リサーチとは? わかりやすく解説

リサーチ【research】

読み方:りさーち

[名](スル)調査研究。「住民意見を―する」「マーケティング―」

「リサーチ」に似た言葉

リサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 21:58 UTC 版)

リサーチ (英語: research)




「リサーチ」の続きの解説一覧

リサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 21:48 UTC 版)

投資銀行」の記事における「リサーチ」の解説

証券リサーチ部門企業評定し、しばしば各社展望レポートを「買い(buy)」「保有(hold)」「売り(sell)」の格付けで記す。一般的に投資銀行には様々な業界カバーするセルサイド・アナリストがいる。彼らの後援するファンド自己勘定売買取引所はまたバイサイド・リサーチも行うであろう。リサーチ部門収益生み出すこともあり、生み出さないかもしれない銀行により方針異なるので)が、その資料トレーディングにおけるトレーダーや、顧客アイディア提案する際のセールス部門支援使われ顧客カバーすることで投資銀行家支援している[要出典]。 また、銀行のセールス・トレーディング部門を通じて提案され取引アイデア顧客実行することで会社の収益生まれること期待して、リサーチ部門外部顧客機関投資家富裕層個人など)に投資アドバイス提供する。そのリサーチには、信用調査債券調査マクロ経済調査、およびクオンツ分析などが含まれ、これらはすべて顧客助言するため内外使用されるが、収益には直接影響しない。にもかかわらず全てのリサーチ部門助言および戦略に関して重要なサービス提供している公表された分析有価証券パフォーマンス流通市場または新規株式公開)に影響与えたり銀行家とその法人顧客との関係に影響を及ぼす可能性があり、それゆえ銀行収益性影響を与えることあるため投資銀行自社分析間に潜在的な利益相反がある[要出典]。

※この「リサーチ」の解説は、「投資銀行」の解説の一部です。
「リサーチ」を含む「投資銀行」の記事については、「投資銀行」の概要を参照ください。


リサーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 23:36 UTC 版)

オルレアン大学」の記事における「リサーチ」の解説

オルレアン大学には、独自の研究所と混合ユニットあります4つ研究構成されています : エネルギー材料地球科学環境 生きている物理学と化学生物学的システム 経済学管理数学、STICおよび言語学 法律文学人間科学領土科学 また、博士課程ありますエネルギー材料地球および宇宙科学 人間科学および社会科学 数学コンピューターサイエンス理論物理学システムエンジニアリング 健康、生物科学および生命化学

※この「リサーチ」の解説は、「オルレアン大学」の解説の一部です。
「リサーチ」を含む「オルレアン大学」の記事については、「オルレアン大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リサーチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リサーチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「リサーチ」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リサーチ」の関連用語

リサーチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リサーチのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリサーチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの投資銀行 (改訂履歴)、オルレアン大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS