トリガーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > トリガー > トリガーの意味・解説 

トリガー【trigger】

読み方:とりがー

銃の引き金。また転じて物事引き起こすきっかけ。「事変勃発の―となる」「―価格

銃の引き金の形をしたカメラフィルム巻き上げレバー

「トリガー」に似た言葉

クレトジム

分子式C17H26ClNO3S
その他の名称クレトジム、Clethodim、センツリオン、Centurion、センツリオン240Centurion 240プリズムPrismプリズム殺虫剤】、Prismpesticide】、RE-45601、セレクトSelectセレクトMAXSelect MAX、トリガー、TriggerボランティアVolunteer
体系名: rac-2-[1-[(E)-[[(E)-3-クロロ-2-プロペニル]オキシ]イミノ]プロピル]-5-[(R*)-2-(エチルチオ)プロピル]-3-ヒドロキシ-2-シクロヘキセン-1-オン


トリガー、誘因

【仮名】とりがー
原文trigger

医学では、あるプロセス開始させる、またはある結果をもたらすような特定の出来事例えば、化学療法痛みを伴う治療法、あるいはそれらに伴う臭い、音、光景は、がん患者にとって不安や恐怖のトリガーとなりうる。アレルギーでは、カビ花粉塵埃が、くしゃみ涙目、咳のトリガーとなりうる。

トリガー

名前 Trigger

トリガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:29 UTC 版)

トリガー(trigger)とは、英語で引金の意味を持つ単語である。銃などを動作させるスイッチ。転じて、物事の起こるひきがねの意味。




「トリガー」の続きの解説一覧

トリガー(Trigger)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:52 UTC 版)

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事における「トリガー(Trigger)」の解説

キャンペーンモードの主人公であり、プレイヤーキャラクターであるオーシア国防空軍所属するパイロットTACネームのトリガー(Trigger)は「引き金」の意。性別は男(「彼」呼ばれている)。パーソナルマークリボルバー拳銃咥えカウント曰く無口な性格

※この「トリガー(Trigger)」の解説は、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の解説の一部です。
「トリガー(Trigger)」を含む「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の記事については、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」の概要を参照ください。


トリガー(Trigger)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 15:10 UTC 版)

Dino D-Day」の記事における「トリガー(Trigger)」の解説

4足歩行中型恐竜背中30口径機関銃積んでいる。

※この「トリガー(Trigger)」の解説は、「Dino D-Day」の解説の一部です。
「トリガー(Trigger)」を含む「Dino D-Day」の記事については、「Dino D-Day」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トリガー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「トリガー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トリガーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「トリガー」に関係したコラム

  • FXやCFDのトレンドトリガーファクターとは

    FXやCFDのトレンドトリガーファクター(TTF、Trend Trigger Factor)とは、相場の圧力を知るためのテクニカル指標のことです。上の図は、DAX指数(ドイツ株価指数)のチャートにトレ...

  • 株365の注文方法

    株365では、投資家が有利に取引できるように次のような注文方法が用意されています。▼成行注文価格を指定しないで、相場の価格に従って注文を出す方法です。成行注文ではすぐに約定したい時に用います。相場が大...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トリガー」の関連用語

トリガーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トリガーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトリガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエースコンバット7 スカイズ・アンノウン (改訂履歴)、Dino D-Day (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS