」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「田上秀則」の記事については、「田上秀則」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 09:34 UTC 版)

伊藤敦規」の記事における「選手としての特徴」の解説

投球フォームについてアンダースローとする文献サイドスローとする文献混在している。江川卓1998年・1999年著書『スカウティングレポート』にてスピード球速)・コントロール制球力)・テクニック技術)の3点について各球団主力選手を5段階評価しているが、伊藤については「スピードは3。コントロール・テクニックはいずれも4」と評価している。 プロ入り当時は直球シュート武器で、阪神時代1999年)は右打者の外角へのスライダー得意な球としていたほか、ストレート速球)、カーブシュートシンカー持ち球としていた。 阪神時代リリーフ主戦格として活躍していたが、江川 (1998) は「アンダースロー特有の右打者の外角曲がカーブ逃げようとする」という弱点指摘した一方、「シンカー力強く落ちるので、もっと強気に内角を突けば2ケタ勝てる力はある」「タイプ的にはむしろ先発向き)。中5日で6イニング100くらいなら十分な働きをするだろう」と評していた。また、川尻哲郎)が台頭するまで、阪神アンダースロー投手の中では一番自分の力理解していた」とも評している。 田尾安志は「プロ野球ニュース」(フジテレビ編集選手名鑑で「コントロールよりも球のキレ勝負するピッチャー」「すぐに肩が仕上がるため、連投OK貴重な戦力負け試合登板よりも勝ちゲームのほうが内容のあるピッチングをする」と評している。

※この「選手としての特徴」の解説は、「伊藤敦規」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「伊藤敦規」の記事については、「伊藤敦規」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 06:17 UTC 版)

広田順」の記事における「選手としての特徴」の解説

強肩から投じる二塁送球は低い軌道描き投手相当しっかり低い姿勢取らない送球に当たってしまう危険があるほどであった。ある年のオールスターゲームバッテリー組んだ別所毅彦は、広田二塁送球背中受けて大変痛い思いをしたという。 ワンバウンド投球に対して身を挺して身体止め、滅多に逸らことはなかったが、上半身には投球当たった青あざ多数あった。第二期黄金時代巨人誇った別所毅彦藤本英雄中尾碩志大友工剛球投手の球を受け続けたために、キャッチャーミット填めていた左手の指は5本とも曲がっていた。ある時ファウルチップ取り損ねて人差し指後ろを向くほど変形したが、自分で元に戻してプレー続けたこともあった。一方身のこなし軽く入団早々ファウルボール追いかけてベンチ倒れ込んだが、怪我をしなかった。 エースであった別所曰くリード強気でピンチ際に決し逃げることはなかった一方相手打者をよく観察して裏をかくこともうまかった

※この「選手としての特徴」の解説は、「広田順」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「広田順」の記事については、「広田順」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 05:45 UTC 版)

ベン・シーツ」の記事における「選手としての特徴」の解説

90mph台の重いフォーシーム・ファストボールメジャー最高級のカーブツーシーム・ファストボール気味の球速のあるチェンジアップ主な武器とする。カーブは、2007年ベースボール・アメリカ誌がナショナルリーグ球団監督対象行ったアンケートで「リーグ最高のカーブ」に選出されたほか、2007年のMLBオールスターゲーム公式プログラムでも「メジャーでベストカーブ部門において3位として紹介されている。基本的にパワー系のカーブで、卓越した球速あるものの、球速わずかに変えることがある回転が非常に鋭く縦方向変化し1度目手元離れてすぐ変化し2度目打者のすぐ手元変化する変化はとても大きいが制球がよく、ヒザより低い位置大きく曲がり落ちるように投げることが多い。チェンジアップ通常のものより球速があり、速球との球速差がなく効果が薄いため、あまり投げない。 コントロール抜群によく、特に速球制球別格で、カーブ制球は回を追うごとによくなる一塁側に倒れみながら投げることがよくあり、ポジショニングがよくなく、フィールディングがいい投手ではない。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ベン・シーツ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ベン・シーツ」の記事については、「ベン・シーツ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 16:23 UTC 版)

佐竹健太」の記事における「選手としての特徴」の解説

140km/h台前半~中盤ストレートカーブ、スライダー・スクリュー・シュートを投げる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「佐竹健太」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「佐竹健太」の記事については、「佐竹健太」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 07:28 UTC 版)

ジョン・レスター (左投手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

スリークォーターから常時88 - 89mph(約142 - 143km/h)のカットボール最速98mph(約158km/h)のストレートのコンビネーションを軸にカーブチェンジアップ組み合わせ投げる。投げ投手少ないワンシームを使うことができる。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョン・レスター (左投手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョン・レスター (左投手)」の記事については、「ジョン・レスター (左投手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 07:21 UTC 版)

ジョシュ・ベケット」の記事における「選手としての特徴」の解説

6' 5"(約195.6 cm)の長身活かした直球武器で、2006年には球速95mph(約152.9km/h)以上の球を1072球(両リーグ最多投じたメジャー代表する速球派先発投手一人投球スタイル全身を無駄無稼働させたクセの無いフォームだが、長身あるためリリースポイントが打者に非常に近く球速表示以上に感じ速球投げる。投球の約7割がストレートと言う豪速球投手2007年には、速球のみならず制球重視の方針を取った。このことが彼に多大な成功もたらし同年20勝を挙げサイ・ヤング賞候補一人となった故障がちであったがそれも改善されアメリカンリーグのみならずメジャー代表する投手一人となった。 指に肉刺(まめ)ができやすくシーズン中肉刺つぶして離脱したことが度々ある。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョシュ・ベケット」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョシュ・ベケット」の記事については、「ジョシュ・ベケット」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 03:15 UTC 版)

中島俊哉」の記事における「選手としての特徴」の解説

長打力のある打撃武器で、ツボ来れば鋭い打球スタンド叩き込むが、緩急翻弄されてしまうなど、対応力課題があった。手首強さ売りで、それに頼った強引な打撃をしていたが、2006年秋季キャンプからの打撃フォーム改善により対応力向上した中島構えバットヘッド投手側に傾けるという特徴的なものであったが、2008年春季キャンプで更に改良しバット立てて構えようになった左投手には滅法強く左キラー」とも呼ばれた上原浩治公式YouTubeチャンネル2021年7月公開された動画森本稀哲は、松坂世代の中で一番強い指名打者として彼を挙げた

※この「選手としての特徴」の解説は、「中島俊哉」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中島俊哉」の記事については、「中島俊哉」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:43 UTC 版)

中尾碩志」の記事における「選手としての特徴」の解説

三振四球か」という典型的な剛球ノーコン投手1度目ノーヒットノーラン際は四球10個、2度目四球7個に死球1個を出しながら安打許さずシャットアウトしている。特に1度目の時は初回から5回まで毎回先頭打者四球で歩かせ、4回(上述ライトゴロの後)と9回のいずれも二死後に連続四球記録している。NPB二桁四球出しながらノーヒットノーラン達成したのも中尾ただ一人である。 戦後制球力重視する技巧派転身徐々に腕の位置下がとともに落ちる球も覚えて長き亘って主戦投手として活躍した投球回9イニングスあたりの与四球数は、戦前の19391942年は5.68個であったが、両リーグ分立後の1953年1955年は2.09個と大幅に改善されている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「中尾碩志」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「中尾碩志」の記事については、「中尾碩志」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 21:11 UTC 版)

石川達也 (野球)」の記事における「選手としての特徴」の解説

独特の投球フォームから最速146km/hの直球カットボールカーブツーシーム2種類フォーク投げる。自分のリズム保ちながらフォーム変えて投げ分け三浦大輔監督からも投球術高く評価されている。 打撃良く高校時代クリーンナップ務めた

※この「選手としての特徴」の解説は、「石川達也 (野球)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「石川達也 (野球)」の記事については、「石川達也 (野球)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 23:25 UTC 版)

渡辺博之」の記事における「選手としての特徴」の解説

170小柄ながら、元気いっぱい人気があった。一方で打撃では冷静沈着で「投手経験から投手心理読める」として、チャンスに強かった

※この「選手としての特徴」の解説は、「渡辺博之」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「渡辺博之」の記事については、「渡辺博之」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 21:21 UTC 版)

バッキー・ハリス (捕手)」の記事における「選手としての特徴」の解説

上背あまりなかったが、胸板厚く、肩周りがっちりしたタンクのような捕手らしい雰囲気体つきであった強肩から繰り出される各塁への正確で速い送球誇り、特に二塁送球座ったままスナップスローでこなせたという。打っても常に個人打撃成績の上位に名を連ね、その攻守好打ぶりは、数年前来日した当時史上最高の捕手されていたミッキー・カクレーン彷彿させたという。 ハリス当時国定教科書である『小学国語読本』(サクラ読本)で熱心に日本語勉強しマスク越しに突如日本語の歌を歌い出し桃太郎の歌と伝わる)打者混乱させたり、走者として塁に出る相手投手向かって「ちょっとそのボール見せて」と話しかけ投手ハリス向かってボール転がした瞬間に次の塁に向かって走り出すなど、ユニークなトリックプレー見せた

※この「選手としての特徴」の解説は、「バッキー・ハリス (捕手)」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「バッキー・ハリス (捕手)」の記事については、「バッキー・ハリス (捕手)」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 03:09 UTC 版)

チリ・デービス」の記事における「選手としての特徴」の解説

ジャマイカ出身メジャーリーガーでは史上唯一の2000本安打を達成している。 打撃面での特徴パワー現役時代は、比較コンスタント20本塁打前後放っている。ただ、ミートそれほど優れておらず、三振多かったデビューしたての頃は二桁盗塁記録していたが、成功率それほど高くなく、1989年頃からは次第走らなくなった守備上手いではなく外野手ながら1982年12失策1988年には19失策喫している。1988年に関しては、エンゼルス移籍したことで球場変わり、しかもジャイアンツ時代中堅手から右翼手コンバートされたことが影響されていると言える。尚、翌1989年は、ほぼフルシーズン出場しながら6失策とどめている。 本名チャールズ・デービスであり、チリというニックネームChili Bowlというメキシコ料理大好物だったため。 同時期活躍したエリック・デービスと共にダブルデービスと呼ばれた

※この「選手としての特徴」の解説は、「チリ・デービス」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「チリ・デービス」の記事については、「チリ・デービス」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 23:34 UTC 版)

大沢清」の記事における「選手としての特徴」の解説

右中間への流し打ちを得意とした。

※この「選手としての特徴」の解説は、「大沢清」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「大沢清」の記事については、「大沢清」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:01 UTC 版)

景浦將」の記事における「選手としての特徴」の解説

最強打者謳われた沢村栄治ライバルで、「東の沢村西の景浦」、「職業野球沢村投げ、景浦が打って始まったと言われた。なお、1984年に「日本プロ野球50年記念切手」が郵政省から発行された際には、スイングした浦の写真を元にしたデザイン採用されている(ただし公式には景浦と称している訳ではなく打者」としか紹介されていない沢村栄治の項も参照の事。なお、近藤道郞著、『今日も明日も阪神タイガース!』(講談社+α文庫61ページには、「絵柄打者景浦将投手沢村栄治」との記述がある)。

※この「選手としての特徴」の解説は、「景浦將」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「景浦將」の記事については、「景浦將」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 06:10 UTC 版)

山田潔」の記事における「選手としての特徴」の解説

打撃では打率に鑑みると然程ではなく1938年春のシーズンの打率.107は、規定打席到達した打者打率としては歴代最低記録として残っているその一方選球眼優れてたようで1942年記録した95四球シーズン最多四球記録しており、通算で四球三振の倍を記録している。ちなみに通算IsoD出塁率打率)は.128であり、4000打席以上の打者では王貞治(元巨人に次ぐ2位記録である。シーズンのIsoDでも1942年記録した.197は、規定打席達した歴代の全選手の中で王の1974年記録した.199に次ぐ2位記録だった。 守備ではゴロさばきは地味だったが非常に確実であったという。守備優れていたため、引退まで遊撃手レギュラーとして活躍した1940年8月8日金鯱戦では、1試合16守備機会刺殺9個、補殺7個) の記録作った

※この「選手としての特徴」の解説は、「山田潔」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「山田潔」の記事については、「山田潔」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 14:55 UTC 版)

ロブ・デューシー」の記事における「選手としての特徴」の解説

日本ハム時代前述の通り、低打率喘いだため2年退団してしまったが、意外にも選球眼は非常に良く出塁率高かった1996年は、四死球数がリーグトップ88であったまた、外国人としては珍しく俊足であったため、低打率ながらも1番打者として起用され続けた(しかし盗塁数は少なかった)。 カナダ人で、カナダトロント本拠地を置くトロント・ブルージェイズ、かつてモントリオール本拠地置いていたモントリオール・エクスポズ(現・ワシントン・ナショナルズ)の両チーム在籍した経験を持つ選手の一人デューシー他には、ショーン・ヒルデニス・ブーシェマット・ステアーズがいる)。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ロブ・デューシー」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ロブ・デューシー」の記事については、「ロブ・デューシー」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 10:12 UTC 版)

高木晃次」の記事における「選手としての特徴」の解説

晩年投球スタイルは、サイド気味の左腕から140km/h中盤直球主体にスライダー・フォーク・シュートを織り交ぜるもの。直球は140km/h後半達することもあるなど威力があり、投球生命線となっていた。横手投げ上手投げ交え投げ角度を変えて相手幻惑するというベテランらしい投球術見せた

※この「選手としての特徴」の解説は、「高木晃次」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「高木晃次」の記事については、「高木晃次」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 02:56 UTC 版)

ジョシュ・ヒル」の記事における「選手としての特徴」の解説

長身から繰り出される速球武器とした本格派投手で主に中継ぎである。

※この「選手としての特徴」の解説は、「ジョシュ・ヒル」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「ジョシュ・ヒル」の記事については、「ジョシュ・ヒル」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 17:22 UTC 版)

エリアン・エレラ」の記事における「選手としての特徴」の解説

本職二塁手ながら、遊撃三塁外野守備こなせるユーティリティープレイヤー強肩武器とした守備披露するスイッチヒッターとしてのシュアバッティングや、積極的な走塁持ち味本人によると右打席はパワーヒッター、左打席は単打中心ミート打撃であるというが、データ上はそれほど差異出ていない。 得点圏打率高くミルウォーキー・ブルワーズ時代2015年DeNA時代2016年公式戦放ったシーズン本塁打は、いずれも満塁本塁打であった

※この「選手としての特徴」の解説は、「エリアン・エレラ」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「エリアン・エレラ」の記事については、「エリアン・エレラ」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 20:38 UTC 版)

西村凌」の記事における「選手としての特徴」の解説

50メートル走最速5秒8を計測したほどの俊足と、捕手として二塁への送球1.8秒(いずれも手動計測)を記録したほどの強肩持ち主オリックスへの入団当初は当時先輩捕手山崎勝己を師と仰いでいたが、実際には1年目から外野守備に就くことが多く2年目からは外野手として登録されている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「西村凌」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「西村凌」の記事については、「西村凌」の概要を参照ください。


選手としての特徴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 21:15 UTC 版)

杉浦健二郎」の記事における「選手としての特徴」の解説

直球最速は152km/h。BCリーグトライアウト初日ブルペンで、制球考えずとにかく球速だけ出るフォームで1球だけ全力投球た際に当時自己最速である150km/hを記録した。なお、球速出にくいとされる軟式球でも最速145km/hをマークする神奈川入団後不規則に変化する速球活かした投球をする。かつて変化球カットボールスローカーブ高速スライダーツーシーム投げられる自称し中でもスライダーを得意球としていたが、速球不規則に変化することに気付いてからはカーブ以外の変化球封印している。また、野手としてではある両投げにも取り組んでいる大まかな投球フォーム千賀滉大、腕の振り山本由伸、肘の抜き方は安樂智大参考にしている。神奈川での1年目インステップするフォーム変更し上から投げるようにしたところ、体の使い方合わずスピード制球力落ちてしまった。結果、球がストライクゾーンになかなか入らず132/3投げて与四死球22という制球力無さ露呈した一方で奪三振10記録した投手として神奈川から指名受けたが、もともとは外野手志望であり、BCリーグトライアウトでは打者として受験している。打撃フォームジアンカルロ・スタントン手本にしたスタンスで、チームメイトから助っ人外国人のようだと言われる神奈川での合同自主トレーニング打撃へのこだわりも強いことをアピールし視察来ていた監督鈴木尚典から二刀流構想引き出させ、実際に2年目には「野球やっていく中で成長の)種になるかもしれない」と杉浦二刀流挑戦勧めた2019年軟式球のロングティーでの飛距離を競うイベント「ロンティーキング関東大会 2nd」(株式会社ベースボールジャパン主催)に参加した際、112mの飛距離記録している。また、遠投129mの強肩持ち主で、「強肩決定戦」(鳥取県商工会議所青年部主催)の第2回・第3回優勝している。50m走は6秒2。 神奈川監督鈴木からは「恵まれた体格バネ天性のものがある」「うまく開花してくれたらNPB狙える選手」と評価されている。

※この「選手としての特徴」の解説は、「杉浦健二郎」の解説の一部です。
「選手としての特徴」を含む「杉浦健二郎」の記事については、「杉浦健二郎」の概要を参照ください。


選手としての特徴