宇宙論とは?

う ちゅうろん -ちう- [2] 【宇宙論】 〔cosmology〕

宇宙起源構造終末などについての理論総称宇宙対象とした自然学として哲学宗教の重要部門をなすが、現在では現代物理学的・天文学的研究をいう。コスモロジー


宇宙論 cosmology


宇宙論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/05 08:24 UTC 版)

宇宙論(うちゅうろん、: cosmology)とは、「宇宙」や「世界」などと呼ばれる人間をとりかこむ何らかの広がり全体[1]、広義には、それの中における人間の位置、に関する言及、論[2]、研究などのことである。


  1. ^ 「cosmos」は元はギリシャ語のκόσμοςコスモスであり、これは「秩序」という意味で「chaosカオス」(=無秩序)と対比させられていた。また「cosmos」は同時に「全ての存在」を意味していたと解説されることもある。
  2. ^ 「cosmology」という語は、cosmo - logyという構成になっている。logyの意味については、-logyの項を参照可
  3. ^ ニュートン自然哲学者を自認していた。
  4. ^ a b c d e f 廣松渉 『岩波哲学・思想事典』 岩波書店、1998年、133頁。ISBN 4000800892 
  5. ^ en:Peter Apian
  6. ^ 完全性を具現している、とされた。
  7. ^ a b 岩波書店『哲学・思想 事典』、「第五元素」の項
  8. ^ 大枠として、スコラ哲学では「聖なる天界」と「俗なる地上界」とに分けて世界を理解していたのである。
  9. ^ 宇宙論研究者の大多数が現在のところ、観測結果を説明するモデルとしてはビッグバン理論が最も適切であろう、と見なしている。それを支持している人々を中心として、ビッグバン理論を組み入れた理論体系を「標準的宇宙論」という名で呼ぶこともある。


「宇宙論」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇宙論」の関連用語

宇宙論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇宙論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS