若いころとは? わかりやすく解説

若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 08:46 UTC 版)

イワン・ワトキンス」の記事における「若いころ」の解説

マーサー・ティドフィルで生まれ後にポンティプリッドに移りバンド仲間であるマイク・ルイスと共にホーソーン高校に通ったその後ニューポートウェールズ大学グラフィックデザイン学位取得し一流栄誉卒業した

※この「若いころ」の解説は、「イワン・ワトキンス」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「イワン・ワトキンス」の記事については、「イワン・ワトキンス」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 08:07 UTC 版)

ミハイル・ゴアヴォイ」の記事における「若いころ」の解説

ミハイル・ゴアヴォイは、1987年モスクワ芸術座学校優秀な成績卒業しソヴレメンニク劇場で演劇キャリアスタートさせた。

※この「若いころ」の解説は、「ミハイル・ゴアヴォイ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ミハイル・ゴアヴォイ」の記事については、「ミハイル・ゴアヴォイ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 14:42 UTC 版)

コリーヌ・フォックス」の記事における「若いころ」の解説

フォックスは、ロサンゼルスで、ジェイミー・フォックスという芸名知られるエリック・マーロン・ビショップと、彼のガールフレンドであるコニー・クラインとの間に生まれた高校時代は、Sierra Canyon Schoolチアリーダーとして活躍し2011年にはAmerican Cheerleader表紙飾った彼女は南カリフォルニア大学に通い2016年クラス所属していた。大学ではパブリック・リレーションズ学び高校時代続いてチアリーダーとして活躍しPi Beta Phi友愛会にも所属していた 。大学卒業後は、ハワード・ファイン・アクティングスタジオとアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツに通った

※この「若いころ」の解説は、「コリーヌ・フォックス」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「コリーヌ・フォックス」の記事については、「コリーヌ・フォックス」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/28 06:06 UTC 版)

ナディーン・ストロッセン」の記事における「若いころ」の解説

1950年8月18日ニュージャージー州ジャージーシティ生まれる。このころの彼女とその家族の経験から、市民的自由追求する活動インスピレーション得た語っている 。「私の父ホロコースト生き残りであり、また母方の祖父は、第一次世界大戦中移民としてこの国に来たときに、戦争戦うこと拒否して文字通り抵抗者なりました。」ストロッセンインタビュー語ったところによれば、「良心的兵役拒否者あるため彼に下された判決は、ハドソン郡の裁判所背景にして、通行人が彼につばを吐くことができるよう立っていることを強いられることでした。」ストロッセン1972年にファイベータカッパ(全米優等学生友愛会)の会員としてハーバード大学卒業した後、1975年ハーバード大学ロースクール優等な成績卒業したロースクールでは、ハーバードローレビューの編集長務めた

※この「若いころ」の解説は、「ナディーン・ストロッセン」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ナディーン・ストロッセン」の記事については、「ナディーン・ストロッセン」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 05:54 UTC 版)

ガイア・ワイス」の記事における「若いころ」の解説

ワイスは、パリで AlainCatherine両親のもとに生まれた。弟に Auriel がいる。彼女はユダヤ人の家系のもと、フランス系アルザス人のクロモセラピー共同創始者で、第二次世界大戦時レジスタンスメンバーでもあったジャン・ミシェル・ワイスの孫娘である。母方ポーランド人であり、ワイス幼少期フランスイギリスポーランド行き来して過ごしたフランス語ポーランド語、英語、ヘブライ語話すことができる 。 3歳の時、ワイスバレエレッスンを受け始めた幼少期ロンドン住んでいた際、大叔父に連れられて観に行ったウェスト・エンド・シアターでの作品触発されて演技をするようになり、7歳時には演技クラス参加し始めたバカロレア取得した後、彼女はクール・フロランとロンドン音楽演劇芸術アカデミーに通った

※この「若いころ」の解説は、「ガイア・ワイス」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ガイア・ワイス」の記事については、「ガイア・ワイス」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 10:28 UTC 版)

マシュー・ワイルダー」の記事における「若いころ」の解説

ニューヨーク市生まれワイルダーはニューリンカーンスクールを卒業した

※この「若いころ」の解説は、「マシュー・ワイルダー」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「マシュー・ワイルダー」の記事については、「マシュー・ワイルダー」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/16 05:54 UTC 版)

杉村憲司 (建築家・弁理士)」の記事における「若いころ」の解説

杉村1953年に、杉村萬国特許法事務所創設者杉村信近の孫として、東京生まれた。[要出典] 武蔵高校経て早稲田大学進学し建築学専攻した

※この「若いころ」の解説は、「杉村憲司 (建築家・弁理士)」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「杉村憲司 (建築家・弁理士)」の記事については、「杉村憲司 (建築家・弁理士)」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/01 14:45 UTC 版)

トニー・シュート」の記事における「若いころ」の解説

8歳の時、ギターを母に求めシングル聞いて音楽の本を読んで独学で学ぶ。 1964年彼はビートルズコンサートに連れて行かれ、彼らの音楽取り入れるようになる10代の頃彼は正式にギターピアノボーカル作曲レッスンも受け、Peabody Institute音楽を学ぶ。

※この「若いころ」の解説は、「トニー・シュート」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「トニー・シュート」の記事については、「トニー・シュート」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 13:58 UTC 版)

ジョン・R・ブリンクリー」の記事における「若いころ」の解説

ブリンクリーの父は、ノースカロライナ州医学修めた貧しい山男で、アメリカ南北戦争中に南部連合軍の衛生兵として働いていたジョン・リチャード・ブリンクリーである。 ブリンクリーの父の最初の結婚は、彼が未成年であったために無効にされた。彼は成人した後、さらに4回結婚し、その若い妻それぞれ長生きした1870年に、42歳で、彼はサラT.ミンガス結婚した後にミンガス24歳の姪サラ・キャンディス・バーネットが、家に引っ越してきた。家族2人サラ区別するためにブリンクリーの妻を「サリー」と呼んだサラ・バーネットは、ノースカロライナ州ジャクソン郡にあるベータの町で、赤ん坊のジョン・ロミュラス・ブリンクリーをとりあげ父親の名「ジョン」の後にローマ建国神話の乳を飲む双子の「ロムルス」の名を授けたブリンクリー5歳の時、サラ・バーネット肺炎結核亡くなったサラ T. こと「サリーおばさん」とジョン・ブリンクリーは、同じ郡内のタッカセギー川近くのイースト・ラポートに少年ロミュラスとともに引っ越した家族この間ほとんどお金を持っていなかった。 ジョン・リチャード・ブリンクリーは、息子10歳のときに亡くなった若きブリンクリーはタッカセギー地区にある1室しか無い丸太小屋学校に通っていた。そこでブリンクリーは、教育委員会委員裕福な娘であるサリー・マーガレット・ワイクに出会ったブリンクリー13歳のとき、学期延長されより良い教師従事していた。ブリンクリー16歳で勉強終え地元の町で郵便物を運ぶ仕事を始め電信使い方学び始めた。しかし彼は医者なりたい思っていた。

※この「若いころ」の解説は、「ジョン・R・ブリンクリー」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ジョン・R・ブリンクリー」の記事については、「ジョン・R・ブリンクリー」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 08:32 UTC 版)

比嘉稔」の記事における「若いころ」の解説

比嘉稔十段で、比嘉佑直比嘉仁達の甥として1941年9月18日沖縄県那覇市生まれた彼の武道最初の経験柔道 )は11歳時に玉城元の指導のもとであった1960年横本伊勢吉弟子となり、叔父の祐直と空手を始める。 同年ウェイトトレーニングへの情熱後押しされ日本ボディービルセンターに在籍1960年以降柔道有名な講道館修業し四段取得ウェイトトレーニング柔道空手激し練習を通じて開発した彼の体格は、比嘉大学入学後始めたボクシングチャンピオンになるのに役立つ。 1964年大学ではビジネス経済学専攻し卒業した

※この「若いころ」の解説は、「比嘉稔」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「比嘉稔」の記事については、「比嘉稔」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:51 UTC 版)

ロバート・ハンセン」の記事における「若いころ」の解説

ロバート・ハンセン1939年アイオワ州 エスタービルにて、デンマーク移民の子として生まれ後に父の跡を継いでパン屋となった幼少期痩せ細っており、吃音成人した後も痕になって残ったニキビ跡のせいで酷くシャイな性格をしていた。学校で人気者女子たちから避けられていたことが、後の女性対象にした「ハンティング」につながることになる。 幼少期から青年期を通じて物静かで孤立していたといい、支配的な父親との関係良好とは言えなかった。狩猟アーチェリー練習し始め、しばしばこれらの娯楽逃避した。 1957年に、ハンセン合衆国陸軍予備軍入隊し退任されるまで1年間任務についていた。その後は、アイオワ州ポカホンタス警察アカデミーで、新人兵士相手訓練を行う下士官助手として働いた同地年下女性と関係を持ち1960年の夏には結婚もしている。 1960年12月7日彼はポカホンタス郡教育委員会スクールバスガレージ焼失させたとして逮捕され、アナモサ州刑務所3年間の懲役刑宣告され20ヵ月間刑に服した刑務所に収監されている間、妻は離婚申し立てている。その後数年間で、彼はささいな窃盗のために数回投獄された。1963年には再婚し1967年に妻と2人の子供を連れてアラスカ州アンカレッジ引っ越したアンカレッジでは、近隣住民からの評判良く地元狩猟記録いくつか更新した1972年ハンセン暴行容疑有罪判決受けた。6ヶ月間服役の後、職業訓練プログラムを受けている。1976年にはアンカレッジ百貨店からチェーンソー盗んだかどで有罪判決を受け、5年間の懲役刑のほか、双極性障害に係る精神科治療を受けるよう通告された。後にアラスカ最高裁判所彼の刑を減刑しハンセン期間満了の後釈放された。

※この「若いころ」の解説は、「ロバート・ハンセン」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ロバート・ハンセン」の記事については、「ロバート・ハンセン」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 18:09 UTC 版)

岡本秀樹」の記事における「若いころ」の解説

1941年7月30日岡山県美作市生まれた実家スーパーマーケット営んでいた。中学柔道学び1956年岡山県立津山商業高等学校卒業。彼が空手を始めたのは高校の頃、同級生誘われた空手道場であった。ここで岡本民族主義影響を受けた

※この「若いころ」の解説は、「岡本秀樹」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「岡本秀樹」の記事については、「岡本秀樹」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 09:01 UTC 版)

ナターシャ・ハレヴィ」の記事における「若いころ」の解説

カリフォルニア州ベンチュラ生まれ、セント・ボナベンチャー・ハイスクールで学んだその後カリフォルニア大学デービス校生物学学士号とドラマティックアートの学士号取得した大学在学中は、Outdoor Adventures社でラフティングシーカヤックロッククライミングガイド務めた20代前半コロラド州ボルダー住み、そこでサステナブルデザイン仕事に取り組んでいた。

※この「若いころ」の解説は、「ナターシャ・ハレヴィ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ナターシャ・ハレヴィ」の記事については、「ナターシャ・ハレヴィ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:39 UTC 版)

アーピラナ・ンガタ」の記事における「若いころ」の解説

15きょうだい一人だったンガタは、ニュージーランドギズボーンの北約175km(109マイル)にある小さな海岸沿いの町テ・アラロア(当時はカワカワ呼ばれていた)に生まれた彼のイウィはンガーティ・ポロウだった。父は部族指導者伝承専門家であるパラテネ・ンガタ、母は遊行するスコットランド人アベル・ノックスの娘カテリナ・ナキ。ンガタは父と大叔父ロパタ・ワハワハ(東ケープ戦争で敵のパイ・マーリレ(一般にはハウハウとして知られる)に対して忠実なクーパパのンガーティ・ポロウ軍を率い後にテ・コオティのチャタム諸島からの逃亡者出した)の両方影響強く受けたンガタマオリ囲まれ環境マオリ語話して育ったが、彼の父親また、この理解がンガーティ・ポロウの利益になる信じてンガタパーケハー世界について学ぶことを保証したンガタはワイオマタティニの小学校に通った後、テ・アウテ・カレッジに移りパーケハー方式教育受けたンガタ良い成績収め、その学問的成果によってカンタベリー大学(Canterbury University College,現在のUniversity of Canterbury)への奨学金得て政治学法学学んだマオリとして初めてとなるニュージーランド大学での学位として、1893年政治学BA取得した後、1896年オークランド大学LL.B.取得してマオリパーケハーを問わず2度学位得た最初のニュージーランド人となった

※この「若いころ」の解説は、「アーピラナ・ンガタ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「アーピラナ・ンガタ」の記事については、「アーピラナ・ンガタ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:40 UTC 版)

ジョン・マクウォーター」の記事における「若いころ」の解説

マクウォーターはフィラデルフィア生まれ育った父親のジョン・ハミルトン・マクウォーター4世(1927–1996)は大学運営者であり、母親のシェリスチュア(Schelysture)・ゴードン・マクウォーター(1937–2011)はテンプル大学ソーシャルワーク教えていた。彼はフィラデルフィアのフレンズセレクトスクールに通い10年生の後にサイモンズロックカレッジに入学し、A.A.を取得したその後彼はラトガース大学に通い1985年フランス語学士号取得したニューヨーク大学アメリカ研究修士号取得した1993年スタンフォード大学言語学学び博士号取得した

※この「若いころ」の解説は、「ジョン・マクウォーター」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ジョン・マクウォーター」の記事については、「ジョン・マクウォーター」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/30 14:12 UTC 版)

ロイ・J・ボストック」の記事における「若いころ」の解説

ボストックデューク大学卒業1962年英文学専攻成績優秀大学生であるファイベータカッパ、野球サッカーチーム代表チームメンバーボストックハーバードビジネススクールからもMBA受けた

※この「若いころ」の解説は、「ロイ・J・ボストック」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ロイ・J・ボストック」の記事については、「ロイ・J・ボストック」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 18:15 UTC 版)

赤嶺誠一」の記事における「若いころ」の解説

赤嶺1920年5月14日沖縄県那覇市泉崎生まれる。彼は6人の兄弟末っ子であり、武士であった父方の祖父下の子として武術訓練を始める(兄弟の中で武道を嗜んだのは唯一であった)。以降花城長茂屋部憲通および喜屋武朝徳のもと首里手 (沖縄武術)修行しその後宮城長順出会い剛柔流専念する

※この「若いころ」の解説は、「赤嶺誠一」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「赤嶺誠一」の記事については、「赤嶺誠一」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 02:54 UTC 版)

ジェレミー・ライト」の記事における「若いころ」の解説

ライトサマセット州 トーントン生まれ彼の両親両方とも教師であり、彼にイギリス海軍司令官務めた兄弟がいます。 ライトは、ニューヨーク市の トーントンスクールとトリニティスクールの 2つ独立した学校で教育受けた後、エクセター大学法学士号を取得1996年内宮法廷召集され2005年議会選出されるまでミッドランド刑法特化した 彼はバーミンガムNo.5チェンバーズメンバーであり続けていますが、2013年5月時点で正式に実践者としてリストされている

※この「若いころ」の解説は、「ジェレミー・ライト」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ジェレミー・ライト」の記事については、「ジェレミー・ライト」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 09:59 UTC 版)

ドミニク・サルヴァトーレ・ジェンタイル」の記事における「若いころ」の解説

ドミニクオハイオ州ピクアにおいて、1907年イタリアから移民したパッツィとジョセフィーナ・ジェンタイルの息子として生まれた子供の頃飛行魅了されドミニクに、父はエアロスポーツ複葉機贈ったこれにより、彼がアメリカ陸軍航空隊加わろうとした1941年7月までに、彼は300時間以上の飛行経験することとなった

※この「若いころ」の解説は、「ドミニク・サルヴァトーレ・ジェンタイル」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ドミニク・サルヴァトーレ・ジェンタイル」の記事については、「ドミニク・サルヴァトーレ・ジェンタイル」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 05:14 UTC 版)

エディ・グラント」の記事における「若いころ」の解説

グラント英領ギアナプレザンス生まれ後にリンデン移りました彼の父、パトリックは、ネロとラッキーズで演奏したトランペット奏者でした。 学校にいる間、彼の両親イギリス住んで働き彼の教育のためにお金送り返しました。 1960年に、彼はロンドン両親加わるために移住しました彼はケンティッシュタウンに住み、タフネルパークのアクランドバーゲリーセカンダリーモダンの学校に通い、そこで音楽読み書き学びました彼はチャック・ベリー大ファンになり、彼がフィンズバリー・パークで演奏するのを見た後、アストリア音楽のキャリア決心しました

※この「若いころ」の解説は、「エディ・グラント」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「エディ・グラント」の記事については、「エディ・グラント」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:51 UTC 版)

ベラ・ポーチ」の記事における「若いころ」の解説

ポーチ1998年2月9日フィリピン生まれた

※この「若いころ」の解説は、「ベラ・ポーチ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ベラ・ポーチ」の記事については、「ベラ・ポーチ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 00:04 UTC 版)

バイオレット・ジェソップ」の記事における「若いころ」の解説

1887年10月2日アルゼンチンバイアブランカ近郊で、バイオレット・コンスタンス・ジェソップは、アイルランド移民ウィリアムとキャサリン・ジェソップの長女として生まれた彼女は9人兄弟の最初の子供であり、そのうち3人亡くなっている。ジェソップ幼少期多くを幼い兄弟世話費やした彼女は子供の頃結核とみられる重い病気にかかり、医者から余命わずかと言われるも、回復した。彼女が16歳のとき、父親手術による合併症亡くなり家族イギリス移住した、そこで彼女は修道院学校に通い母親客船客室乗務員として働いている間、妹の世話をした。母親病気になったとき、彼女は学校退学し母親のあとを追うように客室乗務員応募した彼女は雇ってもらうため、衣服をわざとみすぼらしくしたという。1908年21歳の彼女の客室乗務員としての最初の仕事は、オリノコ川のロイヤルメールライン(英国郵便船)であった

※この「若いころ」の解説は、「バイオレット・ジェソップ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「バイオレット・ジェソップ」の記事については、「バイオレット・ジェソップ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:14 UTC 版)

小原宏裕」の記事における「若いころ」の解説

東京市淀橋区西大久保出身祖父が日活で監督をしていたことから映画関心があった。彼は子供の頃年間200本の映画見てきたと主張している。1959年慶応義塾大学法学部卒業後衆議院議員秘書として働いていたが、弁護士試験を受けるよりも松竹入社試験受けた松竹には落ちたが日活には合格し1961年から助監督として働くようになった後のロマンポルノ巨匠神代辰巳のもと、蔵原惟繕担当となった

※この「若いころ」の解説は、「小原宏裕」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「小原宏裕」の記事については、「小原宏裕」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 08:24 UTC 版)

アヌエルAA」の記事における「若いころ」の解説

アヌエルAAプエルトリコカロライナ生まれカロリーナカトリック学校学校コレヒオマリアアウキシリアドラで学び10代前半から音楽業界関心示し2009年Maybach Music Groupレコード契約結びました

※この「若いころ」の解説は、「アヌエルAA」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「アヌエルAA」の記事については、「アヌエルAA」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 02:02 UTC 版)

パウル・ヴァルデン」の記事における「若いころ」の解説

現在のラトビア、Pārgauja municipality、Stalbe parishにあるRozulasでラトビア大規模な農家の元生まれる。4歳の時、父を亡くしその後母を亡くしたリガ住んでいた2人の兄(1人商人1人中尉であった)からの財政的支援のおかげで、なんとか教育完了することができた。最初ツェーシスの町の地区学校優等な成績卒業し1876年)、リガ工科高校卒業した1882年)。1882年12月リガ工科大学入学し化学真剣に興味を持つようになった1886年硝酸亜硝酸さまざまな試薬との反応の色評価に関する最初の科学的研究発表し硝酸検出に関する色を用いた方法感度限界確立した1887年4月ロシア物理化学協会会員任命された。この間ヴィルヘルム・オストヴァルト1909年ノーベル化学賞受賞者)との共同研究開始し、このことは科学者として成長大きな影響与えた。彼らの最初の研究1887年発表され、塩の水溶液電気伝導率分子量への依存性に関するものであった

※この「若いころ」の解説は、「パウル・ヴァルデン」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「パウル・ヴァルデン」の記事については、「パウル・ヴァルデン」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 06:49 UTC 版)

ケニー・エヴェレット」の記事における「若いころ」の解説

モーリス・ジェームズ・クリストファー・コールは、1944年クリスマス日に、現在はマージーサイドランカシャー州シーフォース生まれました彼はカトリック家族から、クロスビー(現在はセイクリッドハートカトリックカレッジの一部)にある地元中等学校であるセントビードに通いました。コール後にヨーク近郊ノースヨークシャー州スティリントン行われたジュニア神学校出席しイタリア人宣教師であるヴェローナ・ファーザーズに出席しました学校卒業した後、彼はパン屋The Journal of Commerce and Shipping Telegraph広告部門働きました

※この「若いころ」の解説は、「ケニー・エヴェレット」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ケニー・エヴェレット」の記事については、「ケニー・エヴェレット」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 22:22 UTC 版)

ロイ・リー」の記事における「若いころ」の解説

リー1969年ニューヨーク州ブルックリンにあるウィッコフハイツ病院で、韓国人両親のもとに生まれた医者である父と、母は、アメリカ来てまだ3年しか経っておらず、まだ慣れていない態であった。敬虔なクリスチャンである母は、彼が牧師になることを望んでいた。 ジョージ・ワシントン大学在学中に、リー法律事務所Fried, Frank, Harris, Shriver & Jacobsonインターン務めたGWU卒業後は、アメリカン大学ワシントン・カレッジ・オブ・ローのロースクール入学し企業法務分野活躍することを目指した

※この「若いころ」の解説は、「ロイ・リー」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ロイ・リー」の記事については、「ロイ・リー」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:51 UTC 版)

ウォリス・デイ」の記事における「若いころ」の解説

デイは、1994年9月20日イギリスロンドン生まれイルフォード育った家族中に芸能界関わりある人がいなかったのでデイは「ごく普通の家庭で、ごく普通の仕事をしていた」と語っている。5歳の時、父親バレエを見に連れて行ってもらったことがきっかけで演技熱中し同年齢のときにステージコーチ・シアター・アーツに入団した。彼女の成長期には、家族一緒に頻繁に引っ越しをし、12年間で11の学校に通ったデイはシルビア・ヤング・シアター・スクールに通い後にアーツ・エデュケーショナル・スクールズ・ロンドン (ArtsEd) にも通った

※この「若いころ」の解説は、「ウォリス・デイ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ウォリス・デイ」の記事については、「ウォリス・デイ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 06:43 UTC 版)

マハムド・ムセ・ヘルシ」の記事における「若いころ」の解説

1937年7月1日イタリア領ソマリランドベイラ生まれた6歳イタリア領ソマリランド行政中心都市モガディシュ移り住み高校まで卒業した

※この「若いころ」の解説は、「マハムド・ムセ・ヘルシ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「マハムド・ムセ・ヘルシ」の記事については、「マハムド・ムセ・ヘルシ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 14:59 UTC 版)

モンティ・ウーリー」の記事における「若いころ」の解説

ウーリーニューヨーク市マンハッタンでウィリアム・エドガー・ウーリー(1845-1927)とジェシー・ニー・アームズ(1857-1927)に生まれ上流社会育ったウーリーは、親友コール・ポーターがおり、同級生であったイェール大学学士号取得しイェール大学ハーバード大学修士号取得したその後イェール大学において英語とドラマ助教授務めた教え子ソーントン・ワイルダースティーブン・ヴィンセント・ベネットがいる。後に第一次世界大戦アメリカ陸軍中尉としてパリにある参謀本部勤務した

※この「若いころ」の解説は、「モンティ・ウーリー」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「モンティ・ウーリー」の記事については、「モンティ・ウーリー」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 05:19 UTC 版)

メイジャー・ランス」の記事における「若いころ」の解説

以前はランス少佐誕生をめぐっていくつかの論争があった。一部情報筋は、彼が1941年または1942年生まれた主張したランス主張したように)。しかし、1939年正し誕生年のようである1940年米国国勢調査では、「メイガー」ランスミシシッピ州ワシントン郡未亡人のルセンディランスの1歳息子として記載されているランス墓石は、彼が1939年生まれたことも確認している。「メジャー」は彼の名であり、ニックネーム芸名ではない。 12人の子供のうちの1人であったランスは、家族一緒に犯罪の多い地域であるカブリーニグリーンプロジェクトでシカゴ中央北部に引っ越した。そこで彼はウェルズに通ったオーティスリーヴィルと少年時代友情築いた高校。これは、カーティス・メイフィールドジェリー・バトラー通った同じ学校でした。メイフィールドランスを「キラキラ光る仲間で、おそらく私たち出会った素晴らしバスケットボール選手だ」と呼んだ彼のヒーロージャッキー・ウィルソンで、彼はいつも私のバッグ見て、私が書いたが欲しくない曲を探していた。印象と関係があります。彼もそれらを選ぶのがかなり上手でした。」 ランス野球選手でもあった。 ランスオーティス両方ともボクシングをし、5つのゴスペルハーモネアのメンバーとして歌った二人ドラッグストアでも一緒に働いていた。

※この「若いころ」の解説は、「メイジャー・ランス」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「メイジャー・ランス」の記事については、「メイジャー・ランス」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 23:51 UTC 版)

ジョナサン・メジャース」の記事における「若いころ」の解説

カリフォルニア州ロンポックで生まれたメジャースは、牧師である母、姉のモニカ、弟のキャメロンという家族と共に、父が空軍所属していたこともありヴァンデンバーグ空軍基地幼少期過ごした。メジャースは2020年に、「私たち心から愛してくれた父が、ある日突然姿を消してしまった...そして17年後に現れたんだ」と語っている。その後、メジャースは父親再会している。一家はすぐにテキサス州ダラス引っ越した。メジャースはその後テキサス州オースティン郊外ジョージタウン住み後にテキサス州シーダーヒルで育ったのだった。シーダーヒル高校から転校した後、2008年にダンカンビル高校卒業した10代の頃のメジャースは、万引き逮捕されたり、ケンカをして高校停学になったり、生活のために2つ仕事掛け持ちしながら車で生活していた時期あったりと、数々の苦難直面していた。そんな彼が最終的に見つけた "安全な場所 "は、演劇世界であった。 メジャースは、ノースカロライナ大学芸術学部学士号取得のために学びその後イェール大学演劇学校入学し2016年MFA取得して卒業した

※この「若いころ」の解説は、「ジョナサン・メジャース」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ジョナサン・メジャース」の記事については、「ジョナサン・メジャース」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 17:22 UTC 版)

マリリア・メンドンサ」の記事における「若いころ」の解説

ブラジル・クリスティアーノポリス生まれゴイアス州ゴイアニア育ち教会音楽触れ12歳のときに作曲開始。「MinhaHerança」(ジョアン・ネト & フレデリコ)、「Muito Gelo, Pouco Whisky」(ウェズリー・サファダオ)、「AtéVocêVoltar」、「Cuida Bem Dela」、「Flor eo Beija-Flor」(エンリキ & ジュリアノ)、「Ser Humano ou um Anjo」(マテウス & カウアン)、「É Com Ela Que Eu Estou」(クリスティアーノ・アラウージョ)など、様々な歌手楽曲提供するようになった

※この「若いころ」の解説は、「マリリア・メンドンサ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「マリリア・メンドンサ」の記事については、「マリリア・メンドンサ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 13:54 UTC 版)

ミハエル・ヘルク」の記事における「若いころ」の解説

ヘルクは、ブカレスト生まれたベルギー市民であるアンドレ・ヘルクの養子となる。ヘルクモナコ育ちフランスでカートを始めた。

※この「若いころ」の解説は、「ミハエル・ヘルク」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ミハエル・ヘルク」の記事については、「ミハエル・ヘルク」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 00:24 UTC 版)

エドナ・アダン・イスマイル」の記事における「若いころ」の解説

エドナ・アダンは、1937年9月8日イギリス領ソマリランドハルゲイサで、著名なソマリ人医師の娘として生まれたエドナ母親には子供が5人いたが、出産時2人死去している。 エドナ8歳時に母親祖母の手配で 女性器切除FGMの手術を受けたこの手術は父親出張中に父親無断で行われたもので、帰ってきた父は激怒して夫婦喧嘩となり、それがエドナ女性器切除反対に向かわせ理由一つになった当時ソマリランドでは女子教育受けられなかったが、父親地元少年たちのために塾教師雇っており、彼女は彼らと一緒に読み書き学んだ後に彼女は叔母教師をしていた隣国ジブチ学校に通うエドナイギリスのバラポリテクニック(後のロンドン・サウス・バンク大学英語版))に留学し、看護師助産師教育受けたこの道を選んだのは、子供の頃体験元であった。このためエドナは「イギリス学んだ初めての女ソマリ人」「ソマリア初の看護助産師」と呼ばれ、車を運転した初のソマリ人女性にもなった。

※この「若いころ」の解説は、「エドナ・アダン・イスマイル」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「エドナ・アダン・イスマイル」の記事については、「エドナ・アダン・イスマイル」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 00:10 UTC 版)

テンジン・ノルゲイ」の記事における「若いころ」の解説

テンジンエベレストサガルマータチョモランマ山麓のネパール・クンブ地方農民の家に育ったエベレスト登頂の頃より長く生地もここであった広く信じられていたが、1990年代になって実際には中国・チベット自治区内のツェチュで生まれたが、政治的理由により秘密に付されてきたと一部から主張されるようになった。 父ガング・ラ・ミングマ(Ghang La Mingma、1949年没)と母キンゾム(Kinzom、ノルゲイエベレスト登頂時も生存)の間に13人兄弟11番目(兄弟多く幼時に没)として生まれた彼はもともと「ナムギュル・ワンディ」(Namgyal Wangdi)と呼ばれていたが、幼少時ラマ勧めで「幸運」を意味するノルゲイ」に改名した彼の正確な出生日不明であるが、天候作物の様子から遅い5月であったと言われていたという。そして後に本人が、エベレスト登頂記念日であった5月29日誕生日とすることに決めたという(この説については議論あり。英語版ノート参照)。 少年時代彼は2度家出をしてカトマンズ行き、やがてインド西ベンガル州ダージリンのトゥー・ソン・ブスティのシェルパコミュニティに居ついた。

※この「若いころ」の解説は、「テンジン・ノルゲイ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「テンジン・ノルゲイ」の記事については、「テンジン・ノルゲイ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 08:00 UTC 版)

ロバート・ベン・ローズ」の記事における「若いころ」の解説

ロバート・ベンジャミン・ローズは、1945年アイオワ州カウンシルブラフス生まれたが、彼がどこで育ったのかははっきりしていない彼の父親アメリカ陸軍兵士として西ドイツ駐留していたため、生まれて間もない頃母親育てられたローズ小学生のころに、父親海外勤務から戻ってきた。父親除隊後消防士仕事に就いていた。 信頼できるすべての証言によると、ローズ幼少期は、形成期における不特定多数社会的問題除けば比較正常な生活を送っていた。彼は通っていた学校課外活動積極的に参加し、グリッドアイアン・フットボール(英語版)、レスリング合唱団フランス語クラブなどさまざまなスポーツその他のプログラム参加していた。高校時代ローズ起こした主な犯罪行為は、1961年16歳で自動車不正改造逮捕されたことと、1962年17歳公衆の面前で喧嘩をして逮捕されたことぐらいである。 1964年カウンシルブラフストーマス・ジェファーソン高校卒業後彼は海兵隊に入隊した。同年父親12歳の少女虐待した容疑逮捕されその後裁判待っている間に自殺した。その数年後1967年または1968年に、ローズ強盗関与したとして不名誉除隊となった1960年代後半海兵隊から不名誉除隊した後、彼は大学に通った中退したその後法執行機関に就職しようとしたが、海兵隊からの不名誉除隊理由断られていた。1970年代から1980年代にかけてローズ3回結婚し最初の妻との間に息子もうけたその後彼は小売店スーパーマーケット倉庫レストランなど仕事転々とし、最終的には長距離トラック運転手になった1980年代ローズBDSM興味持ち趣味として培っただけでなく、自身BDSMが行われている場に参加することもあった。また、この時期に彼は3番目の妻であるデボラ・ローズ(Deborah Rhoadesに対して暴言暴力性的虐待行っていたとされている

※この「若いころ」の解説は、「ロバート・ベン・ローズ」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ロバート・ベン・ローズ」の記事については、「ロバート・ベン・ローズ」の概要を参照ください。


若いころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 15:41 UTC 版)

ミーガン・パーク」の記事における「若いころ」の解説

オンタリオ州リンジー生まれたパークは、6歳のころから小さな役で演技のキャリアを始めた。オンタリオ州ロンドンにあるオークリッジ・セカンダリースクールに通っていた。また、オリジナル・キッズ・シアター・プログラムにも参加していた。

※この「若いころ」の解説は、「ミーガン・パーク」の解説の一部です。
「若いころ」を含む「ミーガン・パーク」の記事については、「ミーガン・パーク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「若いころ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



若いころのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイワン・ワトキンス (改訂履歴)、ミハイル・ゴアヴォイ (改訂履歴)、コリーヌ・フォックス (改訂履歴)、ナディーン・ストロッセン (改訂履歴)、ガイア・ワイス (改訂履歴)、マシュー・ワイルダー (改訂履歴)、杉村憲司 (建築家・弁理士) (改訂履歴)、トニー・シュート (改訂履歴)、ジョン・R・ブリンクリー (改訂履歴)、比嘉稔 (改訂履歴)、ロバート・ハンセン (改訂履歴)、岡本秀樹 (改訂履歴)、ナターシャ・ハレヴィ (改訂履歴)、アーピラナ・ンガタ (改訂履歴)、ジョン・マクウォーター (改訂履歴)、ロイ・J・ボストック (改訂履歴)、赤嶺誠一 (改訂履歴)、ジェレミー・ライト (改訂履歴)、ドミニク・サルヴァトーレ・ジェンタイル (改訂履歴)、エディ・グラント (改訂履歴)、ベラ・ポーチ (改訂履歴)、バイオレット・ジェソップ (改訂履歴)、小原宏裕 (改訂履歴)、アヌエルAA (改訂履歴)、パウル・ヴァルデン (改訂履歴)、ケニー・エヴェレット (改訂履歴)、ロイ・リー (改訂履歴)、ウォリス・デイ (改訂履歴)、マハムド・ムセ・ヘルシ (改訂履歴)、モンティ・ウーリー (改訂履歴)、メイジャー・ランス (改訂履歴)、ジョナサン・メジャース (改訂履歴)、マリリア・メンドンサ (改訂履歴)、ミハエル・ヘルク (改訂履歴)、エドナ・アダン・イスマイル (改訂履歴)、テンジン・ノルゲイ (改訂履歴)、ロバート・ベン・ローズ (改訂履歴)、ミーガン・パーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS